2020年01月07日

新年を迎えて今年の目標設定などをするのだ


 もう気づいている人もいると思うけど、軽くですが時効警察にはまっている編者である。三日月くんかわいい。でも吉岡里帆演じる彩雲のほうがもっと(略)

 というわけで今日は恒例のあれなどを。流し読み推奨。



平均スコア:83台

 84を切る。42・41とか40・43でいいと考えるとそんなにハードル高くない気がするんだけどねえ。1年を通じてだからね。

平均パット数:32台

 1ラウンドにつき3パットを1つに抑えられたら、1パットは5個でいい。3パット2個なら1パットが6個になる。寄せワンが鍵だ。

パーオン率:40%以上

 1ラウンドで7ホールちょっとなんだけど、パー3で2個(去年1.90個)、パー5で2個(去年1.97個)パーオンしたら残り10個のパー4のうち3個〜4個でいいはずなんだけどなあ。パー4の2打目でショートアイアン持った時は乗せたいよね。

上がり3ホールを1オーバーでホールアウトする

 これは難しい。目標スコアを考えると3ホールを2オーバー弱でいいので、それよりハードルが高いことになる。でも、そういう気持ちでラウンドしようってことで。

パー5の平均スコアを上げる(目標パーセーブ率50%)

 上にも書いたけど去年は4ホール中1.97ホール、つまり49.3%の確率でパーは取れてるんだけど、ダボ以上が多い。18.2%つまりパー5の5ホールに1ホールはダボ叩いてることになる。そのほとんどがティショットOB。何度も言う。よっぽど長いホールを除き、パー5の1打目でリキんで飛ばしても意味ない。

ダボ以上を1ラウンド2個までに抑える(11%)

 去年17.8%。つまり18ホール中3ホール以上ダボかそれ以上叩いてることになる。素ダボの1つ、OBの1つぐらいは仕方ないけどOB2つ以上とか素ダボ3つとかは避けたいな(あくまで目標です)。



 スコア的にはそんな感じ。あと、競技に対しては

月例で優勝

 2015年から挑戦しだしたクラブ競技だけど、月例は5年間で60回近く出て優勝なし。2位が1回、3位が3回、4位が1回。1回でいいから勝ちたいな。

キャプテン杯3位以内(できれば2位以上)

 2015年と去年に3位入賞してるので、あとは2位と優勝しかないじゃないですか。

クラブ選手権予選突破・1回戦突破

 目標に上げるのはタダだから許してください。



 更に、日常生活では。

ホームコースラウンド後にパッティング練習する

 15分でもいいから。

週2回の練習(予定では月・金)

 せめて1月だけでも。

S水プロのレッスンを今年も受ける

 より上へ行くために、というより悪癖を今年こそ直す、的な。




 それでは、よろしくおねがいしやす。
posted by hiro at 11:31| Comment(0) | スタッツ

2019年12月29日

2013年の謎


 4日前に書いた「2019年のスタッツ」の中で明らかになった、2013年の平均スコアが突出してよかった謎について考えてみた。これ、以前もやったんだけどすっかり忘れてるのでもう一回。ちなみにその成績とは、

平均スコア:83.6(過去10年で一番良かった)

平均パット数:34.1(過去10年で5番目)

パーオン率:44.6%(過去10年で突出して良かった)

パーセーブ率:48.7%(過去10年で最高だが、2016〜2018年と極端に変わらず)

OB数:1ラウンドで1.1個(例年並み)


 というものだ。

 OB数とパット数は変わらず、パーセーブ率も突出していないけど、パーオン率だけが良かった。この事から推測できることは、2打目のアイアンショットが非常に良かったという事と、大叩きのホールが少なかったという事である。それを前提に、振り返ってみよう。

 2013年は、

・H田ゴルフセンターでNプロのレッスンを受け、「腕をしっかり振る」事を教えてもらう

・アイアンをMP-64に買い替えた(え、もう6年も使ってるの?)

・ドライバー(ツアーチャンプ)を替えた(え、もう6年も以下同文)

・ユーティリティ(ロケットボールズステージ2・#4)を入れる(え、もう6以下同文)

・パターのグリップにスーパーストロークを導入(え以下同文)

・ハワイ旅行へ行った(いや、それは関係ないやろ)

・コースで右足ふくらはぎの肉離れをやり、左一本足打法を発見・開眼する

・競技ゴルフ(ミッドパブとか)にいくつか出場

・M岡くんにアプローチのレッスンを受ける


 というのが主な出来事。


 うーん、クラブを換えたのと、試合(競技ゴルフ)という目標に向かってという名目でよく練習に行ってたよなあ。今の2.5倍ぐらいは行ってたかなあ。

 あと、Nプロに基本のおさらいをしてもらってたのも大きかったと思う。「腕を振れ」って教わったのはNプロが最初だしね。ただ、大幅な改造ではなく、その時のスイングを調整するっていう感じだったので、習いに行かなくなったら元に戻ってしまったのかもしれない。

 今習っているS水プロには、もっと根本的な改造をお願いしているので、まだまだ結果に結びつかないんだと思う。



 こうやって考えると何が一番良かったのかわからないけど、たぶんもっと練習しろ、というのが正解なんだろうね。やっぱり。いっつも同じ結論。
posted by hiro at 10:38| Comment(0) | スタッツ

2019年12月25日

2019年のスタッツ


 今日も適当に流し読みしてください。今年のスタッツ。

 1,年間成績

 スコア平均は85.6。、ここ4年ほどちょっとづつ悪くなってて、特に去年からはど1打増えてる。遠い目標の平均スコア80切りは無理だけど、自己ベストの83.6は抜きたいなー。

2019stats01.jpg

 パット数。去年より0.4悪化して33.2に。後述するけどパーオン率が下がり、逆にアプローチが少しマシになったにもかかわらずパット数が増えてるというのは純粋にパットが下手になっているということだね。パター買い換えよう(言うばっかり)。

2019stats03.jpg

 パーオン率。全般的にショットのクオリティが下がってるのか、年々下がって34.5%に。1ラウンド6ホール強。一番良かった2013年の42.6%は1ラウンドで8ホール弱だったから、相当ヘボまってきている(byスタパ齋藤)と言える。
 
2019stats05.jpg

 パーセーブ率。これも去年より2%近く下がった。そりゃあパーオン率も下がりパット数も増えてるんだから仕方ないとはいえ、アプローチがだいぶストレスなく打てるようになったのに数字には現れないもんだね。

2019stats04.jpg


 あと細かいことを書くと、OB数は変わらず、フェアウェイキープ率は6%下がってる。いや、フェアウェイキープ率ですらこの4年でどんどん下がってるじゃん。ドロー打つとか、迷走してたからかもしれないけど。

 しかし、2013年は何があったのか?一度検証する必要がありそうだ。



 では、年始に挙げた目標の達成率はどうか。

 平均スコア 83.4以下 ・・・85.6で達成ならず

 平均パット 32.7以下 ・・・33.2で達成ならず

 パーオン率 40%以上 ・・・34.5%で達成ならず

 上がり3ホールを1オーバーでラウンドする・・・65ラウンド中、上がり3ホールの平均スコアは2.46オーバー。トホホ。しかもそこまでの15ホールの平均スコアよりも悪い。トホホ。パインレークで3刈り3ホールで8オーバーとかあったし。

 OB数 1ラウンドに1つ以下・・・1ラウンド1.2個で達成ならず

 3パット数 1ラウンドに1つ以下・・・3パット1個以下のラウンドが数えるほどしかなく、計算するまでもない

 バーディ数 1ラウンドに1つ以上・・・バーディ率5.3%(67ラウンドで64個)、惜しくも達成ならず

 1つも達成できてないけど、まあこんなもんでしょう。


 2,スコアの内容

2019stats02.jpg

 ダボ以上が多すぎる。1ラウンドで3個以上(3.37)。2個ぐらいまでにしたいよね。あと、パー5でパーを取れない率が異常(に高い)。最低でも6割ぐらいはパーを取らんといかんだろ。来年の目標にしよう。


 まあこんな感じで、今年はあっさり終わります。
posted by hiro at 10:23| Comment(0) | スタッツ

2019年01月08日

今年の目標


 ラウンド結果の報告が一段落したので、今年の目標など。

1,スタッツ

 平均スコア 83.4以下 (2008年のベスト、83.5を更新したい)

 平均パット 32.7以下 (去年のベスト、32.8を更新したい)

 パーオン率 40%以上 (18ホール中7ホールちょっと)

 上がり3ホールを1オーバーでラウンドする (ヘタレ返上!)

 OB数 1ラウンドに1つ以下

 3パット数 1ラウンドに1つ以下

 バーディ数 1ラウンドに1つ以上

 下3つが達成できれば最初の3つは自動的に達成できると思う。バーディは狙って取れるものじゃないけど、パー5の2打目とかパーオンした時のグリーン上などではもう少しアグレッシブになっても良いのかなと。


2,競技の目標

 月例競技で優勝 (1回も勝ったこと無い)

 キャプテン杯 準優勝以上 (2016年の3位が最高)

 クラブ選手権 予選を120ストロークでラウンドする (予選を通るかどうかは時の運)

 毎年言うてますが。月例は最低4アンダー(ネット)ぐらい出さないと勝てないんだよね。


3,その他の目標

 薄暮でN條さんに全勝する  ( ̄ー ̄)ニヤリ

 怪我・病気をしない (まあ、できれば、ね)

 BG月例で4年連続総合優勝 (幹事なんだけど)

 しゃくなげ杯でベスグロ (壁は高いがトライし続けたい)

 アイアンショットを普通に打てるようにする (これが一番深刻。練習しましょう)


 目標というより初詣の時に神様にするお願いみたいだね。
posted by hiro at 09:33| Comment(0) | スタッツ

2018年12月29日

2018年の成績(今年最後の更新)


 というわけであっという間に1年が終了。同じ話題ばっかりでマンネリな当ウェブを1年間ご覧頂いてありがとうございました。また来年もよろしくお願いいたします。新年は4日金曜日から更新予定です。



 さて、大晦日のラウンドは残ってるけど、とりあえず今年の成績発表など。

image541.jpg

 62ラウンド(予定では63ラウンド)は一昨年競技に出だしてから最低の数。まあそれでも十分多いけど。スコアの平均は84.6。まだまだですなあ。たった3回しか80切れてない。「(実は)上手くなりたくない」という深層心理の現れか。

 パーオン率が相変わらずどえりゃあ低い。5割とは言わんけど、ハーフであと1回づつぐらいは増やしたいね。

 OB1.2個はちょっと多いね。3分の2ぐらいになったら平均スコア1打は下がりそう。



 次はコース別の成績。

image5231.jpg

 62ラウンド中ホームコースに37回。約6割だね。初めてのコースはN條さんのジャパンクラシックのみだった。引きこもりゴルファーだな。いや、友だちがいないんです(涙)。まあ、ゴルフ仲間の多くが50歳前後〜50歳代なかばで、みな仕事が最高潮に忙しい時期だからね。ヒマな私に付き合ってくれないってのもあるかも。

 ホームコースのスコアが今年のアベレージを上回ってるのは、いつもよりトホホになる競技でラウンドする頻度が多いからだと思う。あと、なにげにホームコースは距離が長い(青ティ松竹で6700y)からね。



 スコア分布のグラフ。

image533.jpg

 80-84が私のコンフォートゾーンであることがよく分かる。70台はわずかに20回に1回。これが10回に1回(10%)になったらHDCP7、5回に1回(20%)になったらHDCP5ってところかな。対して90オーバーはその倍近い。ヘタだねー。


 スコアの内訳。

image551.jpg

 バーディの少なさが目を引く。やっぱり5.6%(1ラウンドに1つ)は取りたいなー。右側、パー3でパーセーブが50%を超えたのはたぶん初めて。アプローチトホホ病がマシになったせいだと思われる。



 10年間の推移。 なかなか生涯ベストの2013年(83.6)を超えられない。ここ3年は微妙に増加傾向。
image561.jpg



 パット数の推移。

image571.jpg

 初めて33を切った。目標の32まであと1ストローク。


 パーオン率の推移。

image581.jpg

 35.2%は1ラウンドで6回強。どんどん悪くなってる。アイアンが壊滅的にヘタだからなー。ぼちぼちやさしいアイアンに買い換えるお年頃かなあ?せめて7回(40%)、できれば8回(44.4%)まで上げられたらいいんだけど。


 というわけで、テンション低めで今年の更新を終わります。皆様良いお年を。
posted by hiro at 10:59| Comment(0) | スタッツ