2020年08月15日

8月1回目のレッスン


 昨日。ラウンド直後だけど、あちこち痛む体に鞭打ちレッスンへ。私が習ってるS水プロ、木曜日と金曜日しかレッスンされてないんだよね。

 いつも通りステップ打ちから。リズム(上半身と下半身のシンクロ)が崩れた時、上体が起きる(前傾姿勢を保てない)時にミスが出ることを再確認。なかなか治りませんなー。ちょっとづつちゃんと打てる確率は上がってきてるんだけど、まだ10回に3回はへっぽこすぎるミスが出る。これだとコースでは(普通ミスの確率は増幅されるので)6割ミスになるよね。

 上手い人は練習では9割ぐらい同じスイングと同じ球が打てるイメージ。これだとミスは1割、コースでは2割。これぐらいにならないと「上手い」とはいえないよね。

 いつまで体がいうことを聞いてくれるかわかんないけど、あと7〜8年は上達できると信じて頑張ろう。



 で、今日のメインはウェッジのコントロールショット。56度のハーフショットで50y、50度のクォーターショットで90y。

0y〜20y ピンアイ2(SW) ◯
20y〜40y ピンアイ2か50度のウェッジ △
40y〜60y 56度ハーフショット ×
60y〜70y 56度クォーターショット ×
70y〜85y 56度フルショット ◯
85y〜100y 50度クォーターショット ×
100y〜115y 50度フルショット ◯

 右の記号は◯・・・なんとか打てる、△・・・ヘタだけど打ち方は確立できてる ×・・・トホホ

 こうやって表にしてみるとわかりやすいね。とにかくコントロールショットが壊滅的にヘタだ。だから50y前後と90y前後が多少打てるようになれば、あと数打はスコアを縮めることができるだろう。残るは56度のクォーターショットだけど、これは50度のクォーターを練習すると打てるようになるかなと希望的観測。



 56度のハーフショットはほぼリズムだけで打つ感じ。トップ位置とフィニッシュをきっちり決め、緩まず、かといって過度に加速させず打つ感じ。インパクトは大事だけどフィニッシュを決めるほうが大事かも。

 50度のクォーターショット、つまり90y前後はよくある状況なんだよね。100y〜110yだったら50度のフルショットでほぼ大丈夫なんだけど、90yの場合、56度のウェッジ(80〜85y)だったら届かないし、かと言って50度では10y以上オーバーする可能性がある。

 その打ち方は、クラブを短く持ってフルショットと同じ要領で打つ。スタンス幅は広く(普通)ても狭くてもOKとのこと。そういう感じで打っていると、プロから「インパクトをバシッと決めたほうが良いかもねえ」とアドバイス。
 
 つまり短く持ってコントロールすると、どうしても緩みがちになるんだろう。力を抜いて距離をコントロールするのではなく、小さな振り幅でしっかり力を入れて打つほうが大事だと。

 というわけで、不器用な私としてはクォーターの距離は「短く持って打っておしまい(インパクトで止めるドリルと同じ)」という、パンチショット気味に打つことにした。

 また絵に描いた餅で終わるのか、それともイスラエルとUAEの国交正常化が中東和平に画期的な一歩となる可能性を秘めているのと同様、この発見が私のショートゲームに画期的な改革となるのか、乞うご期待。


 ・・・なんか頭の良さそうなことを言おうとして余計に訳わからなくなってる。
posted by hiro at 11:57| Comment(0) | レッスン

2020年07月25日

7月2回め・直前レッスン


 競技直前だけど、競技が終わってからレッスンへいくのもちょっと違うなあと思ったので行ってきた。

 パッティングを見てもらう。以下、教えていただいた事を一問一答式で。

私「短いのを外すんです」

プロ「どんな人でも短いの外すことがある(から、あまり気にしないほうがいいと思うよ)」

私「引っ掛けることが多いです」

プロ「(#7のセンターシャフト)は引っ掛けないようになってるんだけどね」

私「短いパットも長いパットも、同じテンポで打つんですよね。だったら、ヘッドは短いパットほどゆっくり、長いパットほど速く動くということで合ってますか」

プロ「合ってます。振り子をイメージしてください。振り子の紐(クラブ)の長さが同じなら、大きく振れてるときも小さく振れてるときも同じテンポでしょ?だから、パットはどんな距離でも(同じスピードではなく)同じ時間で打つんです」

私「ホームコースのグリーンが日曜日も8.5ぐらいしか出ないと思うんですが、#7とL字(ロッサ・マラネロ)のどちらがいいと思いますか?」

プロ「#7の重たいヘッドは速いグリーン用だから、どちらかと言えばL字のほうがいいかもしれないね」


 逆だと思ってた・・・・というわけで、L字で望むことに。短いのハズしても落ち込まない。




 次にショット。やっぱり縦振りのテイストが入ってて、前傾姿勢が崩れたりグリップが体から離れたり浮いたりするのはそのせいじゃないかと。だからスイングが安定しないしトゥヒットするのではないかと。ハーフウェイバックで体に沿ってではなく、飛球線方向にグリップが上がっていってるのはダメ。つまり

 もっと横振りして、フェースを開いて閉じる、球を捕まえる動きを入れましょうと

 そして、肝心な時にダフるのは、大事に打とうとして体重が左に乗っていかないから。なぜフォローで左に乗らないかと言うと、

 バックスイングで右へ乗っていないから。(また同じこと指摘されてる・・・)

 バックスイングでしっかり右へ乗ると、確かにダフらない。けっこうきれいに入る。この日はフルショットで105y〜110y飛ぶ、50度のウェッジで90y飛ばすコントロールショットばっかり練習したんだけど体重移動意識するだけで縦の距離が合いだした。つまりコースでは

 安全・確実に打とうとスイングが縮こまる→体重移動しない→ダフる→トホホ

ってことなんだろうね。

 というわけで、ショットは体重移動と横振りで(手を振って)捕まえにいく。あとやっぱりリズム。それとインパクトの意識。

 ・・・ああ、先は長い。
posted by hiro at 10:33| Comment(0) | レッスン

2020年07月10日

7月1回目のレッスン


 梅雨真っ只中。九州や中部では集中豪雨によりエライことになってしまっている。その地方で被災された方、心よりお見舞い申し上げます。

 でも、TVのインタビューに「50年生きてきてこんな(増水)のは初めて。ここが浸水するなんて夢にも思わなかった」って答えるジッチャンやバッチャンやオッサンやオバサンに私は言いたい。たかだか人間が一世代生きる時間で、自然の営みを語るのはあまりにも浅はかではないかいと。相手は週百万年、数千万年の単位で生き、変動してきた「地球」やぞと。

 だから、少しでも抵抗できるように人間は叡智を尽くして「伝承」や「記録」を残し、「研究」を重ねてきたんとちゃうんかと。そして親切なことに「天気予報・警報」を「役所やTVやネット」で逐一チェックできるようにしてるんとちゃうんかと。

 警報を出されなかったから避難しなかった?TVでもっと言ってくれてたら避難した?おいおいおい、おまえは役所や国が「ウ◯チを食え」と言ったら食うのか?自分自身が「自分の命の大事さ」を決めるんじゃないのか?自分や家族を守るのは自分の「危機感という名の本能」ではないのか?

 逃げようと思っても逃げられなかった人、逃げる手段がなかった人などもいるだろう。でも、「怖い!危ない!逃げろ!」という本能の声が、現代人は聞こえなくなっているんじゃないかと思う。

 頭まで水に使ったら数分で人は活動を停止する。水の流れに逆らうことはできない。氾濫する川、土砂崩れの前に人間は全く無力。未知の伝染病は恐ろしい。そんな当たり前のことがわからなくなってきているんじゃないの?と最近のニュースを見て思う。




 さて話はころっと変わる。昨日、天気予報では一日中まとまった雨ということで、断腸の思いでラウンドを諦め、いつもより2時間ほど朝寝坊。ところが起きて外を見ると、全然降ってないやないかい!!その後も時折パラパラと来るだけで、うっすら日差しがさす時間も。

 気象庁、ウェザーニュース、ヤフー天気予報、蓬莱さん、俺のラウンド1回を返せ〜〜〜!!

 まじムカついたわホンマ。というわけで、午後からゴル◯ィア香◯園へ行きS水プロのレッスンを受けることにした。内容は、とにかくショートゲーム再考、ということで。



 パッティング。バックストロークを小さくすると変に手で打ったりフォローが大きくなったりして方向性が悪くなる、という私の悩みに対し

・パッティングもリズムが大事。ストロークがどうということはあまり意識せず、とにかくリズムよく「イチ」でバックストローク、「ニ」でフィニッシュ

・フィニッシュの位置をだいたい決め、そこにヘッドをきちっと止めるのが大事

バックストロークでヘッドを追わない(ボールを見ておく)、フォローで球を追わない(ボールがあった位置を見とく)


 やっぱり基本はリズムだ。


 そしてアプローチ。

インパクトの一瞬へ向かって加速するイメージ(シャフトのしなり戻り)

・ミスする時はヘッドを真っすぐ引きすぎ(シャットすぎ)る傾向があり、グリップが体から離れてる。もう少しフェースを開きながらあげていき、フェースの開閉を意識しながらスイング

・あと、コックが浅いときもミスが出る。ハーフウェイバックでほぼフルコックしてるようなイメージを持ちましょう。



・そしてやっぱりとにかく絶対いちばん大事なのはスイングリズム。リズムが崩れるから体が突っ込んでトップしたり右へ体重が残ってダフったりするのだ。もう、リズムしか考えんでよろしい



 これで苦手な40〜60yを克服したい。っていうか、

残り50yから4打掛かるのはもうえーかげんに卒業したい(涙)。
posted by hiro at 19:12| Comment(0) | レッスン

2020年06月27日

体重移動の真実(6月2回めのレッスン)



 金曜日。今月2回めのレッスンへ。

 まず、木曜日のラウンドでHDCP2のK見師匠に「hiroさん、パットのインパクトが全部減速してますよ」と言われ(がーん!)たので、それをS水プロに見てもらった。

 「減速するということは、バックストロークが大きいんでしょうね。バックストロークもフォローも思い切って小さくしてみましょう」と言われてみればなるほどという指摘を受け、思い切ってバックストロークを半分ぐらい(当社比)にしてみた。すると「あこれ絶対届かないや」と感じるのだろう、減速しようがないストロークが完成。

 さらに、「引っ掛けたり押したりするときはボールから目線が離れてます。バックストロークでヘッドを追わない、フォローでボールを追わない、ずっとボール(位置)を見続ける、これを厳守してください」と以前言われたことをまたしても指摘される。

 こんなに簡単なことがなぜできない?やる気だけの問題なのにね。あるいは欲(きちんとストロークできてるか確認したい、カップインするところを見たい)を削ぎ落とすだけなのに。

 「パッティングでは目線はすごく大事です。それは覚えておいてください」はい、覚えておきます。小さなことからコツコツと。

 あと、パッティングでもストロークのリズムがズレるとボールにまっすぐコンタクトしない。ゴルフはリズムだ。パットもリズムだ。



 次にショット。この日教えてもらったこと。

1,私の右肩が下がる悪癖は、フォロー〜フィニッシュで体重が左へ乗っていかないことで起こる

2,なぜ左へ乗っていかないかというと、バックスイングで右へきっちり乗っていないから

3,よって、バックスイングで右に100%乗り、インパクト以降で左に100%乗るスイングを目指す

4,しかし、体重移動しようとするとスエーする。特にダウン〜インパクトで腰が左へ流れる

5,それを防ぐため、腰はスライドさせるのではなく回転させる意識を持つ

6,さらに、前傾をキープするためにはアドレスで股関節から前傾する(かかとではなく拇指球に体重を乗せる)



 なんか、基本が全然できてないね。1年経っても全然治ってないし。自分のセンスの無さに今さらながら愕然とする編者であった。
posted by hiro at 18:03| Comment(0) | レッスン

2020年06月12日

ラウンド中止からの、2ヶ月ぶりのレッスン


 昨日は大学の先輩、O谷さんにお誘いいただいて久しぶりに交野CCの予定だったんだけど。

2020-06-11 08.26.21.jpg

 泣く子と4mmの雨には勝てぬ、というわけで中止。1時間ほどお茶を飲みながら談笑し、ラウンド予定だったK見師匠(HDCP2)と一緒にH田ゴルフセンターへ。

私「師匠、よくスイングが緩むっていうけど、あれはどういう意味?グリップが緩むとか?」

師匠「スイングのスピードの事とちゃいますかねえ」

私「やっぱりスイングのリズムとかテンポって大事なんやね」


私「40yぐらいで球を止める打ち方をしたいんだけど、どうやってするの?」

師匠「柔らかいアプローチなら、ちょっとオープン、ちょっと左足寄りに球を置いてバウンスを滑らすイメージで等速に打つとハーフロブみたいな球が出ますよ」

私「(難しすぎる・・・・)」



 などと色々教えてもらっていると、同じく今日ラウンド予定だったK嶋さんも合流。近くのイオン(フードコート)へ昼食を食べに行く。家へ帰ったら12時。ちょっと休憩して、コロナ騒ぎで4月・5月の間ずっと休業してたゴル◯ィア香◯園校へ。2ヶ月ぶりのレッスンである。

私「コースでトゥヒットが止まりません」

S水プロ「やっぱり体が開いてる(上半身の我慢が足りない)んでしょうね」

私「ダウンからインパクトにかけて左の膝(が伸びないよう)我慢するとマシなんですが」

S水プロ「それも大事です」





 で、この日は、いつもの3球連続(ステップ)打ち で右から左へ100%の体重移動、上半身と下半身の捻転差をもう一度おさらい。今の私にはこれが一番いいドリルのようだ。

 やっぱり、結局同じところに戻ってくるんだよね。アイアンは特にだけど、

バックスイングでは体重を右へしっかり乗せ、フィニッシュでは100%左へ乗せる

 そして、

スイングはリズム(上半身と下半身の動きのシンクロ)が一番大事

 1年以上経っても同じことを指摘され続ける私。進歩ねえなあ。



 あと、アプローチの不安解消のため、思い切りインに引いてフィニッシュは体ごとインに持っていく、超横振りアプローチドリルというのをやってみた。

 タイミングが合うといい球が出る。フォローでクラブヘッドを持ち上げない(私の悪癖)ようにするためのドリルだ。フィニッシュは左腰の横で、低く。そのときに

左の肘が絶対に曲がらないよう。

 5球に1球うまく打てるレベル。先はまだまだだなあ。



 しかし、午前の練習と午後のレッスンで300球打つとさすがに疲れるわ・・・腹筋が痛い。
posted by hiro at 20:03| Comment(0) | レッスン