2017年10月27日

第44回GB月例@大阪GC淡輪


 毎月第4木曜日恒例のGB月例。今回は西の川奈、大阪GCへ。

04-2017-10-26 09.55.40.jpg

 もうむちゃくちゃゴルフ日和。快晴(ほぼ)無風。こんないい天気だったらもうどんな言い訳もできないけれど、

・高麗グリーン、しかもスティンプ8ftと重め
・セルフプレーでイマイチグリーンの目が分からず
・登りの順目とか、下りの逆目とか、どれぐらいの力加減で打ったら良いのかわかんない


 という事実はいちおう書いておこう。


 今回は基本に立ち戻り、「バックスイングで右サイド止める」事に注意しながら。そのせいか下半身特に太ももからお尻にかけて筋肉痛。今までいかに楽してたかってことだね。

 しかしそのおかげか、あるいはニューグリップが良かったのか、ショットはホントに良かった。パットはダメだったけど。



 インスタート。10番ではティショットを左に曲げるも、6アイアン+7アイアンで3オン、2パットパー。

 11番もティショットは低いフック、しかし2打目のウェッジが2mに付き、でも入らずパー。

 12番苦手な右ドッグレッグパー4、ティショット完璧で右バンカーを超える。2打目8アイアンは当たり損ないで手前、3打目打ち上げのアプローチがピンを直撃してタップインパー。

 13番、距離はないが難しいパー4。

01-2017-10-26 09.42.30.jpg

 ティショットは4Wでフェアウェイ、2打目9アイアン、ちょっとダフルもピン手前7mにオン、2パットパー。

 14番は日本で5本の指に入ると思われる素晴らしい景色のパー3。

03-2017-10-26 09.55.23.jpg

 この日は125yやや打ち下ろし、9番で軽く、と思ったらしっかり打ちすぎて風にも乗って左奥へこぼれる。50度のウェッジで1.5mまで寄るも、外してボギー。

 15番パー5、ティショットまずまず、2打目5アイアンまずまず、3打目ウェッジのアプローチまずまずで2パットパー。

 16番は165yアゲンストのパー3。5アイアンでグリーンセンター、2パットパー。

 17番は短めのパー5、ティショットまずまず、2打目ユーティリティは右へ出て、ほぼベアグラウンド+バンカー越えというライへ。今までなら100回打ったら200回バンカーに入るパターンだけど、腹をくくってウェッジショット。なんとかダフらずトップせず打ててグリーンへ。2パットパー。

 18番145yパー3。先日の台風でバンカーのあごが2箇所崩れてしまい、痛々しい。

06-2017-10-26 10.58.51.jpg

 アゲンストと思って7アイアンで打つも、当たりが良すぎたのかアゲンストじゃなかったのか、グリーン左奥へ乗ってこぼれてバンカーへ。自分としては最高のバンカーショットでピン下4mに、登り+逆目で思いと分かってても打ちきれずボギー。

 というわけで前半は出来すぎの2オーバー。やっぱり基本は大事だ。

 後半、1番でいきなり3パットボギー。

 しかし2番で2打目の6アイアンがかいしんのいちげき!ピン上3mに付き、ヘタレでショートさせるもパー。淡輪は10年前から15回目だけど、ここで2オンしてのパーは初めて。

 3番は淡輪を代表するホール。

07-2017-10-26 12.26.48.jpg

 ティショットヒールで210y残る。2打目ユーティリティは右へ出て木に当たり、3打目は乗っただけ。2パットボギー。まあ難しいアウトの出だし3ホールは2オーバーなら想定内。

 4番パー5は5アイアンでグリーンセンターへ、2パットパー。

 5番パー5、残り220yの2打目を4Wで狙うもダフって右へ、アプローチはまた3mぐらいにつくもまた入らず。パー。

 6番186yと距離の長いパー3。4アイアンで普通に打つつもりが、なぜかわからないけど(笑い)ノックダウンショットみたいになってピンにまっすぐ。ピン上5mにオン。やっぱり入らず2パットパー。

 7番、ブラインドのティショットから半島のように突き出たグリーンへ打っていく難しいパー4。写真は2打目地点から。

08-2017-10-26 13.38.46.jpg

 ティショットはややヒールで左ラフ、2打目は180yの打ち下ろしややアゲンスト。5アイアンで花道を狙うも、ややフックして左ラフ。アプローチは「切り返しをゆっくり」という黄金のイップス抑えメソッドを忘れてトップ。2パットボギー。

 8番は短めのパー4。ティショット4Wで残り90y地点へ、2打目は左足下がりのライから左手前のピンに対し無謀にもピンを狙ってしまい、あわや手前の深いバンカー‥‥と思ったらなんとか超えてエッジへ。グリーン外からパターで寄せてパー。

 9番。462yパー5。豪快な打ち下ろしから峠の山道のような細いフェアウェイが打ち上げのグリーンへ続く、上田治を煮詰めて煎じたようなホール。

11-2017-10-26 14.05.40.jpg

 ティショットはトゥ寄りながら落ちた地点が良かったのか残り180y。2打目、この日初めての7Wで狙うも左へ。左へ落ちるとダボ以上が確定するところ、何とかラフに留まる。3打目残り60y、ここは乗せたい。でもピンは手前、奥からむちゃくちゃ速いグリーン・・・緩んでショートして乗らず。

 だからピン狙ったらあかんて言ってるやろ!!!アホなの?

 アプローチは7番の再来、またトップ。ミスしたくない時はゆっくり打て。以上。2パットボギー。ヘタだわやっぱり。

 でも、前半の貯金が効いて。

seiseki201710261.jpg


 淡輪の初70台にしてベストスコアキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 というわけで、これからしばらくは「バックスイングで右サイド止める」「ショートサム気味のニューグリップ」「切り返しをゆっくりという黄金のイップス抑えメソッド」の3つだけ(増やしも減らしもせず)を座右の銘に練習していきたい。
posted by hiro at 18:51| Comment(0) | GB月例

2017年09月29日

奈良カントリー・レギュラーティ


 雨の中、仲間内の競技(GB月例)で奈良カントリーへ。

2017-09-28 08.31.00.jpg

 小雨のち雨のち小雨のち雨・・・という感じで、結局最後の数ホール以外ずっと雨。くわえて、レギュラー(青)ティから回ったので総ヤーデージは6846y(パー73だけど)。

2017-09-28 14.25.23.jpg


 ランが出ない、上田治なので2打目はほとんど打ち上げ。するとどうなるか。ティショットがそこそこの当たりでも2打目は200y前後打たないといけなくなるんですねー。そんなもん、パーオンするかよっていう話で。

 例えば上の写真、最終ホール(408yパー4)なんだけどこの日一番の当たりだったのに2打目は155y打ち上げで持ったのが5アイアン。おまけにピンは(雨なので)奥ばっかり、しかもマウンドの上ばっかり。そんなもん乗るか!アプローチも寄るか!パットも入るか!ということで3オン2パットボギーばっかり。

 おまけにラフはけっこう伸びてて雨で重たいし。そんなこんなで、出だしのパー5でいきなりOB打つわ、名物の谷を迂回していく右ドッグレッグの16番ではダブルパー。

in7_course.jpg

 16番(奈良CCのウェブより)。ティショットで勇気を持って谷に近い右サイドに打てたら2オンも可能なんだろうけどね。左へ逃げたら絶対刻みだよね。左サイドから2打目を強引に狙ってあぼーんしたのは私です。

seiseki20170928.jpg

 もうすこしがんばりましょう、以外の言葉が思い浮かばない。3パットも2個あるし(両方パー5だし)。
posted by hiro at 19:08| Comment(0) | GB月例

2017年08月28日

第42回GB月例@ベニーCC


 ご無沙汰しておりました。今日から復活です。


 先週木曜日は恒例のBG月例。ゴルフ仲間による研鑽&親睦ラウンド@ベニーカントリークラブ。なんだけどここのところ、夏休みで自堕落な生活が続き、暑さで練習にもほとんど行かず。で、こうなるのはもうまったく自明の理である。

seiseki201708241.jpg

 今年ワーストスコア。

 今年ワーストタイのパット数。

 OBが5個(2連続含む)。

 4パットを含む、3パット(以上)が4つ。

 アプローチチャックリ1個。

 アイアンのシャ◯クが1個。


 まあ、よく100叩かなかったなあという内容。でも、14番(OB)、16番(OB2発+3パット)、17番(OB)、9番(OB+3パット)はまあ理由がはっきりしてるから仕方ない(←いやダメだろ)として、

 18番の素ダボが個人的には一番ひどかった。ティショットはそこまで3連続OB(ぜんぶ左)を出してた4Wで、何とかフェアウェイへ。2打目の8アイアン、何の変哲もないショートアイアンでハーフシャ◯ク。3打目、ラフから40yのアプローチは昔の悪い打ち方が出て乗らず、4打目も寄らず、パットも入らず。

 一緒にラウンドした師匠いわく、

・(ティグラウンドからの)景色にやられてる(振れてない)

・体が止まって手打ち

・まだ球を上げようとしてる


とのこと。


 ちっとも成長していない事がわかった、貴重なラウンドであった(精一杯の強がり)。
posted by hiro at 18:20| Comment(0) | GB月例