2018年11月19日

ボギーオン縛りの薄暮ラウンド


 昨日もN條さんに誘ってもらって薄暮へ。いつもの薄暮仲間、S井さん、H村さんの4人で。


 何度か書いているが、N條さんは片手シングルである。

 今年のお正月早々、滋賀県のK阪カントリークラブの凍った階段で転倒し、右手首を骨折。しかし右手にギプスをはめたまま左手一本でラウンドするという根性を見せる。そんな折、コースからシングルハンディキャップ取得のはがきが届く。というわけで片手(の)シングルゴルファーとして日々の練習とラウンドに精を出しているというヘンタイ、いやサムライなのである。

 で、最初のうちはレディスティか白ティから、そしてギプスが外れてからは青ティから私に勝負を挑んできた。しかもスクラッチで!耳と耳の間は不自由だが両手を使える私としては意地でも負ける訳にはいかないが、前回までの薄暮ラウンドでは9戦9勝である(まあ、ね)。



 そんな負けず嫌いのN條さんから、昨日の勝負では新たな提案があった。それが、「パーオンしたら負け」というルール。片手だと飛距離がでないので、自分はパーオンできない。だから私にもパーオンできないという縛りを付ければいい勝負になるのではないかという考えのようだったが・・・

 ふふふ。甘いな。私はその薄暮プレーで「わざとパーオンさせないでアプローチを練習する」というラウンドを何度もこなしているのだ(その割にはアプローチヘタだけど)。

 というわけで、いつもよりはいい勝負になったが、遠慮なく勝たせていただいた(片手でラウンドしてる人に同じティからスクラッチで勝って喜ぶのもナニだけど)。



 さて、というわけで久しぶりにのパーオン禁止ラウンドだったが、「パーオンさせない」というのと「絶対にパーオンしてはいけない」というのには微妙に差があるわけで、例えばパー5の3打目で100yを切っても乗せないでパーを取る方法とか、花道が狭く手前へ残すことが難しいホールとか、ピン位置によっては手前に残すより横や奥へ持っていったほうがパーの確率が上がりそうだとか、そんなことを色々考えながらするラウンドはなかなか有意義だった。



 松1番、ティショットまずまず、2打目135y打ち上げ、いつもなら8番だけど9番で。ハーフトップながら花道。アプローチはやや奥についてしまい、下りの曲るラインを打てず2パットボギー・・・・2打目は適当でもアプローチとパットでパーのチャンスは充分ある

 2番、180y打ち下ろしパー3、ピンは手前。いつもなら4アイアンかユーティリティだけど6アイアンで。やや当たりが悪く35y残る。2打目左足下がりのフェアウェイから、花道をツークッションさせて乗せるイメージもチャックリ。3打目が1mに付き、3オン1パットボギー・・・・アプローチをミスするときは切り返しのリズムが早くなってるので気をつけよう

 3番、ティショットは珍しくフックが打てた。2打目残り175y、いつもならユーティリティだけど6アイアンで。またハーフトップでグリーン手前ラフ。アプローチは寄せきれず、2パットボギー・・・アイアン・寄せ・パットのどれかが1つが良ければあとの2つはそこそこでもパーチャンスあり

 4番パー5。ティショット3Wでダフリ引掛け、左ラフ。2打目7アイアンでレイアップ。3打目残り165y、ピン左には大きなバンカー、右サイドはサブグリーンとラフ、ピンは右奥。つまり花道がない。ショートめに打つと中途半端な距離が残ったりバンカーに入ったりしそうである。思い切ってグリーンオーバーさせるため、ユーティリティで。ピン奥を狙ったつもりがプッシュして右奥へ外れる。

 ベアグラウンド+左足下がりというライからなんとかうまく打つも、ピンを越えて6mほどオーバー。右へ3mぐらい曲がるラインをなんとか寄せてボギー・・・考え方は良くても思ったとおりに打てなければ絵に描いた餅。普段と違うことをするときこそプランBを検討すべき

 5番はティショットフェードでまずまず、2打目は1番手落として左手前ラフ。3打目アプローチは痛恨のトップ!奥からのアプローチも寄らず入らずでダボ・・・アプローチの大ミスはダボにつながる

 6番135yパー3。9アイアンで花道、と思ったら思いきりトップして奥へこぼれる。アプローチでなんとか3mぐらいに寄せてこれが入ってくれてパー・・・パー3こそティショットをミスしても挽回可能

 7番パー4。ティショットプッシュで右ラフ、2打目は右奥のピンに対し同じく右奥から寄せるつもりが6アイアンが先っちょへっぽこショットで右手前バンカー。エッジまでしか出せず、そこから2パットでボギー・・・・バンカーに入ったらボギーやむなし。うん。

 8番パー5。ティショットはフェースを閉じて右を向いてフック。会心のショットで打ち下ろしながら280y。2打目4Wは地を這うようなトップ(もちろんわざと、ではなくミスショットです)ながら残り80y。56度ウェッジフルショットで花道へ。ピンまで10yのアプローチ、またトップ目に入って奥3m。これが入ってくれてやっと3つ目の寄せワンパー・・・・4オンでいいと思ってるのにパー5の2打目をミスするというのはメンタルではなくただ単にヘタなだけだな

 最終ホールはほぼ日没で、顔が見えないぐらいの中でプレー。ティショットフェアウェイ右サイドまずまず。2打目145y+打ち上げ15yで普通なら6アイアンだけど7アイアンで。グリーン手前10y地点まで。アプローチはゆっくり、下2m、これが入って4つ目の寄せワンパー・・・・無欲で取った良いパーだった


 うーん、やっぱり考えながらラウンドするのはいい練習になるね。また次回、よろしくお願いします。H村さん、S井さん、そしてN條さん(ニヤリ)。
posted by hiro at 17:35| Comment(0) | 練習

2018年11月17日

ミスの下限


 昨日の日記で私はこう書いた。

 ティショットで1ストローク、フェアウェイからのロングショットで2ストローク、ミドルアイアンで2ストローク、ショートアイアンで2ストローク、アプローチで3ストローク、パットで3ストロークのミスをした。

 今日はその辺について。おいおい、昨日「内容がどうこうなどと言うのは野暮だ」って書いてなかったかって?だって僕、野暮なんだもーん。



 今回はインスタート。ちなみに、今思うところあって右へ出て左へ曲がる球を模索している。この日もそんな球筋を考えながらラウンド。

 10番はプルフックからスタート。2打目左足下がりから8アイアン、逆球(こすり球)が出て奥のピンに対し手前にオン。いきなり3パットボギー。

 11番は2打目6アイアンがへっぽこでグリーン右ラフ。50度のアプローチが1mに寄ってパー。

 12番、2打目のダフリ8アイアンがたまたまピン横3mに付き、たまたま入ってバーディ。

 13番パー3、打ち上げ190yをユーティリティで。ナイスショットすぎて奥へこぼれる。思いきり逆目のラフからピンを6mオーバー、2パットボギー。

 ここまでは出来すぎだったけど、次のパー5で実力発揮。

 ティショットはフックを打とうとして(インから入れすぎて)チョロ。2打目8アイアンでフェアウェイへ出しただけ、3打目4Wは良い当たりをするもまた吹け上がって右OB方向へ・・・ラッキーにも木に当たりフェアウェイへ戻ってくる。4打目残り185y打ち上げ、ユーティリティで狙うも引っ掛けて手前ラフ、寄らず入らずで素ダボ。パー5で素ダボを叩くところが私の実力。

 谷越え15番パー3、6アイアンでグリーンセンター、2パットパー。

 16番は短いパー4。ユーティリティでフェアウェイ右、2打目6アイアンは派手に左引掛け、グリーン左サイドから25yのアプローチはライが良かったので1mに付けられてパー。

 17番、イン最難関のパー4。

5-2018-11-15 12.13.48.jpg

 そこそこ長い(388yで2打目地点からかなりの打ち上げ)、狭い、左右ともアウト。ボギーでも良いと思ってリラックスしてティショットしないといけないんだなあ。

 ティショットはどヒールで距離が出ず。2打目175y打ち上げ、ユーティリティで距離が余るので軽く打ったら思い切りダフる。同じミスをするなら思いきり行けばいいのに。3打目残り距離がわからず(セルフプレーだったのにレーザー測定器を忘れていったのだ)、60yと思って打ったら50yしか飛ばずでも実は70yあったという、ミルフィーユみたいなミスをして乗らず。4打目のアプローチもトップしてダボ。素ダボ。

 左足上がりからは飛ばない。打ち上げの砲台グリーンは突っ込まないと届かない。そんな事も分からないんだから恥ずかしい。

 最終パー5ではようやくいいショットを3つ打ててパー、というわけで、前半は素ダボが2つあったけどバーディが効いて5オーバー。スコアもパー以上がボギー以下を上回り満足。


 しかし後半はパーオンしたと思ったら3パットするわ(しかも両方パー5)、まずまずのショット2つでグリーンのそばまで打てたと思ったらアプローチをミスするわ(6回中3回も)、アプローチが寄ったと思ったらパットを決めきれないわ(しかも1番と9番で)ともったいないおばけが束になってやってくるようなトホホなラウンドになり、43と平凡なスコアに。


 いちばんもったいなかったのが7番パー5で、ティショットフェアウェイ、2打目ユーティリティ完璧で残り50y。そこから二段グリーンの上のピンに対しピッチエンドランが弱すぎて段を登らず、下の段から3パットボギー。

 K嶋さんからは「あそこ(アプローチ)はやっぱり高い球で攻めなアカンで」とダメ出しがあったけど、高くてスピンの効いた球なんて怖くてまだ打てないんですよ。



 でも、間違いなく上級者への鍵はアプローチにあり、なんだよなあ俺の場合。ちょっと噛んだりちょっとショートしたりという小さなミスではなく、思いきりトップしたりチャックリしたりと出るミスが大きすぎるんだよね。その、「ミスの下限」を底上げしないといけない。

 やっぱりアプローチだけに、かげんが大事ってことで。
posted by hiro at 11:08| Comment(0) | アプローチ

2018年11月16日

秋の交野カントリー

 去年の11月2日、メンバーのO谷さんにお誘いいただき、O谷さんの仕事仲間で上級者のY本さんとおなじみK嶋さんの4人で秋の交野カントリーをラウンドした。

 奇しくもそのほぼ1年後の昨日、同じメンバーが再び秋の交野カントリーに集結。10ftのグリーンと紅葉と秋晴れとプレッシャーの掛かるティショットを堪能したのであった。

6-2018-11-15 11.23.06.jpg

5-2018-11-15 12.13.48.jpg

4-2018-11-15 12.37.53.jpg

3-2018-11-15 14.30.25.jpg

2-2018-11-15 15.37.37.jpg

1-2018-11-15 15.40.40.jpg

 メンバー、コース、気候のすべてが最高。そんなラウンドに対し、スコアがどうこうとか内容がどうこうと言うのは野暮ってもの。まあ一応載せておくけど。

seiseki20181115.jpg

 ティショットで1ストローク、フェアウェイからのロングショットで2ストローク、ミドルアイアンで2ストローク、ショートアイアンで2ストローク、アプローチで3ストローク、パットで3ストロークのミスをした。

 まんべんなくヘタだけどやっぱりショートゲーム。ショートゲームのミスはスコアに直結するから、頑張って今の半分にしたいね。
posted by hiro at 20:25| Comment(0) | ラウンド

2018年11月14日

「パットは強気で打て」問題


 先日、某有名人のブログを読んでいた。その有名人は私も何度かここで取り上げたことがある人で、その意見は真実を突いていることが多く、考え方には賛同することが多い。

 でも、やっぱり基本的にゴルフが「デキる人」、つまり上級者目線による意見なんだよね・・・。

 私のような場末へっぽこゴルファーからすると、「そりゃデキる人からしたら簡単でしょうよ。『そうしよう』と思ったらそうできるんだから。でも、こちとらフックを打とうとするとスライスになるような運動神経の持ち主で、つまり頭で解ってもそれを体で実現させるのに相当な苦労が必要なんです」って言いたくなることもある。え、それはヘタな人間のひがみだろうって?そうですが何か?



 で、そのブログに、「パットは1mオーバー(ぐらいの強気で)で打つほうがメリットが大きい」と書いてあった。その根拠として、芝目や傾斜に負けない球が打てる事と、ショートのミスがなくなり1パットの確率が上がる、と。

 ただ、そのデメリットについても触れていて、返しのパットが難しくなる、返しを外す確率が上がり3パットの数が増えるとキチンと書いている。

 しかし結論はやっぱり1mオーバーで打とうと。なぜなら、

 「優勝争いしているプロゴルファーはほとんどが1mオーバーの距離感で打っているからです!!」



 うーん・・・理論的には完璧に正しいとは思うんだけど・・・・。

 いやそれ、1mをほぼ100%まっすぐ打てるプロゆえだから。

 しかも優勝争いしてるということはその日調子いいってことだから。

 さらに勝負が掛かってるので入れに行って当たり前だから。

 ・・・と天の邪鬼な私は思ってしまったのであります。それは理想やん。「デキる人」の理論やんと。



 仮に私が「全部のパットを」1mオーバーの距離感で打つとどうなるか。そもそもまっすぐ打てないんだから短いパットは2回に1回カップの横をすり抜けたりカップに蹴られたりして3パット量産。5mぐらいのミドルレンジのパットは3mぐらいオーバーして3パット量産。もっと長いパットは元々距離感が無いうえに強めに打ったらもっとノーカンになって4パット量産。1ラウンド40〜45パットという結果が目に見えておるのであります。

 つまり何が言いたいかというと、デキる人が正しい理屈を書いててもそれはデキない人には絵に描いた餅で、現実はそんなもんじゃないんですよと。へっぽこ場末ゴルファーのへっぽこさをなめんなよと。




 もちろん某氏が本気で一般アマチュアをなめてるとわけではないだろう。聡明な氏のことだからそんな事は百も承知だとも思う。そもそも、そんな文句言うヒマあったらパットの練習せえよ!という世間の声は圧倒的に正しい。上級者に対するひがみであることも認める。

 そのうえで、私ならどうするかを考えてみた。

 1m以下の、外したらダメージ大きいパット・・・1mオーバーで打つ。

 1〜5mの、入ったら嬉しいけど外しても当然と思えるパット・・・ジャストタッチで打つ

 5m以上のロングパット・・・上や横に残さないよう距離を合わせ(るつもりで)打つ。上りはオーバーさせない。下りはショートさせない。

 超ロングパット・・・3パットを覚悟して打つ。最初はとにかくオーバーさせる。


 つまり入れるパットと超ロングパットのみ強気で、それ以外はケースバイケースいやむしろ弱めに打ったほうが総パット数は少なくなると思うんだよね。3mオーバーさせて3パットって多いんだよね(いやそれただお前がノーカンなだけでは?)。


 ヘタレでヘタクソな私の場合、それが現実的なパッティングスタイルかなあと思った。
posted by hiro at 17:55| Comment(0) | パット

2018年11月13日

年寄りは言う事を聞かない


 今日の話題はゴルフにあんまり関係ないです。



 歳をとってくると、どんどん頑固になり子供や世間の言うことを聞かなくなってくる人は多い。よくある例では、酷暑にエアコンを使わない、携帯電話を意地でも持たない、明らかに間違っていることも訂正しない、自分の考えを押し通すなど。

 人生とは選択の連続であり、長生きできた(途中で死んでいない)ということは少なくともその人が選んできた選択肢に大きな間違いがなかったという事を意味するわけで、だから長生きの人は「これまでの自分の考え方は正しかった、そしてこれからもずっと正しい」という信念というか狂信があるんだよね。

 逆の言い方をすれば、それ以外の考え方やルートは経験したことがない、だから恐ろしくてできない、取れないと思っているのである。保守的になるのもまあ当たり前といえば当たり前。



 しかし、長生きした老人でも、柔軟な思考ができる人、新しいことをどんどん取り入れたりできる人もいる。個人差、性格の差といってしまえばそれまでだけど、実はそういう人と頑固な人とでは決定的な違いがあるのではないか?と気づいた。

 その違いとは、自分の考え方に自信があるかどうか。自信がある人は頑固になりやすい、のではない。逆である。自分に自信がない人がむしろ頑固になるのではないかなあと。

 なぜか。自分に自信がないと、正論をぶつけられたり深い議論をすると言い負かされてしまう恐れがある。あるいは自分が異端であったり間違っていることを認めざるを得なくなる。しかし自分の過ちを認めることは、第一線から退いた自分にとっては全人格を否定されるのと同じと考えてしまうのだ。

 だから人の意見に耳を貸さず、他人の言葉をシャットアウトし、ちっぽけな自分の人生経験やプライドを守ろうとするのである。うるさい!誰がなんと言おうと、ワシはワシの意見を変えん!うるさい!黙れ!



 もちろん、皆に尊敬されるような十分な実績と仕事を成し遂げた人が頑固になるというケースもある。それは、元々の性格的なものだとか、(他人の評価は良くても)自分では人生や仕事に自信がなかったのか、あるいは突き抜けすぎて誰も意見を言えなくなり頑固な性格になってしまったか、その全てかであろう。

 まあいずれにしてもその割合は大きくないと思われる。せいぜい全体の99.8%ぐらいだろう。若造が何をほざく。私に意見を言うなんて100年早いわ。もし私と対等に話がしたいなら、私ぐらい有名になるか私ぐらい稼いでから来い。



 というわけで、老人で人の意見を聞かない人とは、自分の自信がない臆病者か、逆にありすぎてウザい人たちである。これから老人になっていく予定の私としては、そういう風にならないよう、これから日々気をつけながら生きていこうと思う。

 え?お前はウザいくせに臆病者だから絶対に頑固ジジイになるだろうって?うるさい!そんな事は絶っ対にない!!ならないと言ったら絶対にならないのだ!!俺に意見を言うなんて100年早いわ!!
posted by hiro at 11:47| Comment(0) | 雑文