2018年10月01日

2018年ライダーカップ


 2年に一度のゴルフのお祭、ライダーカップ。ご存知アメリカ選抜とヨーロッパ選抜がプライドを掛けて本気で戦う、世界最高峰同士のつばぜり合い。

 ゴルフネットワークが試合を最初から最後まで中継してくれたので、ほぼすべてのマッチを見ることができた。初日11時間、2日め11時間、3日目7時間。もちろん録画して見たんだけど。いやあ疲れた。

 疲れたその1。全試合が最終日最終組みたいなものだから、見ている方も気を抜けない。初日2日目は流石に途中でちょっと寝ちゃったけど。

 疲れたその2。どれもいいマッチで、美技の応酬に興奮した。さすがっていうショットやパットをゲップが出るほど堪能した。でも、超一流のプロでも狭いあるいは左右がダメなホールのティショットでは信じられないようなミスもするし、池に入れることも多かったし、プレッシャーが掛かるとダメなんだなと。

 プレッシャーが掛かったときのティショットでほとんどミスしてなかったのはモリナリぐらいじゃないかな。タイガーも、DJも、マキロイも、ローズも、デシャンボーも、よく曲げてたよね。

 特に3日目の後半。多いプレイヤーなら2日で4ラウンド近くプレーした後だし、疲れが出てくる頃。トッププロでもきついんだろうなあと。特に30台〜40代の選手はきつかったに違いない。ただしモリナリは35歳だけど例外だったね。

 疲れたその3。あのコース(ル・ゴルフナショナル)はとんでもないウォーターハザードと常軌を逸したラフばっかりで、やってる方はもちろん大変だったろうけども、それを観戦してるだけで精神的に疲れた。

rydercap2018.jpg

 真ん中が1番と2番、左サイドが上がり4ホールかな。ただ単に池があるだけじゃなくフェアウェイに食い込んでて狭くなってたり池の方に傾斜してたりするので打っていい幅は20yぐらいしか無いんじゃないかな。そこに風が吹くんだからそりゃみんな池に入れるはずだわ。

 疲れたその4。下馬評は圧倒的にアメリカ有利。けど、ヨーロッパが初日の2ボール4サムで全勝し、勢に大きく差がついたよね。実は始まる前はヨーロッパ頑張れって思ってたけど、2日目からは判官びいきでアメリカを応援する幹事で観てたのだが、追いつきそうで追いつけない。

 ローズ、フリートウッド、モリナリ、ガルシア、そしてポールター。敵として見たときの彼らが強すぎて肩に力が入った。




 しかし、ホームゲームってやっぱり有利なんだねー。っていうか、アメリカがホームゲームでめったに勝てないというのは、ヨーロッパ選手が元々アウェイに慣れてる(ヨーロッパツアーは基本アウェイのゲームだもんね)という事、逆にアメリカの選手はアメリカ国内という温室で甘やかされてるということ(タイガーでさえ!)、その2つの理由から気合と根性の差があるんだろうね。

 あと、結果論になるけどタイガーとリード、タイガーとデシャンボーの組が機能しなかったこと、タイガーを2日目の午前も午後も出した(で2つとも負けた)事で疲れさせてしまったこと、アメリカ側のお祭り男、P.リードとB.ワトソンに元気がなかったこともアメリカ側の敗因だろうね。


 後は雑多な感想を。


 個人的にはリードとマキロイ、ワトソンとポールターの戦いをみたかった。4ボールでタイガーとミケルソンを組ませても面白かったんじゃないかなあ。



 プロでもティショットは曲げる。ミドルアイアンやショートアイアンでもグリーンを外すこともある。1mのパットもプレッシャーから外すこともある。でも、アプローチは神業かと思うぐらい上手い。あと、勝負どころで長いパットや5mぐらいのパットを入れる確率の高いこと!これがトッププロの底力だねー。



 バンカーショットは上手いプロとそうでないプロの差が歴然としてたのも面白かった。ファウラー、ポールター、スピースとか上手かったけどD.ジョンソンは下手だった。



 最高の舞台で最高のプレイヤーがプレーするとこれだけ凄いんだなあ、見ごたえあるんだなあと改めて感じさせてもらった今年のライダーカップだった。
posted by hiro at 12:07| Comment(0) | トーナメント

2018年09月29日

パター考


 ホームコースでは来月からのクラブ選手権に合わせ、ホームコースのグリーンが仕上がってきた。9ftとまではいかないけど、8.8ftぐらい出てそう。そのせいもあってか、パットの調子が急下降中である。

 ちなみに、ここ最近はずっとオデッセイ#7タイプを使ってた。

image522.jpg

 だけど、速いグリーンだとネオマレットではその鈍感さが悪い方に働き、フィーリングが出ないっていうか(なーにを偉そうに)、強く打とうとすると引っ掛け、加減しようとすると緩むということが続いていた。

 で、最近上手い人やプレーオフの試合でプロのパットを見ていて、パットはストロークするとより加速して押し出すというか突くというか、そういう力感が大事なんじゃないかと考え、またこちらへ戻す。

image531.jpg

 もう10年前のパターである。まあパターは古くてもあんまり関係なく結果が出ればいいんだけど、フェースインサートの溝に相当ガタが来てるような気がしないでもない。知ってしまうと怖いのでよく見てないけど。

 で、先日の薄暮でこれを使ったらミスパットがほぼ皆無で、短いのはしっかり打てるし中ぐらいのは入りそうになるし長いのも距離感がしっかり合うし、何より打ってて気持ちいい。特に「カップやラインに向かってまっすぐ突き出す」ような球が打てるのが快感だ。やっぱりこっちのほうが合ってるのかなあ。

 でも最近はこの#9タイプって流行らない(第二次ネオマレット全盛期?スパイダーとか)みたいで、なかなか新製品出てないね。遼くんがこれ使って活躍してた頃はけっこう多かったと思うんだけどね。
posted by hiro at 17:05| Comment(0) | 道具

2018年09月28日

GB月例@奈良万葉CC


 昨日は「アカン日」だった。何をやってもアカン日。体に余分な力が入り、腕力で打ってしまう日。体が緩むか力むかのどちらかしかできず、適度に力を抜くとか、下半身は踏ん張って上半身はリラックスするとか、そういう事が全然できない日。

 もう1番から腕にはガチガチに力が入り、体はスムースに回らず、リズムもタイミングも悪く、へっぽこ球しか出ない(え、いつもと同じだろって?うう、否定できない・・・)。

 その結果。

seiseki20180927.jpg

 2番は極端に狭いホールで打ち下ろし、さらに220y地点の左側が先日の大雨でがけ崩れが起き、ただでさえ狭いフェアウェイをさらに狭くしている。ユーティリティで200y右サイド、と思ったら右に出すぎてさらに右へ曲がりOB。左を怖がりすぎ。

 9番は右サイドに池がある難しいホール。ティショット4アイアンがスライスして右フェアウェイギリギリ、2打目は残り210y打ち上げ、4Wは完璧な当たりでピン奥5mにオン、しかしそこから3パット(下りを1mオーバー、返しがカップに蹴られる)。アホや。

 11番はバンカーからホームラン。砂が薄かったけども。

 12番はティショットダフリで210yしか飛ばず、2打目残り380yも残る。2打目の落下地点は狭いのにパーオンしたいと欲を出し、4Wで。怖がって緩んで振り抜けずプッシュスライスでOB。アイアンでとりあえず狭いところをクリアし、3打目に掛けるべきだった。思い上がり。気がつけば9。

 16番もフェアウェイが2段になっている名物パー5。広いのにティショットを左へ引っ掛けてアウト。なぜ普通に打てない。



 今の私はメンタルを支える技術と練習が完全に不足している。こんな事で来月のクラブ選手権に出場するなどおこがましいにも程がある。恥をかくだけだ。

 というわけで、秋の練習強化週間スタートだ(いやもう遅すぎると思うけど)。
posted by hiro at 19:07| Comment(0) | GB月例

2018年09月26日

9月月例


 23日の月例はまあ酷かった。



 酷かったその1。練習なんてしてないから言う資格ないんだけど、パットが訳わかんなくなった。2オン4パットとかしたし。

 酷かったその2。フェアウェイに飛んだボールが右サイドの小さな木を直撃、ロストボールになる。そのホールトリプルボギー。これでちょっとがっくりきた。

 酷かったその3。同伴競技者の父(私より少し年上)娘(某大学ゴルフ部)が親子漫才か!って思うぐらい仲が良くて、もちろんそれは悪いことでも何でもないんだけど、緊張感とか集中力が保てなかった。完全に言い訳だけど。

 競技はどちらかと言うと生きるか死ぬか、今にも喧嘩が始まりそうな殺伐とした雰囲気のほうがいい。吉野家コピペ的な。

 酷かったその4。後半の松コースは毎ホール待ちが出て、3時間掛かった。いや皆条件は同じだからこれも言い訳なんだけどね。

 酷かったその5。競技になるといつもの3倍ぐらいミスする。メンタル弱いわ。

 というわけで。

seiseki20180923.jpg

 前半はそれでも最低限。4パットはダメダメだけど、それ以外はショットの方もまあまあだったし。欲を言えばあと2つぐらいパットが入ってほしかった。

 後半は3番の3パット、4番のロストボールでがっくり来たのか、何をやっても裏目っていうかうまくいかず、最終も派手に右プッシュスライスOBで終わり。



 でも、月曜日に薄暮行ったら同じ松のバックティから回って39が出るんだよね。1番ダボ(OB)、2番ボギー、後はずっとパー。5ホールパーオンしてるし。パターは変えて望んだけど、やっぱりメンタルなんだろうなあ。
posted by hiro at 10:37| Comment(0) | 競技

2018年09月25日

タイガー・イズ・バック


 一昨日は月例だったけどそんなことはどうでもいい。


 タイガーが1876日ぶりに優勝。この凄さを表現する言葉を私は持ち合わせていない。

image4711.jpg

 度重なる故障、手術、不祥事。文字通り世界一の座からどん底まで落ち、世界最大規模のフリーフォールを経験。普通ならこれで人生は終わりである。「すごいプレイヤーだったよね」と思い出の人物として語られるのみの過去の人になるはずだった。

 でも、彼は帰ってきた。前回優勝したとき37歳だった彼は42歳になっていた。


 ゼロからではなく、手術というマイナスからの出発。42歳という年齢。それ故、ここまで積み上げてきた努力は並大抵のものではなかったということは容易に推測できる。とくに去年からは、恐らく彼の人生で最も過酷な1年だったろう。

 見ている我々も、彼と戦ったライバルも、その過酷さを知っているから、彼の優勝に涙を流すのである。


image4912.jpg

 しかしフェアウェイになだれ込むギャラリーといい、タイガーコールといい、TVを通じてでさえたじろぐような歓声といい、歴史に残る優勝シーンだったよね。あと、終わって同組のマキロイとハグ。しないよね普通?でもそのハグが全然不自然じゃないぐらい素晴らしいシーンだった。


 でも、息つく間もなくライダーカップが始まる。手を抜いてもいいからしっかり休んで、来年のシーズンに備えてほしい。
posted by hiro at 12:46| Comment(0) | トーナメント