2019年08月17日

16回目のレッスン・アイアン編


 シブコフィーバーは続く。NEC軽井沢、初日5アンダーで7位タイ。しかし賞金ランク1位の申ジエも4アンダーで良さそうだし、まだまだこれからか。勝ったらまた注目されるけど。



 さて、今日はレッスンの続き。きちんと振り返っておかないとすぐ忘れちゃうからね。

 S水プロは「インパクトの瞬間を意識する」というワードをよく使う。まあ私に対してだけかもしれないけど。で、その一助として、「素振りのイメージを変える」事を教えてもらった。

 フルスイング、いわゆる「本息」的な素振りではなく、クラブヘッドが動くイメージだけの軽い素振りをする場合、普通はビジネスゾーンすなわち3時から9時までの動きをすることが多い。しかし、本当に大事なのは3時から6時までつまりインパクトまでであり、6時以降は「意識しないでも勝手に作られるものなのでその部分の素振りを意識的に行うことは逆効果だ」という事らしい。

 ややこしいんだけど、6時以降は重要ではない、という意味ではない。「フォローを意識して作るな」、「もっとインパクトに向かっていく意識を持て」ということだろう。

 そこで、こんなドリル。

 ボールを体の前方に2〜3個並べ、左右にステップを踏みながら連続して打つ。

 この練習だと、インパクトだけに意識を集中することができる。しかも「100%の体重移動」と「正しいリズム」もついでに身につくという、大変密度の高い練習ができる。

 実際にこれをやってみると、勝手にヘッドが走りインパクトを迎えるイメージが出るし、小さなバックスイングでも分厚いインパクトになる。ただ、ミスをするととんでもないところへボールが飛んでいきそうになるので注意が必要だけど。

 この練習もしばらく続けることにしよう。

 これで、普段の練習ドリルは

・左一本足打法
・クロスハンドグリップ
・ステップ打法


の3つになった。これを少なくとも練習の時は30球づつぐらい、週2回、1年間続ける!続けられたらいいな。




 それともう一つ大事な点。ずっとフェードを打ってきたせいか、私のアイアンのアドレスがフェードを打つ気満々、いやむしろフェードしか打てないだろそれ、っていう感じに無意識になってしまっているらしい。

 具体的には以下の通り。

・左足が開いている
・右足は閉じている
・腰や肩が開いている


 こういう構えになっているので、いくら意識的にフックを打とうと思ってもその構えが邪魔をして打てない、という事らしい。上体が開きやすいのもそのアドレスが深く関わっているとのこと。

 そこで、正反対のアドレスに挑戦することにした。それも、極端に。どういうものかというと、

・左足は飛球線と垂直(まっすぐ)
・右足は少し後ろに引き(クローズスタンス)、さらに少し開く(右を向く)
・フォローで左手首が甲側に折れるようなイメージで振る


 最後の1つは、どちらかといえばやってはいけない動きと解説しているレッスンプロも多い。でも、球がきちんと打てて、「フォローで結果的にそうなる」のはOKらしい。

 私はちょっと強めのフックグリップだから、ということもあるだろう。左手首が折れないよう意識しすぎると球が全然捕まらない、こすり球が出る、右へ飛んでいっちゃうのだ。そして実戦ではそのミスが(引っ掛けるよりも)はるかに多いのだ。

 いつもピンの左を狙ってたけど、これからは右を狙うのだ。



 そして、とにかく安定感のないドライバー・・についてはまた次回。
posted by hiro at 11:00| Comment(0) | レッスン

2019年08月16日

16回目のレッスン・クロスハンドアプローチ編


 皆様、台風10号は大丈夫でしたか?大阪は拍子抜けするぐらい大丈夫でした。午後2時ぐらいまで雨もパラパラ、風もそんなに強くなく、こんなことならラウンドすればよかったと思ったぐらい。


 そう、昨日は久しぶりにラウンドしない木曜日。せっかくの機会だしじっくり練習でしょ、というわけで。近所の屋外練習場は台風に備えて休業してるだろうから、こういう時の室内練習場&レッスンだ。

 今年1月のお試しレッスンから始まり、ゴル◯ィア香◯園校のS水プロにみてもらってはや7ヶ月。電話で16回目のレッスンを予約し、その後1時間続けて自主練習することにした。


 まずはクロスハンドのショット。私の悪癖である、左肩が上がって体が早く開くのを矯正するドリルだけど、ウェッジの30yぐらいまではだいぶうまく打てるようになった。いやむしろ普通に打つよりうまく打てるぐらいだ(本当)。今までいかに体が開いてたかってことだね。

 で、せっかくなのでクロスハンドでどれぐらい飛ぶか、例によって測定してみた。

 56度の小さめスイング:25y
 56度の大きめスイング:35y

 50度の小さめスイング:35y
 50度の大きめスイング:45y


 クロスハンドで打つときちんとキャリーが出てくれてそこそこ止まるので、実戦でもそういう状況の時は使えるかもしれない。まあ本当ならきちんと打てるまでの暫定措置なんだろうけど、きちんと打てないからね。一生きちんと打てないかもしれないし。


 ちなみに、アプローチのビョーキである私が、今現在唯一打てる50y以内のアプローチは、左足一本で立ち球を右へ置いて上から潰すような打ち方(これもS水プロに習った)なんだけど、その距離感はこんな感じ。

 56度の優しめスイング:20y
 56度のしっかりスイング:30y

 50度の優しめスイング:30y
 50度のしっかりスイング:40y


 この打ち方だと低いランニングしか打てないから、寄せようがない状況が出てくる。まあ寄せなくてもグリーンに乗せられたら良いっちゃー良いんだけど。

 あと、今回も「もっと柔らかく打ちましょう」と指摘される。きちんと当てたいがゆえに、どうしても体の動きもグリップもガチガチになっちゃうんだよねー。ヘッドの重さを感じて打てるようになる日は来るんだろうか?


 次に最近ダフってばかりのアイアンと安定しないドライバー、は続く。
posted by hiro at 11:36| Comment(0) | レッスン

2019年07月29日

15回目のレッスン


 今日はキャプテン杯後初のレッスン。3位に入ったことを報告。S水プロも喜んでくださった。お礼にアクエリアス1箱を渡す。次は秋のクラブ選手権で予選突破したら缶ビールを1ケースを持っていこう。



 さて、いつもの左一本足打法を10球ほど見て(「いいですねー」という言葉を)いただいたあと、ドライバーを。この日のトピックスは、

・バックスイングで右ひざ我慢、ダウンスイングで左ひざ我慢

・バックスイングでは100%右足に体重移動

・横振り、その場で回転

・前傾姿勢キープ

・腰を切れば懐が深くなってグリップが浮かない


 このあたりはいつものやつね。で、新しいやつは、

・グリップは長く握る時でも0.5インチ(膨らんでいる部分)は手に掛からないよう

・アドレスでフェースが閉じているのが気になる。それがあるから手が先行して右肩が上がりやすくなるのかも



 そうなんだよねー。長くスライス打ってきたせいか、フェースを閉じてスライスが出ないよう小手先で誤魔化してきた。だから、普通にヘッドを置いてスクエアに構えると右へすっぽ抜けそうな感じしかしないんだよね。実際、スクエアにしてナチュラルに打つとプッシュスライスが出る。

 でも、この打ち方(構え)だとずっとフェースローテーションを殺すようなスイングになるし、そのスイングをしてたら悪癖の「手が先行して右肩が上がる」というのは治らない。この打ち方だとやっぱりスライスする。

 さらには、手に力が入るとクラブが外から降りてきて左一直線もあるし、その上に体が止まるとチーピンが出る。木曜日はそんな球が止まらなかった。



 「スクエアなフェース」という違和感に打ち勝ち、しっかり球を捕まえにいかない限り右にも左にも曲がるのでいつまで立っても同じ位置から上へ行けない。

 で、フェースの向きをきちんと直す途中経過として、

アドレスは左を向いて構え、フェースの閉じ具合を今までの半分ぐらいにし、真っ直ぐ左へ打つ

 というイメージで打ってみようかと。これならフェースを閉じてないので左へ出て左へ行く球は少なくなるだろうし、プッシュスライスが出ても何とかコース内には残ってくれるだろう。これも小手先の誤魔化しみたいだけど、まあ、少しづつ直していく過程ということで。
posted by hiro at 18:13| Comment(0) | レッスン

2019年07月09日

14回目のレッスン


 ゴル◯ィア香◯園校でのレッスン。いつものS水プロに。今回は日本一トホホなアプローチショットと、プッシュスライスが出るドライバーを見てもらった。


 まずはアプローチ。どうしてもダフるんだけど、何球か私が打った後に一言。

 「硬いね〜」

 手首のことかと思ったら、とにかく全身が硬いらしい。

 打った後、目の前の画面にショットが再生されるんだけど、そこには壊れかけたブリキのおもちゃそっくりの動きをするへっぽこトホホ野郎が映っていた。関節という関節がすべて固定され、ぎこちなく、不自然に動く「何か」。そりゃあこんな体の動きじゃあ柔らかいアプローチなんて打てないわなあ。

 長年、自分のアプローチスイングに違和感を抱いていたんだけど、その原因かやっとわかった(鈍すぎるだろ)。そう、ミスを怖がるあまり、ガチガチに体を固めて打ってしまっていたのだね。そうか、

 硬いのか。

 というわけで、ひざ、手首、体の捻転をもう少し使って柔らかく振るようにしてみたら、画面に映る「何か」は壊れかけたブリキのおもちゃから油の切れた産業用ロボットぐらいまでましになった。でも、まだスイングには程遠い。人体でもない。ロボットだ。

 例えが適切かどうかわからないけど、池田勇太みたいに「フニャッからのスパッ」って感じのアプローチスイング目指そう。



 あと、こんな話も。

「フルショットなら勢いで体をスムースに使えるけど、スイングが小さいアプローチの場合、体の使い方や力の入れ方、抜き方が難しい。だから、ショットの前に何度も素振りをしてスイングの大きさやリズムや体の使い方をしっかりリハーサルし、できるだけ時間を開けずに本番に望む事が大事」

 本番でミスを減らすためのいい方法だと思う。リズムが大事。それだけでもレッスンを受けた甲斐があった。

「hiroさんがミスする時は体が先に開くか左肩が上がる。その傾向をしっかり理解し、そうならないように注意しながら振らなければいけない。そういう人におすすめなのはクロスハンドで球を打つドリル。左肩が上がったらまともに球に当たりません」

 やってみたら確かに全然当たらない。面白いぐらい当たらない。餓鬼誤記壁という音ばかり。思い切り意識して体を開かないように打って初めて当たる感じ。1mだけのショットなら家の中でもできるので、今日から始めよう。




 それからドライバー。そんなに悪くないとのお言葉をいただくが、やはり私が思っていたとおり、

・コースへ出るとつい球の近くに立ってしまう。だから横振りできず、詰まって酷いプッシュスライスや(それを嫌がって)引掛けが出る。

・アプローチと同じで、ミスする時は左肩が下がってヘッドが下から入ってる。それを避けるためには、振り遅れを恐れず、思い切って左へ体重移動(腰を左へスライド)させましょう

・フォローで前傾姿勢を保つために、クラブを左後方へ低く出していきましょう

・右が恐い時は、ドライバーを少し短く持って振るか、スプーンやバフィを使いましょう




 やるべきことは見えてきた。あとはやるかやらないかだ。
posted by hiro at 10:31| Comment(0) | レッスン

2019年06月18日

13回目のレッスン


 昨日は13回目のレッスン。この日は最近使用頻度の高いユーティリティを見てもらった。とにかくダフるんですと。で教えてもらった。


 どちらかというとフェアウェイウッド系の打ち方、つまり入射角を小さく、フォローも低く長く取るイメージで振りましょう。

 体が突っ込んで開いているから、右へ飛ぶ(プッシュスライス)。

 フェアウェイウッドもシャフトのしなり戻りを感じましょう。

 グリップを柔らかく使いましょう

 低いフェードを打つイメージで振りましょう




 で、40分ほどユーティリティばっかり打って最終的にわかったこと。

 力が入りすぎてるだけ。7割ぐらいの力で振れば、そこそこ芯に当たってくれる。


 そうだよそうなんだよ。私のユーティリティ(4番)はロケットボールズステージ2のスチールシャフトなんだけど、ちょっと短く、ちょっと重くしてて、きっちり打てれば200y。軽く打てば180yの飛距離。けど、170y打ち上げとか、160y打ち上げラフからの時に手前から転がして乗せるイメージでクォーターショットを選択することがある。っていうか5番6番アイアンがヘタなだけなんだけど。

 その時、軽く打ってるのに190yぐらい飛んじゃってグリーンオーバーってことがままあるんだよね。つまり、それがこのクラブの正しい打ち方なんだなと。思いきり振るのはそもそも間違ってるんだと。



 クラブに任せクラブを信じて、力みのない正しいスイングで芯に当てる。コースでもこれができるようになればもう一皮むけそうな気がするんだけどね。
posted by hiro at 17:19| Comment(0) | レッスン