2020年06月27日

体重移動の真実(6月2回めのレッスン)



 金曜日。今月2回めのレッスンへ。

 まず、木曜日のラウンドでHDCP2のK見師匠に「hiroさん、パットのインパクトが全部減速してますよ」と言われ(がーん!)たので、それをS水プロに見てもらった。

 「減速するということは、バックストロークが大きいんでしょうね。バックストロークもフォローも思い切って小さくしてみましょう」と言われてみればなるほどという指摘を受け、思い切ってバックストロークを半分ぐらい(当社比)にしてみた。すると「あこれ絶対届かないや」と感じるのだろう、減速しようがないストロークが完成。

 さらに、「引っ掛けたり押したりするときはボールから目線が離れてます。バックストロークでヘッドを追わない、フォローでボールを追わない、ずっとボール(位置)を見続ける、これを厳守してください」と以前言われたことをまたしても指摘される。

 こんなに簡単なことがなぜできない?やる気だけの問題なのにね。あるいは欲(きちんとストロークできてるか確認したい、カップインするところを見たい)を削ぎ落とすだけなのに。

 「パッティングでは目線はすごく大事です。それは覚えておいてください」はい、覚えておきます。小さなことからコツコツと。

 あと、パッティングでもストロークのリズムがズレるとボールにまっすぐコンタクトしない。ゴルフはリズムだ。パットもリズムだ。



 次にショット。この日教えてもらったこと。

1,私の右肩が下がる悪癖は、フォロー〜フィニッシュで体重が左へ乗っていかないことで起こる

2,なぜ左へ乗っていかないかというと、バックスイングで右へきっちり乗っていないから

3,よって、バックスイングで右に100%乗り、インパクト以降で左に100%乗るスイングを目指す

4,しかし、体重移動しようとするとスエーする。特にダウン〜インパクトで腰が左へ流れる

5,それを防ぐため、腰はスライドさせるのではなく回転させる意識を持つ

6,さらに、前傾をキープするためにはアドレスで股関節から前傾する(かかとではなく拇指球に体重を乗せる)



 なんか、基本が全然できてないね。1年経っても全然治ってないし。自分のセンスの無さに今さらながら愕然とする編者であった。
posted by hiro at 18:03| Comment(0) | レッスン

2020年06月12日

ラウンド中止からの、2ヶ月ぶりのレッスン


 昨日は大学の先輩、O谷さんにお誘いいただいて久しぶりに交野CCの予定だったんだけど。

2020-06-11 08.26.21.jpg

 泣く子と4mmの雨には勝てぬ、というわけで中止。1時間ほどお茶を飲みながら談笑し、ラウンド予定だったK見師匠(HDCP2)と一緒にH田ゴルフセンターへ。

私「師匠、よくスイングが緩むっていうけど、あれはどういう意味?グリップが緩むとか?」

師匠「スイングのスピードの事とちゃいますかねえ」

私「やっぱりスイングのリズムとかテンポって大事なんやね」


私「40yぐらいで球を止める打ち方をしたいんだけど、どうやってするの?」

師匠「柔らかいアプローチなら、ちょっとオープン、ちょっと左足寄りに球を置いてバウンスを滑らすイメージで等速に打つとハーフロブみたいな球が出ますよ」

私「(難しすぎる・・・・)」



 などと色々教えてもらっていると、同じく今日ラウンド予定だったK嶋さんも合流。近くのイオン(フードコート)へ昼食を食べに行く。家へ帰ったら12時。ちょっと休憩して、コロナ騒ぎで4月・5月の間ずっと休業してたゴル◯ィア香◯園校へ。2ヶ月ぶりのレッスンである。

私「コースでトゥヒットが止まりません」

S水プロ「やっぱり体が開いてる(上半身の我慢が足りない)んでしょうね」

私「ダウンからインパクトにかけて左の膝(が伸びないよう)我慢するとマシなんですが」

S水プロ「それも大事です」





 で、この日は、いつもの3球連続(ステップ)打ち で右から左へ100%の体重移動、上半身と下半身の捻転差をもう一度おさらい。今の私にはこれが一番いいドリルのようだ。

 やっぱり、結局同じところに戻ってくるんだよね。アイアンは特にだけど、

バックスイングでは体重を右へしっかり乗せ、フィニッシュでは100%左へ乗せる

 そして、

スイングはリズム(上半身と下半身の動きのシンクロ)が一番大事

 1年以上経っても同じことを指摘され続ける私。進歩ねえなあ。



 あと、アプローチの不安解消のため、思い切りインに引いてフィニッシュは体ごとインに持っていく、超横振りアプローチドリルというのをやってみた。

 タイミングが合うといい球が出る。フォローでクラブヘッドを持ち上げない(私の悪癖)ようにするためのドリルだ。フィニッシュは左腰の横で、低く。そのときに

左の肘が絶対に曲がらないよう。

 5球に1球うまく打てるレベル。先はまだまだだなあ。



 しかし、午前の練習と午後のレッスンで300球打つとさすがに疲れるわ・・・腹筋が痛い。
posted by hiro at 20:03| Comment(0) | レッスン

2020年03月28日

2月2回めのレッスン

 水曜日に練習へ行き、木曜日はラウンド。そして金曜日の昨日はレッスンに。オラの体、もってくれ(ドラゴンボール風に)。



 この日もステップ打法のおさらい。コースでやっぱりダフる、ということを伝えると、

「やっぱり右肩が下がってるんでしょうね」

 と一刀両断。ここまで治ってないと、いっそ清々しい気持ちになる。



 そうなのである。最近、切り返しで腰を入れることを意識してるんだけど、それをやりすぎると下半身が左へ移動し、その分右肩が下がる。でも、

自分ではそんなつもりは全然ない(のに右肩が下がる)

から始末が悪いのだ。



 とにかく軸を右に寝かさない。そのためには、

右肩の位置をキープしつつ、右腕をしっかり振る。そして左へしっかり体重移動する。
 
 これしかない。そしてその意識を練習するのに一番いいドリルが、

ステップ打法。

 この日は最初の何球かは全然当たらなかっとんだけど、

自分が考えてる以上に左サイドへ大きくステップを踏んで打つ。

 そして、

前傾キープしてインパクトで体が起きない

 さらに、

上体を開かないで手を振る

 この3つを意識して打ち続けるしか未来はないなと思った。
posted by hiro at 12:02| Comment(0) | レッスン

2020年03月14日

ステップ打法のレッスン


 木曜日。ラウンドが3時前に終わったので、S水プロのレッスンに。

 この日の結果を伝えると、先生は「すごいですやん!」と喜んでくださった。そして、ステップ打法の練習の成果だろうか、と聞いてみると、多分そうでしょうと。というわけで、もう練習場では(アプローチと)ステップ打法しかしないことにした。

 ここでステップ打法をおさらいしておこう。

・使うクラブは9アイアン

・フルショットしなくていい。ハーフショットで十分

・気持ちボールから離れて立ち、左足のステップでボールに近づかないよう注意

・とにかく体重移動とシャフトのしなりをシンクロさせる。インパクトへの集中、タイミングが命

・フォローは大きく取らないでいい。打って終わりでおk

・出球は右はいいけど左へ飛ぶのはダメ(体が開いてる)

・シャンクしたりトップしたりするのは悪いミス、ダフるほうがマシ



 木曜日はこれをほぼ1時間打ち続けた。終盤の10分はステップ打法と普通のショットを交互に。何となくシャフトのしなりを活かせるいいスイングのイメージ、のカケラの匂いが一瞬だけ感じられたかもしれない、という感じ。でも続けていれば絶対にいいことが起こる予感はする。

 そして驚いたことに、最後に数球打った、中途半端な距離のアプローチもすごくうまく打てる!そう、アプローチのミスも結局、単にスイングがヘボだったということだね。



 目標、今年中に1万球/ステップ打法。
posted by hiro at 09:23| Comment(0) | レッスン

2020年02月29日

1ヶ月ぶりのレッスン


 改めて、じっくり考えてみた。


 30y以内からは3打で上がればいいと割り切ろう。ユーティリティも使えるし、何ならパターで転がしてもいい。それだと最悪ボギーで収まる。バンカー越えになったらダボでも仕方ないけど。

 しかし、30y以上60y以内から4打掛かるとこれは地味にキツイ。50yからダフって乗らず15yが残り、そこから3打掛かるとダボである。ティショットが会心でもダボ。これは悲しい。

 パー5で残り50yというのはよくある。そこから4打掛かればパー5の素ダボである。「いや、50y残さないようにしたらええですやん」とプロは言う。確かにそうだし、実際そう考えながらプレーしてるんだけど、残り250yから150yのクラブは持てても、180y〜200yをウェッジ2回で行くというのはなかなか勇気がいる選択である。

 あと、勝手知ったるホームコースならともかく、たまにしかラウンドしないコースでティショットが曲がったり2打目で酷いミスが出たら残したくなくても残る事はある。プロは私のミスを甘く見ている。5アイアンが120yしか飛ばないことなんて10回に7回ぐらいあるのだ。

 そんなこんなで、何の変哲もないホールでダボが出る。スコア上もトホホだけど、これが2ホール3ホール続いたらどうなるか。メンタルに来るんだよ。もう、ゴルフなんかするんじゃなかった、いやゴルフに出会わなければよかった、そもそも生まれてくるんじゃなかった、それぐらい落ち込む。



 私の最大にして最悪の弱点は「40y〜50yのハーフショット(コントロールショット)」である、と自信を持って断言していいだろう。何の自信かわからないけど。このコントロールショットをどうやって打つか、何年もいや何十年も考えたり練習したり工夫したりしてるけど、いまだに打てない。イップスというのもあるけど、根本的に打ち方が間違ってるか分かってないんだろう。

 これを正しく打てるようにならなければもう

一生このまま中途半端な腕で終わる

ことはもう決定だ。というわけで、今日はもう40〜50yだけを2時間、プロに診てもらった。

 まず悪い点。

・ハンドファーストに構えられてない
・グリップがきつすぎる
・スイングの動きが硬い
・なのに緩んでいる
・リズム(テンポ)が悪い
・ヘッドが走ってない
・体が流れている
・フォローで左肘が曲がる
・同じくフォローで左肩が上がる
・同じくフォローで体(肩)が開いてる
・インパクトの意識が希薄
・腕が振れてない(振り遅れ)
・バックスイングで体重が右に乗っていない
・だからダウン〜インパクトで体重が右へ残る


 何のことはない。この1年取り組んできたことが、まったく、全部、できていないのだ。軽く絶望したくなる。

 この中で、

・インパクトの瞬間への集中意識(そこへ持っていくリズムとテンポ)・・・ができれば左肘が曲がらない
・きちんと体重移動・・・・ができれば肩(上体)が開かない
・しっかりコックを入れる・・・ができればヘッドが走りグリップが適正な強さになる


 ということを2時間掛けて復習した。ちょっとだけ、薄ぼんやりと光が見えてきた。

リズム。
体重移動。
体(上体)を開かない。
左肘曲げない。

リズムは素振りで確認。
体重移動は思い切って
上体を開かない、これが最大にして最重要ポイント。
左肘曲げない、はインパクトへの意識と肘内側を正面向けて構える。



 これでもできなかったら、もうゴルフやめます。
posted by hiro at 11:12| Comment(0) | レッスン