2019年01月07日

初薄暮


 土曜日・日曜日と仕事始まりでいつもの2倍ぐらい忙しく、腰痛が出てしまった。そんな中でも誘われれば薄暮に行くバカ野郎な私である。でも、じっとしてるより体動かしたほうが腰も楽なんだよね。

 昨日のメンツは寡黙なナイスガイのN井さん、明るいナイスガイのH村さん、そしていちおうナイスガイのN條さんという、薄暮のベストメンバーっていうかゴールデンメンツっていうか愉快な仲間たちっていうか、とにかく気心が知れまくった4人である。

 いや、皆さんが私のことをどう思って下さっているかはわからない(本当は嫌われているけどしかたなく付き合ってくれてるのかも)が、少なくとも私にとっては大人になってからできた親友という気持ちである。この3人になら、お金を貸してくれと言われても200円ぐらいまでなら喜んで貸せる自信がある。




 で、片手「の」シングル、N條さんとの勝負を面白くするため、「ボギーオン縛り(パーオンしたら私の負け)」を実践。グリーン周りからのアプローチを練習したかったので渡りに船だ。特に、「砲台グリーンの手前に切られたピンに向かって花道から距離のないアプローチ」ってやつを寄せられるようにしたい。

 1番はティショット左、2打目160yを7番で。ハーフトップながらうまくグリーン手前へ。こうやって花道を狙う時に限ってそこそこ距離も方向もバッチリ(いやハーフトップしてるやん)のショットが出るんだよねー。この気持ちでグリーンを狙えたらもう少しパーオン率上がるんだろうね。

 いきなりおあつらえ向きの、すなわち砲台グリーンに向かってエッジまで15y、エッジからピンまで10yのアプローチ。柔らかい球なら20y打ってグリーンに直接落としてもいいけど、リスクが高い。っていうか、20yきちんと(狙った球筋で)打てるぐらいなら今頃HDCPは5以下だ。よって、PWでワンクッションで狙う。こちらのほうがリスクが低いしイメージが出やすい。ピン下1mにオン、1パットパー。成功1/1

 手前から転がしあげる時はPWとかでちょっとフェースを閉じて打ったほうがスピンが減ってボールに推進力が出ていいかも。

 2番は200y以上あるパー3。5アイアンで花道狙い、フェースの先に当たって(得意なやつ)、20yショート。マウンド越えのややこしいアプローチ、これもPWでツークッションかスリークッションでグリーンへ。ツークッション以上になるととたんに不確定要素が増えてくるから、2mぐらいに寄ったのは純粋にラッキー。入らずボギー。成功1/2

 3番はティショット右、2打目ユーティリティは木の後ろから低いスライスでフェアウェイのつもりが出だしから右へ出て20yぐらい右へ。3打目残り90y、ウェッジショットはダフって乗らず。4打目は強い受けグリーンの手前から一番奥のピンに対し35y、50度のエンドランで2.5mに。いい感じで打てた。でも入らずダボ。3打目のミスがあかんね。

 4番はティショット今日イチ、2打目5アイアンレイアップ(またトップ)、3打目残り70y、パーオンしてもいいや(注:パーオンしたら無条件でN條さんの勝ちになる)というつもりでウェッジショットするもちょっと突っかかってグリーンまで2y届かず、結果的にいいアプローチが残る。56度の普通のアプローチ、1mに寄ってくれてパー。成功2/3

 5番はティショットチョロ(笑)。2打目ユーティリティで引っ掛けるもグリーン手前60y。3打目ウェッジショットは下から入ってハーフトップで奥のエッジへ。パターで寄せて1パットボギー。

 6番パー3はピン奥135y。グリーン手前からだと難しいアプローチが残るので8番でグリーンオーバーさせて奥から寄せようと思ってショットするも当たり損ないでピン横1mにナイスオンしてしまう。入っても入らなくても負け。でも入ってバーディ。

 7番パー4、チーピンで左ラフ。2打目レイアップ、3打目65y、ウェッジショットはダフってトホホ、でもグリーンオン。2パットボギー。

 8番パー5、ティショット右まっすぐでフェアウェイバンカー、2打目あんまりライがよくなくて(言い訳)頭叩きトップ、残り250y。3打目もう一度ユーティリティ、思い切りダフる。ホントにヘタだな。練習しないと。

 4打目ウェッジの距離、今度はきっちり当たったけどつま先上がりのライから気持ちよく引っ掛けて右のピンに対し左端にオン。2パットボギー。お前には得意なショットというのがないのか?はい、ないです。

 最終ホール、ティショット今日イチその2。2打目は前回と全く同じ、140yきつい打ち上げ+ピン奥で165y必要。前回は7アイアンでグリーンに乗らなかったので迷わず6アイアンフルショット。引っ掛けて右奥のピンに対し左手前にオン。え、ボギーオンはどうした?忘れてました。まあ8番で決着付いてたので良しとしよう。長い上りのパットは3mもショートして最後の最後で3パットボギー。ホントにヘタだね。


 結局43、16パット。ボギーオン縛りとはいえ2回パーオンしてるんだからいつもと同じだし。とはいえ、ドライバーとショートレンジアプローチとパットはまあ及第点に達してると思う。しかしフェアウェイからの長いの(FW、ユーティリティ)とショートアイアンと50y以上のウェッジショットが気象庁が記者会見するほどの災害級の酷さなのでどうにかしたい。どうにかしよう。しろ。
posted by hiro at 12:18| Comment(0) | アプローチ

2019年01月05日

初競技・新年杯


 明けて1月2日。新年杯。67歳、68歳、80歳(!)のベテランさん3名とご一緒させて頂いて。いい天気です。

1-2019-01-02 09.43.40.jpg

 しかし、いくら厚着をしてもカイロを貼っても、この時期1日外にいるというのはキツイ。暖かくしすぎると汗をかいて不快&後から冷えるし、かといって暖かさをセーブすると体が冷えてゴルフどころではなくなる。

 体が冷えるという現象が健康にこれほど悪いとはちょっと前まで感じなかった。つまりはまあ、老化によって適応力が落ちてきてるってことなんだろうね。そう考えると80歳で真冬に競技に出てこられるというのがいかにスゴいことかがよく分かる。私も80歳までゴルフしたいなあ。あと25年か。体が持つかな。



 さて、新年杯の結果。目標より5打多かった。ネット76。それでも5位入賞。優勝はパープレーだったからやっぱり5打及ばず。

1-9113494408946.jpg

 内容はまあ、あれだ。いつもどおり。

seiseki20190102.jpg

 パーオン率22.2%・・・アイアンひどい。
 バーディなし・・・相変わらず。
 33パット・・・3パット3個はあかんやろ。
 寄せワン6個・・・パーオン率がアレだからね。
 OB2個・・・1個にしとけ。
 上がり3ホールで2オーバー・・・メンタル弱し。

 まあ全然変わってないってことで。帯状疱疹を患ってからずっと練習してないから、まあこんなもんなんだろうね。



 本日のベストショット。最終ホール、ティショットは気持ちよく振り抜けて芯を食ってフェアウェイ右サイド、いつもより5yほど飛んでた。2打目も140yきつい打ち上げ、155y必要。6番か7番で迷った挙げ句、7番を持ちフルショット。完璧な手応えで球は高い放物線を描き、ピンをまっすぐ刺す。

 本日のトホホショット。その完璧と思われたショットは5yショートし、砲台グリーン手前の土手に当たって20y戻ってくる。やっぱり6番だった・・・orz。

 アプローチ寄せきれず、2パットでボギー。やっぱり過信したらあかん。特にアイアンの飛距離で。
posted by hiro at 11:24| Comment(0) | 競技

2019年01月04日

新年の挨拶・大晦日のラウンド


 毎年恒例の、新年の、めでたいアレを。

2019nenga.jpg

 今年の目標はマスターズ出場です(←今年もバカだ)




 と今年の抱負を伝えたところで、去年の大晦日のラウンドの事など。

 大晦日にお付き合いくださった奇特な、いや暇な、いやいや素晴らしいゴルフ仲間は薄暮友達のN條さん、N條さんのお友達のS木さん(女性)、そしておなじみN谷くん。

 S木さんは週1以上のペースでラウンドされているぐらいゴルフ大好きで、美人で、明るくて、熱心で、ハリウッド女優のような華やかさがあり、気配りも素晴らしいという、もう欠点が1ストロークもない女性である。なぜこんなに褒めるのかというと、ごる日々の読者だからである。

 といっても、ここを見て下さっているからおべんちゃらを書いている、という意味ではない(ちょっとある)。ごる日々の読者は皆全員素晴らしい人と決まっているのである。なぜなら編者がとんでもなく素晴らしいからである。



 では早速その内容など。この日は残念ながらサブグリーンだった。 

seiseki201812311.jpg

 前半は2トリプルボギー(あとは全部パー)で42。後半は1トリプルボギー+上がり3連続ボギーで42。1パットが6つ、4パットが1つ。まあ去年を象徴してるような、そうでないような(どっちやねん)。


 その前半、梅2番は2打目、左足下がりのライからウェッジショットをトップし、そこからアプローチが一往復半ビンタ(つまり3回行ったり来たり)でトリプルボギー。

 同じく梅4番はティショットが酷い当たり損ないで右プッシュスライスOB、さらにアプローチミス2連発でトリプルボギー。ひどいけど、冬のゴルフはまあこんなもんかと。

 後半、ショットはだいぶ良くなる。3番は花道からのユーティリティの寄せをダフり、そこから短いのを外しまくって4パット。7番はアプローチをミスってボギー、8番はティショット左ラフ、2打目ユーティリティが右側に突き抜けてラフ、3打目出すだけ、4オン2パットでボギー。

 最終ホールはティショットを入れてはいけないバンカーに入れて万事休す。



 相変わらず詰めが甘い。まあでも、こんなもんでしょう。では良いお年を!じゃなかった、今年もよろしくです。
posted by hiro at 13:31| Comment(0) | あいさつ

2018年12月29日

2018年の成績(今年最後の更新)


 というわけであっという間に1年が終了。同じ話題ばっかりでマンネリな当ウェブを1年間ご覧頂いてありがとうございました。また来年もよろしくお願いいたします。新年は4日金曜日から更新予定です。



 さて、大晦日のラウンドは残ってるけど、とりあえず今年の成績発表など。

image541.jpg

 62ラウンド(予定では63ラウンド)は一昨年競技に出だしてから最低の数。まあそれでも十分多いけど。スコアの平均は84.6。まだまだですなあ。たった3回しか80切れてない。「(実は)上手くなりたくない」という深層心理の現れか。

 パーオン率が相変わらずどえりゃあ低い。5割とは言わんけど、ハーフであと1回づつぐらいは増やしたいね。

 OB1.2個はちょっと多いね。3分の2ぐらいになったら平均スコア1打は下がりそう。



 次はコース別の成績。

image5231.jpg

 62ラウンド中ホームコースに37回。約6割だね。初めてのコースはN條さんのジャパンクラシックのみだった。引きこもりゴルファーだな。いや、友だちがいないんです(涙)。まあ、ゴルフ仲間の多くが50歳前後〜50歳代なかばで、みな仕事が最高潮に忙しい時期だからね。ヒマな私に付き合ってくれないってのもあるかも。

 ホームコースのスコアが今年のアベレージを上回ってるのは、いつもよりトホホになる競技でラウンドする頻度が多いからだと思う。あと、なにげにホームコースは距離が長い(青ティ松竹で6700y)からね。



 スコア分布のグラフ。

image533.jpg

 80-84が私のコンフォートゾーンであることがよく分かる。70台はわずかに20回に1回。これが10回に1回(10%)になったらHDCP7、5回に1回(20%)になったらHDCP5ってところかな。対して90オーバーはその倍近い。ヘタだねー。


 スコアの内訳。

image551.jpg

 バーディの少なさが目を引く。やっぱり5.6%(1ラウンドに1つ)は取りたいなー。右側、パー3でパーセーブが50%を超えたのはたぶん初めて。アプローチトホホ病がマシになったせいだと思われる。



 10年間の推移。 なかなか生涯ベストの2013年(83.6)を超えられない。ここ3年は微妙に増加傾向。
image561.jpg



 パット数の推移。

image571.jpg

 初めて33を切った。目標の32まであと1ストローク。


 パーオン率の推移。

image581.jpg

 35.2%は1ラウンドで6回強。どんどん悪くなってる。アイアンが壊滅的にヘタだからなー。ぼちぼちやさしいアイアンに買い換えるお年頃かなあ?せめて7回(40%)、できれば8回(44.4%)まで上げられたらいいんだけど。


 というわけで、テンション低めで今年の更新を終わります。皆様良いお年を。
posted by hiro at 10:59| Comment(0) | スタッツ

2018年12月28日

第57回GB月例@きさいちCC


 帯状疱疹は少しづつましになってきて、日常生活はほぼ問題なく過ごせるように。ただ、神経痛はなかなか良くならず、一番ひどいふくらはぎは肉離れを起こしているかのように痛む。少し跛行しないと歩けない感じ。腰も痛いし。

 そんな中、仲間内のコンペの最終戦がホームコースで。まあなんとか足を引きずりながらラウンドできました。とりあえず結果。

seiseki20181227.jpg

 まあ状態が悪い中では頑張ったほうかなと。努力賞的な「がんばりました」。


 この日は木曜日には珍しく短いサブグリーン。サブグリーンだと相当難易度が下がる。ざっくりだけど、松コースだと1番で0.3打、2番で0.5打、3番で0.6打、4番で0.3打、5番で0.4打、6番で0.5打、7番で0.2打、8番で0.2打、9番で0.1打、合計3打ぐらい。竹では1番で0.3打、2番で0.1打、3番で04打、4番で0.3打、5番で0.1打、6番で0.3打、7番は変わらず、8番で0.1打、9番で0.2打、合計2打ぐらいの差。つまり松竹の18ホールでAグリーンとBグリーンだと約5打ぐらいの差がつくと思われる。

 だから、今回82でラウンドできてるけどもしAグリーンだったら87ぐらいの内容だったってことだね。あ、これはあくまで私の腕+私の個人的な感想ね。



 で、内容だけど、芝の上から打つショットが壊滅。ティショットとショートゲームでなんとか誤魔化せたからスコアになったけど、2打目はHDCP36のゴルフだった。とにかくチョロばっかり。え、今までと同じだろって?そうだけど・・・

 特に長いのがダメで、フェアウェイから4Wを4回持って3回チョロ。ユーティリティもチョロ率50%。アイアンでも2回チョロした。神経痛(左ふくらはぎ)が原因だと思いたいけど、そうじゃなかったら・・・・

 1パットが5つ、ラッキーなチップイン(パーだけど)があっての30パットはまずまず。あとはやっぱりアイアンだね。


 試合はHDCP6のM岡くんが79でラウンドして優勝。さすがです。最後まで追いすがったけど、最終ホールでバーディ取られて格の違いを見せつけられました。
posted by hiro at 19:39| Comment(0) | GB月例