2018年09月12日

ゴルフ本レビュー:「成功する人は頑張らない」


 今日はこれについて。

プロゴルファーが順天堂大学院で学んだ「成功する人は頑張らない」

 横田真一著。題長いな。

1-2018-09-12.jpg

 4スタンスは卒業?ついに最高学府でアカデミックな研究をすることになった横田真一氏。巻末には研究論文も載せられているので本格的だ(論文の責任者である第一著者ではなさそうだけど)。

 この本の主題は「自律神経」。自律神経とアスリートのパフォーマンスについて大変わかりやすく書かれている。



 生き物の体には隅々まで神経が張り巡らされているが、わかりやすく書くと、神経には大きく分けで3種類ある。体を動かす運動神経、触覚や痛覚などを脳に伝える感覚神経、そして自律神経だ。

 運動神経や感覚神経は自分の意志でコントロールできる神経だ。運動神経はもちろんのこと、感覚神経もある程度は調整できる。(感覚を研ぎ澄ます、耳をそばだてるという言い回しがあるように)。

 しかし、自律神経は生き物の全身の動きや働きを調整してくれる神経だが、基本的にはフルオートマチックに働くものである。例えば暑い時に汗をかく、びっくりした時に体を硬直させる、ご飯を食べると胃腸が動き出す、これらの「勝手に動いて、体をその時の状況にあったいい状態にキープしてくれる」のが自律神経の働きなのである。

 そのコントロールだが、自律神経そのものに2系統の神経が存在し、よりハイパーな状態に持っていく「交感神経」と、体を鎮めようとする「副交感神経」の2つが存在する。よく「アクセルとブレーキ」に例えられるよね。



 というふうに大変うまくできている自律神経だが、悲しいことにフルオートなので融通が利かない。例えば大きな試合やコンペの朝一番のティショット。すごく緊張した時、頭に血が上り、がくがくと震え、冷静でいられない感じになる。これは交感神経が過度に働いている状態。いわゆる「アガる」というやつだね。

 逆に、ハーフが終わり、お昼の休憩を済まして午後の10番ティに立った時、何となく体がだるいような、切れがないような、平和な気持ちになって闘争心がわかない感じになることがある。これはまさしく副交感神経が優位に働いている状態で、リラックスはできても高いパフォーマンスは発揮しにくい。

 
 で、この本は、その「普通ならコントロールできない」自律神経の働きを「自分の力でコントロール」して、フィジカルとメンタルを最高の状態に持っていく、その仕組や方法が書かれている。もっと簡単に書けば、

自分の意志でゾーンの状態にする事ができる!

 ということだ。超一流のアスリートは多分これを無意識に調整できるか、あるいは努力してコントロールを獲得した人であり、実力はあるのに本番に弱い、あるいは肝心なところでミスをするという人はこのことを知らない人、と言えるかもしれない。

 さらに言えば、「上手いゴルファー」ではなく「強いゴルファー」になれる方法、と言ってもいいかもしれない。



 内容に関しては、何となくモヤモヤと感じていた、あるいは大事そうだけど本当のところはどうなの?という点に関して、「アカデミックな観点から」、多くの「なるほど!」を提供してくれる感じで、なかなかのお薦めである。ライバルたちには絶対に読んでほしくないと思う。

 一例を挙げると、「人間の集中力(ゾーンの状態)は40分ぐらいしか持続しない」という一文がある。ゴルフのプレーは5時間、1.5ラウンドなら7時間以上の時間がかかるが、その全てで最高のパフォーマンスを発揮することは不可能だということだ。これはつまり、意識して「オンとオフを切り替える必要がある」という事と、「その40分をどこに持ってくるか」を戦略として意識しないといけないということを表している。

 そう、本の帯にある、「一流選手が18番でバーディを取れる理由」というのがこれなんだよね。心のスタミナを温存し、ここぞという時にスイッチを入れる。朝一番のティショットから100%で行っていたらすぐガス欠になってしまうのだ。



 あと、この本の良いところは、知識として知っただけで効果がすぐに現れるという点。レッスン書だったらそうはいかない。そういう意味でも、伸び悩むベテランゴルファー、練習場シングル、上がり3ホールで大叩きする人、ここぞというところでミスをする人、バーディを取った次のホールで大叩きする人、感情の起伏が激しい人、練習の時間が取れない人、練習が嫌いな人、まあほとんど私なんだけど、そういう人には良い本だと思う。

 最後に、ゾーンの状態になる方法なんだけど、驚くことにドラゴンボールで孫悟空が初めて超(スーパー)サイヤ人になったときと酷似してるんだよね。鳥山明恐るべし。超サイヤ人は「穏やかな心を持ちながら激しい怒りによって目覚めた」という描写があるが、つまりは交感神経と副交感神経が・・・これ以上はネタバレになるので自粛。
posted by hiro at 17:34| Comment(2) | ゴルフ本

2018年03月19日

ゴルフ本レビュー:安楽拓也「アドレスで飛ばしなさい」


 安楽拓也、アドレスで飛ばしなさい〜日本一飛ばす男のゴルフ「飛ばし」の格言。

anraku_tobasi.jpg

 何となく買いました。半分が写真で、20分で読み終わるぐらいシンプルな内容。いや、逆にそれのほうが良いんだけどね。だらだらと文章が綴られたレッスン書(特に技術書)は結局何が大事なのかわからないし(ハーヴィー・ペニックのレッドブック除く)。

 安楽氏と言えば谷原秀人がDVDを買って2週連続優勝したというエピソードで一躍有名になった人だが、元々がドラコンプロ。しかし今ではレッスンプロとしてのほうが知名度があるよね。


 さてこの本、表紙に書いてあるとおり、1ページめが安楽氏による「格言」、2ページめがその説明、3〜4ページ目が写真による解説、という構成で、40個の「格言」が紹介されている。

 そのうち、「それ知ってる!」と思ったのが10個ぐらい、「今やってるけど正しかったんだ!良かった!」というのが5つぐらい、「マジっすか?うん、やってみたらすげー!目からウロコ!」っていうのが5つもあった。これは相当な高打率である。

 そもそも、「飛ばす」というのは理にかなったスイングでないと無理なわけで、つまり飛ばせることは正しいことなのである。スイングで悩んでいる人、行き詰まっている人、何が正しいのかわからなくなってしまった人、成績が伸び悩んでいる人、スイングの本質がわからなくなってしまっている人、いつも同じことで悩んでいる人(以上全て私である)にとっては良い指針になると思う。


 1つだけ、これすげー!と思った格言を紹介。

「お尻を上げる!」

 ふーんそんなの知ってるし。前傾姿勢保てってことだよね。股関節から前傾したら自然となるじゃん・・・などと思われる人が多いと思うが、知ってるのと実際にできるのとには大きな隔たりがあるわけで。

 実際、私もしてたつもりだけどこれをキチンと意識してアドレスしてみると、体に芯ができるというかアドレスがきまるというかフィニッシュまできれいに振れるというか、今まで自分がいかに適当なアドレスをしていたのかということが分かるし、そして意識だけでこれだけ違ってくるんだと驚いた。


 神は細部に宿る。こういうちょっとした意識が、スイングを劇的に良くしたりする。そういうのがこの本にはいくつも紹介されていると思う。レッスンプロではなくドラコンプロだから逆にそういう「スイングの秘宝」を惜しげもなく教えてくれてるのかも、と考えると興味深い。

 でも大事なことは「コースで意識しないでもそういうアドレスが取れるようになる」ところまでもっていけることなんだよなあ。それが一番難しいんだよなあ。
posted by hiro at 11:29| Comment(0) | ゴルフ本

2017年10月30日

グリップ本


 最近の私の関心事は「グリップ・アドレス・気持ちよく振る」であり、グリップはショートサム気味、アドレスは狭めで何となくいい感じがつかめてきた。あとは「気持ちよく振る」だなあ、と思っていた矢先。

 先日の大阪ゴルフクラブラウンド後、風呂場でM岡くんとグリップの話をしていたところ、「最近読んでなかなか面白かったですよ」と教えてもらったのがこの本。

1-2017-10-29 18.28.59.jpg

 右手を見直すだけでスイングが変わるから「もう一度練習してみよう」と思える(松吉信)

 松吉氏は学生ゴルファーから倉本昌弘プロのキャディ(専属プロキャディのパイオニア)を経て、プロ・アマ問わずゴルファーのマネジメント(レッスン?)を生業としている方である。

 今年の8月に出た本だけど、この著者、3年前にも「グリップを直すだけでゴルフが変わるからもう一度練習してみようと思える」という本も上梓してる(読んでないけど)のでちょっとややこしい。

 「もう一度練習してみようと思える」というキーワードには「何をしてもうまくいかないからもう諦めた人へ」というメッセージが込められているわけで、つまり自分で「才能がない」「運動音痴だ」「先生に教わるのは面倒だ」「基本・練習なんて大嫌い」と思っている人がターゲットなんだろうなと。

 つまり、ちょうど私にタイムリーだし、何より本物の上級者でありクラブ選手権準決勝まで行ったM岡くんの勧めもあって、すぐ取り寄せて読んでみた。対談形式になってるので読みやすくわかりやすく、2時間ぐらいで読めた。




 で、その内容は。amazonの書評は必ずしも良くないんだけど、

 少なくともグリップに関する疑問はほぼ全て解消される、画期的なグリップ本だと思う。

 まだ実際に試していないので断定は出来ないんだけど。良い点は、

・グリップにポイントを置いているので、言いたいことがはっきり伝わる(ピントがボケてない)
・シンプルかつ具体的で判りやすい
・私が今まで色々なプロに聞いたことが幾つも載っていた(内容の信憑性が高い)
・グリップを直すだけなので、まさに「もう一度練習してみようと思える」
・矯正のためのドリルもたくさん紹介されている


 逆に悪い点を挙げると、

・1冊の本だけど、400字ぐらいに要約可能(笑)
・知っている、できている人にとってはチョー当たり前の事だったりするかも
・拗(こじ)らせている人にとっては矯正がだいぶ難しい(時間が掛かる)


 という感じだろうか。


 
 そして一番タイムリーだと思ったのは、最初に書いた「グリップ・アドレス・気持ちよく振る」の3つすべてについて言及されているという事。

 この品は四章構成なんだけど、第一章で「気持ちよく振る」、第二章で「(右手)グリップ」、第三章で「アドレス」について書かれていて(第四章はおまけ)、「気持ちよく振る」ためには「グリップ」と「アドレス」をこうしなさいよ、という構図になっている。

 だから、ほんとにタイムリーなんだよね。シンクロニシティレベル。M岡くん、良い本紹介してくれてありがとう!



 最後に本から1つだけ引用。

 世の中で80を切れないゴルファーは悪いグリップをしている(ベン・クレンショー)

 これが真実かどうか、今度の木曜日に交野CCで試してみよう。
posted by hiro at 10:51| Comment(0) | ゴルフ本