2021年06月22日

月曜日は練習の日


 中二日を守るため月曜日つまり昨日練習へ。週1回の練習だと現状維持が精一杯だけど、これ以上するのは体力的に無理だ。数年前から日曜日に薄暮か午後スルーラウンドするようになったので、それが「ラウンド(実践)練習」ってことで。

 いつものようにぐにゃぐにゃウェッジで30球ほど。それを打ってるうちに、なぜダフるかがおぼろげながらわかってきた。この気づきはひょっとしたら相当いいところをついているかも・・・



 1,素振りでは上手く振れる(きれいにヘッドが抜ける)のに、いざ球を打つ段になると途端にダフるのは、球にクラブヘッドをきちんと当てたい、という意志(欲)が出てしまうからだ。

 2,では、なぜ「球にきちんと当てたい」と思うとダフるのか。今まで私は、コックが早く解けてしまうからと思っていた。コックしたままだとボールに当たらない気がする、空振りしそうな気がする、だからアンコックしてボールにヘッドを「当てにいって」しまう。

 3,しかしだからといって、できるだけコックを我慢しようと思ってもそれは(私にとっては)大変難しかった。なぜなら、手首のコックは「勝手にキープされるべきもの」で、自分からコックをほどかないようにしようと考えること自体が間違っているからである。

 4,しかも、上半身特に手首という細かい部分に意識がいくと、スイング全体のリズムも下半身の動きも疎かになってしまう。

 5、そこで、「気持ちよく素振りするときの動き」と「実際に球を打つときの動き」で決定的に違うのは何なのかを改めて考えてみた。そして私は、ついに結論らしきものを発見したのである。それは、こうだ。



 ダフるときはグリップをアドレスの位置で止め、球に当てようとしてしまう。素振りのときはグリップがスムースに動き続け、球より左側(飛球線方向)へ移動してインパクトしている

 ということに気づいた。別の書き方をすれば、

 インパクトの瞬間、グリップはアドレスよりも左にあるべきだ

 という意味であり、もっと簡単に書けば

 ハンドファーストでインパクトせよ

 ということだ。



 え?そんなん当たり前?そもそも、ハンドファーストって思ってできたら苦労しないだろって?いやたしかにそうなんだけど、ダフる理由がグリップの位置にあるってことがわかっただけでだいぶ進歩じゃね?と。

 確かにハンドファーストでインパクトしようと思ってできるものじゃないけど(それこそ上に書いた「3」みたいに考えてる段階でだめだよね)、

 グリップを「止めて」インパクトゾーンを作るのが悪い動きだよ、体の正面ではなくちょっと左サイドでボールを捌くんだよ

 と意識しながら打つのとそうでないのとで雲泥の差があるんじゃないかと。



 ちょっとした意識の違いでダフりが治るかもしれないな、と思ったお話。
posted by hiro at 14:43| Comment(0) | 目から鱗(開眼)

2021年06月21日

中二日の薄暮


 昨日は色々あって午後スルーではなく薄暮。4時半過ぎからスタート。いつものホームコース。いつものN井さんとN條さんと。最初から最後まで笑いっぱなしのラウンド。



 金曜日・土曜日と中二日空けただけあって、アイアンの調子が大変良かった。しかもコントロールショットの。そう、昨日日記に書いたコントロールショットをこの日は集中的にやってみたのだ。

 といっても難しいことをするわけではなく、一番手上げて短く持ち、スイングを少し小さく、というか「気楽に打つ」感じ。結果的に低い球で軽くフェードする「ライン出し」的なショットが打てる(こともある)。



 1番、フェアウェイセンターから150y打ち上げ、いつもなら7番フルショットだけど6アイアンでかる〜く、手前から転がし上げるイメージで。ピンハイ左8mにオン。99点。

 4番パー5の3打目、100y砲台グリーン、やや打ち上げ。いつもなら50度のウェッジでフルショットだけど、PWでかる〜く。打感方向球筋すべて完璧で(まあ、たまたまなんだけどね)、ピン下80cmにオン、バーディ。100点満点で200点。

 続く5番、2打目115y打ち上げ、いつもならPWをマン振りするところだけどここも9番、少し軽めのイメージで。ピンハイ右3mにオン。こんなにアイアンが思い通り飛ぶのは何ヶ月ぶり、いや何年ぶりか。読み違いでパーだったけど。

 6番は135yパー3、ここも(いつもの)9番ではなく8番で軽く。ピン下9mにオン。ライン出るのが素晴らしい(自画自賛)。

 7番、ティショットをチョロして2打目を残り90yのラフへ、50度のウェッジでちょっと軽めに、ピン手前にオンして奥へこぼれる(ラフからだからね)も、狙ったとおり飛んだ。気持ちいい。ダボになったけど。

 8番パー5の3打目、軽いラフから150y。8番を持ってちょっとしっかり目に。まあまあのショットでグリーン手前に落ち、転がって奥のエッジへ。ほとんどミスらしいミスがない!

 最終ホール。ここは2打目で5番〜6番アイアンを持ち、超打ち上げグリーンを狙うところなので10回打って9回は乗らない。この日もラフから165y打ち上げ、5アイアン。ちょっと左へ飛ぶもワンクッションでグリーン方向へ。残念ながらグリーンオーバーしてたけど、グリーンまで行ったのはきちんとコンタクトできてるせいやね。ラフからだったから止まらなかったけど。



 というわけで、中二日最強、コントロールショット最強説。っていうか、アイアンは基本ぜんぶコントロールでよくね?と思った。
posted by hiro at 11:08| Comment(0) | 目から鱗(開眼)

2021年06月20日

中一日でラウンド


 金曜日・土曜日と忙しかったので今日更新します。


 火曜日に練習へ行ってしまい、中一日で迎えたラウンド。前日に前腕と手首がだるかったのでヤバいとは思ってたんだよ。あ、今回は奈良の名門、奈良国際GCへ。メンバーのK嶋さん、K藤くん、上級者のH田さんという4人で。



 1番パー5。ティショットは7割ショットで軽く(根性なし)。2打目4Wで残り100y地点へ。3打目ウェッジでグリーンセンターへ。2パットパー。しかし良かったのはここまでだった(早すぎるだろおい)。

 2番は左足下がりの190y、ユーティリティで漫然と打ってしまいスライス、行ってはいけないグリーン右ラフへ。ダボ。

 3番は200yのパー3、ユーティリティは左バンカー、4mにオン、2パットボギー。

 4番は2打目ラフから140y、9アイアン持ったんだけど、ラフが深すぎて逆にフライヤーかからず、花道まで。何とか寄せワンのパー。

 5番はティショットまずまずも2打目7アイアンを引っ掛けて左バンカー。中1日で疲れてるぶん、力が入っちゃうんだよなー(いいわけ)。バンカーから紆余曲折あり、結局ダボ。

 6番パー5も素ダボ。全部悪かったけど4打目の8アイアンが乗らなかったのが致命傷。

 7番も2打目の8アイアンを乗せられず、なんとか寄せワンでパー。

 8番パー3はティショットの6アイアンがひどいトップ、アプローチ寄らず入らずのボギー。

 9番パー4、2Wで右ラフ(狙い通りだったのでフェアウェイキープと記録)、2打目130y、9アイアンでグリーン右サイドにオン、難しいラインだったけど何とか2パットパー。

 という感じで前半44。



 ・・・お気づきになっただろうか。1番と9番以外ずーっとパーオンを逃してる事に。ショートアイアン持って3回もパーオンできてないという。中一日のせいだ(違う)。



 後半も同じような感じでアイアンのとほほが炸裂する。

 10番は短いパー5、3打目ウェッジでオン、2パットパー。

 11番はラフからの7アイアンが当たり損ないで30yショート、奇跡的にアプローチが50cmに付いてパー。

 12番は短いサービスホール。ティショット右ラフ、2打目9アイアンでピンと逆サイドにオン、何とか2パットでパー。しかし後半も良かったのはここまで。

 13番は170yのパー3、6アイアンはアホほど左へ引っ掛けてバンカー越え+ニアサイドのアプローチ。ライは修理地に近いベアグラウンドで最悪。はい、チャックリしてバンカーイン。こんなことなら「(伝家の宝刀)芝の上からのバンカーショット」をしたら良かったと思ったけど後の祭り。

 さらに。アンラッキーなことに排水溝のすぐそばにボールが止まり、ドロップを余儀なくされる。当然軽い目玉になるよね。そこそこあごが高い+ニアサイド+目玉。誰が打っても寄らない。覚悟を決めて振り抜くも、あと20cm足らずにバンカーへ戻ってくるマイボール。オーマイガー。4打目出ただけ、5打目寄らず、3mを気合で沈めてトリプルボギー(時既に遅しとも言う)。

 14番はフェアウェイから6アイアン、思い切りダフってボギー。

 15番は左ラフから140y、PWで打つもまたフライヤーかからず(逆に飛ばず)グリーンエッジ、アプローチはスピン効きすぎて4mショート、入らずボギー。ヘタすぎる。

 16番は195yと長いパー3、右ラフ。またニアサイドじゃん。ピンまで30y、強い受け&マウンド越え。バンカー付近なのでライは悪い。球を上げられないので50度でワンクッションを狙うも、直接グリーンへ。当然奥へこぼれる。3オン2パット素ダボ。

 17番、名物ホール。ここまでそこそこ良かったドライバーが右へ。池とフェアウェイの間の窪地へ。フェアウェイへレイアップ、3打目125y、9アイアンの距離だけど手元には8アイアン。ほんの少し押さえ気味でピン下6mにオン。このショットは良かった。

 ・・・そうか、中一日(で弱ってる時)はフルショットせずに一番手上げて軽めに打てばいいんだ。

 最終ホール、2Wでフェアウェイキープ、2打目も(使わなくていいのに)2W使って(やっぱり)右へ、3打目、ちょっと深いラフから140y、迷って9アイアンで打つもショート。

 ・・・そうか、ボールが隠れるぐらいのラフからは(私のへっぽこパワーでは)飛ばないんだ。

 アプローチ寄らず結局ボギー。あーあ。

seiseki20210617.jpg

 ぎりぎり80台だったけど、内容はダメダメだったね。



 この日の教訓

 ラフから普通に打てるのか、距離が落ちるのか、フライヤーが出るのかがわからん。 

 9.5ftのグリーンでも、受けてたらアプローチでスピンが効きすぎてたいていショートする。スピン系のボールじゃなくてもいい?

posted by hiro at 12:48| Comment(0) | ラウンド

2021年06月15日

中一日の練習


 6月7日の日記より。

 でも、ショットはこれ以上うまくなりそうな気がしないし、結局アプローチとパットで凌いでいくようなゴルフをしないといけないってことなのかなあ・・・いや違う!!これでアイアンショットを安定させてパーオン率を上げれば、70台も楽に出るってことじゃないか!


 6月11日の日記より。

 相変わらずパーオン率低いなー。アイアンどんだけヘタやねん。寄せワンが4つあるから80台前半で済んでるけど、逆にこれぐらいアプローチへの不安がなくなってパーオン率がもうちょっと上がったらもう少し楽に70台が出るようになるんだろうなー。


 4日しか経ってないのに同じこと書いてる・・・体だけでなく、脳も壊れてきたみたいだね。





 とまあそんな壊れかけのオヤジが書く日記、マンネリを通り越してもうコピペ日記になってるけどもめげずに続けよう。

 本当は月曜日に行って中二日で木曜日を迎えたかったんだけど、昨日どうしても行けなかったので今日練習に行ってきた。まあ、中1日で体の切れがどうか試す機会だと思えばいいか。軽く100球だけ。

 今日の気づき2つ。

 すべてのショット+アプローチでも切り返しは下半身先行、そして意識して上半身をその場に置いておく。これはスイングの最低絶対条件。

 ドライバーショットは右手(グリップ)を脱力すると引掛けも振り遅れも出ない。飛距離もでる。




 たぶんこの2つも100万回ぐらい書いてるけど、壊れてるからいいや。
posted by hiro at 19:53| Comment(0) | 練習

2021年06月14日

恒例の午後スルー


 恒例の午後スルー。恒例のN條さんと2バッグで。


 この日はパットフェスティバルの日だった。ただし、「3」パットフェスティバルだったんだけどね。

seiseki20210613.jpg

 パーオンは頑張って9ホール(50%)。しかしその代償?は大きかった。そのうち4ホールで3パット。

 梅1番は2段グリーンの下から(ただし6mぐらい)80cmショート、これを外す。

 同4番はパー5の登って下りの8m、1mショートさせて引っ掛けてトホホ。

 同じく5番、10mぐらいから1m弱に寄せ、その1m真っ直ぐを引っ掛けて外す。

 後半松9番、下り15mから1.5mぐらいショートさせ、上からのパットを打ちきれず。


 まあ長めのパットが残ったというのもあるけど、全部短いのを外しての3パットだからなあ。これ以外にもボギーオンで1〜2mぐらいに寄せて外したのもいくつかあったから、まあそういう日だったんだろう。


 そのかわりと言っては何だけど、ショットの方はまあまあ良かった。2Wのティショットはトリッキーな梅コーススタートということもあり、14ホール中6ホールで。スライスと引掛けがそれぞれ1回づつあったけど、4ホールでは満足の行くショットが打てた。

 ドライバーも「短く持って振り遅れない作戦」が功を奏しまずまずのフェアウェイキープ率。

 アイアンもパーオン率が示すとおりまあまあ。トップブレードでフェースを合わせ、宮本勝昌プロのイメージでタイミングだけ合わせて打つイメージが良かった。

 アプローチもムチャクチャ悪いショットはなかっただけで合格。パーパットが打てる位置に行けば(私の場合)100点。



 というわけで、ショットが良ければパットが悪いという、へっぽこゴルファーあるある的なラウンドでした。
posted by hiro at 11:22| Comment(0) | ラウンド