2017年09月12日

オワコン(超毒舌)


 元々オワコンというネットスラングは「終わったコンテンツ」の略で、「終わった」というのは、一時の盛りが過ぎた、時代遅れ、もうグダグダになったという事を表わす。「コンテンツ」は中身っていう意味だけど、ウェブやアニメやゲームなど、主に電子媒体・電子機器を介して提供される作品を指す。

 表向きはぎりぎり生き残ってはいるけれど、現状を冷静に判断するともうコアなファン以外誰も見向きもしないし興味もないという、つまりは「死に体」ってやつですな。



 そう、今の男子ツアーのこと。ゴルフファンを完全にないがしろにし、電通と博報堂とマスコミに長い間任せてきたツケが今頃出てきて、気がつけばもう誰も興味なし。土曜日の3日目が地上波から消えたと思ったら、今度はトーナメントそのものが放送なしですか(今週のISPSハンダマッチプレー)。

 せっかく復活したマッチプレーなのにね。電通様に「マッチプレーなんて数字(視聴率)取れない」って言われてすごすごと引き下がりましたかそうですか。




 今さらその問題点を指摘しても仕方ないけど(死に体だからね)、これまでの上層部の無能さ(広告屋の言いなり)、クズさ(暴力団と云々で拉致、なんてこともありましたなあ)もさることながら、やっぱり最大の戦犯はプレイヤーたちだと思う。

 自分たちが所属してる団体がこれだけ腐ってて、上米をはねられてて、ギャラリーも減りスポンサーも減り、絶滅の危機にひんしてるのに目の前の草をはむのに必死。明日の飯のことしか考えてない。


 もちろん危機感を持って色々走り回っているプロもたくさんいると思う。倉本会長はじめ、自分の番組を持って啓蒙しているプロ、ジュニア基金を設立するプロ、えーっと、あとは・・・目立たないけどきっといるはずだ。

 でも、そういう雑務や滅私奉公に精を出すプロを鼻で笑い、「自分のプレーでギャラリーを感動させたい」なんてハナクソみたいな寝言を恥ずかしげもなく喋る「トッププロ」(◯田、△山、お前らのことだよ!)が勘違いしているうちはその社会貢献は線香花火のように一瞬の煌きで終わってしまうだろう。

 試しに「プロゴルファー 社会貢献」で検索してみていただきたい。トップ項目こそJGTOが出てくるけどあとは全部企業のウェブだぜ。そのJGTOですら、社会貢献のページの最初の記事が「2011年東日本大震災復興支援活動」。その後何してんの?



 シード選手・裏シード選手のうち、発言力・影響力がある40代のベテラン世代、人気と実力を兼ね備えた30代の中堅プロ、売り出し中の若手プロ、全世代の最低でも過半数が協力し、自分たち独自の会合を持ち(つまり広告屋や老害に邪魔されないで)、自分たちに何ができるのか、10年後のツアーをどうするのか、どういう社会貢献をすればいいのかという事を真剣に考えたらどうだ?

 でもなあ。小学生の頃からゴルフしかしてない、自分が勝つことしか考えてない(教わってない)、礼儀も社会常識も一般常識も知らないで育ってきて、プロになってからもタニマチにチヤホヤされて持ち上げられていい気になって、広告屋にいいように煽てられ、お山の大将でゴルフしてる彼らにはきっとわかんないんだろうなあ。


 「民衆がものを考えないということは、支配者にとっては実に幸運なことだ」 (我が闘争」より)


 ブタが「ブタ扱いされている」ということに気づかない限り、支配者の高笑いは止まらない。
posted by hiro at 11:17| Comment(0) | 毒舌

2017年09月11日

不思議なピンフラッグ


 なんか竹内まりやの歌みたいだけど。

takeuchimariya.jpg

 昨日久しぶりに薄暮へ。木曜日大雨でラウンドできなかったし、先週の日曜日は用事があっていけなかったので10日ぶりにクラブを握った。

 この日はクラブを気持ちよく振ることだけ考えて。OB1つ、3パット1つ。内容は寄せワンパー・寄せツーボギー・ティショットOBダボ・3パットボギー・寄せワンパー・寄せツーボギー・寄せツーボギー・寄せワンパー・寄せツーボギーと相変わらず(ほぼ)パーオンせずの44。まあこんなもんでしょう。

 スタートが5時頃だったので8番ホールに来る頃にはすっかり日もくれ、久しぶりにナイターゴルフ(いやちょと違う)を堪能した。



 本題。あるホールで、受けグリーンの奥、エッジから6mぐらいのところにピンが切ってある状況。私はピン手前左サイドからパットをする状況だったんだけど、普通は右へ切れる(いわゆるスライスライン)はずだよね。で、実際にもほんの少し右へ切れたんだけど、ピンフラッグが奥に傾いてたんだよね。

 たまにあるんだけど、ピンフラッグを刺す穴がちょっと緩くなってる場合、きちんと刺さらずにピンフラッグが傾くとこがある。特に傾斜の途中に切られていたり、ホールカップが少し傾いて設置されたような場合、ピンフラッグは「きちんと刺さってないんと違う?」と思うぐらい斜めになったりする。

 で、今回の場合もフラッグの穴がだいぶ緩んでた。よって受けグリーンだから当然手前に傾くはずだよね。なのに、はっきり奥へ傾いてる。ひょっとして受けてるのはカップ手前までで、カップ付近は下り傾斜になってるのか?と思って何度も見直したんだけど、やっぱりただの受けグリーンみたいなんだよね。

 同伴競技者のお二人がピンすぐ奥のカラーへ外し、先に2人がピンを刺したままパットをしたのでそうやってじっくり見たり考えたりする時間があったんだけど、ピンを抜いて自分の番になってもさっきのピンフラッグの残像が残り、すごく打ちにくかった。

 たぶんカップが垂直に切られていなかった(奥へ傾くように切られていた)のと、ピンフラッグを刺す穴の緩みがたまたま重なってそういう風に見えただけだと思うんだけど、なんだか不思議な感覚だった。

 

 さて、ここまで読んで、「あれ?」と何か違和感を覚えた人は、きわめて優秀なゴルフ脳を持っておられると思われ。まあ文章だけではわかりにくくて、実際に見たら「え?マジで?」と多くの人が気づくと思うけど。

 それは・・・・

















 同伴競技者のお二人がピンすぐ奥のカラーへ外し、先に2人がピンを刺したままパットをした
 
 の部分。だって、ピンフラッグがはっきり分かるぐらい奥(自分の方)へ傾斜してるんだよ。そんな状況で、奥からパットしたらどうなるか。ボールがカップに沈む前にピンにぶち当たり、入るパットも入らない。

 グリーン外からアプローチをしたりパットをしたりする場合、基本的にはカップを刺したままのほうが入りやすいと言われる。アマチュアの場合は特に、ピンに弾かれたりするよりは助けられる可能性のほうが高いらしい(チップインを狙うプロは別だけど)。

 でも、今回のケースでは「ほぼ絶対に入らないカップ」に向かってパットをする同伴競技者を見て、反対側に傾いたピンフラッグを見たときと同じぐらい不思議な気持ちになった編者であった。

 

 (「ふーんすごいねーさすがだねー自分は優秀なゴルフ脳持ってるって言いたいんだねー」って思われたりするんだろうな・・・・・)
posted by hiro at 18:38| Comment(0) | 雑文

2017年09月09日

女性は恐ろしい


 女性は恐ろしい。と言っても今話題の山尾志桜里議員のことではない。
 
yamaosiorit.jpg

 43歳、一見いい女だけどね。頭が良すぎていろんなコトをナメて掛かってたんだろうね。



 いや、山尾議員のことじゃなくて。ゴルフダイジェストオンラインの、

これはドン引き! 残念オトコの「ファ〜!」な◯◯ ゴルフ女子爆弾トーク

という特集記事。20代〜40代までのゴルフ女子に集まってもらい、男性ゴルファーの「ここがNG」と思った言動を聞いてみた、というもの。これを読んで「ああ、女性は恐ろしい」と思ったんだよね。



 まあ女子であろうが男子であろうがアカンやろ、というものもたくさんある。

・運転が荒い人(言語道断ですな)

・構えてからなかなか打たない人(はい気をつけます)

・今日は調子が悪いと言い訳する人(はい気をつけます)

・プレー中のダジャレを「小声で」言う。反応すべきかどうか迷う(はい気をつけます)

・茶店でトイレから出てきて「親指と人差指しか洗わない人」を見た。そんな手でカートのハンドル握らないで!(はい仰る通りでございます。これからきちんと洗います)

・シャツとパンツが同じ色の「リッキー・ファウラー風」おじさん(これは確かに恥ずかしい)

・シャツ・インしてない人(まあ格好良かったらいいと思うけどね)

・頼んでないのにレッスンしてくる男(サイテーですね)




 
でも、これを「ファ〜!」と言われちゃうのか・‥と思ったのが、

・ファミリーカーやコンパクトカーでお迎え(いや、あなた、迎えに来て「もらってる」身だよね)

・高速に乗る前に「コンビニに寄る?」と言ってほしい(いや、彼氏じゃあるまいし自分から言えば?)

・ティをがに股で挿す人はスマートじゃない(どうか温かい目で見てあげて)

・色あせたウェアを着ている(すごく気に入ってるんだけど、ダメ?)

・3〜4年前のウェア、昔のロゴのウェアを着ている(同上)

・乳首が透けるウェアは・‥‥(アンダーシャツ着ても乳首が分かるのだがどうしろと?削れとでも?)

・中年男性がメロンフロートを頼んでた(中年男性は甘いものが好きなんです)

・お風呂の時間は45分がベスト。適当にと言われると一番困る(言いたいことはわかりますが、男性でそのあたりを正確に把握できてる人って100人に1人ぐらいじゃないかなあ。前もってお伝えいただければ嬉しいのですが)



 もちろん「気遣いがまったくできない男ども」に対する不満があるのはよく分かる。いくら少数でも、そのラウンドやコンペに女子が入っているなら幹事は気遣い出来るぐらいのスキルを身につけるべきだと思う。さらに、「少しでいいから女性たちに気を遣って欲しい」と思っている事もよく分かる。

 でも、それを通り越して「特別扱いしてちょうだい」「彼氏と同じぐらい察してちょうだい」「彼氏と同じぐらい身だしなみや言動に気をつけてちょうだい」「可愛い私が一緒に回ってあげてるのよ!」という意識が透けて見えるような気がしないでもないんだよね(えーあくまで一般論です)。



 とはいえ、女性と一緒にラウンドする機会はゼロではないし、私もどちらかと言うと「気遣いが全くできない男ども」の代表みたいなもんだし、ひょっとしたら若いデルモのチャンネエと一緒の組になる可能性も絶対ないとはいえない(40年以上ゴルフしてて今まで一回もないけど)。

 というわけで、今回の記事を参考に、私も色々と気をつけようと思った。
posted by hiro at 09:49| Comment(0) | 雑文

2017年09月08日

歳をとるということ


 昨日の天気予報はこんな感じだった。

tenki20170907.jpg

 前後は曇りなのに、ラウンド予定の7日、それも朝から夕方まで狙ったように雨。しかもけっこうまとまった雨が降る予報だ。

 ホームコースで私一人だったらたぶん行っただろうけど、今回はいつものゴルフ仲間、I上さんとK藤くんと。一応どうするか相談して(というか、せっかくの有馬CCなのでいい気候のときにラウンドしたいですねと提案して)、キャンセルすることにした。

 そして当日つまり昨日は、お昼前には土砂降りとなり、それどころか雷まで鳴り、まあ中止して正解だったのだが。

 5年前だったら絶対強行してただろうなあと。

 休みの日にゴルフをしないなんて考えられない!雨が降ろうが雪が降ろうが、コースがクローズにならない限りは絶対に何があってもラウンドする!天候でラウンドを中止するのは似非ゴルファーだ!!などと思っていた。

 しかし、歳をとったというか余裕が出てきたというか堕落したというか空気が読めるようになったというか守りに入ったというか、まあゴルフをしない休日もありだなと思って・・・いや、正直に書こう。大雨の中ラウンドするのが億劫だと思ってしまったのだ。



 「青春の門」で清貧の文筆家というイメージが強かった五木寛之が少し売れだした頃、たまたま出版社が用意してくれたハイヤーでサイン会へ現れた姿を見られて、読者に「堕落した」と言われた、というエピソードをエッセイで紹介していたことがある。

 五木寛之氏の場合は「おいちょっと待ってくれ」っていう気持ちだっただろうけど、私の場合は正真正銘、自分でも「ああ堕落したな」と思う。こうやって歳をとっていくんだなという気持ちだ。


 せめてイメージトレーニングでもと「New!みんなのゴルフ」を4時間ぐらいぶっ続けでプレーしたんだけど、大変いいトレーニングになった・・・なわけないか。

newmingol.jpg

 練習ぐらいは真面目にしておかないときっと痛い目にあうだろうなと思う、50半ばのオッサンでした。
posted by hiro at 17:47| Comment(0) | 雑文

2017年09月06日

欲というもの


 ホームコースの競技に出だすようになってから、年間60ラウンド以上プレーするようになった。またこれ以外にも日曜日は3週間に1回は薄暮プレーに行くので、これを含めればほぼ5日に1回のペースでラウンドしていることになる。

 こういう境遇は、世間一般のゴルファーから見れば大変恵まれている。週1回、休みの日に欠かさずラウンドできるだけでも贅沢なのに、その上競技にも出て、薄暮も行って・・・月イチゴルファーの皆様からすればその脳天気な毎日は言語道断というかもう色々なものを通り越して「うざい」レベルだと思う。あの、なんか、すいません。


(えっと、念のため書いときますが、いちおう週5日半は仕事してます。普段の日曜祝日も半日仕事してます。自営ですが基本休めません。若いものに任せて重役出勤、午後から現場回りという名の自由時間とかいうのも原則ありません。社長の息子とかボンボンとかいうものでもありません。借金もあります。貯金はあんまりありません)



 まあこれだけラウンドできるのは、ひとえに理解のある妻のおかげなのだが、自分の健康や仕事で大きなトラブルがないことなども含め、色々なことに感謝しなければいけないと思っている。でも、これだけラウンドしてても前日には興奮して(嬉しくて?)なかなか寝つけないんだけどね。

 しかし、人間の欲というのは恐ろしいもので、こんなに恵まれた環境にあっても、

年間100ラウンド、150ラウンド

とか、

平日開催のアマチュア競技に何の問題もなく出られる

とか

年2回、沖縄と北海道へゴルフ旅行

とか

名門コースの倶楽部ライフ

とか

1ラウンド4000円でプレーできる地方のコース

とか

学生時代ゴルフ部で20代からゴルフ三昧

とか

親が大金持ちで、働かなくてもゴルフ三昧


とかいう境遇に嫉妬というか怨嗟の気持ちを抱いてしまう。なんて人間が小さいんだ俺!っていうかなんて欲深いんだ俺!全然感謝してないじゃないか俺!日野皓正に根性叩き直してもらえ俺!みたいな感じである。



 でもだからといって、「じゃあ100億円あげる。明日から働かなくていいから毎日ゴルフしていいよ」って言われ(誰に?)たら、最初は嬉しいだろうけど2週間でゴルフがイヤになるだろうね。

 日々(いちおう、真面目に)働いているからこそ、休みの日のゴルフが楽しい。明日ラウンドしなくても明後日できる、明後日できなくてもその次の日できる、という環境に置かれたらもう真面目にラウンドする気もなくなっちゃうかもしれないしね(私の場合)。

 人生は不満や夢がある方が面白いのかもね。
posted by hiro at 11:42| Comment(2) | 雑文