2021年07月16日

大嵐・のち凪


 昨日はGB月例で兵庫県の大宝塚GCへ。超豪華なクラブハウスと36ホールのダイナミックな丘陵コースとして有名。現在はグランPGMのゴルフ場となっている。

 この日、大阪・兵庫を低気圧の塊が襲った。朝5時から警報が出るほど。予報では昼ごろまで局所的に大雨と雷が予測され、不安を抱えながら家を出る。傘をささないと10秒でびしょ濡れになるぐらいの降りだ。

 コースへ向かう間も土砂降りと小降りを繰り返し、1時間15分ほどで到着したコースでもしっかりまとまった雨が降っていた。駐車場でH田さんと合流、「今日は無理かなぁ」と話をしながら集合し、とりあえずスタート時間を遅らせてもらってレストランで少し待つことに。

2021-07-15.jpg

 待つこと小一時間、雨は小降りになり、空も明るくなってきた。結果的には降られたのは朝の数ホールだけで、その後は晴れ間が覗くだけでなく最終的には普通に晴れたので、止めなくてよかったー!




 さて、そのラウンド内容だけど、この人天気と全く同じで、前半ハーフは土砂降り&波乱万丈、後半はうって変わって凪のゴルフであった。

 前半の波乱万丈はこう。芦屋1番・2番はたまたま結果オーライでパー、3番もドライバーがフェースの先ギリギリに当たるミスショットながらコース内に残ってラッキー。全然まともなショットができずに迎えた4番。

 打ち上げ左ドッグレッグの難しいパー5。ティショットはチョロで50yしか飛ばず。2打目もラフから全く同じようなチョロで20yしか飛ばず。何かがおかしい、何が悪いんだろうと考えてやっとわかった。股関節入れてない。いちばん大事な気づきだったのに。

 3打目・4打目はユーティリティがやっと当たり、5打目ウェッジショットはちょっとダフりながらもグリーンオン。しかし「大きなミスをしたホールは3パットする」というhiroの法則発動でトリプルボギー。

 5番はグリーン左手前に池が広がるパー3。この日のピン位置は左サイドつまり池の向こう。距離は170y。狙えないよね。右手前花道に逃げる。アプローチは段を下りる微妙な距離感が必要。ちょっと強めだったけどピンに当たって止まってくれた。ラッキーなパー。これでいい調子が戻ったと思ったんだけど。

 6番、打ち下ろしのブラインド左ドッグレッグパー4。目標のポールは左サイドに立ってたんけど、4Wなら大丈夫だろうとポールの右へ。はい、突き抜けてOB。ラフでロストしたのかもしれないけど。いい球だったんだけどね。アプローチチャックリしてダブルパー。

 50叩くかも、と思って迎えた7番サービスホール。ティショットは左サイドフェアウェイ、2打目打ち上げ砲台グリーンに向かって100y、PWDのコントロールショットを上手く打ててピン奥2mに、エロく転がし入れてバーディ。下りのエロいパットは得意なのだ。

 8番打ち下ろしパー3、この日は140yぐらい。8アイアンコントロールショットでピン左奥4m。またしても下りながら微妙に曲がるエロス薫るパット、優しくフェザータッチで転がし、たまたまラインに乗ってくれて連続バーディ。

 よし3連続、と思ったわけではないけど広い最終ホールパー5、ドライバーは芯を食って右30度にプッシュしてOB。スイングの形に拘るあまり力加減を忘れてた。アホだ。打ち直しは7割ショットでフェアウェイ、4打目レイアップはブラインドで谷底へ打っていく感じ、4アイアンでこすり球もフェアウェイ右サイド、5打目、相当きつい打ち上げ150yも残る。6アイアンで渾身のグリーンセンター狙い。ピンハイ3mに。これはいいショットだった。ダボ。

 というわけで前半は2バーディ1ボギー1ダボ1トリプル1ダブルパー・・・えっとスコアいくつだ?44?3パット1個、2OBでボギーペース以下なら最高でしょう。



 後半、ドライバーは相変わらずグダグダだけど、秘密兵器2Wを駆使し、グリーンを狙うショットもダフったりダフったりダフったりしながらなんとか乗せていき、パターもそこそこ好調(この日は雨模様だったのでオデッセイ7番CSを使用)で迎えた最終ホール。六甲コースで一番難しいパー4。

 二打目地点からグリーンまで左サイドがずっと谷(OB)になるように改造(下の画像の赤線)され、ティショットを谷ギリギリまで打っても160yぐらい残る。ティショットは240yで谷まで届く。

daitaka_rokkou081.jpg

 2Wのティショットは完璧、谷まで15yのフェアウェイ(を横切るカートパス)まで。2打目は奥に切られたピンまで185y、谷がグリーンのどれぐらい近くまで食い込んでるかわからなかったので、とにかく届かせるために4アイアンを選択し、グリーン右サイドを狙う。この日最高のショットが出て、グリーンセンター右サイドに着弾したボールは傾斜でピンの方へ。ピンハイ5mにオン。

 下りのパットは打ち切れず(こういうところがヘタレ)、パーで終了。というわけで。

seiseki20210715.jpg

  レギュラーティ(6129y)からだったのでパーオン率高し。レギュラーティ最高()。
posted by hiro at 17:16| Comment(0) | GB月例

2021年06月26日

GB月例@有馬CC


 毎月恒例のGB月例@有馬CC。

 有馬ナンバーワンキャディとの呼び声が高いH井さんに付いてもらって。中二日だし、いい天気だし、言い訳できないラウンドだったんだけど。

seiseki20210624.jpg

 パーはたった4つ、パーオンも4ホールだけ、その4ホールのうち2回3パット、OBこそなかったもののアイアンが1発も当たらず。よく80台が出たなという内容だった。

 良かったのは5番と7番でバンカーからパーを拾えたところぐらい。この2つは距離長めのバンカーショットがけっこうピンに付いてくれた。ま、完全に偶然なんだけど。

 後半なんて最初から最後までずーっとボギー。ボギーが続いてパーが来ないことを俗に「ボギー列車に乗る」なんて表現するけど、この日の列車はノンストップだったよ。っていうか、ハーフオールボギーって初めてかも。



 しかし・・・・・・・・ヘタだねー(しみじみ)。
posted by hiro at 17:01| Comment(0) | GB月例

2021年03月26日

GB月例@新宝塚CC


 新名神の宝塚スマートインターを下りて5分。丘陵地に広がる段々畑。

2021-03-25_01.jpg

 ではなく、ギネスにも登録されている日本一大きな練習グリーン。

2021-03-25_02.jpg
 
 この、とてつもない大きさの練習施設がメイン・・・じゃなくて特徴の新宝塚CCへ。ちなみに私はここへ来るのは始めて。セルフだけどカートナビが付いてるから大丈夫かな?と思ったんだけど、それは大きな間違いだった。

 インからのスタートだったんだけど、そのインが9ホール中5ホールぐらいで「どこに打ったらいいの?」というレイアウト。ブラインドばっかり。フェアウェイが見えない、見えててもどこに着弾するかわからない、どれぐらいで突き抜けるかわからない。カートナビを見てもあんまりよくわからない。

 特にわからなかったのが18番で、谷越左ドッグレッグのパー4。

sintakaraduka18.jpg

 ティイングエリア(青)から見ると、フェアウェイは全く見えず、「ホール右奥に生えていると思しき」大きな杉の木が見える。なるほどそこを目標に打てばいいんだなと考え、全員がティショット。4人中2人は木の左、2人は木の右から軽いフックで。しかしカートに乗って前へ進んでいくとそれが大きな間違いであることに気づく。

2021-03-25_03.jpg

 これはその18番をグリーン奥から振り返ったところ。そう、右サイドにあると思っていた杉の木は左ギリギリに生えていたのだ。しかも、杉の木の手前はご丁寧に谷がえぐれている。つまり全員OBに向かって打っていたのだ。そりゃないよ。


 グリーンも全然読めず、9.5ftなのに上からのパットが途中で止まるとか、傾斜は明らかにスライスなのにフックするとか。途中で「あ、これ芝目があるな」と思ったんだけど後の祭り。っていうかエアレーション+砂撒いてるので全然わかんない。ここまで読めないと面白くない。っていうか、傾斜を読んでパットしても想像と逆に曲がったり上りがオーバーしたりするんだからもう嫌になる。

 そんなこんなで、OB4つ、3パット2つで48。


 後半アウトコースは広めでグリーンまで見渡せるところがほとんど。ただし4番、お前は許さん。

2021-03-25_04.jpg

 前半の反省を活かし、ボギーペースでいいやと思いながら無理しないように攻める(写真は7番パー4)。

2021-03-25_05.jpg

 と後半はOBなし、3パットなしで42。


 というわけで。
 
seiseki20210325.jpg

 スタート室周囲の従業員のおっちゃんがちょっとだけ態度悪かったし、カートナビの出来がいまいちだし、グリーンがわけわからんので多分リベンジラウンドは・・・しないと思います。
posted by hiro at 20:27| Comment(0) | GB月例

2020年12月25日

第80回GB月例@聖丘CC


 風はなかったものの、厳しい寒さと曇り空とちょっとだけの雨の中、毎月第4木曜日恒例のGB月例。

2020-12-24_01.jpg

 今年最終戦は大阪南部の聖丘カントリークラブ。

2020-12-24_02.jpg

 この日はパットが全然ダメだった。グリーンは8.6ftぐらいだったんだけど、しかもキャディさんが付いてくれたんだけど、ファーストパットが全然寄らなくて(1m以上オーバーばっかり)、3パット5回という体たらく。10ホールでパーオンしてるのにパーセーブは6ホール。

 ショットはそんなに悪くはなかったんだけど、40パットもしてたらアカンよね。寒くなるとパットのフィーリングも悪くなるのかなあ(いやただヘタなだけ)。

seiseki20201224.jpg

 反省点。

 前半東3番の素ダボはティショットユーティリティで210y(打ち下ろし)、2打目8アイアンで両手首複雑骨折レベルのダフリ、3打目40yを50度のウェッジで転がし上げるよう(2段グリーンの上にピンが切ってあった)打ったらグリーンを横断して奥へこぼれ、寄らず入らず。全然スピンが入らないアプローチ、悲しい。もっと思い切って打ち込まないといけないのかなあ。

 4番パー3、この日は125yだったんだけど、9アイアンで気持ちよく打ったらトップしたわけでもフォロー風が吹いてたわけでもないのにキャリーでグリーンオーバー。寒くて飛ばないはずなのにわけわからん。ホンマのTW-S(ボール)って飛ぶのかな?

 5番から7番は3連続パーオンも3連続3パット。5番は奥のピンに対し手前のエッジからだったから仕方ないとしても、6番は5mぐらいから1mオーバー、返しがピンに弾かれる。7番も短いパーパットがピンに弾かれる。短いパットが強すぎるのも考えものだ。

 西4番のOBは3打目のウェッジショットをハーフトップしてグリーンオーバー。未だにウェッジ持ってるのに球を上げようとしてしまう。頭残したほうがきちんと打てるって分かってるはずなのに。初心者のようなミス。トホホ。

 西5番は左右2段グリーンの左ピンに対し右下にオンさせてしまい、1m近い段差があったので仕方ないとはいえ、1打目のミスだね。




 まあでも、久しぶりにパー5で2オンしたり、上がり3ホールをパープレー(1バーディ1ボギー)で上がれたので良しとしよう。
posted by hiro at 12:55| Comment(0) | GB月例

2020年10月24日

第78回GB月例@山の原GC


 山の原ゴルフクラブは以前つるやオープンが開催されていたトーナメントコース。私自身、山の原は9年ぶり。アコーディアなんでビジターでも簡単にエントリーできるし近いんだけど、何故かラウンドする機会がなかった。今回はトーナメントも開催された山の原コース(18ホール)を。

2020-10-22 08.08.07.jpg

 この日、グリーンスピードの表示は8.5ftだったんだけど、芝目がある感じで、順目の下りなんて触っただけで2mオーバーとかざらで、苦労した。ケチらずにキャディさん付けてもらったら良かった。

2020-10-22 08.26.19.jpg

 前半は9ホール中6ホールでパーオン、5ホールパーの40。相変わらずパー5の2つともボギーにしてるのが情けないけど。

 後半インコース、左右にバンカーがありフェアウェイが狭いホールが続く。

2020-10-22 11.47.22.jpg

 そのため実力を遺憾無く発揮し、セカンドOBからのトリプルボギー1つ、素ダボ(3オン3パット)1つ、ティショットプッシュスライスOBからのダボが1つ。

2020-10-22 12.36.33.jpg

 フェアウェイのバンカーはアゴがそれほど高くはないけれど、入ると私の腕ではパーオンの確率はがくんと落ちる。なかなかタフなコースだった。

2020-10-22 13.51.45.jpg

 グリーン右手前の2連の池が印象的な17番パー5。ここもきっちりボギー(ティショットチーピン、木に当たってセーフ→2打目5アイアンダフリ、3打目5アイアンハーフトップしてショート、4打目アプローチはピンの上につけて2パット)でしたわはは。

seiseki20201022.jpg

 パーオン率が上がってきてるのが唯一の救いかなあ。
posted by hiro at 18:34| Comment(0) | GB月例