2018年11月30日

ジャパンクラシックカントリークラブ・キングコース


 いつもホームコースの薄暮プレーでご一緒させていただくN條さん。片手「の」シングルで私にスクラッチ勝負を挑んでくるサムライである(11月19日の日記参照)。

 今回はそのN條さんのもう一つのホームコースである、ジャパンクラシックカントリークラブへ。無理を言って木曜日のラウンドをセッティングして頂いた。おまけに車にまで同乗させていただき、下道を1時間10分。

 男子プロの試合も開催されている、アーノルド・パーマー設計のコースに到着。そのコースは広々としているが打ち上げ、打ち下ろし、ドッグレッグ、フェアウェイに配置された木とバラエティに富むがアンフェアではなく戦略的。

1番
2018-11-29 10.12.31.jpg

 フェアウェイは広く感じるものの、サイドによってセカンドショットの難易度が変わったりセカンドが狙えなくなったりと、回れば回るほど、つまり知れば知るほど難易度が増すような感じ。

9番
2018-11-29 12.59.20.jpg

 おまけにアメリカ人ゴルファーの設計によくある、大きな池と池越えのグリーン。9番も18番もグリーン手前に池のあるパー5。ドラマが起きまくりそうなセッティング。

18番
2018-11-29 16.28.21.jpg

 
 この日たまたま空いていたM岡くんと合流し(奇遇なことにここは彼のお父さんがメンバーで、彼のラウンドデビューがここだったとのこと)、3人で10時30分頃スタート。この日は大きなコンペが入っていたようで、ホールアウトする頃には日が沈み、幻想的な風景が。

2018-11-29 16.53.45.jpg

 いやあ良いコースでした。


 さて、その内容だけど。

seiseki20181129.jpg

 この日はアイアンの調子が何故かすごく良くて(スタンスを狭くして下半身が暴れないよう気をつけたのが良かったのか?)、私にしては珍しくパーオン12ホール。しかも3パットなし!ただ、1パットもなくて(つまりバーディも寄せワンパーもなし)全ホール2パットという珍しい結果に(生まれて初めてかも)。スティンプ10ft(体感的には9.5ぐらい)、コンパクション23のはじめてのコース+セルフにしてはまあ上出来だよね。


 パーオンできなかったトホホ8ホールは以下の通り。

 4番はティショット右ラフ、2打目横へ出すだけ、3打目ウェッジフルショットをトップしてOB、5オン2パットでトリプルボギー。

 5番パー3は7アイアンでダフってショート、アプローチは狙い通りワンクッションさせるも5mオーバー、2パットボギー。

 8番じゃ短めのパー4、ティショットフェアウェイど真ん中も2打目9アイアンを引っ掛けて左バンカー、砂の薄いバンカーからホームランして反対側のエッジ、パターで寄せるも大ショート、2パットダボ。

 折り返して12番パー4、ティショットはプッシュスライスでOB・・・と思ったら木に当たってラフに戻ってきた。2打目はブラインドの200y打ち下ろし、ユーティリティで強振するも頭叩きチョロ(笑)。3打目7アイアン、うまく打てたけど僅かに右でバンカーイン、バンカーからピン奥8m煮出して2パットダボ。2打目をレイアップしてたらボギーで上がれてたかもね。

 14番パー4、ティショットがまた右へ(っていうか当たり損ないの引掛けスライス)、右バンカー上の斜面。2打目レイアップしようにもすごく狭くなってて、5アイアンで一か八か狙うも全然当たらず、右サイドラフへ。ウェッジで上3mに付けるも入らず。

 17番打ち上げのパー4。

03-2018-11-29 16.10.44.jpg

 ティショット右プッシュ(またかよ)、2打目ユーティリティは先に当たって右手前のバンカー、距離のあるバンカーから(偶然にも)奥3mに乗るも入らずボギー。



 本日のナイスショット三選。アイアンがホントに珍しく良かったので書かせてくれい。

 1番の2打目、つま先下がりからの打ち上げ+バンカー越えの160y。6アイアンのショットがむちゃくちゃ良い当たりでピンを刺し、ピン奥(エッジ)6mに。パーだったけど。

 7番パー3のティショット、180yで打ち上げ、ピンは二段グリーンしかもバンカーの上(左サイド)。4アイアンで高い球を打とうとやや左足寄りに球をセットしてコックを少し多めに使って。会心の当たりでピンハイ右8mに。パーだったけど。

 18番パー5の3打目。レイアップしすぎて150y残る。先に打ったM岡くんは8番、ショートサイドからフックでベタピンにオン。その直後に打つトホホ野郎はリキんで十中八九チョロして池ポチャってパターンのはずがこの日は違った。7番、グリーンセンターからフェードのイメージ、フェードは掛からなかったけどピン奥6mにオン。パーだったけど。

 いやあ、アイアンショットが狙い通りに飛んでいくってほんと気持ちいいね(いや、お前の場合完全にたまたまだから)。




 今回そこそこのラウンドができたのはN條さんのナビゲーションが良かったことと、M岡くんと競い合えたこと、そしていい意味でコースの怖さを知らなかったせいだと思う。つまりビギナーズラックってやつですな。

 次にラウンドしたら、知ったことが逆に足かせとなり、守るべきところで攻めたり攻めるべきところで守ったりしてこの日よりスコアが悪くなると思われる。つまりそれは、面白くて奥深いコースという証明だよね。

 というわけで、N條さん、M岡くん、あざした!
posted by hiro at 18:52| Comment(0) | ラウンド

2018年11月28日

タイガーVSミケルソン


 衛星放送でやってたタイガーVSミケルソンのマッチプレー。

 何に驚いたかっていうと18ホールの勝負で勝者に10億円!!敗者にはゼロ!(数億円の出演料はもらってるだろうけど)。桁が違う。庶民が一生働いても手に入れられない、つまり一生食っていける額を18ホールの勝負でゲットできるなんて、なんて夢のある世界なんだ!

 役所広司じゃないけど(宝くじのCM)、10億あったら余命30年としても年間3000万円ちょい。毎月250万円。家を買って、車を買って、ゴルフ部屋を作って、シミュレーションゴルフができるようにして、近隣のコースの会員権も全部買って、毎日ゴルフして・・・書いてて虚しくなってきたのでもうやめよ。



 その内容も、10億を取り合うにふさわしいいい勝負だった。終始ミケルソンが逃げ、タイガーが追いつき、追い越し、またミケルソンが巻き返し・・・という展開。ミケルソンの神懸かり的アプローチあり、タイガーの崖っぷちからのチップインあり、入りそうな超ロングパットありと内容も互角。マッチプレーで見ていて一番面白くないのはワンサイドゲームだから、そういう意味でも見応えがあった。さすが世界トップクラスの2人である。

 勝負は18ホールで決着つかず、暗闇の中、特設の「19番ホールパー3」で3度のサドンデス。タイガーがミスショットからパーを拾えば、ミケルソンはバーディパットが一筋外れる。

 タイガーが1mを超える、外れても全然おかしくないミケルソンのパーパットをOKすると、次のホールではミケルソンがタイガーの2mのパーパットをコンシード。10億円よりも、エンターテインメント性を優先させる。っていうか、10億円の試合を凡庸な結末で終わらせる訳にはいかない!という高いプライドを感じたよね。スーパーショット、あるいはバーディで勝負を決めるんだ、という。だからこそ、この2人が選ばれたのだろう。



 まあ2人にとって10億円は「ちょっとした大金」ぐらいの価値しか無いだろうし、その気になればそれぐらいはすぐ稼げるし、そんなお金よりも、勝負師として矜持ある姿勢を見せるほうが重要だ、と考えての行動なんだろう。

 ミケルソンは「動いてるボールをパットしちゃった事件」で、タイガーは女性絡みで、そう遠くない過去に「やっちゃってる」から、今回のコンシード出しあいで好印象を与えられたんじゃないかな。さらに多額の寄付が伴っている点も素晴らしいよね。宗教的なバックボーンがあるとはいえ、こういう大きな行事には寄付がつきもので、そういう意味でもこういうイベントは大きな価値があるよね。



 さて、ここからは完全に蛇足だけど、もし日本で同じようなマッチが企画されるとしたら、

出演者:松山英樹VS石川遼

賞金:勝者に1000万円、敗者に500万円

試合会場:フェニックスカントリークラブ

企画:電通

主催:某新聞社と某TV局

特別協賛:某大企業

協賛:某ゴルフ関連メーカー、某クレジットカード会社、某自動車会社、某飛行機会社

後援:JGA、JGTO、宮崎市、フェニックス・シーガイア・リゾート

トーナメントプロデューサー:戸張捷

実況:河村亮

ゲスト解説者:青木功・中嶋常幸・丸山茂樹

オンコースリポーター:羽川豊




 松山と遼くんへの賞金は1500万円。しかし、それ以外の人間や団体(特に上から4番目)には合計で数億円が流れるという構図になるのである。
posted by hiro at 10:42| Comment(0) | トーナメント

2018年11月26日

11月月例


 昨日はホームコースの月例競技。朝は5度を下回り、冬日に。息は白く、手はかじかみ、セーターの上からウィンドブレーカーを着込んで、7時21分スタート。

1-2018-11-25 07.16.22.jpg

 先月ぐらいからきさいちCCには珍しくグリーンが仕上がっていて、スティンプ9ftに加えコンパクションもだいぶ上がっている。奥(上)へ付けると相当神経を使うアプローチやパットが残るため、とにかく手前からを心がけて。

 1番2番は花道からアプローチでパーを拾う。しかし3番ホール(186yパー3)で早くも「本日のトホホ」が炸裂。

 寒くて飛ばないだろうと4アイアンを持ち(弱気その1)、左のOBを嫌がって右プッシュ(弱気その2)、ボールは右サイドのサブグリーンに落ち、そのまま転がって奥のベアグラウンドへ。そこから、はい皆さんの期待通りですね絵に描いたような見事なチャックリで1mしか飛ばず、3打目がグリーンエッジ、2パットでダボ。

 ショートが怖い(手前からでいいって言ってたのにね)、左OBが怖い(4アイアンで左なんかいかないのに)、チャックリが怖い(これはなかなか克服できない)と怖がる心が招いたダボ。

 その後4ホールは1オーバーで頑張るも、難しい8番で本日のトホホその2。

 ティショットは3Wでまずまず、左ラフ。2打目150y打ち下ろし、奥へ行くとダボどころかトリプルもありうる砲台受けグリーン。花道か、間違ってもグリーン前半分に止まるよう8アイアンを選択。やや薄い当たりだがギリギリ乗るか?と思ったらはるか手前のバンカーに落下。大きなミスだ。

 で、クラブをカートにしまう時に、私のバッグの中にはなぜか今使ったはずの8アイアンが。そう、クラブ間違ってたんですねー9アイアンだったんですねー。そりゃ届かんわ。バンカーから距離が足りず、4オン1パットボギー。

 という感じで前半は40(4オーバー)。数字だけ見たら悪くはないけど、短い(2839y)梅コースではやっぱり30台を出しておかないと月例での入賞は難しい。

 後半松コース、1番パー4、砲台グリーン入ってすぐのピンへ15yのアプローチ(こういう状況が一番苦手だ)、寄せられずボギー発進。

 2番パー3ではユーティリティのティショットをチョロ(トップ)って谷へ落としてOB。トホホ。

 その後持ち直し、3番・4番・5番とパー。

 6番パー3でもまたアイアンショットをトップ(行方が気になってヘッドアップするんだろうってお前は初心者か!)、奥のピンに対し手前にオンして3パットボギー。

 7番も2打目を花道へショート、今度はユーティリティの転がしでOKの位置に。

 8番パー5。ティショット右バンカー、ライが悪く(ボールの前の砂が盛り上がってた!)2打目は出ただけ、3打目ラフにボールが浮いててティアップ状態だったので4Wでマン振り!するもてんぷら的なミス(アホだ)で右ラフ、マウンドの後ろへ。しかしそこから160y、6アイアンのショットが2年に1回の当たりでピン横60cmに付き、グレートなパー(いやたまたまやん)。

 これで最終ホールパーならネットイーブンパーでまあ満足のラウンドだ。

 ティショットはどヒールで210y。2打目165y、相当な登り。打ち上げを入れて185y、ユーティリティを持つも軽くダフってグリーン手前ラフ。30yのアプローチ、ピンは一番奥で突っ込みたい。左足上がりのラフから、迷って50度ではなくPW(46度)で転がす選択をするが、ちょっとだけ緩む+高さが出ず狙いよりだいぶ手前、エッジに落ちて大ショート。

 このミスチョイスで最終はボギー。詰めが甘い(っていうか持ち慣れないクラブを持つよりは慣れてるクラブで工夫しよう)。というわけで。

seiseki20181125.jpg

 数字だけなら「がんばりました」だけど・・・・

 寄せワンが7個もあったからまだこれぐらい(ネット1オーバー)で済んでるものの、実質は85ぐらいの内容。とにかくくだらないミスが多すぎる。俺ってひょっとしたらアホなのかな?
posted by hiro at 13:00| Comment(0) | 競技

2018年11月24日

第21回しゃくなげ杯の結果


 昨日はいろいろ忙しくて更新できなかった。どうもすいません。

 昼まで仕事、昼以降はプライベートの厄介事(といっても50億円脱税したとか浮気の後始末をしてたとかではない)を片付けるため母親を連れて大阪市内へ。車の中で3時間母親の話を聞き(しかし年寄りっていうのはなんであれだけ喋り続けるんだろう)、家へ返ってくるころにはすっかり暗くなっていて、疲れてしまったという次第。


 さて、一昨日のラウンドである。ごる日々を始めた頃からの最大のイベント、というよりこのコンペがあったからごる日々が生まれたといっても過言ではない、業界某団体が主催するコンペ、しゃくなげ杯である。

 お陰様で2007年、2008年、2014年、2015年と4度もダブルペリアで優勝させてもらい、なかなか届かなかったベスグロも2015年にやっと取れ、憑き物が落ちたように落ち着き、さらに幸運にも一昨年、去年と3回連続でベスグロを獲得できた。

 それでもやっぱり、しゃくなげ杯は私にとって特別なコンペとしてあり続ける・・・って誰が興味あんねん。

2-2018-11-22 11.22.38.jpg

 さて内容だけど、とにかくこの日はカップの位置が難しかった。スティンプは9.2ft(だったけど、実際には9を切るぐらいかな)と速さはそれほどでもなかったものの、雨の予報だった(実際、最初の数ホールは小雨だった)せいか、マウンドの上にばっかりピンが切ってあり、どこから打ってもジャストタッチでないとカップ付近にボールが止まってくれない。

 長いパットは反対に切れたり全然届かなかったりという事件が頻発。バーディなんてもちろん1つも無し。1パット(4つ)は全部寄せワンだった。


 
 前半西コース、珍しくシャ○クが2発出て、それぞれトリプルボギーとダボを叩き、あと素ダボが1つで44。3パットが1つ。

 後半東コースはなんとか踏ん張り、3ボギーの39。特に上がり3ホールを頑張れたのは我ながらよくやったと思う。




 以下は自慢するためではなく記録として残すために書く。その、東最終ホール、414yパー4。

 ティショットはそこそこいい当たりでフェアウェイ左サイド。2打目は160yフォロー、砲台グリーンの超一番奥にピン。グリーンセンターに乗せるだけなら7番だけど、少しでもミスると手前の深いバンカーに入る。そうなると良くてボギー、普通でダボもある。

 オーバー覚悟で6アイアンを持つ(自分のミスに期待して)。ところが意に反し、ボールはナイスショットでグリーン方向へまっすぐ。ただし球が低い。グリーンの手前にオンするも、転がって奥へ。グリーンへ上がってみると奥のバンカーに捕まっていた。

 ピンはすぐ目の前、下り、8yぐらいのバンカーショット。オーバーしたらグリーンの入り口まで転がるだろう。しかし出ないのも最悪。安全に出すことも考えたけど、私は知っていた。ここでパーなら後半30台だと。男なら狙わんかい!

 フェースを思いっきり開き、小さなバックスイングから絶対減速させないでコンパクトに振り切る。ある意味ギャンブルショット。奇跡的に吉と出て、ピン横1mにボールは止まってくれた。

 これを入れられれば、たとえベスグロが取れなくても、優勝できなくてもこの日は満足だ。いや逆にいいショットを3つ続けてパットでミスしてたらナンノコッチャわからん。弱々しくアマラインに外すのだけはやめよう。カップに蹴られてもいい、強めのまっすぐ目で・・・・




 というわけで。
 
seiseki20181122.jpg

 ベスグロはO田さん、9打差付けられて完敗。っていうか足元にも及ばず。あのグリーンで37・37で回るか?本物の上級者は違うわ。


 そのかわりっていうか何というか、ダボとトリプルのホールが全部ハマってまたしても優勝。ダブルペリアの鬼、コンペ荒らしのhiroの面目躍如だぜい!

 しかし、これぐらいの熱心さを仕事に活かせば今頃年収10億ぐらいは行ってたかもしれんなあ。
posted by hiro at 20:39| Comment(0) | ラウンド

2018年11月21日

バンカーショットの注意点


 少し古い話になるが、2ヶ月ほど前、K見師匠とH田さんという本物の上級者2人とよみうりパブリックのフルバックからラウンドする機会があった。

 その時、スタートへ向かう道のすぐ横にバンカー練習場があったので、そこで上級者2人に教えてもらった。私の悪いところは、

 クラブをインサイドに引きすぎる

 フェースの開きが中途半端

 バウンスをうまく使えていない


 つまり全然なってない、ということだよね。トホホ。そしてその解決方法だが、

 1,バックスイングで飛球線高校にクラブ(ヘッド)を真っ直ぐ引く

 2,フェースを違和感が出るくらい(空を向くぐらい)開く

 3,ソールの、ヒールから砂に入れていく


ということができればもう少し安定するだろうと。で、実際やってみたら、安定感がでてきた(当社比)。



 自分なりの解釈をしてみる。

 1について。クラブをインに引くのは私の全ショットの悪い癖でもあるけど、インへ上げると普通ヘッドはインから降りてくる。インから入ると軌道がアッパー気味になるのでダフリのミスが出やすい。これだとバンカーからはうまく出せない。

 バンカーからはどちらかと言うとアウトサイドインの軌道(実際はインサイドインなんだろうけど)ほうがイメージが出やすいと思う。スイング軌道は大事なのだ。


 2について。もちろん長い距離を出したい時は別だけど、フェースは開けば開くほど飛ばない。飛ばないので思いきり振れる。するとどうなるか。緩みにくくなるのだ。バンカーショットで緩んだりフォローが出ないのは一番悪いことだから、セットアップでそれを防止できるのは大きい。


 3について。手首をこねたり必要以上に腕を使ったりフェースを返したりするのではなく、構えたとおりにヘッドを下ろしてくる感じ・・・なのかなあ。


 まあ結果良ければ全て良しってことで。
posted by hiro at 10:34| Comment(0) | 目から鱗(開眼)