2021年07月28日

ファントムX8.5は価格の価値があったのか?



 今年5月、通天閣の展望台のガラスを突き破り、フリーフォールするつもりで購入したキャメロンのファントムX。果たしてその費用対効果はどうだったのか?検証してみた。

 今年のラウンドで、ファイントムX以前、オデッセイ#7CS(1月2日〜5月4日)の22ラウンドと以後の18.5ラウンド(ワンハーフ1個含む)で比較してみた。5月4日以降もオデッセイ1回使ったし、季節とかフィールドとかも変わってるから単純比較はできないんだけどね。まあ参考程度に。



オデッセイ#7CS(ラウンド数 22)

・平均スコア 86.7
・総パット数 34.9/ラウンド
・最小パット数 28
・最大パット数 41
・3パット率 2.7個/ラウンド
・1パット率 3.9個/ラウンド
・バーディ率 0.5/ラウンド


ファントムX8.5(ラウンド数 18.5)

・平均スコア 85.1
・総パット数 31.6/ラウンド
・最小パット数 28
・最大パット数 39
・3パット率 1.3個/ラウンド
・1パット率 5.6個/ラウンド
・バーディ率 0.65/ラウンド


 驚くべきことに、ほとんどのスタッツが向上している。パット数は1ラウンドで3.3ストローク(!)も減少。3パットは1ラウンドに付き1.4個減り、1パットは同じく1.7個も増えている。

 バーディ数はもともと情けないぐらい少ないのであれだが、それでも30%の増加。




 ただ上にも書いたとおり、総パット数だけでは単純比較はできない。芝が伸びてきてアプローチが簡単になったら1パットの確率は上がるので、当然真冬〜春の方が長いパットが残りやすくなるし。というわけで、面倒だけどパーオンしたホールのパット数を比較してみた。

オデッセイ#7CS(ラウンド数 22)

・パーオン率 38.6%(6.9ホール/ラウンド)
・パーオンしたホールのパット数 329/151ホール = 2.18/ホール

ファントムX8.5(ラウンド数 18.5)

・パーオン率 30.3%(5.5ホール/ラウンド)
・パーオンしたホールのパット数 200/99ホール = 2.02/ホール


 パーオン率が1ホール以上違うね。だから、総パット数も0.5ストロークぐらいは補正しないといけない。それでも、ファントムXの方が2.8ストローク良くなってるんだけど。

 パーオンしたときのパット数は思ったほど差がないが、1ラウンド換算(18ホールすべてパーオンしたと仮定)した場合、オデッセイが39.24、キャメロンが36.36になるので約3ストローク良くなってる事になる。

 つまり、パーオンしたホールもしなかったホールも同じぐらい(3ストローク弱)パット数が減ってるということだ。やっぱり、パットそのものが良くなっていると結論づけて良いと思う。


 
 あと、上の数字には現れてないけど、オデッセイの時は4パットがいくつかあり、さらにパー5の3パット率が異常に高かった。しかし、ファントムXに変えてからは4パットなし(いや偉そうに言うことじゃない)、パー5での3パット率も激減している。

 これは長いパットの距離感もあってるし、短いパットを外す確率も下がっているという間接的な証拠になる、かもしれない。



 というわけで結論。ファントムX、値段だけの価値はありました!買ってよかった!
posted by hiro at 11:50| Comment(0) | スタッツ

2020年12月29日

2020年目標達成は?


 読者の皆様のほぼ全員がどうでもいいと思ってる日記第二弾。今年の1月立てた目標がどれくらい達成できたのかを検証。黒字が目標、赤字が実際の数字、そしてカッコ内が去年(2019年)の数字。


平均スコア:83台・・・84.7(85.7)

 0.8ストローク及ばず。OB多かったからなー。去年よりは1ストローク良くなったんだけどね。

平均パット数:32台・・・33.3(33.3)

 0.3パット及ばず。3ラウンドに1個かー。パットの練習も途中でやめちゃったもんなー。去年とまったく同じ。

パーオン率:40%以上・・・38.4%(34.5%)

 1.9ポイント足らず。1ラウンドで6.9回になる。去年は6.2回だったから、1ラウンドで0.7回増加。誤差やな。

上がり3ホールを1オーバーでホールアウトする・・・あんまり達成できてない

 去年よりはましになってると思うけど。

パー5の平均スコアを上げる(目標パーセーブ率50%)・・・47.6%(49.3%)

 相変わらずパー5でティショットOBが多かった。っていうか去年より悪くなってるし。トホホ。

ダボ以上を1ラウンド2個までに抑える(11%)・・・17.2%(17.8%)

 去年とほとんど変わらず。ダボ3個がデフォってことですな。




 その他、詳しいスタッツはこんな感じ。80前半は3回に1回、70台は10回に1回、85-90が半数弱。90以上叩いてるのが5回も。

image711.jpg

 去年との比較。パーセーブ、パーオン率微増。でもOBも微増。

image721.jpg


 全ホール、そしてパー別のパーセーブ率。パー5のせめて半分はパー取りたいんだけどね。

image731.jpg


 競技編

月例で優勝・・・達成!

 5月、つまり上手い人が理事長杯に出てた時の棚ぼた的優勝だったけどね。

キャプテン杯3位以内(できれば2位以上)・・・予選通過がやっと

 この野望はOB連発で打ち砕かれましたとさ。

クラブ選手権予選突破・1回戦突破・・・玉砕

 同上。



 日常編

ホームコースラウンド後にパッティング練習する・・・3ヶ月坊主

 そらぁ上手ならんわ。

週2回の練習(予定では月・金)・・・全然

 えっと、練習は月2回ぐらいだったかなあ・・・

S水プロのレッスンを今年も受ける・・・発展的卒業

 秋に卒業。木曜日と金曜日っていうレッスン日がやっぱりネックだった。




 達成できたのは月例の優勝だけでした。ちゃんちゃん。

 というわけで今年の更新はここまで。来年は4日から更新予定です。皆様良いお年を。
posted by hiro at 17:22| Comment(2) | スタッツ

2020年07月04日

2020年上半期を振り返る



 2020年も半分が過ぎた。今日はその6ヶ月を振り返ってみよう。

 ちなみに出来事としては、

・S水プロに習って1年半(コロナで2ヶ月空いたけど)・・・進歩あんまりなし?

・ホンマのTW-X(ボール)を使ってみた・・・これで十分のような気がする

・ラウンド前(後)のパット練習・・・4ヶ月坊主だった

・ドライバーのフェースをまっすぐに(閉じないで)構え、右を怖がらずに右へ打ち出す

・ステップ打法(練習)

・ピンアイ2のサンドウェッジを入れる(グリーン周り専用)

・アプローチで軽い覚醒(4/28の日記)

・今年もボールがトゥに当たる症候群が止まらない

seiseki2020_pre.jpg

 目標だった数字(黒)と、実際の数字(青)。

平均スコア:83台・・・85.3。目標まであと1.4打縮める必要がある。厳しい

平均パット数:32台・・・33.3。目標まで0.4打。まだ可能性あるか

パーオン率:40%以上・・・34.9。あと5.1%。厳しい!

上がり3ホールを1オーバーでホールアウトする・・・31回中14回、達成率45.2%。なかなか頑張ってる方かも。

パー5の平均スコアを上げる(目標パーセーブ率50%)・・・41.4%。トホホ。

ダボ以上を1ラウンド2個までに抑える(11%)・・・19.2%。遠い。遠すぎる。

月例で優勝・・・達成!

キャプテン杯3位以内(できれば2位以上)・・・これから

クラブ選手権予選突破・1回戦突破・・・これから

ホームコースラウンド後にパッティング練習する・・・できてません

週2回の練習(予定では月・金)・・・全然できてません

S水プロのレッスンを今年も受ける・・・なんとか続けられてる



 これからハイシーズンになってくるので、スコア82前後、31〜32パット、パーオン率50%を目指して頑張っていこう。
posted by hiro at 11:12| Comment(0) | スタッツ

2020年01月07日

新年を迎えて今年の目標設定などをするのだ


 もう気づいている人もいると思うけど、軽くですが時効警察にはまっている編者である。三日月くんかわいい。でも吉岡里帆演じる彩雲のほうがもっと(略)

 というわけで今日は恒例のあれなどを。流し読み推奨。



平均スコア:83台

 84を切る。42・41とか40・43でいいと考えるとそんなにハードル高くない気がするんだけどねえ。1年を通じてだからね。

平均パット数:32台

 1ラウンドにつき3パットを1つに抑えられたら、1パットは5個でいい。3パット2個なら1パットが6個になる。寄せワンが鍵だ。

パーオン率:40%以上

 1ラウンドで7ホールちょっとなんだけど、パー3で2個(去年1.90個)、パー5で2個(去年1.97個)パーオンしたら残り10個のパー4のうち3個〜4個でいいはずなんだけどなあ。パー4の2打目でショートアイアン持った時は乗せたいよね。

上がり3ホールを1オーバーでホールアウトする

 これは難しい。目標スコアを考えると3ホールを2オーバー弱でいいので、それよりハードルが高いことになる。でも、そういう気持ちでラウンドしようってことで。

パー5の平均スコアを上げる(目標パーセーブ率50%)

 上にも書いたけど去年は4ホール中1.97ホール、つまり49.3%の確率でパーは取れてるんだけど、ダボ以上が多い。18.2%つまりパー5の5ホールに1ホールはダボ叩いてることになる。そのほとんどがティショットOB。何度も言う。よっぽど長いホールを除き、パー5の1打目でリキんで飛ばしても意味ない。

ダボ以上を1ラウンド2個までに抑える(11%)

 去年17.8%。つまり18ホール中3ホール以上ダボかそれ以上叩いてることになる。素ダボの1つ、OBの1つぐらいは仕方ないけどOB2つ以上とか素ダボ3つとかは避けたいな(あくまで目標です)。



 スコア的にはそんな感じ。あと、競技に対しては

月例で優勝

 2015年から挑戦しだしたクラブ競技だけど、月例は5年間で60回近く出て優勝なし。2位が1回、3位が3回、4位が1回。1回でいいから勝ちたいな。

キャプテン杯3位以内(できれば2位以上)

 2015年と去年に3位入賞してるので、あとは2位と優勝しかないじゃないですか。

クラブ選手権予選突破・1回戦突破

 目標に上げるのはタダだから許してください。



 更に、日常生活では。

ホームコースラウンド後にパッティング練習する

 15分でもいいから。

週2回の練習(予定では月・金)

 せめて1月だけでも。

S水プロのレッスンを今年も受ける

 より上へ行くために、というより悪癖を今年こそ直す、的な。




 それでは、よろしくおねがいしやす。
posted by hiro at 11:31| Comment(0) | スタッツ

2019年12月29日

2013年の謎


 4日前に書いた「2019年のスタッツ」の中で明らかになった、2013年の平均スコアが突出してよかった謎について考えてみた。これ、以前もやったんだけどすっかり忘れてるのでもう一回。ちなみにその成績とは、

平均スコア:83.6(過去10年で一番良かった)

平均パット数:34.1(過去10年で5番目)

パーオン率:44.6%(過去10年で突出して良かった)

パーセーブ率:48.7%(過去10年で最高だが、2016〜2018年と極端に変わらず)

OB数:1ラウンドで1.1個(例年並み)


 というものだ。

 OB数とパット数は変わらず、パーセーブ率も突出していないけど、パーオン率だけが良かった。この事から推測できることは、2打目のアイアンショットが非常に良かったという事と、大叩きのホールが少なかったという事である。それを前提に、振り返ってみよう。

 2013年は、

・H田ゴルフセンターでNプロのレッスンを受け、「腕をしっかり振る」事を教えてもらう

・アイアンをMP-64に買い替えた(え、もう6年も使ってるの?)

・ドライバー(ツアーチャンプ)を替えた(え、もう6年も以下同文)

・ユーティリティ(ロケットボールズステージ2・#4)を入れる(え、もう6以下同文)

・パターのグリップにスーパーストロークを導入(え以下同文)

・ハワイ旅行へ行った(いや、それは関係ないやろ)

・コースで右足ふくらはぎの肉離れをやり、左一本足打法を発見・開眼する

・競技ゴルフ(ミッドパブとか)にいくつか出場

・M岡くんにアプローチのレッスンを受ける


 というのが主な出来事。


 うーん、クラブを換えたのと、試合(競技ゴルフ)という目標に向かってという名目でよく練習に行ってたよなあ。今の2.5倍ぐらいは行ってたかなあ。

 あと、Nプロに基本のおさらいをしてもらってたのも大きかったと思う。「腕を振れ」って教わったのはNプロが最初だしね。ただ、大幅な改造ではなく、その時のスイングを調整するっていう感じだったので、習いに行かなくなったら元に戻ってしまったのかもしれない。

 今習っているS水プロには、もっと根本的な改造をお願いしているので、まだまだ結果に結びつかないんだと思う。



 こうやって考えると何が一番良かったのかわからないけど、たぶんもっと練習しろ、というのが正解なんだろうね。やっぱり。いっつも同じ結論。
posted by hiro at 10:38| Comment(0) | スタッツ