2019年07月28日

矛盾と欲


 以前にも同じようなことを書いたと思うけど・・・

 ゴルフは矛盾のゲームだと言われる。力を抜いたほうが飛んだり、左を向けば向くほど球が右へ飛んだり。でも、最大の矛盾は、

良いスコアを出すには、(逆に)スコアのことを考えて回ってはいけない

 ということに尽きるんじゃないかな。




 まあ考えてみれば(考えなくても)当たり前のことで、パーやバーディは単なる「結果」であり、ラウンド中の「目的」は、狙ったところに正確に球を運ぶ、だ。

 正しい戦略を立て、正しいスイングをする。プレイヤーが考えるべきなのはそれだけなのだ。どこへ飛んで行った、いくつで上がったという事は、投げて出るサイコロの目のようなもので、コントロールできるものではない。


 それなのに、コースへ出てしまうと、そんなアタリマエのことをすっかり忘れ、

「まっすぐしっかり芯に当てて転がそう」ではなく「このパットを入れたらパーだ」

とか、

「バンカーからは脱出最優先」ではなく「ワンピンに寄せたらまだパーのチャンスが残る」

とか、

「つま先下がりの深いラフ、難しいライだから花道を狙おう」ではなく「何が何でもグリーンオンさせてパーだ」

とか、

「フェアウェイキープしよう」ではなく「バーディを取るためにはできるだけ飛ばして2打目を楽に打てるようにしたい」

とか考えてしまう。

 ティグラウンドに立ってる段階からスコアのことを考えてどうする?ねえ、アホなの?バカなの?



 つまり「スコアに対する欲」を出しすぎて大叩きしているのだ。謙虚さを忘れ、自分の力を過信してしまう原因は傲慢さではなく、いいスコアを出したいという欲に取り憑かれているからなのだ。

 良いスコアを出したいではなく、その都度正しい判断をすること。それが、スコアをまとめる最大の武器になる。
posted by hiro at 10:13| Comment(0) | メンタル

2019年03月13日

やっぱりボギーペース


 先週の伏尾で、改めて思った。

 俺はヘタなんだから、やっぱりボギーペースのゴルフをベースにしなくちゃいけない。

image523.jpg
(ゴルフは気持ち・夢のゴルフ編より)

 上の漫画の主人公はHDCP16なので全く同じ気持ちでは目標設定がちょっと低いが、要は「パーやバーディはたまたまうまくいった時に取れるもの」という意識をラウンド中保つということだ。そして、「無理にパーを狙いに行くからダボやトリプルが出る」という真理を忘れないようにしなくちゃいけない。

 そう考えたら、155yの池越え+バンカー越えのパー3(伏尾南3番)は「ギリギリのクラブを持ってパーオン」ではなく「大きめのクラブを選択し、奥へ行って寄らずのボギーでいい」がやっぱり正解だったってわかるよね。



 もちろん罠が少ないホール、ティショットが成功した時、2打目がショートアイアンやウェッジの時はパーオン2パットパーを狙うしそれに向かって全力で立ち向かう。私の場合、18ホール中9ホールはパーを狙うホールとして設定しチャレンジすべきだ。もちろんコースの難易度などにもよるけど。

 え、その話は聞き飽きた?今までと同じだって?いやいや、今までは18ホール中9ホールはボギーでいいホールとして設定してたので、微妙に違う。前者は、今までが「守りの消極性」であるのに対し、これからは「攻めの消極性」なのだ。

 ま、1ラウンド中大きなミスを9回してもいいということは同じだけどね。あんまり肩の力を入れずに気楽に回りなさいってこった。



 日によってはドライバーが当たらない、狙ったようにバンカーばかり入る、パットのフィーリングが全然出ない、そんな日もある。いや、私はそんな日ばかりなんだけど、そういう時も無理せずもがかず、淡々とボギーを重ねていけばいい。OBや池ポチャさえなければ90は切れるだろう。調子が悪い日はそれで十分ではないか。

 だって、プロじゃないんだから。アマチュアなんだから。アマチュアには予選落ちも賞金ランクもシード権もないんだから。




・・・・でも、一番難しいのは心の底から「ボギーでいい」って思えるかなんだよねえ。簡単なホール、パーを狙うホールでボギー叩いたら、やっぱり悔しがってしまうような気がする。そこを本心から割り切れるようになったら、一皮むけそうな気がするんだけどね。
posted by hiro at 10:40| Comment(0) | メンタル

2012年09月01日

慢心

 正直に書く。練習場では、そりゃあもう惚れ惚れするような球「も」出るのだ。

 ドライバーはやや右へ飛び出し、中弾道でドローが掛かり、目標方向に正確に着弾。飛距離はキャリーで230yぐらいだからランを含むと260yぐらいか。

 アイアン。5番であろうがPWであろうが目で追えないぐらい高い弾道のショットは、軽くドローしてほぼおなじ所に落ちる。

 アプローチだけはスカタンだけど、3球ぐらいまでなら連続して、「ドフッ」という音でなく「カシュッ」という音が出る。しかもスピンもバキバキに効いてる。

 バンカーはほとんど練習できないけど、コースでは何度も思い通りのショットが出て、自分では上手いと思い込んでた。

 だから、知らないうちに「コースでもそういう球がいつも打てるはず、いや打てないとダメ」って思い込んでしまっていたのだ。でも、それは大きな間違い。いや、大きな勘違い。



 練習場で出る、一番スカタンなミスショット、イコール自分の実力。つまりそのショットこそコースで当たり前のように出るショットなのだ。そしてそれが自分の実力なのだ。そんな当たり前のことを私は忘れていた。いや、わざと「忘れようとして」いた。なぜなら、「昔よりうまくなっている」と思い込んでいたから。

 誤解を恐れず書けば、上手くなっているはずなのだ。というか、上手くなっていないとおかしい。だって、1年に50ラウンドして、100回以上練習場に行き、10000球以上球を打ち、200日以上はクラブを握り、300日以上ゴルフのことを考えて生きてるんだから。


 問題はたった1つ。自分が「上手くなっている以上に上手いと思い込んでいる事」だ。つまりそれって、

鼻持ちならない慢心なんだよね。


 これからは、コースで球を打つとき、「自分は自分が思っているよりちょっとだけヘタクソなんだ」と思ってから打つことにしようと思う。だから、


 ティショットは「打てるところへ、そこそこ」飛べばいい。
 アイアンショットは「グリーン周りへ飛んで、行ってはいけないところだけ避ければ」いい。
 アプローチは「大きなミスをしなければ」いい。



 そうやって、もういちどやり直そう。

(ドリルB:1450/10000)
(アプローチ:5370/10000)
(素振り:540/10000)
posted by hiro at 18:38| Comment(0) | メンタル