2019年05月24日

GB月例@交野CC


 毎月第四木曜恒例のGB月例。今回は大阪の名コース、交野CCにて。競技の世界にいる人なら誰もが知る、トップアマの井関さんが在籍しているコースである。

 ただ、3日前の月曜日、仕事中に腰を痛めてしまい、6割ぐらいの力でしか振れない状態であったことを最初にお伝えしておく。まあ腰を痛めてても痛めてなくても同じような成績しか出ないんだけどね。

 そのスカタンな結果から。

seiseki20190523.jpg

 3番は1打目6アイアンがへっぽこトゥショットで手前バンカー、2打目出ず、3打目ホームラン、グリーン奥からなんとか寄せてなんとか入れてのダボ。

 8番は池のある名物ホール。ティショットは右プッシュスライスで池のまだ右、林の中。2打目は出すだけ、3打目170yをユーティリティで軽めに手前から転がしあげて、と思ったら強すぎてグリーン手前から転がってグリーンオーバ。奥からユーティリティでなんとか2mに付けるも入らずダボ。

 9番はティショット左ラフ、2打目7番と8番で迷って8番を持ったのが失敗。当たりが悪くて手前のバンカー。しかもあごの直下に半分めり込んだ状態。89度の角度で200y飛ばす勢いで打たないと出ないやつ。叩き出してバンカー中央へ、4オン2パットダボ。

 というわけで前半はOBなし、3パットなし、パーオン4つもしてるのにほぼボギーペース。なぜだ(花道やグリーンセンターを狙わないからです)。


 後半は12番はドライバーショットがまた右に飛んでフェアウェイバンカーへ。バンカーからまた7番と8番で迷って8番を持って、わずかにキャリーが足りず手前のバンカーへ。学習能力無いんか(ないです)。砂の薄いバンカーからホームランし、一番奥から3パットで素ダボ。なぜグリーンセンターを狙わない?バカなの?(バカです)

 14番パー5がいちばんひどかった。ティショットはまた右プッシュでOBギリギリからのバンカーイン。前は木がせり出していて真横に出すか、低い球を打つかの二択。低い球で。さいわい樹の下は抜けたけど反対側のラフへ。3打目つま先下がりのベアグラウンドから花道を狙って6アイアン、見事なトップボールで60yしか転がらず。ナイスレイアップ(涙)。

 4打目、ラフから90yのウェッジショットはうまく打てたけどランが出てグリーンには乗ったけどピン奥10m。そこからまた3パット(ファーストパット3mオーバー)して素ダボ。7つのストロークのうち4つもミスしてたらダボになるわなそりゃ。

 17番は4アイアンのティショットを打ち急いでチョロ。2打目もチョロ、3打目ユーティリティで乾坤一擲、3オン。いや2連続チョロするようなやつが威張れませんぜ。

 最終ホールは10m以上のパットが偶然入ってパー。純粋にラッキーでも気持ちいい。



 というわけで、相変わらずミスばっかりしております。
posted by hiro at 20:19| Comment(0) | GB月例

2019年03月29日

第60回GB月例@神有カントリー倶楽部


 アプローチが打てないゴルファー、hiroです。

 昨日は神戸の神有カントリー倶楽部へ。初めてラウンドするコースだ。PGM系列で、大変カジュアル。プレーフィーもリーズナブル。

1-2019-03-28 08.06.18.jpg

 コースはちょっとトリッキーでティショットの正確性が要求される。距離はあんまりないので、点で狙っていく楽しみがあるコースだ。そういうコースは嫌いじゃない。ただ、この日はサブグリーンだったのでグリーンがむちゃくちゃ小さく、しかも複雑な傾斜はないものの、傾斜が凄まじいところがいくつかあって(5番のパー4とか)、「変態グリーン」と名付けたのであった。

6-2019-03-28 09.48.52.jpg

 いつかメイングリーンのときに再挑戦したい。

 さて、ラウンドの内容なんだけど。「ちょっと湿った冬場の薄い枯れ芝」は私のようなアプローチイップサーにとっては一番過酷な状況であり、アプローチをしようとするだけで心臓発作が起きそうになるので極力アプローチの距離を残さないよう、そしてもし残ったらできるだけウェッジを使用しないことにした。以下、アプローチだけに絞って。


 1番ホールからいきなり試練が。40y、グリーンの左奥から。9番でワンクッションで狙うも大きすぎて反対側のバンカーへ。バンカーから2mによって何とかボギー。

 2番は2打目をトップし、グリーン奥の超左足下がりのラフから。深いラフなので転がせない。仕方なくウェッジで。なんとかグリーンオン。しかし3パットして素ダボ。

 3番パー3はグリーン左サイドから砲台グリーンへユーティリティで。2mに寄せて1パットパー。

 4番はPWでパーオン、5番はバンカーショットなのでアプローチショットは無し。

 6番は2打目が2グリーンの間に飛び、薄芝からバンカー越え+ピンはすぐそこ、という最悪の状況が訪れる。この日最初で最後のウェッジによるアプローチ。もちろん左一本足打法で。奇跡的に成功。でもエッジで止まる。

 7番もパーオンしたのでアプローチなし。

 8番パー3、グリーン右へ外し、高さが1.5m位ある砲台グリーンへ15yのアプローチ。芝が長いのでユーティリティは使えない。50度でワンクッション。いい感じで打てるも寄らず、2パットボギー。

 9番パー5もパーオンしたのでアプローチなし。

 で後半。

 10番はユーティリティのアプローチはちょっとショート、2パットボギー。

 11番、12番はパーオン。

 13番は右奥のカート道横のベアグラウンドからカート道を横切ってグリーンへ、ユーティリティで。4mに付くも2パット、OBもあってトリプルボギー。

 14番はグリーン奥から砲台グリーンに向かってユーティリティ、やっとOKに付いてパー。

 15番は2打目がバンカーへ入る。

 16番もユーティリティ、そこそこ寄るも入らずボギー。

 17番パー3も砲台グリーンへ向かって20y以上のアプローチをユーティリティで。ラフに食われて寄らず、乗っただけ。2パットボギー。

 最終ホールはエッジからパターで2パットパー。というわけで、10回アプローチをしてそのうち6回ユーティリティ、3回ウェッジ、1回9アイアンを使ったことになる。

 で、ユーティリティは全ショットがオンには成功してるけど、思い通り打てたのは4回、1パットのパーが取れたのが2回。

 一方、ウェッジを使った3回中、思い通りに打てたのが2回、まあまあが1回。でも1パットのパーは無し。それどころか3パットを2回してる。ウェッジショットすることに神経を使いすぎてパットの集中力が切れてたのか。

seiseki20190329.jpg

 まああと2ヶ月ぐらいは芝の元気が無いので、ユーティリティのアプローチは積極的にやっていきたい。
posted by hiro at 19:58| Comment(0) | GB月例

2019年01月26日

第58回GB月例@聖丘CC


 ここ一週間、また体調不良でグダグダ。寒気と微熱と体のだるさと食欲不振、節々の痛み。インフルエンザと思ったけど検査では陰性。お医者さんいわく、「先月に罹患したインフルエンザに再感染したけど、抗体が残ってるので陽性は出ない、でも荒田の中ではウイルスと戦ってるのでだるい」のではないかと。

 火曜日ぐらいからだいぶ元気になったけど、まだ体の芯がしゃんとしない感じ。



 さて、木曜日のラウンドについて。

1-2019-01-24 10.37.45.jpg

 スイング改造中にラウンドに行くなとあれほど。

2-2019-01-24 14.05.31.jpg

 いや、月一回の定例コンペだから仕方ないんだけどね。10年前に逆戻りって感じ。

seiseki20190124.jpg

 ご覧のとおり、ボギーペース。ラッキーなチップインバーディ(ユーティリティ)があったから80台出てるけど、普通に90オーバーの内容ですな。

 ドライバーはまだ新しいイメージでまともに打てるのは14回に1回。あとは初心者レベル。アイアンだけちょっとましになってるけど、まだまだ。アプローチだけちょっと良かった。パットもちょっと良かった。

3-2019-01-24 15.21.49.jpg

 まあ寒いし、こんなもんでしょう。
posted by hiro at 19:30| Comment(0) | GB月例

2018年12月28日

第57回GB月例@きさいちCC


 帯状疱疹は少しづつましになってきて、日常生活はほぼ問題なく過ごせるように。ただ、神経痛はなかなか良くならず、一番ひどいふくらはぎは肉離れを起こしているかのように痛む。少し跛行しないと歩けない感じ。腰も痛いし。

 そんな中、仲間内のコンペの最終戦がホームコースで。まあなんとか足を引きずりながらラウンドできました。とりあえず結果。

seiseki20181227.jpg

 まあ状態が悪い中では頑張ったほうかなと。努力賞的な「がんばりました」。


 この日は木曜日には珍しく短いサブグリーン。サブグリーンだと相当難易度が下がる。ざっくりだけど、松コースだと1番で0.3打、2番で0.5打、3番で0.6打、4番で0.3打、5番で0.4打、6番で0.5打、7番で0.2打、8番で0.2打、9番で0.1打、合計3打ぐらい。竹では1番で0.3打、2番で0.1打、3番で04打、4番で0.3打、5番で0.1打、6番で0.3打、7番は変わらず、8番で0.1打、9番で0.2打、合計2打ぐらいの差。つまり松竹の18ホールでAグリーンとBグリーンだと約5打ぐらいの差がつくと思われる。

 だから、今回82でラウンドできてるけどもしAグリーンだったら87ぐらいの内容だったってことだね。あ、これはあくまで私の腕+私の個人的な感想ね。



 で、内容だけど、芝の上から打つショットが壊滅。ティショットとショートゲームでなんとか誤魔化せたからスコアになったけど、2打目はHDCP36のゴルフだった。とにかくチョロばっかり。え、今までと同じだろって?そうだけど・・・

 特に長いのがダメで、フェアウェイから4Wを4回持って3回チョロ。ユーティリティもチョロ率50%。アイアンでも2回チョロした。神経痛(左ふくらはぎ)が原因だと思いたいけど、そうじゃなかったら・・・・

 1パットが5つ、ラッキーなチップイン(パーだけど)があっての30パットはまずまず。あとはやっぱりアイアンだね。


 試合はHDCP6のM岡くんが79でラウンドして優勝。さすがです。最後まで追いすがったけど、最終ホールでバーディ取られて格の違いを見せつけられました。
posted by hiro at 19:39| Comment(0) | GB月例

2018年10月26日

第55回GB月例@大阪GC


 大阪ゴルフ倶楽部淡輪。何回行っても打ちのめされる、良いコースです。

02-2018-10-25 08.11.03.jpg

 今回はメンバーで今年大きなタイトルを獲ったM岡くんのはからいでフルバックから回らせてもらうことができた。8つあるパー4のうち3つが400y台。

03-2018-10-25 08.30.57.jpg

 レギュラーからと全然景色が違う。感激。

05-2018-10-25 08.45.37.jpg

12-2018-10-25 12.24.38.jpg

 そのぶん、難しかった・・

16-2018-10-25 12.56.06.jpg

 というわけで。

seiseki20181026.jpg

 今回も自分の下手さを再認識するだけのラウンドだった。1パットが8個、そのうち5個が寄せワン(パー)っていうのだけかな、良かったのは。

 パーオン2個じゃあねえ・・・・
posted by hiro at 19:23| Comment(0) | GB月例