2019年07月26日

GB月例@ジャパンビレッジゴルフ倶楽部


 昨日は初めてのコース、ジャパンビレッジゴルフ倶楽部へ。仲間うちのコンペで。なかなか景色の良いコースで、ホールはバラエティに富み面白かった。

 ジャパンビレッジゴルフ倶楽部といえば、関西の方にはお馴染みだろう。 サンテレビで放送されている、「中西清起・小林佳則の熱血!!ゴルフ塾!」で何度も出てくるコースである。

1-2019-07-25.jpg

 で、昨日のラウンドで確信した。私は、自分と戦うのは得意だけど、人と争う(人を意識する)ととたんにダメになると。

 前半、初めてのコースなのでとにかく無理せず、ティショットはでフェアウェイセンターあるいは危険な方を避け、2打目はグリーンセンターを狙い、無理せず手前から、パットも距離を合わせて・・・という気持ちでラウンドしたら1バーディ1ダボの37。

 あ、ダボはティショットチーピン、2打目ユーティリティダフり、3打目50yのアプローチチャックリ、4打目アプローチ寄らずの2パット。

 しかし後半、同伴競技者のM田くんがむちゃくちゃいいゴルフをしていて(結局M田くんは後半1オーバー!)、そのM田くんを意識した途端にドライバーが暴れだし、OB3つでフェアウェイには3回しかいかず。アイアンにも大きなミスが出だし、3パットもして、前半のナイスラウンドをファ◯クするような結果に。

seiseki20190725.jpg

 いや、M田くんのせいにしてはいけない。後半東コースの大叩きは、その多くが傲慢さから必然的に出たものだからだ。

 例えば東1番、ティショットは引っ掛けて左ラフ。2打目、けっこうなつま先下がり&けっこうなラフ。残り距離が120yぐらいだったのでPWで強引にグリーンを狙い、思い切り引っ掛けて左のさらに酷いライへ。3打目も無理にグリーンを狙い、バンカー手前の酷いライへ。4打目でグリーン奥へ。5オン2パット。

 典型的な「自分の力を過信した無理な狙いからの自滅」だよね。2打目で花道を狙ってたら、悪くてもボギー、うまくいけばパーも取れたのに。

 そのトリプルボギーが2番の強引なバーディパットからの3パットを呼び、5番のスプーンを持っての右2連続OBにつながり、8番の力みドライバー左引掛けOBに続いたというわけだ。



 一体いつになったら謙虚さを学ぶのか。自分の実力どおりのラウンドができるのか。自分がうまくないと理解するのか。本当に、ゴルフはうまくなったと思ったときから下手になっていく、ですね、宇賀神さん。Sさん。
posted by hiro at 20:06| Comment(0) | GB月例

2019年06月28日

GB月例@小野ゴルフ倶楽部


 台風が迫る大雨の中、回ってきましたよ小野ゴルフ倶楽部。

05-2019-06-27 08.52.46.jpg

 午前中はなんとか小降りで済んだけど、後半数ホール目から本格的に降り出し、残り3ホールでは土砂降りに。久しぶりにパンツまでグッチョグチョになった。むしろそこまで濡れたほうが爽快っていうか。

06-2019-06-27 09.17.33.jpg

 コースはほんとに素晴らしかった。歴史を感じさせるクラブハウス、親切な従業員の方々、エッジの効いたコースの景色、ティショットから考えさせられるレイアウト、あごの高いバンカー、転がりのいいグリーン。池のプレッシャー。どこをとってもさすがの名門コース。そんな雨の小野の結果は。

seiseki20190627.jpg

 なんとなく、まんべんなくうまくいかなくて、90オーバー。最終9番の4パットが象徴してるように、特にパットが全然しっくりいかなかった。ま、ヘタなだけなんだけどね。

 15番パー4。

10-2019-06-27 10.20.05.jpg

 ティショットが80y先の右の木に当たって傾斜地へ。球は膝の高さ。2打目8アイアンでレイアップも左の窪地へ。もう一回つま先上がりの傾斜からレイアップし、4オンするも奥から3パット。

 16番パー5。

13-2019-06-27 10.35.02.jpg

 ティショットちょっとだけ右へ飛んでバンカーの先に張り出した木の真後ろへ。2打目出しただけ、3打目グリーン右手前のOBギリギリへ、4打目ワンクッションでエッジまで。二段グリーンの奥、25m以上のアプローチはユーティリティで奥4mに、入らずダボ。1回謝るとすぐダボになる。

 鴨池が絡むアウトコースは大雨だったので写真なし。いや、写真が取れなかった理由は他にもあったんだけど(後述)。

 その後半アウト、5番までまあまあだったんだけど、6番はドライバーが右へ曲がってOB、打ち直しも右、4打目林から出すだけ、5打目クリーク手前にレイアップ、6オン2パット。バンカーが効いてるんだよねー。無意識にバンカー避けるとこうなる。

 8番、池越えパー3の名物ホールはスライスして池ポチャダボ。

 最終ホールはユーティリティでピン右下にパーオンしたのにそこから1.5mオーバー、返し緩む、次がカップに蹴られるで4パット。ここを2パットで行けてたら80台で・・・いや何でもないです。




 写真を取れなかったその理由。あんまりこういうことは書きたくないんだけどさあ・・・・

 素晴らしいコースの中で、唯一残念だったのが◯◯◯◯さんが最悪だったこと。ハズレもハズレ、大ハズレ。長いゴルフ人生の中でワースト5に入るぐらいのハズレ◯◯◯◯だった。

 バッグをカートに乗せるときから、「これ(練習器具)クラブの出し入れに邪魔なので抜いとますね」である。まだ素振りもしてないし、「出しておいていいですか」でもない、「出しときますね」だ。

 一応敬語は使うけど言葉はぶっきらぼうで慇懃無礼、進行第一で死ぬほど急かされる(ティグラウンドに着いた瞬間「はいオナーさんおねがいします」とほぼ全ホールで言われた)。OB方向に飛んだら「ちょっと危ないですね」でも「もう一球念の為おねがいします」でもなく「暫定球です」と言い放つ。

 OBですと言い放った球が見つかったりすること数回。危ない方向に飛んだ球を、3分すら探させてもらえない。私が暫定球を確認後、1球目を探しに林の中へいくと「そこのボール見えませんかー?」ときた。

 二打目地点。我々2人がカートに乗っていて(大雨だもん、できるだけ乗っていたいよね)、同伴競技者がクラブを取り出してボールに向かったので「カート動かしまーす」と言うと、後ろから「ダメです!」と。そう、その◯◯◯◯さんがなにかしてたらしい。それにしても「ちょっとまって」ではなく「ダメです!」って。

 あるホールで、同伴競技者が林の中へ打ち込んだ時なんか、「さっさと横へ出してちゃっちゃと行きましょう」。これ、◯◯◯◯が言うセリフじゃないよね?

 グリップはビシャビシャ(まあ仕方ないけど)、私のパターカバーは2回も濡れた地面に落とす、どんなホールもティグラウンドにドライバー持って先回り。で「はいオナーさんどうぞー」ティグラウンドからコースを見て、クラブを選んだらあかんのか?



 でも、遅かったわけじゃないんだよ。スタートホール、10番ティでレギュラーティ(黄色・6580y)ティとフロントティ(白・6225y)があったので、「レギュラーから回ることもできるんですか?」と聞いたら「大丈夫です」とのことだったので黄色を選択したんだけど、「そのかわり2時間で回ってください」って。もうこの言葉で「楽しませる」んじゃなく「回らせてやってる」感がハンパないよね。

 じゃあ白から行けばよかったじゃん、と思われるかもしれないけど、どうせ白を選んでも思い切り急かされてたに決まってるし。

 9時15分にスタートして、ハーフの上がりが11時20分。雨の中、初めてラウンドするビジターが2人いて、4人の平均スコアが46ちょっとで、2時間5分だったら十分早いほうだと思うんだけどどうよ?後半も2時間10分は掛かってないはず。


 名門コースに恐いキャディさん、といえば関西では茨木カンツリーが有名だけど、それも昔の話。もうそんな時代じゃないでしょ。小野は素晴らしいコースだけど、あのキャディが付くかもしれないと思うともう行きたくないやと思った。
posted by hiro at 20:12| Comment(0) | GB月例

2019年05月24日

GB月例@交野CC


 毎月第四木曜恒例のGB月例。今回は大阪の名コース、交野CCにて。競技の世界にいる人なら誰もが知る、トップアマの井関さんが在籍しているコースである。

 ただ、3日前の月曜日、仕事中に腰を痛めてしまい、6割ぐらいの力でしか振れない状態であったことを最初にお伝えしておく。まあ腰を痛めてても痛めてなくても同じような成績しか出ないんだけどね。

 そのスカタンな結果から。

seiseki20190523.jpg

 3番は1打目6アイアンがへっぽこトゥショットで手前バンカー、2打目出ず、3打目ホームラン、グリーン奥からなんとか寄せてなんとか入れてのダボ。

 8番は池のある名物ホール。ティショットは右プッシュスライスで池のまだ右、林の中。2打目は出すだけ、3打目170yをユーティリティで軽めに手前から転がしあげて、と思ったら強すぎてグリーン手前から転がってグリーンオーバ。奥からユーティリティでなんとか2mに付けるも入らずダボ。

 9番はティショット左ラフ、2打目7番と8番で迷って8番を持ったのが失敗。当たりが悪くて手前のバンカー。しかもあごの直下に半分めり込んだ状態。89度の角度で200y飛ばす勢いで打たないと出ないやつ。叩き出してバンカー中央へ、4オン2パットダボ。

 というわけで前半はOBなし、3パットなし、パーオン4つもしてるのにほぼボギーペース。なぜだ(花道やグリーンセンターを狙わないからです)。


 後半は12番はドライバーショットがまた右に飛んでフェアウェイバンカーへ。バンカーからまた7番と8番で迷って8番を持って、わずかにキャリーが足りず手前のバンカーへ。学習能力無いんか(ないです)。砂の薄いバンカーからホームランし、一番奥から3パットで素ダボ。なぜグリーンセンターを狙わない?バカなの?(バカです)

 14番パー5がいちばんひどかった。ティショットはまた右プッシュでOBギリギリからのバンカーイン。前は木がせり出していて真横に出すか、低い球を打つかの二択。低い球で。さいわい樹の下は抜けたけど反対側のラフへ。3打目つま先下がりのベアグラウンドから花道を狙って6アイアン、見事なトップボールで60yしか転がらず。ナイスレイアップ(涙)。

 4打目、ラフから90yのウェッジショットはうまく打てたけどランが出てグリーンには乗ったけどピン奥10m。そこからまた3パット(ファーストパット3mオーバー)して素ダボ。7つのストロークのうち4つもミスしてたらダボになるわなそりゃ。

 17番は4アイアンのティショットを打ち急いでチョロ。2打目もチョロ、3打目ユーティリティで乾坤一擲、3オン。いや2連続チョロするようなやつが威張れませんぜ。

 最終ホールは10m以上のパットが偶然入ってパー。純粋にラッキーでも気持ちいい。



 というわけで、相変わらずミスばっかりしております。
posted by hiro at 20:19| Comment(0) | GB月例

2019年03月29日

第60回GB月例@神有カントリー倶楽部


 アプローチが打てないゴルファー、hiroです。

 昨日は神戸の神有カントリー倶楽部へ。初めてラウンドするコースだ。PGM系列で、大変カジュアル。プレーフィーもリーズナブル。

1-2019-03-28 08.06.18.jpg

 コースはちょっとトリッキーでティショットの正確性が要求される。距離はあんまりないので、点で狙っていく楽しみがあるコースだ。そういうコースは嫌いじゃない。ただ、この日はサブグリーンだったのでグリーンがむちゃくちゃ小さく、しかも複雑な傾斜はないものの、傾斜が凄まじいところがいくつかあって(5番のパー4とか)、「変態グリーン」と名付けたのであった。

6-2019-03-28 09.48.52.jpg

 いつかメイングリーンのときに再挑戦したい。

 さて、ラウンドの内容なんだけど。「ちょっと湿った冬場の薄い枯れ芝」は私のようなアプローチイップサーにとっては一番過酷な状況であり、アプローチをしようとするだけで心臓発作が起きそうになるので極力アプローチの距離を残さないよう、そしてもし残ったらできるだけウェッジを使用しないことにした。以下、アプローチだけに絞って。


 1番ホールからいきなり試練が。40y、グリーンの左奥から。9番でワンクッションで狙うも大きすぎて反対側のバンカーへ。バンカーから2mによって何とかボギー。

 2番は2打目をトップし、グリーン奥の超左足下がりのラフから。深いラフなので転がせない。仕方なくウェッジで。なんとかグリーンオン。しかし3パットして素ダボ。

 3番パー3はグリーン左サイドから砲台グリーンへユーティリティで。2mに寄せて1パットパー。

 4番はPWでパーオン、5番はバンカーショットなのでアプローチショットは無し。

 6番は2打目が2グリーンの間に飛び、薄芝からバンカー越え+ピンはすぐそこ、という最悪の状況が訪れる。この日最初で最後のウェッジによるアプローチ。もちろん左一本足打法で。奇跡的に成功。でもエッジで止まる。

 7番もパーオンしたのでアプローチなし。

 8番パー3、グリーン右へ外し、高さが1.5m位ある砲台グリーンへ15yのアプローチ。芝が長いのでユーティリティは使えない。50度でワンクッション。いい感じで打てるも寄らず、2パットボギー。

 9番パー5もパーオンしたのでアプローチなし。

 で後半。

 10番はユーティリティのアプローチはちょっとショート、2パットボギー。

 11番、12番はパーオン。

 13番は右奥のカート道横のベアグラウンドからカート道を横切ってグリーンへ、ユーティリティで。4mに付くも2パット、OBもあってトリプルボギー。

 14番はグリーン奥から砲台グリーンに向かってユーティリティ、やっとOKに付いてパー。

 15番は2打目がバンカーへ入る。

 16番もユーティリティ、そこそこ寄るも入らずボギー。

 17番パー3も砲台グリーンへ向かって20y以上のアプローチをユーティリティで。ラフに食われて寄らず、乗っただけ。2パットボギー。

 最終ホールはエッジからパターで2パットパー。というわけで、10回アプローチをしてそのうち6回ユーティリティ、3回ウェッジ、1回9アイアンを使ったことになる。

 で、ユーティリティは全ショットがオンには成功してるけど、思い通り打てたのは4回、1パットのパーが取れたのが2回。

 一方、ウェッジを使った3回中、思い通りに打てたのが2回、まあまあが1回。でも1パットのパーは無し。それどころか3パットを2回してる。ウェッジショットすることに神経を使いすぎてパットの集中力が切れてたのか。

seiseki20190329.jpg

 まああと2ヶ月ぐらいは芝の元気が無いので、ユーティリティのアプローチは積極的にやっていきたい。
posted by hiro at 19:58| Comment(0) | GB月例

2019年01月26日

第58回GB月例@聖丘CC


 ここ一週間、また体調不良でグダグダ。寒気と微熱と体のだるさと食欲不振、節々の痛み。インフルエンザと思ったけど検査では陰性。お医者さんいわく、「先月に罹患したインフルエンザに再感染したけど、抗体が残ってるので陽性は出ない、でも荒田の中ではウイルスと戦ってるのでだるい」のではないかと。

 火曜日ぐらいからだいぶ元気になったけど、まだ体の芯がしゃんとしない感じ。



 さて、木曜日のラウンドについて。

1-2019-01-24 10.37.45.jpg

 スイング改造中にラウンドに行くなとあれほど。

2-2019-01-24 14.05.31.jpg

 いや、月一回の定例コンペだから仕方ないんだけどね。10年前に逆戻りって感じ。

seiseki20190124.jpg

 ご覧のとおり、ボギーペース。ラッキーなチップインバーディ(ユーティリティ)があったから80台出てるけど、普通に90オーバーの内容ですな。

 ドライバーはまだ新しいイメージでまともに打てるのは14回に1回。あとは初心者レベル。アイアンだけちょっとましになってるけど、まだまだ。アプローチだけちょっと良かった。パットもちょっと良かった。

3-2019-01-24 15.21.49.jpg

 まあ寒いし、こんなもんでしょう。
posted by hiro at 19:30| Comment(0) | GB月例