2021年01月04日

賀         正


皆  様   (  社  会  的  距  離  を  )  あ  け  ま  し  て



 お  め  で  と  う  ご  ざ  い  ま  す  。





gajyo_2021.jpg




今  年  も   、  真  面  目  に



 ゴ  ル  フ  に  向  か  い  合  っ  て  い  き  ま  す  。


posted by hiro at 20:00| Comment(0) | あいさつ

2020年10月01日

「ごる日々」開設20周年記念日記・ゴルフの終活


 2000年10月1日。軽い気持ちでホームページを作ってみた。その当時はヘタクソすぎて、カタカナ表記できちんと「ゴルフ」と書くのが何とも気恥ずかしく、ひらがなで「ごるふな日々」と名付けた。

 気がつけば20年。20年も続くなんて夢にも思わなかったが、その間、色々あった。ハンデキャップは17から8になった。三大競技にも挑戦した。キャプテン杯では2回3位に入賞した(これが最高成績)。月例で優勝した(5年掛かった)。

 レッスンプロは3人に教えてもらった。ドライバーは11本目(最後のは7年以上使ってるけど)。アイアンセットは(長く使ってるのは)3セット目。サンドウェッジは7本目、シューズは9足目、パターは8本目、キャディバッグは5個目。

 怪我も一通り経験した。ゴルフ肘、足首の捻挫(2回)、膝の靭帯の部分断裂、ラウンド中の肉離れ(2回)、頚部痛(慢性化)、腰痛(数え切れず)、手首の異常、左手母指CM関節症、40肩、50肩(継続中)・・・それでも騙し騙しラウンドを続けた。

 ラウンド数は2000年10月1日から丸20年で1133ラウンド。でも、こんなにラウンドしてるのにほとんどうまくなってないのが絶望的に悲しいところだけどね。

 また、仕事関係のゴルフ仲間に加え、ホームコースの月例や薄暮で一緒にラウンドさせてもらううちに仲良くなった仲間がたくさん増えた。元々友だちが少ない(だからちまちまウェブなんてやってるんだよ!)私にとって、本当にかけがえのない友人だ。




 現在50代後半。今後20年、ゴルフができるかどうか微妙なところだ。でもまあ、せっかくだし、20年後までゴルフをすることを目標に頑張りたい。

 しかしそれはあくまで理想で、人生は何があるかわからない。もし、強制的に人生の終わりが来るとしたら、私はどんな「ゴルフの終活」をするだろうか。

 そこで、仮に余命1年と診断されたら、その1年をどう過ごすか、どこのコースを回りたいか。これを「ゴルフの終活」とし、ちょっと真面目に考えてみた。オーガスタとか廣野とか、そういう実現不可能なところは除外して、あくまで現実的にね。







 早春は川奈。一ヶ月ぐらい滞在し、ゴルフをしない日はホテルでのんびり。伊豆半島の美味しい魚を堪能しつつ。

img-mv-golftop02.jpg
公式サイトより拝借)



 春になったら渡米しフロリダあたりからレンタカーで数ヶ月掛けて名コースを巡り、最後は西海岸へ。ペブルビーチで締めくくる。

image6821.jpg
公式サイトより拝借)



 夏は青森の夏泊ゴルフリンクス。1人手曳きカートで黙々とラウンドするのもいいし、ライバルと真剣勝負もいい。夏泊を堪能したら、その後北海道へ。有名なコースをしらみつぶしにラウンド。2ヶ月ぐらい掛かるかな。

topimg1.jpg
公式サイトより拝借)



 秋の気配を感じだしたら関東に移動し、紅葉の中プレー。紅葉を追いかけ、日々北上。最後はボナリ高原GC。

image6911.jpg
公式サイトより拝借)



 冬はやっぱりスコットランド&イングランド。ターンベリー、ロイヤルリザム、セントアンドリュース、カーヌスティ、ロイヤルドーノック、ミュアフィールド・・・簡単には回れないコースもあるだろうけど、3ヶ月ぐらいで30コースぐらい回れたら最高だねー。

image7011.jpg
公式サイトより拝借)


 で、帰国したら、関西の思い出深きコース、有馬カンツリー、奈良国際、大阪GC、大阪パブリック、ザ・サイプレス、ゴールデンバレー、パインレーク、鳴尾、神戸GC、瀬田西コースなどを回り、そして。

 締めくくりにホームコースを1回ラウンドしておしまい。みなさん、色々とお世話になりました。えーっと、2000万円ぐらいあったらできるかな。ないけど。誰か付き合ってくれるかな。友達少ないけど。




 というわけで、21年目。今まで以上に肩の力を抜いてぼちぼちいきますんで、どうぞよろしくです。
posted by hiro at 00:00| Comment(2) | あいさつ

2020年01月04日

今年最初の更新は最後の更新なのだ


2019/12/31 (1582020hit)  最後の更新

 というわけで、今年も1年間お読みいただいてありがとうございました。何とか無事に1年間終わった。無事是名馬。怪我や病気をしないありがたさがわかる歳になってきた。ジジイか(そうだ)。

1-2019-12-05 06.41.07 HDR.jpg

 では、2020年にまたお会いしましょう。6日に更新再開予定です。








 という最後の挨拶を大晦日にアップする予定だったんだけど、すっっっっっかり失念してしまい、でも挨拶なしもあれなので日の目を見せていただくことにした。だから今年最初の更新は「(2019年)最後(を飾るはず)の更新(予定の内容)」でお送りいましました。今日が最後の更新、というわけではありません。(そこ、なーんだ、なんて言わない!)

 で、改めまして新年のご挨拶を。

gajyo_2020.jpg

 毎年代わり映えのしない年賀状ですな。っていうか、パインレークGCのパンフレットかよ、的な感じではありますが、ことしもよろしこ。
posted by hiro at 18:31| Comment(0) | あいさつ

2019年01月04日

新年の挨拶・大晦日のラウンド


 毎年恒例の、新年の、めでたいアレを。

2019nenga.jpg

 今年の目標はマスターズ出場です(←今年もバカだ)




 と今年の抱負を伝えたところで、去年の大晦日のラウンドの事など。

 大晦日にお付き合いくださった奇特な、いや暇な、いやいや素晴らしいゴルフ仲間は薄暮友達のN條さん、N條さんのお友達のS木さん(女性)、そしておなじみN谷くん。

 S木さんは週1以上のペースでラウンドされているぐらいゴルフ大好きで、美人で、明るくて、熱心で、ハリウッド女優のような華やかさがあり、気配りも素晴らしいという、もう欠点が1ストロークもない女性である。なぜこんなに褒めるのかというと、ごる日々の読者だからである。

 といっても、ここを見て下さっているからおべんちゃらを書いている、という意味ではない(ちょっとある)。ごる日々の読者は皆全員素晴らしい人と決まっているのである。なぜなら編者がとんでもなく素晴らしいからである。



 では早速その内容など。この日は残念ながらサブグリーンだった。 

seiseki201812311.jpg

 前半は2トリプルボギー(あとは全部パー)で42。後半は1トリプルボギー+上がり3連続ボギーで42。1パットが6つ、4パットが1つ。まあ去年を象徴してるような、そうでないような(どっちやねん)。


 その前半、梅2番は2打目、左足下がりのライからウェッジショットをトップし、そこからアプローチが一往復半ビンタ(つまり3回行ったり来たり)でトリプルボギー。

 同じく梅4番はティショットが酷い当たり損ないで右プッシュスライスOB、さらにアプローチミス2連発でトリプルボギー。ひどいけど、冬のゴルフはまあこんなもんかと。

 後半、ショットはだいぶ良くなる。3番は花道からのユーティリティの寄せをダフり、そこから短いのを外しまくって4パット。7番はアプローチをミスってボギー、8番はティショット左ラフ、2打目ユーティリティが右側に突き抜けてラフ、3打目出すだけ、4オン2パットでボギー。

 最終ホールはティショットを入れてはいけないバンカーに入れて万事休す。



 相変わらず詰めが甘い。まあでも、こんなもんでしょう。では良いお年を!じゃなかった、今年もよろしくです。
posted by hiro at 13:31| Comment(0) | あいさつ

2018年01月05日

2018年新春のご挨拶


 というわけで。あけましておめ、でございます。

2018nengajyo.jpg

 12月30日に仕事納め、31日に練習へいき、1日は近所に住む母親のところへ息子と一緒に。2日はホームコースの新年杯、3日はダラダラと過ごし夕方ちょっとだけ練習へ。4日つまり昨日は有馬カンツリーラウンド。あっという間の正月休みだった。あーあ、早く夏休みこないかなあ。

 という感じでだらだらと今年もやっていきますので、ご愛顧ご叱咤よろしくお願いいたします。
posted by hiro at 12:25| Comment(0) | あいさつ