2017年11月10日

第20回しゃくなげ杯


 というわけで1年の集大成、しゃくなげ杯@伏尾GCである。そう、先月、ゴルフ侍でオール巨人師匠が井上久雄プロと対戦した伏尾である。さて、3日連続練習へ行くという蛮行は吉と出たか凶と出たか?


 同伴競技者はいつものI上さん、大会委員長のS井さん、同業大先輩のO本さん。天気は最高。トップスタート。

 東1番パー4。ドライバーはいきなりダフリ引っ掛けで左斜面に激突。さらにカート道を転がり落ち、推定飛距離100y。打ち上げのティショットは球を上げに行くなとあれほど。

 2打目ユーティリティでレイアップ、2打目残り105y打ち上げはPWでピン上5mにオン。これがまっすぐのラインで偶然入ってドタバタのパー発進。

 2番は距離が長く難しいパー4。ティショットはごまかしショットでフェアウェイ。2打目8アイアンは擦ってニアサイドに。エッジからマウンドの頂点に切られたカップに対し、パターで寄せるも傾斜に負けて寄らず、入らずボギー。

 3番は相性の良いパー3。8アイアンはスカ当たりながらグリーンセンターにオン、2パットパー。

 4番、距離の短いパー5。ティショットはスライスで右ラフ。残り200y、ライが良かったのでグリーン近くまで持っていこうとユーティリティ。手前バンカーへ(想定内)。バンカーからピン奥(上りのパットが残る)へ突っ込もうとしたけどショートして微妙なパットが残る。2パットパー。

 5番、豪快な打ち下ろしのパー4。ここで本日のトホホその1。

01-2017-11-09 11.11.12.jpg

 ティショットはいつも派手に左へ引っ掛けるんだけど、この日も同じでOB 杭まで数メートルレベルの引っ掛け。2打目、サイドフォローと思って小さめのクラブ選択をするも当たりが悪くしかもサイドアゲンストで20yショート、手前のバンカー。25yのバンカーショットはダフってラフ、アプローチは2mまで、外して素ダボ。「実力を遺憾なく発揮」だ。

 6番は短いパー4。ティショットは低めのトップ球が功を奏し残り90y。左足上がりからPWのスリークォーターでピン上6m、これがまた偶然入ってバーディ。

 7番パー3、165yアゲンスト。6アイアンはちょっと捕まってピン左奥のカラーへ。20y以上のアプローチ、ウェッジかパターか迷ってパター、これが大ショート。イメージが出なかった。ウェッジのほうが良かったかも。3パットボギー。

 8番、513yパー5。谷越えで右は受けてるけど左はずっと崖。

02-2017-11-09 12.02.39.jpg

 ヒール球がフェアウェイ右サイドにぎりぎり止まる。2打目4Wはスライス、崖の上の方から落ちてきてくれてラフへ。残り100yからグリーンセンターへオン、2パットパー。

 最終ホールは414yパー4。ティショットは左、つま先下がりのラフから170y、ユーティリティで軽めに打ったら右プッシュしてしまい行ってはいけないグリーン右の窪地へ。しかも元気すぎてカート道も越えてOB。打ち直しはグリーン奥、寄らず入らずでトリプルボギー。世界よ、これが俺だ。

 というわけで前半は1バーディ2ボギー1ダボ1トリプルで42。


 後半は南コース。いきなりトホホその3。

 4アイアンのティショットはダフって50yしか飛ばず。2打目7Wで残り60y地点へ。3打目打ち上げ砲台グリーン、ピンは手前。はいそうですピンを狙ってショートしてボギーオンもせず。ピン奥8mにオン、2パットダボ。全米が笑った!

 2番は短いけどやや変則フェアウェイのパー5。写真は二打目地点、右サイドラフから。

03-2017-11-09 13.41.03.jpg

 ティショットはその右サイドラフ(まあまあ狙い通り)、でも2打目ユーティリティはチョロ。3打目170y、5アイアンはスライスしてグリーン手前。4打目、つま先上がりでラフに浮いたアプローチは偶然いいピッチショットになって2mに付くも入らず。ボギー。

 南3番パー3。池越え、160y。

04-2017-11-09 13.54.43.jpg

 アゲンストに対し6アイアン、やや低い球になって奥へこぼれる。どうも風が読めない。7番でよかったのか?10mを超える下りのパットは打ち切れずまたショート、また3パットでまたボギー。

 4番は素ヘタ。短いけど狭めのパー4。左はアウト。

05-2017-11-09 14.15.13.jpg

 ティショットこそたまたま狙った右法面へ打てて思惑通り右サイドフェアウェイをキープできたけど2打目PWをこすってまたニアサイドに外しアプローチも寄らず(いやまたマウンドの上の難しいところに切ってあったんだよね)入らずボギー。っていうかウェッジ持ってもグリーンセンター狙えって何億回言えば分かるの?バカもここまでくると勲章モノのバカだな。

 5番は短いパー3。8アイアンはちょっと当たり損ねでピン左下5m。偶然入ってバーディ。

 6番、今まで数々のドラマを生んできた右ドッグレッグ打ち上げのパー4。グリーンは右の林の先。

06-2017-11-09 14.38.24.jpg

 フェアウェイ方向へまっすぐ打つと210yで突き抜け。右の2連バンカーは(キャディさんは230yぐらい必要って言ってたけど)190yで越える。ティショットバンカーの先、2打目は56度のウェッジでピン下8m、2パットパー。

 7番は南コースで一番難しいパー4。ティショットは左へ引っ掛けるも斜面にあたってフェアウェイへ。2打目は150yアゲンスト、7アイアン。この日最初で最後、たった1発のナイスショットが出てピン下7mにオン、2パットパー。

 8番は右ドッグレッグ、右が斜面、左が全部OBのパー5。ティショット右ラフ、2打目つま先上がりの傾斜から6アイアンのレイアップ、3打目90yのウェッジショットは当たりが悪く手前のバンカー・・と思ったらギリギリ越えてくれた。まだピン狙ってる。いい加減にしろ。2パットパー。

 最終はドライバー左サイド、2打目7アイアンが相当な当たり損ない(先?)で20yショート、アプローチは肩が回らず手打ちになって6mもショート。あーあ、やっぱりヘタなまま終わり。と思ったらまたこのパットが偶然ポッコン。外れたら2mぐらいオーバーしてたノーカンパットだったのに。そしてこのパットが大きな意味を持つことになる。

 というわけで。

seiseki201711091.jpg

 1パットは4つとも偶然。ミスショットがグリーンに乗ったこと数回。ティショットのミスが結果的にフェアウェイへ行ったこと数回。もうラッキーだけでゴルフしてるな。それでもダブルペリアは4位、ドラコン1つ、そして3年連続のベスグロ獲得(しかも1打差!)できましたほんとうにありがとうございます。

 3日連続の練習は無駄じゃなかった・・・(ほとんど成果出なかったけど)・・のかな?
posted by hiro at 18:32| Comment(0) | ラウンド

2017年11月08日

素振りのように打つ方法(検証中)


 さて、先週末。世間は三連休だったようだけど、私は金曜日半日仕事、土曜日1日仕事、日曜日半日仕事。まさに貧乏暇なし。ぢっと手を見る。

 でもクヤシイので金曜の午後と日曜の午後に薄暮へ。金曜日は7番で真っ暗になった(のに8番でパー、9番でバーディという快挙)が、日曜日は十分日没まで余裕があった(のに8番でダボ、9番でボギーという体たらく)。

 休みになるとゴルフ。アホである。でも上には上がいる。日曜日ご一緒させていただいた3名のうち2人は3連休で3連チャン(薄暮含む)のラウンド。アホである尊敬に値する。



 さて、薄暮はいつも色々試したり練習したりするつもりで回るのだが、なかなかそれを徹底することができない。すべてアイアンで回ったり、2打目でわざとグリーン手前を狙ってアプローチを打ったり、わざとバンカーに入れてみようと思ったりするのだが、数ホールで忘れて何となく普通に回ってしまう事が多い。

 スコアに執着する18ホールのラウンドと違うのは、すべてのホール(除くパー3)でドライバーを持ったり、2打目で直接狙えないときにインテンショナルショットに挑戦してみたりするぐらいで、やっぱりラウンドそのものを楽しんでしまうんだよね。パーオンとかパーとか狙っちゃう。練習にならない。

 だから、やっぱり、打ちっぱなしでの練習というのは必須なのである。




 というわけで月曜日・火曜日・水曜日と連チャンで練習へ。何といっても秋の一大イベント、しゃくなげ杯(仕事関係のコンペ)が今度の木曜日(つまり明日)に迫っているのだ。今回は特にグリップを変えたので不安だらけ。1球でも多く球を打っておきたい(でも100球〜150球ぐらいしか打たないんだけどね)。

 そのニューグリップ、だいぶしっくりくるようになってきた。といってもとんでもないプッシュが出ないぐらいのレベルだけど。あとはグリッププレッシャーを弱める事と、気持ちよく振り抜くことである。

 私の昔からの悪癖だが、素振りではどれだけ気持ちよく振れていても、実際に球を打つ時になると「球に当てに行」き、「球を上げよう」としてしまい、フィニッシュまで振り抜けずおかしなスイングになってしまう。

 どうやったら素振りのようにスムースに振れるのか?これは永遠の課題だよね。いつもいつも考えているんだけどなかなかうまくいかない。

 突き詰めればメンタルの問題なんだろうけど、具体的にスイングに何が起こっているかというと恐らく、

・グリップに過度な力が入ってしまう

・バックスイングですでに力が入っている

・インパクトに向けて腕・手首で微調整してしまう(体幹の動きが変になる)

・インパクトに意識が行きすぎ、打って終わりになり、フィニッシュまで振り抜けない


 のだとおもう。だから、逆の言い方をすれば、力を抜いてフィニッシュまで気持ちよくクラブヘッドを持っていく事ができれば、これらはきっと解決するんじゃね?と思った。まあそれが簡単にできれば苦労しないんだけど。

 だって、「ヘッドをどう動かそう」って考えてる時点でもう「無意識に、スムースに」振れてないってことだもんね。でも、「球を上げよう」とか「きちんと当てよう」と思ってしまうのもまた無意識が生み出す意識であり、だから単なる無意識ではダメということだ。

 つまり何がいいたいかというと、「無意識にスムースに振る」ために「どういう意識を持つか」という事を考えなければいけないわけだ。「計算された無意識」っていうか。「無意識を意識で制御する」っていうか。



 そこで、素振りを何度も繰り返しながら考えた。素振りの時は球の行方もスイング軌道も方向もトップ位置もインパクトも、そういう面倒なことは何も考えず、ヘッドがインパクトゾーン付近〜以降で最大のスピードになるように振っているだけである。

 その時、アドレスも適当(つまり脱力してる)、バックスイングも適当(つまりひょいと上げてトップ位置なんて考えてない)、その後インパクトに向かって加速させるために手首のコックは自然と保たれ、グリップはインパクト直前まで脱力していて、インパクトの直前からやっと力が入りはじめ、インパクトゾーンでは遅れていたヘッドが急速に戻ってきて「ビュン!」とヘッドが目にも留まらぬスピードで通り過ぎていき、自然とフィニッシュへ向かう。そして、体には一切余分な力は入っていない。

 これを再現するためにはどうすればいいか。色々やってみて一番良かったのはこれ。



インパクトゾーンでクラブヘッドを一瞬で通過させるイメージ

訂正。

構えたら間髪入れずにすぐ打つ




 昨日今日はこれでうまくいった。さて、この気づきが永遠の課題に終止符を打てるのか。ちょっと期待。
posted by hiro at 11:54| Comment(0) | 目から鱗(開眼)

2017年11月07日

レディスティ(も男どもの頭の中も)ちっとも改善できてない


 4年前、私は「女性用ティ(レディスティ)考察」という日記を書いたが、自分で言うのもなんだけど人気のエントリで今でも毎日検索して見てくださっている人がいる(1〜2人だけど)。

 その中で、レディスティは男性用のティと比べて適当過ぎる、距離が長過ぎる、男女が同じ条件で戦うなら男性用ティの70%ぐらいの場所に作るべきだと書いた。

 あれから4年。



 先日、某レッスン番組を見た。谷将貴が講師をしたやつね。彼は「カリスマ・ツアープロコーチ」で(番組のウェブに書かれている紹介による)、すごく女性にモテそうな外見と雰囲気を持ったプロである。っていうかチャラい。

 生徒役は4名。ほぼ初心者の女性タレント2名に加え、平均スコア110のおじさん2人(勝野洋とモト冬樹)。つまり、「始めたばっかりでどう練習していいのかわからない」女子と、「長年の悪い癖が染み付いてこじれちゃってる」おじさんたちにスイングや打ち方の基本を学んでもらおう、という趣旨の番組である。

 基本の大切さに目覚めた私は渡りに船と毎週見ていたのだが、残念ながら期待はずれだった。っていうか、8回見たけど何を言ってたのかさっぱり覚えてない。というのも4人の悪癖を直す事がメインで、一般的な基本について触れることが少なかったような気がする。それだったらTV番組にしないで個別にやっとけよと。



 で、番組は「レッスン」「自主練習」「男女で対戦」という流れで毎回進むのだが、最終回は実践編ということで男性チームと女性チームのラウンドマッチが行われた。最初のホールはパー4。

2017-11-06 20.46.12.jpg

 おじさんティが326y、レディスティが310y。たった16y、パーセントにして5%しか違わない。誤差じゃんこんなの。

 次のパー3。

2017-11-06 20.59.29.jpg

 レギュラーティが140y、レディスティが126y。これでも1割の差だ。レギュラーが140yだったら、レディスティは100yぐらいのところに作らないといけないのに。

 実際、パー3では勝野洋が7番、モト冬樹が6番でティショットしていたのに、女性2人はドライバー。こんなに不平等な対戦はないよね。っていうか、このクラブ選択を見ておかしいと思わないスタッフ、おじさんチーム、そして何より谷コーチは一体何を考えているのか?チャラいのは見た目と態度だけで、ほんとに女性のことを大事に思ってる訳じゃないってこと?



 そりゃあティがそもそもそういう風に作られてるんだから仕方ないという意見も分かるし、新たにティを作るのも大変だしお金もかかるし、理想と現実が違うのは承知してる。

 でも、谷コーチが「男女の対戦」というレギュレーションを考えた(のかあるいはその台本に納得した)のなら、少しでも男女平等に対戦できるよう、ホールを選ぶとか、特設ティを作るとか、男性ティを下げるとか、そういう工夫があって然るべきではないのか?コーチとしては一流かもしれないけど、本質を考え、悪いところを改善していこう、女性がプレーしやすい環境を作ろうという気はないらしい。


 ちなみに、対戦は男性チームの勝ち。そりゃあれだけハンデあったら勝って当たり前だよね。ミドルアイアンとドライバーだもん。ゲスな勘ぐりだけど、男性チームに勝たせないと色々面倒だからと(女性に不利だということを分かっていながら)わざとこんなセッティングを選んだのではとすら思ってしま・・・おや、誰か来たようだ。うわまたお前かやめ
posted by hiro at 11:24| Comment(0) | 雑文

2017年11月06日

遠回りが近道


 最近基本の重要性にやっと気づいた編者である。っていうか、

 ゴルフは遠回りが一番の近道

 なんだなと。昔「イソガバ、マワルナ!」ってブログ書いてた某スーパースターがいたけど、その彼、低迷中だし。



 まずスイングについて。なかなか球に当たらなくても、違和感があっても、疑問があっても、基本に忠実にそして地道に練習することが遠回りだけど上達する一番早い方法なんだなあと思う。

 しかし、球にきちんと当てようと自分勝手な(つまり基本と外れた)動きや形を取り入れ、それでスイングを覚えてしまえば、遅かれ早かれ壁にぶつかるのはもう100%約束されたも同然。

 その壁が100の壁なのか、90の壁なのか、80の壁なのかは人によるだろうけど、壁にあたって初めて、ゴルファーの苦悩は始まる。そこから、大いなる迷宮に入るのである。



 次に別の遠回り。それはマネジメント。先日大阪GCでM岡くんに教えてもらったんだけど、HDCP+1の人とクラブ選手権の準決勝で戦った彼がその人に聞いた言葉がもう含蓄ありまくりで。

・ダボを叩かないマネジメント

 ボギーは仕方ない。でもダボを絶対叩かない攻め方を徹底する。つまりリカバリーに1打以上掛かるような「絶対打ってはいけないところ」を避けるってことだよね。

 例えばピンポジションによって乗せてはいけないグリーン面、深いバンカー、寄せようのないグリーン周り、入れてはいけないバンカー、林の中、池、OB。

 こういうところを、距離を落としたり遠回りして避ける。それが結局18ホールを通じて良いスコアの一番の近道になる。

・ピンを狙わない

 これこそ遠回りの真骨頂。手前のピンを狙ってショートさせ、アプローチをミスしたら必死に頑張ってボギー。奥のピンへ突っ込んで砲台グリーンからこぼれたらダボ確定。ニアサイドのバンカーからホームラン。プロじゃないんだから、狙うは花道かグリーンセンター!これ絶対。

・どちらかにしか曲がらない持ち球

 片方を消せるメリットは計りしれない。思い切り振れると球筋もどんどん良くなるし。どっちにも曲がってるうちはドライバー使うの100年早いってことだね>俺

 コースなりに球筋を打ち分ける?そんなことはプロやトップアマに任せてれば宜しい。「バーディマスト」でプレーしてるプロたちと、パーおじさん、ボギーおばさんを目標とするアマチュアは根本的に違うんだから。





 100を切れたら今度は平均スコアを90台にしたい。そうなったら80台を出したい。出せたら85を切りたい。85を切れたらハーフで30台を出したい。70台を出したい。そう思うのは当然。

 その飽くなき向上のためにはやっぱり、基本を大事にしたスイングを構築し、身の丈にあったコース攻略をすることなんだろうね。それと、練習。いつか上達するスピードに老化が追いつき、下り坂がやってくる。そのカウントダウンはもう始まっている。


 失われた15年をこれから取り返すことができるのか。いつまでもトホホなんて言っていられないぜ!

posted by hiro at 09:50| Comment(0) | 雑文

2017年11月04日

O谷さんらと交野カントリーへ


 10月19日に行く予定だった交野カントリー。当日は結構な雨で、残念ながらキャンセルを余儀なくされた。今回はそのリベンジである。

 メンバーは今回お誘いいただいたO谷さん、いつものK嶋さん、そして初対面のY本さん。Y本さんは片手シングルの腕前で、O谷さんの仕事関係の知人で、私と同世代で、しかもK嶋さんとも面識があった。世の中狭いね。

 交野CCはグリーンが難しい。微妙なアンジュレーション、微妙に効いてる芝目、十分な速さ。この日も9.8ft(だったかな?)、下りは半分ぐらいの力加減でないとどこまでも転がるし、登りでもちょっと油断すれば1mぐらい簡単にオーバーする。

 ちなみに過去7回のラウンドの平均パット数は35.5。ホームコースと比べて2打多い。今回もそのグリーンに泣かされた。

 さらにO谷さんのお計らいで初めてバックティから。6763yと極端に長いわけではないけれど、400yを超えるパー4が4ホール。幾つかのタフなホールがさらにタフになる。

 というわけで今回は結果から。

seiseki20171102.jpg

 素ダボが2つ、OB絡みのダボが2つ。1つづつ減らさんとあかんね。


 インスタート。前半4ホールはラッキーもあって出来杉君。

 14番パー5は右プッシュしてOB。パー5になると飛ばしてやろうとリキんでしまう。もういい加減幼稚園から卒業しろよ。

 15番、177yパー3。

4-2017-11-02 12.06.02.jpg

 当たりが悪く、グリーン左手前のバンカーに入れてボギー。

 16番は上から8mぐらいのパットが2m以上オーバーして3パット。

 17番、打ち下ろして打ち上げのパー4。414y。

5-2017-11-02 12.34.30.jpg

 ティショットはちょっとスライスしてバンカーへ。2打目は出しただけ、3打目でピン下にオンするも上りのパットが1.5mオーバー、返しも外して素ダボ。パットヘタだ。

 最終18番パー5はひどかった。ティショットは振り遅れて右プッシュスライス(木の後ろ)、2打目はラフから木の上を狙うも高さが出ず10y先に。3打目も出すだけで100yしか打てず。次が4打目の時点でまだピンまでは210y打ち上げ。

 4Wで万振り、バンカーに入って万事休す、と思ったら駆け上がってバンカーとグリーンの間のラフ。そこからランニングアプローチが1mに寄ってくれてナイスボギー。いや、そもそも4打目までがアホすぎるだろ。

 後半アウトは6番まで3オーバー何とか踏ん張ってたんだけど、7番パー5で今度は左引っ掛けOB。左向いてたかもしれん。景色にやられちゃうんだよなあ。

 8番は唯一池のあるホールで、ティショットは池の手前のボールがちょうど隠れるぐらいの深いラフ。ウェッジでレイアップすべきだったけど手持ちが7番アイアン、カートは遠い。仕方なく叩き出して左ラフ。3打目ラフからウェッジショットはそこそこうまく打てたけど10yほどショート。登りのパットはパンチ入って4mオーバー、3パット素ダボ。




 ここ交野CCはバックからでもパー5は長くない。イン14番こそ542yだけど、18番540yは打ち下ろしだし、アウト2番は490y、7番も打ち下ろしで494y。なのに、そのパー5でダボ(OB)、ボギー(5オン)、ボギー(3打目のアプローチでトップ)、ダボ(OB)ってどうよ?パー5だけで6オーバーって何よ?ヘタ、いやアホすぎるだろ。

 ちなみに、パー3の平均スコアは3.25、パー4の平均スコアが4.7。一方パー5が6.5。スコアメイクを考えた時、私の場合、パー5の最低ラインは5.5(ボギー2個まで)、可能であればボギー1個ぐらいにしたい。



 パー5になると鼻息が荒くなるアホな癖、早急に何とかしなさい>俺。考え方変えるだけでいいんだから。
posted by hiro at 11:03| Comment(0) | ラウンド