2019年05月15日

アプローチイップス・新たな局面へ


 イップスとは、「きちんとできていたことが精神的な理由でできなくなること」というのが一般的なイメージ。

 私はいまだかつてアプローチショットが「きちんとできていたこと」などないので、自分がアプローチイップスだと公言するのはおこがましいんだけど、それでも「素振りではできるけど実際のショットではできない」「練習場ではまあまあできるけどコースではできない」「気楽なラウンドならたまにできるけど競技などではほぼできない」「打つ前から極度の緊張感で悪いイメージしか出ない」「バックスイングを開始した瞬間意識が銀河系の彼方に飛ぶ」「インパクトの瞬間、異常な力が入り、リズムもテンポもぐちゃぐちゃになる」「それを意思の力でコントロールできない」「一人二人羽織状態」とこれだけ揃えばこれはもう立派なイップスだろう。

 もう10年ぐらいアプローチに苦労してて、それこそありとあらゆる練習(質・量とも)、本、知識、教え、打ち方、考え方をトライした。ここ2年ぐらいちょっとマシになったけど、根本的な恐怖心というか苦手意識はやっぱり変わっていない。



 そんな中、今年の1月から新しくS水プロに習い始め、メンタル面では

「それだけこじらせていたらちょっとやそっとでは治らない」
「一番簡単なクラブを使う」
「普通の人が普通にしているアプローチショットはまずできないので諦める」
「とにかくコースでミスをしないこと」
「寄せるのが難しい状況の場合は寄せようとしない」
「ウェッジを持たざるをえない時は(hiroさんにとって)大ピンチだから乗れば100点」

という事を心に刻みつけることから始めた。さらに技術的な面からは、

「アプローチでも体重移動。右に残るとチャックリ」
「それができないのなら最初から100%左足に乗せたセッティング」
「スイングリズムを守る=体を正しい順序で動かす」
「ヘッドをむやみに加速させず、やさしく打つ」


 という風なことを教わったわけだが、この最後の「やさしく打つ」というのがちょっと良いかもしれないのだ。そう、5月10日に「明日への伏線」と書いたその部分である。


 具体的にはインパクトでパンチを入れない、ヘッドを加速させないって事なんだけど、これを意識するとどうなるか。

 まず切り返しから打ち急がなくなる。ミスの多くは打ち急ぎから出るので、こうかばつぐんだ。

 つぎに加速させないように打とうとすると、腕力で打たなくなる。加速させる時は腕で「えいっ!」とクラブを動かしがちだが、それがなくなり体(肩や背中)などの大きな筋肉で打てるような気がする。

 あと、やさしく打とうと考えると気持ちも優しくなる(笑)。これは半分冗談だけど、緊張感が減るという意味ではなにげに重要だったりして。


 もちろんデメリットもあって、グリップが緩みそうになったり、減速してスイング自体が緩んでしまったり、インパクトに合わせ打ちしてフォローが出なかったりする恐怖感はある。でも、実戦でやってみると、メリットがデメリットを遥かに上回るんだよね。

 というわけで、アプローチイップスとの戦いは新たな局面を迎えるのであった。 
posted by hiro at 11:25| Comment(2) | アプローチ

2019年03月31日

ユーティリティのアプローチのデメリット


 昨日書き忘れた、ユーティリティでアプローチする時のデメリットについて。


 慣れが必要

 慣れ=練習ってことね。どのクラブをチョイスするとしてもまあ練習が必要なのは一緒なんだけど、どれくらいの力加減でどの程度転がるか、フェアウェイでどれくらい転がるか、砲台グリーンを転がしあげるにはどれくらいの力で打てばいいかを練習場で練習するのは不可能に近く、実戦で、あるいはキレイに整備されたアプローチ練習場+グリーンでやらないと身に付かない。

 でも、一般的なコースの練習グリーンは基本アプローチ禁止なので、練習できる機会がほとんど無いことになる。まあ芝を掘り返すのではないから、アプローチ禁止の練習グリーンであっても隅のほうとか人が少ないときならギリギリセーフかな、と勝手に思ってるんだけど(←こういうのを老害という)。


 使える状況が限られてくる

 ランニングアプローチなので、グリーンまでの距離が長くなればなるほど距離感が狂いやすくなり、寄る確率が低くなる。練習である程度は微調整できるけど、不確定要素が増えるのはいかんともしがたい。乗せるだけならほぼ100%乗せられるんだけどね。

 あと、当然ながらグリーンまでの間に深いラフやバンカーがあると使えない。スプリンクラーヘッドがあっても遠回りを余儀なくされる。


 憐憫の目で見られる・カッコ悪い

 ああ、この人アプローチ打てない系の人なんだなと人に思われる。いや、まったくその通りだし事実だし人になんと思われようが気にしなければいいんだけどね。結局は上がってナンボだから。太一よ泣くな。


 グリーン周りに持っていくクラブが1本増える

 グリーンを外すたびに(いちおう)ウェッジ2本とユーティリティを持っていく。パターを含め4本。サブバッグ使ってもいい本数だね。あと、キャディさんが付いてくれたときも気を遣う。いつも「あの、グリーン周りでは下2本とユーティリティを持ってきてください」ってお願いするけど、内心「ユーティリティ?邪魔くさいし面倒くさいなあ」と思われてるたぶん。



 まあ、ここに上げたデメリットなんてチャックリすることに比べたらほんとに些細なことなんだけどね。
posted by hiro at 13:16| Comment(0) | アプローチ

2019年03月30日

チッパーとユーティリティ


 ユーティリティでアプローチするゴルファー、hiroです。

 「ユーティリティ使うぐらいだったらもうチッパー使ったら?」そう思う人もいるだろう。一理ある。しかし、チッパーを使うアプローチとユーティリティを使うアプローチにはいくつか重要な差があるのだ。


 1つめ。両者のロフトの違い。チッパーは普通ロフト35度が一般的。これはアイアンでいうと7番〜8番ぐらいになる。一方、私が使ってるユーティリティは22度、アイアンの4番相当。3〜4番手、13度違うと何が起こるか。球筋が全然違ってくるのだ。

 チッパーの場合、普通に打てばキャリー1:ラン3ぐらいで、つまりはピッチエンドランになる。これだと落とし所を考えないといけない。また、キャリーがあるということは落とし所のライに影響を受けるということでもある。受けてたり下ってたりしたら1:3が1:2になったり1:5になったりする。

 しかしユーティリティならキャリーは出ても1m以内だし、つまりはほとんどランニング、あるいはパターの延長のイメージで打つことができる。落とし所を考える必要もないし、落とし所のライも見る必要がない。つまりシンプルなのだ。これは大きなアドバンテージになる。

 「じゃあパターでいいじゃん」とお思いになるだろうが、最初の1m、空中を飛んでくれるというのはライに対する許容性が高いということで、カラーや逆目の芝に食われない、つまりパターより正確に距離感を出せるということを意味する。実際、グリーンまで多少長めの芝が生えていても、パターなら全く打てない感じでもユーティリティならそこそこ前へ進んでくれる。

 現に、ユーティリティでアプローチしだして1年ぐらいで3回チップインした。ウェッジだと1年に1回あるかないかだったし。



 2つめ。チッパーはごく短い距離ならともかく、グリーンの端から端つまり30yを超えるようなアプローチになるとけっこう大きく振らなければいけない。大きく振るというのはミスの可能性が高くなるということだ。特に私のように、歴史に残るぐらいアプローチが下手な野郎ならチッパーでもチャックリすることが可能になってくる(涙)。現に昔やってるし(滝涙)。

 しかしユーティリティだとその形状からチャックリしにくいし、何よりクラブが長くヘッドの弾きも良いので長い距離でもスイングを大きくする必要がない。驚くほど小さなバックストロークで長い距離を転がってくれる、それがユーティリティの良さだ。


 3つめ。チッパーを入れるとその分クラブを1本抜かないといけないけど、ユーティリティなら1本2役なのでそういう心配がない。

 4つめ。チッパーを使うのはちょっと恥ずかしいけどユーティリティで寄せると「おお!」って思われる。まあ寄らなきゃ恥ずかしいのはどっちも同じなんだけど。



 というわけで、5年後にはどんなライからでもどんな距離からでもユーティリティで寄せワンを取れるhiroになっているかもしれないので乞うご期待!
posted by hiro at 00:00| Comment(0) | アプローチ

2019年03月05日

じゃあアプローチはどう打つの?

 結局病気が治ってなかったアプローチ。やっぱり迷走しているから悪いんだ。アプローチイップスから脱却した頃の打ち方に戻そう。



 大前提。コースで失敗しないためにライが悪いときは転がしに徹する

 芹澤信雄プロが言ってた「ゆっくり上げて、大きく振り下ろす」を実践。つまりリズム

 体の回転メインで打つため、横のコックをしない(バックスイングでクラブヘッドをトゥ方向に上げていく

 そして、アプローチのマジック・ムーブを意識。体重移動は母指球で。

 最後に、インパクトで体開かない(特に左肩)。ボールを狙いより右へ打ち出すイメージ(S水プロのレッスンより



 これでたぶん完璧。っていうか、もう色々迷わない。見栄を張らずにユーティリティで転がす。
posted by hiro at 11:40| Comment(0) | アプローチ

2019年01月07日

初薄暮


 土曜日・日曜日と仕事始まりでいつもの2倍ぐらい忙しく、腰痛が出てしまった。そんな中でも誘われれば薄暮に行くバカ野郎な私である。でも、じっとしてるより体動かしたほうが腰も楽なんだよね。

 昨日のメンツは寡黙なナイスガイのN井さん、明るいナイスガイのH村さん、そしていちおうナイスガイのN條さんという、薄暮のベストメンバーっていうかゴールデンメンツっていうか愉快な仲間たちっていうか、とにかく気心が知れまくった4人である。

 いや、皆さんが私のことをどう思って下さっているかはわからない(本当は嫌われているけどしかたなく付き合ってくれてるのかも)が、少なくとも私にとっては大人になってからできた親友という気持ちである。この3人になら、お金を貸してくれと言われても200円ぐらいまでなら喜んで貸せる自信がある。




 で、片手「の」シングル、N條さんとの勝負を面白くするため、「ボギーオン縛り(パーオンしたら私の負け)」を実践。グリーン周りからのアプローチを練習したかったので渡りに船だ。特に、「砲台グリーンの手前に切られたピンに向かって花道から距離のないアプローチ」ってやつを寄せられるようにしたい。

 1番はティショット左、2打目160yを7番で。ハーフトップながらうまくグリーン手前へ。こうやって花道を狙う時に限ってそこそこ距離も方向もバッチリ(いやハーフトップしてるやん)のショットが出るんだよねー。この気持ちでグリーンを狙えたらもう少しパーオン率上がるんだろうね。

 いきなりおあつらえ向きの、すなわち砲台グリーンに向かってエッジまで15y、エッジからピンまで10yのアプローチ。柔らかい球なら20y打ってグリーンに直接落としてもいいけど、リスクが高い。っていうか、20yきちんと(狙った球筋で)打てるぐらいなら今頃HDCPは5以下だ。よって、PWでワンクッションで狙う。こちらのほうがリスクが低いしイメージが出やすい。ピン下1mにオン、1パットパー。成功1/1

 手前から転がしあげる時はPWとかでちょっとフェースを閉じて打ったほうがスピンが減ってボールに推進力が出ていいかも。

 2番は200y以上あるパー3。5アイアンで花道狙い、フェースの先に当たって(得意なやつ)、20yショート。マウンド越えのややこしいアプローチ、これもPWでツークッションかスリークッションでグリーンへ。ツークッション以上になるととたんに不確定要素が増えてくるから、2mぐらいに寄ったのは純粋にラッキー。入らずボギー。成功1/2

 3番はティショット右、2打目ユーティリティは木の後ろから低いスライスでフェアウェイのつもりが出だしから右へ出て20yぐらい右へ。3打目残り90y、ウェッジショットはダフって乗らず。4打目は強い受けグリーンの手前から一番奥のピンに対し35y、50度のエンドランで2.5mに。いい感じで打てた。でも入らずダボ。3打目のミスがあかんね。

 4番はティショット今日イチ、2打目5アイアンレイアップ(またトップ)、3打目残り70y、パーオンしてもいいや(注:パーオンしたら無条件でN條さんの勝ちになる)というつもりでウェッジショットするもちょっと突っかかってグリーンまで2y届かず、結果的にいいアプローチが残る。56度の普通のアプローチ、1mに寄ってくれてパー。成功2/3

 5番はティショットチョロ(笑)。2打目ユーティリティで引っ掛けるもグリーン手前60y。3打目ウェッジショットは下から入ってハーフトップで奥のエッジへ。パターで寄せて1パットボギー。

 6番パー3はピン奥135y。グリーン手前からだと難しいアプローチが残るので8番でグリーンオーバーさせて奥から寄せようと思ってショットするも当たり損ないでピン横1mにナイスオンしてしまう。入っても入らなくても負け。でも入ってバーディ。

 7番パー4、チーピンで左ラフ。2打目レイアップ、3打目65y、ウェッジショットはダフってトホホ、でもグリーンオン。2パットボギー。

 8番パー5、ティショット右まっすぐでフェアウェイバンカー、2打目あんまりライがよくなくて(言い訳)頭叩きトップ、残り250y。3打目もう一度ユーティリティ、思い切りダフる。ホントにヘタだな。練習しないと。

 4打目ウェッジの距離、今度はきっちり当たったけどつま先上がりのライから気持ちよく引っ掛けて右のピンに対し左端にオン。2パットボギー。お前には得意なショットというのがないのか?はい、ないです。

 最終ホール、ティショット今日イチその2。2打目は前回と全く同じ、140yきつい打ち上げ+ピン奥で165y必要。前回は7アイアンでグリーンに乗らなかったので迷わず6アイアンフルショット。引っ掛けて右奥のピンに対し左手前にオン。え、ボギーオンはどうした?忘れてました。まあ8番で決着付いてたので良しとしよう。長い上りのパットは3mもショートして最後の最後で3パットボギー。ホントにヘタだね。


 結局43、16パット。ボギーオン縛りとはいえ2回パーオンしてるんだからいつもと同じだし。とはいえ、ドライバーとショートレンジアプローチとパットはまあ及第点に達してると思う。しかしフェアウェイからの長いの(FW、ユーティリティ)とショートアイアンと50y以上のウェッジショットが気象庁が記者会見するほどの災害級の酷さなのでどうにかしたい。どうにかしよう。しろ。
posted by hiro at 12:18| Comment(0) | アプローチ