2013年04月03日

某番組より健忘録

 今日は純粋に健忘録。しかしそれにしてもiphoneのicloudの便利さは異常。クラウドサービスってのは簡単に書けば「データをネット上のサーバー預けておいて、いつでもどこからでも自由に出し入れできる」ってことなんだけど、例えばiphoneで撮った写真がサーバー経由で自動的にPCの「フォトストリーム」というフォルダに送られるので、PC上で即加工し、ブログに使用できたりする。それが今日の目玉なわけだ。

 下の写真は、さっき見てた番組(録画だけど)の「板東英二のゴルフ塾」をiphoneで撮ったもの。それが、何もしなくても(正確には設定が必要だけど)PCに送られるくる。いやあ便利。ちょっと歪んでいるのはご容赦。

IMG_003511.jpg

 何が言いたいかというと、距離のあるバンカーショットは左足体重(ダフリ防止・ソリッドなコンタクトのため)でフォローを小さく(球を上げよう、飛ばそうとすると自然とフォローが大きくなり、ダフりやすくなるため)だぜと。

つぎ。

IMG_003711.jpg

 何が言いたいかというと、高く上げるアプローチは脚だけオープン、腰と肩はスクウェア、ハンドファースト厳禁(グリップは体の中心を指す)でボールの後5cmぐらいからヘッドをボールの下に潜らせるんだよと。

つぎ。グラスバンカーからの打ち方。

IMG_004111.jpg

 特別なことをせず、力も入れず、バンカーショットの要領で手前からヘッドを入れてしっかり振りぬく


つぎ。これ、今習ってるN先生に同じ事を言われた。

IMG_004211.jpg

 多くのスライサーがこうなってる。右肩が開いて上体が先行し、クラブヘッドが開いて入る。スライスの原因はこの振り遅れ(実際には体の使いすぎ)。これを補正するためには、

IMG_004311.jpg

 右肩を開かず我慢し体の正面で腕を振るイメージを持ち、フィニッシュで左脚1本で立てるぐらいしっかり体重移動。これ、やってみると体にブレーキをかけてるような変な感覚なんだけど、不思議と腕がしっかり振れて、きちんと当たると今まで以上に飛ぶようになるんだよね。


 スライス、飛距離不足、球が捕まらない、ダウンブローで打てない、芯に当たらないなどでお悩みの方はぜひお試しあれ(坂田信弘風)。って水巻プロが言ってた。


 ああ、また他人の褌で日記を書いてしまった(五右衛門風)。

(ドリルB:1812/10000)
(アプローチ:8570/10000)
(素振り:1060/10000)
posted by hiro at 10:14| Comment(0) | 健忘録

2012年11月14日

健忘録ですいません

 最近、リンクスSSウェッジの58度を買おうかなと本気で思っている編者です。これとチッパーがあれば私の悩み(アプローチ恐怖症)はほとんど解消するような気がしないでもない(笑)。

SS_wedge.jpg

 なんかダフっても助けてくれるらしい。使ったことのある人がいたら教えて下さい。結構本気です。



 さて、今日は最近の私のトレンドを健忘録的に。なんか定期的にまとめとかないとすぐ忘れちゃうんだよね。

グリップを意識してかっちり握る(特に右手)

アドレス時の「右手のひらの向き」が球が飛ぶ方向。よって右手グリップは横から。下から添えない。

骨盤から前傾、下半身は固定、つまり軸を動かさない

下目遣いに球を見てダウンスイングでもその状態をキープ(右肩を下げない工夫)

トップからインパクトは飛球線に背中向けたまま袈裟斬りの軌跡で。



 最近、ホントにティショットが恐いんだよね。特に狭いホールで200y〜210yに置きたい時が打てない。7Wだと左へ引っ掛けそうな気がするし、3アイアンだとイマイチ当たりが悪いし。5Wだと230yぐらい飛んじゃうことがあるし・・・って思ってる段階で腰が引けてコースに負けてるわけで。


 怖いもの知らずでドライバーを振り回してた頃に戻らないとね。まだまだ若いんだから。

(ドリルB:1710/10000)
(アプローチ:6820/10000)
(素振り:600/10000)
posted by hiro at 11:34| Comment(0) | 健忘録