2018年04月11日

パットのトリビア


 パットの話題を書いたついでに、パッティングについての健忘録。ただの健忘録だから大したこと書いてませんが。


 昨日の日記では、主にロングパットについて

・簡単なラインを残す

・ロングパットは入れにいかない

・超ロングパットは絶対にオーバーさせる


 と書いたけど、今日はそれ以外の一般論を。まあマスターズ見て思いついただけなんだけどね。



・大事なパットは真っすぐ強めに打つ

 大事なパットとは、朝一番の短いパット、めったにないベタピンバーディパット、良いアプローチをしたり、ダボを打った次のホールのパーパット、その日の流れをつかめる(あるいは変える)ようなパットなど。つまり「入ってほしい」ではなく「入れたい、いや入れねばならぬ」という状況での短めのパットだ。

 そういう時は、ラインを読んだり保険をかけるという打ち方ではなく、肝を据えて強めまっすぐに打つ。まあどうせ外すんだから(私の場合)、ビビって打って外すより前向きに外したほうが次につながるって事ね。

 強めに打って蹴られてもポジティブさをキープできる(流れが続く)けど、緩んだりしてヘロっと外したらダメージでかい。


・上りのパットは(あまり)曲がらない

 当たり前のことなんだけど、オーガスタみたいな速いグリーンでも同じ現象が見られたという事は、もうどんなグリーンでもそうなんだろうなと。目がある場合を除き、下からのパットは薄めに読む。読みすぎない。


・濡れたグリーンは曲がらない

 これもゴルファーなら常識の範囲で知ってることだけど、雨の日以外でも濡れたグリーンはある。朝露はわかりやすいけど、夏の夕方、急に気温が下がってきたときなどにグリーンがしっとりとしてくることもある。まあ夏の場合は芝が伸びてくる影響のほうが大きいかもしれないけどね。


・読みで迷った時はコースの全体傾斜を考える

 関西は山岳・丘陵コースが多い。つまり普通は山の中腹にコースはある。日照を考えると南斜面にあることが多い。つまりコース全体の傾斜も芝目も、原則的には南に向かっていると考えるのが一般的だ。もちろん例外はあるけれど、はじめて行くコースなどではグーグルアースで全体傾斜を確かめ、どちらが南かを考えておくと、迷った時に助けになるかもしれない。

 もちろんこれは一般論なので例外はたくさんあるだろうけど、例外に遭遇したときは諦めればいいだけの話で。



 以上、相変わらず頭でっかちで陳腐な内容。人間が陳腐だからお許しを。
posted by hiro at 17:58| Comment(0) | パット

2018年04月10日

3パット・4パットを減らす


 昨日の日記の内容を1つ訂正。リードがマゼンダ色のポロを着ていたのは、自分で決断したのではなくナイキから「マスターズでタイガーとかぶるのはダメ」って言われたかららしい。契約なんかの絡みがあるのかな。ケツの穴の狭い話だ。まあそれでも勝ったんだから立派だけど。




 さて、今日は「多くの人が知っている当たり前のことをさも自分が初めて発見したかのごとく興奮して大上段から発表する(しかもその話何回目?)」シリーズの第36弾。パットについて。


 私はアマチュアであり、才能もなく、しかもほとんどパッティング練習はしない。だから3パット・4パットしちゃうのは仕方ない。でも、できれば1ラウンドで1つ、多くても2つまでぐらいで留めたい。で、3パットや4パットをしてしまうパターンを分析し、その対策を考えてみた(いやそんな事するヒマがあるなら真面目に練習たほうが絶対いいんだけど)。


 3パットには、大きく分けて3つのパターンがあると思う。

1)ショートパットのミス

2)ロングパットのミス

3)読みのミス


 である。

 1)のショートパットのミスは、1m弱のパットを外すケース。普段、まっすぐの登りならそんなに難しくないと思いがちだけど、競技の時、下り、横から微妙に切れる場合などは外れても全然おかしくない。で、1mぐらいって意外と残るんだよね。

 その1mが残る原因の1つが、3)の「読みのミス」だったりする。右と左を間違えることは少ないだろうけど、微妙な上りや微妙な下りを間違えることは多い。カップの先が下りなのに打ちすぎたりね。


 で、ショートパットに関しては「練習して自信をつける」「芯に当てて転がりの良いパットをする」「根性を据えてしっかり目に打つ」という(簡単ではないけれど)きちんとした対処方法がある。

 読みに関しても、場数を踏むことと、打つ前に「上りか下りか、右に曲がるか左に曲がるか」をきちんと考えてから打つという大正義があって、それ以外は付け足し(細かいテクニックはあるけど)なので今回はパス。あ、キャディさんについてもらって読んでもらうっていうのもありかもね。




 そう、だから問題は2)なのである。概してアマチュアはロングパットがヘタ。もちろん私もロングパットのヘタさに関しては日本代表になれるぐらい自信がある。

 で、ロングパットのミスを考えてみると、とにかくノーカン、つまり距離感が全然掴めてない。この原因はもう間違いなく練習不足・経験不足にほかならないんだけど、いくら10m、15m、20mのパットを練習しても、勘が働くのには限度があるのでそう簡単には上手くならない。

 で、私なりに「練習しなくてもロングパット絡みの3パットを減らす方法」っていうのを考えてみた(やっぱり地道に練習する気はまったくないらしい)。


・簡単なラインを残す

 返しのパットが下りだったり横からの切れるラインだったりすると3パットの確率は格段にあがるので、ロングパットを打つときは「どこへ外すか」を考えながら打つべきである。つまり、下りのパットならショートしない、上りのパットならオーバーさせない、そして傾斜の強いグリーンなら「まっすぐの下はどこか」を考えてから打つ。

 「そんな事考えてもアマチュアが思い通り打てるわけないじゃん。第一思い通り打てるんだったらカップ狙うだろアホなのエアプなの?」おっしゃる通り。でも、結果はともかく、そうやって打つ前に考えて打つクセをつけることが大事なんだと思うんだよね。

 ロングパット5回中1回でもうまくいったら3パットが1つ減るかもしれない。そしたら1ラウンドで0.5ストローク減るかもしれない。そしてなにより、そうやってラインを読んだり、止まるところまで考えて打ち、結果をフィードバックすることで少しづつグリーンを読むスキルも思い通りの所に打てるスキルもアップしていくではないか。「練習しないで3パットを減らしたい」んだから、それくらいの努力はしたい。



・ロングパットは入れにいかない

 上と同じようなことなんだけど、ダブルボギーやそれ以上のパットになると、それ以上大叩きしたくないので長くても入れたくなる。するとパンチが入って3mぐらいオーバーしたりする。

 あるいは、ライバルが長いのを先に入れたりしても「よーしパパ、ワンパット決めちゃうぞー」とばかりに(このコピペ、もう知らない人のほうが多いのかなあ)気合が入る。すると大オーバーする。

 または、OBチョロダフリチャックリバンカーと渡り歩き、ほうほうの体でやっとグリーンオン。あるいは敗戦濃厚な終盤のホール。気力も集中力も落ち、適当にカップめがけて打ってしまう。大オーバー。

 そんな時も、とりあえず冷静に、せめて上りを残すようにだけでも考えて打ちたい。



・超ロングパットは絶対にオーバーさせる

 「今日の日記で作者が一番言いたいことはなんでしょう?」という国語の授業で定番の質問をもしされたら、私はこの項目を挙げるだろう。ちなみにここでいう超ロングパットとは、グリーンの半径以上のパット、つまり15m以上30m未満ぐらいのパットを指す。グリーンの端に乗ってしまったり、一番奥のピンに対して手前に乗ったりすることは私の腕前ではよくあることだ。

 その時、3パットはもう仕方がないと考えるべきだ。で、2パットでいければ超ラッキー。でも、4パットは絶対に避けたい。

 さて、私を含めたアマチュアの場合、超ロングパットは99.4%以上の確率でショートさせてしまう事が毎朝新聞の世論調査で判明している。パットで超長い距離を転がす事に慣れてないから、どうしても打てないんだよね。

 だから、超ロングパットで4パットを避ける最大の秘訣は届かせることだと思うのだ。あわよくばオーバーさせる。なぜか。


 突然だがアマチュアがパッティングする時、距離感の誤差はどれぐらいと思いますか?私は10%ぐらいなら超優秀と思う。つまり10mなら1m、5mなら50cm。でも20%ならミスパット。25%以上でノーカン。そういう感じ。でもロングパットなら例えば10mから2.5mオーバーしたりショートしたりすることなんてザラだ(私の場合)。


 で、話は戻るが、超ロングパットの場合、20%どころか30%ぐらい距離が合わないことがある。10mなら30%あわなくても3mだけど、20mだったら6mだ。おまけにラインすら間違ってたら6mが7m、8mになる可能性もある。そうなると、そう4パットの可能性が出てくるんですねーこわいですねー。

 しかし、同じ8mでも、オーバーしての返しならラインが分かっている分、次が寄る確率はショートした時より増える。さらに、長いパットになればなるほどストロークが大きくなり、芯に当たる確率が下がるのでショートしやすい。そういう意味でも強めに打ってオーバーさせる気持ちが大事だと思う。

 結論。超ロングパットは3パット覚悟で最初のパットをオーバーさせよう。



 以上、多くの人が知っている当たり前のことをさも自分が初めて発見したかのごとく興奮して大上段から発表する(しかもその話何回目?)シリーズ(別名、自分に必死に言い聞かせるシリーズ)でした。
posted by hiro at 11:41| Comment(0) | パット

2018年04月09日

マスターズ終了


 「初めて」はいいものだ。しかもそれがメジャー初優勝なんて、人生最高の瞬間じゃないかしらん。

 (この後マスターズの結果に触れます。ご注意ください)




































golfnetwork3556.jpg
(ゴルフネットワークより拝借)


 タイガーに憧れ、最終日はいつも赤のポロシャツを勝負服にしていたパトリック・リード。なのに、この日はマゼンダ(赤紫)のシャツを着た。自分の力だけで勝つんだ、という意志の現れだったのかも。前半はボギーが先行する我慢のゴルフだったけど、12番のバーディが転機だったね。あと、13番がクリークまで転がり落ちなかったのも大きかった。やっぱりオーガスタではアーメンコーナーで何かが起こるんだなあ。


 試合はリードとマキロイの一騎打ちかと思われたけど、マキロイはズルズルと後退。代わりに上がってきたのがスピースとファウラー。特にスピースの追い上げは何かが取り憑いたような鬼気迫るものだった。バーディを9個も獲り、コースレコードに迫る勢い。でもあと一歩及ばず3位に。18番は惜しかった。世界トップ選手でも力が入るとドライバーを左へ引っ掛けるんだねー。

 ファウラーは前半は全然映ってこなかったけど、後半はショット、特にアイアンとパットが神憑り的に冴えてたよね。残り11ホールで6つバーディを叩き出して気がつけば1打差。ゾーンに入ってた感じ。でもエンジンが掛かるのがちょっとだけ遅かったかなあ。


 松山は「15%ぐらいの出来」で19位なんだから凄いというべきか。しかし最終日ことごとくカップに嫌われてたよね。もし松山がファウラーぐらいパットを入れられれば・・と思った人も多かったんじゃないかな。

 でも、ファウラーのパットは「直線的に強めにヒットする」のに対し、松山は「ラインに沿ってジャストタッチで流し込む」スタイルだよね。ただ速いだけの単純なグリーンだったら松山のスタイルでもいいのかもしれないけど、オーガスタのような複雑怪奇なグリーンの場合、彼のタッチでは限界があるような気もした。

 まあ、あんまり強すぎてもマキロイみたいに3パット量産になっちゃうけど。


 小平は経験がない点が吉と出た感じだったね。イケイケでバーディ取ったと思ったらティショットのミスからボギー叩いたり。でも初出場で予選通過、パープレーで28位タイは立派だと思う。パットも他のプレイヤーに引けを取らないうまさだった。でも、もうちょっと愛想よくしたほうがいいんじゃない?ただでさえ人相あまり良くないんだから、っとちょっとだけ思った(ごめんね)。



 前半はタイガー・小平・松山を追いかけ、後半は優勝争いを堪能する。なかなかいい感じの中継だった。でも松山・小平のハイライト多すぎ。そんなもの繰り返し映すならいろいろな選手のプレーを映せよ。あと「世界最高の夢舞台」っていうセリフ多すぎ。「祖父が田中豊」もみんな知ってるし。中島さん、お疲れ様。賛否両論あるけど私は中島さんの解説好きだけどな。

 午前3時に起きて観戦したので、今日は仕事にならない。ああ眠い。でも観て良かった。
posted by hiro at 12:12| Comment(2) | トーナメント

2018年04月06日

宇治田原CCラウンドとおまけ


 昨日はおなじみのK嶋さんにお誘いいただき、京都の宇治田原CCへ。山の中ということもあり、まだ桜が満開だった。

2018-04-05 09.54.45.jpg

 朝はちょっと寒かったけど、途中から晴れ間も出てきて最高のゴルフ日和に。その結果は。

seiseki20180405.jpg

 今回はグリーンがエアレーション(コアリング)で砂まみれだったので、スピン系を使っても意味ないと思い、ブリジストンのディスタンス系ボール(スーパーストレート)を使用した。

 相変わらずアイアンショット特に短いアイアンでびっくりするぐらい高く上がるのと、半番手ぐらい飛ぶ。パットやアプローチの感触も悪くない。だから、風の強い日や、思い切りスピンを掛けたいような状況でない限りこれで十分なんだよなあ。V1とかZ-Starの半額だし(実売価格250円/球)。

 まあ、Z-Starとかも定価では買ってないんだけど。ふるさと納税とかでもらえるし。



 前半は白(フロント)ティから6オーバー。ショットもパットもピリッとせず、K嶋さんにグロスで負ける。チョロに近いショットも2発あったし、3パットも2発、短いのも2つ外したからまあこの数字でも仕方ないんだけど。

 後半は気を取り直して頑張った、大福は青(レギュラー)から3272yだから短めのコースなんだけど、1番2番はユーティリティのアプローチが1m以内についてパー。その後大きなミスもなく、最終も花道手前5mぐらいからユーティリティのアプローチを試してみたんだけど、砲台グリーンまで距離があり、エッジからカップまでも距離があり、砂がたっぷり入り、やや登りという状況で打ちきれず4mぐらいショートしてボギー。まあでも38だから上出来だね。


 朝8時過ぎからラウンドして、昼食も食べて、風呂も入って、コースを出たのが1時ごろ。途中で食べログ5年連続?京都ナンバーワンのラーメン屋に寄っておやつタイム。

2018-04-05 13.35.08.jpg

 美味しくいただきました。K嶋さん、ゴチでした。



 ・・・で終わっていればなかなかの一日だったんだけど。夕食後猛烈にお腹(腸)が痛くなり、七転八倒。もともと胃と腸は丈夫な方じゃなく、年に何度かこういう事がある。多分冷えたのと食べ過ぎだと思うんだけど、この日は結構痛みが強く、立てない、冷や汗が止まらない、ウンウン唸らないと我慢できないと10年に1度レベルの苦しさだった。

 今日はちょっとマシだけど、上の写真を見たらまた痛みが・・イテテ。
posted by hiro at 21:15| Comment(0) | ラウンド

2018年04月04日

パー3にて


 距離が長かったり、難易度が非常に高いパー3などで、全員がグリーンに乗った段階でマークし、後続組に打たせる事があるよね。この行為について、いくつか気になっていることがある。




 気になることその1

 この行為自体の呼び名(名称)はないんだろうか。プロの試合や諸外国では原則やらない、日本独自(?)のローカルルールみたいなものだから正式な名称はもちろんないと思うけど、呼び名があったような気もするんだよなあ。この話題を考える時、いつも「パー3でマークして後続組に打たせる事」って言うのは面倒だ。


 気になることその2

 この行為で短縮できる時間は、理論的には「前方の組がグリーン上でプレーする時間」−「後方の組がティショットに費やす時間」である。ティグラウンドからグリーンまでの移動距離、ワンオンの確率、次のホールの待ち時間なんかによっても影響を受けるけど、そう考えると思ったほど時短の効果はないのかもしれない。心理的な効果はあるだろうけどね。


 気になることその3

 よく「乗っても拍手するな、相手がどんな腕前なのかわからないから失礼になることも」みたいなことが書かれているサイトが多いけど、最初に書いたとおり、この行為は難易度が高いか距離が長いパー3で行われる。という事はつまり端にでも乗ったらやっぱり立派なのだ。素直に褒め称え、乗せた方も素直に喜ぶ、それでいいじゃないか。

 「ミスショットであんな端っこに乗ったのに拍手しやがって。俺はそんな下手じゃないぞ」などと気を悪くする上級者がもしいたら、そのほうが恥ずかしいと思うんだけどな。お前はいつもベタピンに打ってるのかと。気を悪くする権利があるのは松山英樹レベルだけだろ的な。


 気になることその4

 後続組がグリーンオンして、そのボールのパットの線が自分のスタンスに掛かったりしたら、ちょっと悪いなと思いつつも思い切り踏んでプレーする。その時、そのプレイヤーが後ろから来たらちょっとだけ気まずい。


 気になることその5

 後続組に打たせる時、グリーンの奥などに設置された金網の裏などで待機するが、そのコースを何度も回っているとどこへ飛ぶか、どこへ外すかがだんだん分かってくる。よって、ベテランになるほどグリーンの近くで待機したりして、「俺はこのコース良く知ってるもんねー」感を出す。でも想定外のショットが近くに落ちて死ぬほどびっくりする。


 気になることその6

 同じく待機中、後続組のボールがOB方面に飛んだとする。フェアウェイからそれを確認しづらい場合、待機している先行組がそれを教えてあげるのは良いマナーだと思うのだが、これが微妙に難しい。

 セーフの場合はいい。両手を横へ広げるジェスチャーはわかりやすい。しかしOBの場合、両手で◯を作るのが正式な(?)ジェスチャーだと教えてもらったことがある。これはOBの「オー」を表現しているのだが、このハンドサインを知らない人が見れば「OK」のオー、あるいは大丈夫の「◯」に見えるよね。

 そして「両手で◯」がOBを表すことを知らない人はたぶんゴルファーの過半数をしめると思う。そうなると、このサインはいくら正式であっても使えないよね。誤解を招く。

 よって、OBのときは両手をバツの形にしたりするんだけど、これは両手が体の前にくるのでわかりにくい(見にくい)んだよね。

 でも、一番困るのはどちらかわからない場合。ちょっと走って確認してくれるような親切な人もいるけど、距離が遠かったりきちんと探さないとわからないような場所の場合はそういう訳にはいかない。で、その時どういうジェスチャーをするべきか。そう、やりようがないのだ。「わからない」と教えてあげたいけど、ジェスチャーでそれを伝えるのは無理。

 だから、「このホールは後続組に打たせてください」と決まっているコースやホールでは、金網の所に赤と白の旗を置いておくべきなんだよね。これだったら、両方を挙げることで「わからない」と言うことが表現できる。

 ホームコースにはすごい打ちおろしのパー3があって、そこはきさいちの名物ホールなんだけど、打ち終わってからグリーンまで自動カートだったら2分ぐらい掛かるので、「後続組に打たせてください」という看板が設置されている。

 で、以前はティグラウンド白い旗を置いてあって、見てくれている先行組にどちらへ飛んだか教えるようなシステムになっていたんだけど、いつの間にかその旗もなくなってしまった。ティグラウンドに復活、グリーン奥に赤白の旗を新設して欲しい。



 まだあるけど、まあ今日はこれくらいにしといたろ。
posted by hiro at 17:29| Comment(0) | 雑文