2019年09月30日

2019年度クラブ選手権予選


 クラブ選手権予選、ダメだった。広瀬すずと付き合いたいとかアホなこと書いたせいや(そうじゃないと思う)。



 バーディは3つ。それも、難易度の高い竹の3番(パー4)、165yの谷越えでグリーンが小さくワンオンが難しい梅の7番(パー3)、終盤の松7番で会心の2打目&会心のパットという、どれも良いバーディだった。

 パットも15,17,15の47パット(18ホール換算で31.3)だったから悪い方ではない。3パットも1個だけで、結構しのげたと思う。

 パーオン率も37%、27ホール中10ホール(18ホール換算で6.67。フルバックから、しかもアイアンがヘタでいつも数えるほどしかパーオンしない私にしてはまあマシな方の数字だ。


 じゃあ何が悪かったかというと。

 悪かったその1、ドライバー

 先週のパインレークでの4OB、その不安がどこかにあったんだろう。朝イチ、慎重に振りすぎたのか、へっぽこプッシュスライスでOBを出すほうが難しい竹の1番でOB。それでドライバーが振れなくなってしまった。

 続く竹の4番では引っ掛けてOB、30台マストの短い梅コースでも4番パー5でプッシュOB、5番パー4でまた体が起き上がる最低の悪癖からのへっぽこハーフトッププッスラで連続OB。

 そこから開き直ってちょっとだけ持ち直したけど、時既に遅し。心も技術も未熟です。


 悪かったその2、アプローチ

 病気持ちだから仕方ないんだけど、ニアサイドの難しい状況に外した時、寄せる技術を持ち合わせていないので必然的にボギー確定になる。

 例えば竹の2番、横幅がないグリーンに対し、横から窪地越え、20yのアプローチ。ふわっと球を上げるか、スピンの効いた球で止めるか、狭い落とし所をピンポイントで狙うんだろうけど、私の場合はそのどれも不可能。なのでワンクッションで狙うことになるが、この狙いだとグリーンのどこかに止まれば最高だからね。寄せるなんて無理。まあ、そんなところに打った一打目が悪いんだけど(花道狙ったのにリキんで引っ掛けて飛んでしまった)。

 とにかくアプローチの(精神的、技術的)病気を克服しないと、いつかは手詰まりになるだろう。


 まあ、大叩き下手くそ野郎が何を書いても言い訳になるので、これぐらいにしときます。

seiskei20190929.jpg

 今回、クラブを代表する上級者のM本さん(HDCP3)とご一緒したんだけど、派手なスーパーショットはないけど安定感が抜群。ショットミスの数が私の五分の一ぐらいなんだよね。ドライバーは確実にまっすぐそこそこ飛ばし、2打目はどんなクラブを持ってもラインが出る。低めの、定規で引いたようなショット。

 そして何より、ショートゲームが抜群にうまい。

 アプローチが上手いということは寄せワンでパーが拾えるということだけど、M本さんはそのアプローチがいつも入りそうになるレベルだから、パーオンできなくてもバーディが取れる可能性がある。実際、1つチップインしてたし。

 また、パットが上手いということはボギーを叩かないということでもあり、バーディが取れるということでもある。



 一方私の場合、ドライバーは発展途上、フェアウェイウッドは不安定、アイアンは笑うぐらいヘタ、アプローチは上手い下手以前の問題、パットだけは人並みってところか。つまり人より秀でた部分が何もなく、他は中級者以下のレベル。

 何か1つでも秀でたものがないと、弱点を補えないよね。ドライバーを250y以上飛ばして短いアイアンが持てるようになるとか、どこからでもグリーンに乗せるとか、ショートアイアンを持てばワンピンに乗せられるとか、M本さんのようにショートゲームでスコアを作るとか。


 ま、とにかく駄文書いてる暇があったら練習しなさいってことだ。
posted by hiro at 10:43| Comment(0) | 競技

2019年09月24日

10月月例、最終ホールで台無し



 しぶこ優勝おめ。外国勢、しかも実力実績抜群の3人をなぎ倒し(というより三すくみで自滅した感が強い)、8バーディノーボギーはやっぱり実力が頭一つ抜けてる証拠だよね。

 目標だった賞金一億円突破も果たしたし、次の目標と本人が言ってた賞金女王も現実味を帯びてきた。賞金女王になって、スポーツ紙の見出しに「シンデレラストーリ、完結。」と載る日も近いか。



 さて本題。日曜日は台風が近づく中、10月の月例競技。

2019-09-22.jpg

 風雲急を告る、的な空ではある。幸い雨には降られなかったが、その代わりにそこそこの強風。グリーン上のボールがたまに揺れるぐらい。午前中はまだましで5〜6m/sぐらい、午後からは少し強くなって8〜10m/sぐらい出てたと思う。そこそこ大きな灌木が轟々風で鳴ってたからね。

 よって、今回はパープレーなんて狙わず、ネット2オーバーつまり83ぐらいを合格ラインとすることにした。短い梅で40か41、長い松で42か43。

 で、結果を先に書いてしまうと梅38、松42で目標達成。良かったね。





 ・・・と手放しで喜べない事件が最終ホールであったんだよね。もう、終わり悪けりゃ全部台無し、って感じの。

seiseki20190922.jpg

 まずは良かった点から。

 この日はパッティングが絶好調。ミスは短いのを1つ緩んで外した(松3番)のと、登りの3mぐらいを打ちきれずショートした(梅6番)のと、エッジから登って下る10m位、パターで3つ掛かった(実質2パット・梅5番)した3つだけ、あとは微妙な距離がほぼ全て入ってくれた。

 特に梅4番、下りの4mでカップ4個ぐらい曲がるライン、左に30度向き、触るだけからのラインに乗ってジャストイン。これは気持ちよかった。一緒に回ったT石さんに「タイガーみたいですね」と言わしめたパットだった(いやそれ100%社交辞令)。

 でも実は前日の土曜日、ホームの練習グリーンへ行き、2時間弱、短いパッティングを練習してたんだよね。そこでいくつかの気づきと閃きがあった(そのせいで今日は腰が壊れかけのレディオだったけど)。それが結果に結びついたのかもしれない(たまたまかもしれない)。

 その件についてはまた後日。パットに悩む方必見!(じゃないかもしれない)。

 ショットは相変わらず良いのと悪いのが極端で、基礎練習をもっと積み重ねないといけない事を痛感した。プレッシャーが掛かった時に打てないと意味がないからね。



 さて、最終ホールの話。あんまりしたくないけど。

 上に書いたとおり、この日は強風&腰の筋肉が張りまくりで、無理せず、いつもの7割ぐらいの力感で振ってたんだよね。それがうまくハマって前半は出来すぎの結果だった。

 しかし後半、実力発揮でボギーが続き、そうするとだんだん肩に力が入ってきて球が曲がりだす。それでも自制しつつ、8番まで4オーバー。そして最終ホール。ここでパーなら(ネット)3アンダー、ボギーでも70台。

 ティショットは絶対入れてはいけない左バンカーを避け、右ラフ。2打目は145y+打ち上げ15y、フォロー。ここで悪魔が囁いた。

悪魔「ラフだけどライもいいし、(6番持って)グリーン奥へこぼしたらボギーになるし、最近アイアン飛んでるし、フォローだし、7番で楽勝で届くんじじゃね?グリーンに乗せられたらバーディあるかもよー」

 はい、今まで17ホールの我慢を帳消しにして余りある最悪の選択をしてしまったのでありました。6番で軽めに安全に打っときゃいいのに、7番で強振!

 結果は書かなくてもわかるよね。タコ踊り120%腕力スイング。この日最低の当たり(ある意味今日イチ)はダフリ引掛けでバンカー手前へ。トホホ。

 打ち終わってから冷静になるも、こんな状況でバンカー越えの苦手な45yアプローチなんて成功するはずがなく、チャックリしてバンカーイン。まあそりゃそうだ。火を見るよりも明らかってやつだ。コーラを飲むとゲップが出るってやつだ。

 バンカーショットも厚く入って出ただけ。5打目でようやく80cmに寄せ(これはうまく打てた、ってもう後の祭りやがな)、1パットダボ。最後にダボ。17番までダボフリーで来てて18番でダボ。スコアを意識した途端に3連続スカタンミスしてダボ。これを「最低の終わり方」と言わずしてなんと言うのか。


 この日の教訓

・最後まで一貫性を持った攻め方をしましょう

・ボールは腕力ではなく、リズムとタイミングと体重移動で飛ばすんです

・40y〜60yのアプローチももう一度やり直しましょう

・右が怖い時は右を向き、左が怖い時は腰を切りましょう

・プレッシャーが掛かった時にきちんと打てないのはきちんと打てる力がないのと同じ


 まだまだ修行が足りませんわ。っていうか、単にアホなだけ?(いや、単にヘタなだけ)



 ちなみに優勝スコアはネット69で、71の私は4位だった。あーあ。
posted by hiro at 12:12| Comment(0) | 競技

2019年08月27日

夏休み(その2)、は8月月例のこと


 というわけで夏休みも最終日。この日は月例競技。木曜のラウンドよりはちょっとだけマシだったけど。

 トホホその1:パーオンが8ホール、寄せワンが4個あったのに80切れず。

 トホホその2。3パット1個、4パット1個。

 トホホその3。OB2つは両方ともアイアン、しかもティショットで。


 という中途半端なラウンドだった。途中までは。



 前半、5番の4パットダボ、7番のティショットOBトリプル以外はほぼ問題なかったので、スコアは悪いけど仕方ないかと。

 しかし後半、左が浅い2番パー3で絶対にやってはいけない左引掛け(=恐がって腰が止まってる)でOB。何回同じ過ちを繰り返すんだ。アホ。

 さらに4番パー5はティショットと2打目はパーフェクトだったのに3打目のウェッジショットが緩んでマウンド越えのパットが残り、ファーストパットはビビってショートして3パットボギー。これでもうぶちギレた。自分の不甲斐なさに。


 おいhiro。お前は何のためにゴルフをしているのだ。楽しみながら自分のベストを尽くし、その上で70台を出すためじゃないのか。それなのに、「パットで大オーバーしたくない」「OB打ちたくない」「アイアンでスライスを打ちたくない」「大叩きしたくない」という、後ろ向きでネガティブな思考でラウンドして、楽しいのか?

 楽しくないよな。もう一度考えてみろ。「3パットしない」ためにゴルフしてるんじゃないだろ?その場で自分のできることをやりきる事が大事なんだろ。「OBを打たない」ことが目的じゃないだろ?OBを打たないためにはどうするか、それを考えるのが楽しいんだろ。

 守りとネガティブは違う。そんなに失敗したくないんだったら、最初から8番アイアン1本でラウンドしろよ。今のお前のゴルフは自縄自縛、自分でつまらなくしてるんだよ!



 という内なる声が聞こえてきた(注:あくまで比喩表現です。精神を患っているわけではありません)。よしわかった。ここから反撃だ。私はスコアカードに線を引き、ここから全ホールバーディを狙いに行くつもりでラウンドする。



 5番はスプーンで気合いの満振りフルショット、230y左ラフ。2打目8アイアンでピン横5mにオン、バーディパットは1筋外れパー。

 6番パー3もいつも1番手上げてコントロールするんだけどこの日は130yを9アイアンでフルショット。ちょっとダフって乗らず、寄せワンでパー。

 7番もスプーンでティショット、フェアウェイ右サイド。2打目165y、6アイアン、ハーフトップで右手前バンカー。左を恐がって腕が縮んだか。3打目、砂が極端に少なく、下が硬いライから。フェースを開かず普通のダフリショットで脱出を試みるも、ちょっと緩んだのか距離が出ず、脱出失敗。しかもボールはスタンスの足あとの中に転がり込む。

 もう一度、さっきの2倍ぐらい飛ばすつもりでショットし、下の土ごとボールを叩き出す。何とか出て2mに。これを気合で入れてナイスボギー。パットは気合だ。俺ぐらいのトホホレベルだと特に。

 8番パー5、ドライバー。当たりは良かったが右へ出て(まだ左を恐がってる)フェアウェイバンカー。昨夜の雨で砂が固まりライは良い。2打目ユーティリティで会心、残り125y地点ラフへ。3打目9アイアン、左奥のピンに突っ込む。突っ込みすぎてオーバー!と思ったらワンバウンドでピンに当たり、80cmに。1パットバーディ。

 9番もドライバーフルショット、軽いフェードのつもりが大スライス、右の深いラフ。2打目ユーティリティで残り60y地点まで、3打目ウェッジショットでピン上6mに、2パットボギー。

 というわけで。

seiseki201908251.jpg

 線を引いた後の5ホールで1バーディ2ボギーの1オーバー。全部バーディは獲れなかった(当たり前だアホ)けど、それなりにがんばれた(ラッキーもあったけど)。


 この日のラウンドを終え、私はもう一度、自分自身にこの歌を捧げたいと思った。


 ♪ ぼくも きみも YDK

 ♪ ほんとは みんな YDK なのさ


(YDK=やれば できる こ)



 提供は明光義塾でお送りしました。
posted by hiro at 13:19| Comment(0) | 競技

2019年07月23日

2019年度キャプテン杯決勝(3)


 やっと昼食。しかしここでもインターバルは1時間15分。うんざりだけど仕方ない。軽い昼食をとり(お腹いっぱい食べるとスイングにも自律神経にも悪影響が出る、ということを3年前の競技で教えてもらった。その代り、ラウンド中におやつを食べるのだ)、30分ほど委員のT林さんのお話を聞き、再び練習グリーンへ。

 和気藹々と喋りながらパッティング練習する者。一人黙々とボールを転がす者。しかし私は違う。1ラウンド終了し、食事をし、1時間弱座り続け、体は副交感神経が優位になっている。つまりぼんやりしているのだ。そんな体に活を入れるため、十分なストレッチをする。涙ぐましいセコさであるが仕方がない。そんな事でもしないと猛者たちと戦えない若輩者で臆病者で虚弱体質なのである。

 最後の5分だけパッティングをし、勝負の竹コース、いよいよスタート。



 復習しておくと、私の場合、竹で難しい(パーが取りにくい)のは2番、3番、4番、6番、7番、9番。つまりフツーにラウンドしたら42がせいぜいなのだ。つまり目標の41でラウンドするためには、その難しい6ホール中で1つはパーを取らなければいけない。え、他のホールでバーディ取ればいいじゃんって?バーディを取る、なんて考えた時点でダボになりますから。これは謙虚なのではなく現実である。

 パーが欲しい1番、420y打ち下ろしのパー4。ティショット右ラフながらまずまず、2打目165y打ち下ろし、奥は難しくOBが浅いので花道狙いで7アイアン軽め。うまく打ててグリーンまで5yほどの花道へ。ピンは奥。ライが良いので、50度左一本足打法で、フックすると思ってピンやや右を狙う。うまくコンタクトできたが、球はピン左へ。

 しかし何ということでしょう。ボールは軽く右へ曲がっていき(笑)、そのままカップイン。チップインバーディ。今日一番のラッキーが出た(その6)。

 2番。先週ピンを狙ってトリプルボギーを叩いた轍を踏まないよう、今日は1番手落としてく花道狙い。しっかり素振りをし、ルーチンを完了し、いざ打とう、と思ったらボールに虫が。追い払うのに5秒ぐらい掛かる。

 ここはいったん外してもう一度素振りからするべきだった。しかしオナーだし、前の組はグリーンを開けて待ってくれている。これ以上待たせるのは悪い(そう、私、すごく気が小さいんです)。そう思い、ろくにルーチンもしないままショット。思い切りダフってボギー谷(グリーンの横の窪地)へ。ってこれ、おもいきりいいわけだな。

image6311.jpg

 やっちゃったことは仕方ない。ボギーで上がれる可能性はまだある。ボギーなら良しだ。2打目地点、ピンまで16yぐらい、ボールのライは悪い。直接グリーンに落とすと反対側まで転がり落ちる(砲台しかも馬の背っぽいグリーンで左右の幅が狭いのだ)。

 スピンを掛けるような腕もなく、グリーン上に止める距離感もない私はワンクッションでグリーンに転がしあげる作戦に出た。9アイアンで。完璧にうまく打てた!と思ったけど1yキャリーが足らず、さらにボールは思った以上にラフに食われて乗らず。3打目も寄らず、パットも入らず、ダボ。ここはいつも鬼門なんだよなー。

 しかし1番のチップインバーディがあったお陰で、2ホールで1オーバー。目標通りじゃないか。気を取り直して次だ。しかし、一度悪くなった流れは止まらない。

 3番左ドッグレッグパー4。ティショットは思い切り右へ。OB杭まで2mのベアグラウンドへ。幸いなことに湧き水のせいでカジュアルウォーター扱いにできた。ましなライにドロップ。しかし、前方には大きな木が二本生えていて、10y先の左と50y先の右の木の間にグリーンが。

image6511.jpg

 この画像を見たらよく分かる。無理に決まってるよね。プロじゃあるまいし。120%レイアップだよね。でも、なぜか「近くまでは持っていける」なんてアホな判断をしちゃうんですねーバッカですねー傲慢クソ野郎ですねー。

 ユーティリティを強振。まあ当然のように右の木に当て、ボテッと木の横に。ここでやっと自分がバカなことをしでかしたことに気づく。このホール、レイアップしてボギーでもまったく問題なかったのに。

 つまり、「ダボ叩いたけど1番2番の2ホール合計で1オーバーだから想定内だ」と口では言っても、本当は「せっかくバーディ発進だったのに、ダボなんて叩いてしまった。このホールで取り返してやる」と心の中では考えてたんですな。救いがたいおバカさん。

 3打目、7アイアン、まあこういうときのショットはえてしてミスになるよね。右奥へこぼす。4打目下り傾斜のグリーンに対しウェッジショット、ちょっと強く入って5mのパットが残る。やっぱりというか当然というか、外してダボ。連続ダボ。

 ・・・・と思ったけど、hiroくん頑張った。薄め強めで、気合のパット!カップ真ん中から入った!スーパーウルトラ(ミラクル)ナイスボギー(自分で言うな)。


 あとから思えば、このパットが分水嶺と言うかこの日のクラッチパットだった。この後、俄然流れが良くなる。


 4番、558y、グリーン手前まで打ち上げのパー5。実質600y弱。ティショットはこの日最悪の引っ掛け、左OB方向へまっすぐ。99%ダメだ、と思ったら木にまともに当たってラフへ戻ってきてくれた。150yしか飛んでないけど超ラッキー(その7)。

 2打目、やや沈んだライからユーティリティで。うまく打てた。190y。3打目残り220y、打ち上げを入れて240y。3オンの確率は1%以下だろう。5アイアンでレイアップ。ちょっと当たりは悪かったけど想定内。そして4打目、100y打ち上げ。PWで頭を残すことだけを考えてショット。手応えはよし。あとは距離だけだ。

 グリーンへ上がってみるとピンハイ5mにオン。ここまで上手くいくと、このパットも外れる気がしない。のぼりややフック、今度も強め薄めで。思い通りのラインを描き、カップに沈む。ハイパーウルティメット(ミラクル)ナイスパーだ!!


 教訓。やっぱり勝負するよりレイアップしたほうが結果がいい。それはきっと心の問題なんだろう。


 難しい4番をパーで上がり、5番ホールは一息つけるまっすぐのパー4。ここで、ドライバーが覚醒する。トップからの切り返し、左足の踵を下ろすことだけを考えでスイングするのだ。そしたらオートマチックにヘッドが降りてくる。

 ティショットは240yまっすぐ。2打目6アイアン、ダフるもエッジから2mに。ピンまで20y、ユーティリティで転がし、1mのパットを沈めてパー。ユーティリティ転がし成功率100%だぜい!(3/3)。同伴競技者のT林さん(HDCP3)が褒めてくださった。嬉しい。


 そろそろ体は限界に近いが、ここからきさいちのアーメンコーナーだ。最難関、40y打ち下ろしのパー3と左90度ドッグレッグのパー4。この2ホールを2オーバーで切り抜ければ、目標達成が見えてくる。inゼリーのバッタモン(amazon.com)で栄養補給し、オラに元気を分けてもらう。


 パーなんかいらない、ボギーでいい(でもダボは絶対ダメだ)と自分に言い聞かせながら、6番のティショットは4アイアンで。引っ掛けて左OBだけはダメだ。でも左を怖がって大きく右へいくとダボもある。怖がらず、4アイアンで捕まえにいく・・・も、やっぱり怖かったんだろう。出球は良かったけれど、左へ曲がらずまっすぐ。グリーン右手前のグラスバンカーに。

 2打目、ほんの少し左足下がりだけど球はラフに浮いている。これならピッチショットが打てるかも(←「かも」と考える時点で駄目だよね、そんなショットを選択したら)。フェースを開き(ボギーでいいんだからら普通に乗せるだけにしとけ)、コックを使い(頼むからやめとけって!)、ふわっと上げるイメージ(無理だって!!!)で15yのアプローチ(ダメーーー!!!!)。

 さくっ!という音は聞いた。球は?上にはない。低くまっすぐ出てる。あかん、大オーバー・・・?と思ったらピン奥3mに止まった。

 解説しよう。ダルマ落とし的にコンタクトし、ヘッドスピードが足りなかったので高く上がらず、逆に柔らかく出ていわゆる「死んだ球」になり、完璧に結果オーライになったのであった。ラッキーその8だ。そして、このパットも奇跡的に入って超結果オーライのパー。相変わらず綱渡りである。
 


 7番、私的にきさいち最難関ホール。RPGで言えばラスボスである。ついに対峙する時が来た。この緊張感と高揚感、これこそが競技の醍醐味だ。

 先週も書いたとおり、230y以上飛ばし、かつ200y先の30y間に打っていかなければいけない。おまけに右は即アウト。左はボギー谷。上級者にとっては簡単なことかもしれないが、私の腕では90点以上のドライバーショットが要求される。

 でも、ボギーでもいいとは言え、ティショットからミスを恐れて刻むという選択肢はない。ここは自分の勇気と向き合う試金石といえるホールなのだ。

image591.jpg

 そのティショット。たまたま私がオナー。緊張感は最高潮。でも、5番ホールで覚醒したドライバーショットがある。怖がらずに振り抜くのだ。勇者hiroよ!

 カシッ!かいしんのいちげき!やや低めの、ごく軽いフェード。ボールはカート道のやや右、240y地点のラフへ。ラスボスに対する先制攻撃としてはこれ以上無いショットだ。

 2打目、残り200y打ち上げ、軽いラフからということを見越してユーティリティで。ややヒール寄りの当たりでグリーンに届かず。思いきり振れなかった。ちょっと合わせにいっちまった。

 3打目は花道から25yのアプローチ。今年に入って練習している、50度ウェッジの左一本足打法でちょうどの距離だ。打ち急がず、しかし緩まず。練習通り打てた!ちょっと強いか・・・?いや、スピンが効いてホールに向かっている。ラインも出た。まさか?

 ボールはカップの10cm横に止まった。ただミスしたくないという気持ちで打っただけなので純粋に偶然である。ここへきてこんなラッキー(その9)が起こってくれるなんて。タップインパー。ラスボスを倒した!



 これで5連続1パット、2オーバー。しかし実は、竹コースはここまでパーオン0回なんだよね。どれだけ(偶然の)アプローチとパットに助けられてるかってことだ。



 さて、ラスボスは倒したが、まだ終わったわけではない。あと2ホール、そこでスカタンをすれば水の泡。最後にやらかすのは私の得意技。ここからは気力だけを武器に戦っていく。

 8番、556y。打ち下ろしまっすぐのパー5。ティショット、左へ引っ掛けないよう、リキまないよう体重移動だけで打っていく。良いショットが打てた。しかも、フェアウェイ右サイドのカート道に着弾し、大きく前へ跳ねる。もうなんかツキまくってて怖いんですけど(ラッキーその10)。

 2打目、240yなだらかな打ち下ろし。「ここからなら2オン狙えるね」とT林さん。「いえいえ、さすがに無理ですよ」と私。4Wで、あえて軽めに、楽に打つ。でないと絶対にリキんでとんでもないミスを出すのが私である。

 すると、手ごたえ、球の高さ、軽いフェードの弾道、そのどれもが今年一番、いや10年に一度の会心。ひょっとしたら・・・・手前のダウンヒルでうまく跳ねてくれたんだろう(ラッキーその11)、ボールはグリーンの一番手前にオン。2パットでバーディ。ちなみにイーグルパットは80cm左へ曲がり、この80cm、この日一番緊張したパットだった(笑)。


 最終ホール、池越え390y打ち上げパー4。ティショットさえ失敗しなければボギーでは上がれる。ボギーでいい、いやむしろボギーを取りにいこう、なぜならここで調子に乗ってパーとかを狙うと7とか8を叩くののが私だからだ。

 ティショットフェアウェイ右、2打目ユーティリティで右バンカー。はい来たバンカー。大叩きへの落とし穴。30y近いバンカーショットだけど、とにかく思いきり振って脱出第一!頼むから出てくれ!ちょっと厚めに入るも、なんとかグリーンオン。ファーストパットは1mオーバー。

 最終ホールのパットは強めに、と宇賀神さんは言ってた。緩んだパットで入れるより強気で外すほうが悔いが残らないと。ピンにぶち当ててナイスボギー。



 戦いは終わった。

seiseki20190721.jpg

 グロス119(11オーバー)、ネット104(4アンダー)、フルバック27ホールのベストスコア更新。特に後半18ホール、7021yパー72を38・38で回れたのは奇跡に近い。そして結果は・・・


2019-07-21 17111.20.38.jpg

 3位でした。ありがとうございました。


 優勝者はHDCP11の予選トップの人でネット7打差(54ホール)。2位の人とはネット6打差(同)。予選14位じゃ、流石に無理だったよなあ。2位の人なんてHDCP6なのに決勝で109(グロス1オーバー)でラウンドしてるもんなあ。そりゃ勝てん。

 でも、グロス119は21人中4位だったから、ちょっとは胸を張れるかな、と。去年は130叩いて予選落ち。一昨年は決勝の直前にギックリ腰を発症しやっぱり130。その前の年は松で50叩きながらも124ストロークで3位。2度めの3位ということになる。



 今回、とにかくラッキーが頻発したのはツキ以外の何物でもないけど、0.1%ぐらいは1月からレッスンを受けてる成果が出てくれたかなと。しかし、それより何より、一番不安な50y〜60yのミドルレンジアプローチが1つもなかった事が大きかった。もちろんその距離が残らないよう気をつけてはいたけど、それでも2つや3つはあるもんだしね。これこそが最大のラッキーだったかもしれない。

 というわけで、ラッキー7割、頑張り3割という、まずまず満足なキャプテン杯はこうして幕を閉じたのであった。6番ホールぐらいから「風の大地」か!みたいな長々とした描写になってしまいすいません。
posted by hiro at 12:57| Comment(2) | 競技

2019年07月22日

2019年度キャプテン杯決勝(2)


 失意(ってほどでもないけど)のハーフを終え、次の松コースのティイングエリアへ。するとカートが8台も待っている。聞けば一時間待ちだとのこと。

 キャプテン杯は27ホール競技なので、午前中にスルーで18ホール、食事後に9ホールラウンドするのだが、そのスルーで回れるはずのインターバルが1時間待ちって。こんな事は初めてである。

 アコーディア(というパブリックライクなメンバーコース)とは言え、仮にも三大競技当日。こんな日にまで一般ビジターやエントリー数を優先させ、年に何度もない特別な競技を疎かにするというのは如何なものか。

 誤解してほしくないが、「競技しているものは偉い。だから最優先でラウンドさせろ」と言っているのではない。安くない金額を払ってメンバーになり、年会費も払っている。それは誤解を恐れず言えば「競技に出る権利」を買っているということだ。それがメンバーの大きな権利の1つである。

 その競技の、円滑なラウンドよりも金儲けを優先するという会社の態度に不信感を抱くのである。今回のこの仕打ちはさすがに酷いと思ったのか、競技終了後、偉い委員の方々がコースと話し合っていた。そりゃそうだ。三大競技参加者はクラブの顔役みたいな人ばっかりである(私を除く)。そんな、コースの功労者(私を除く)に対してこの仕打ち。ほんま訳わからんわ。

 親会社の方針なんだろうから、コースの人は悪くない。でも、いくらなんでも酷いので何とかしてほしい。


 

 とまあそんな事はさておき。

 この前代未聞の1時間待ちという事態だが、それが逆に、スカタンだった梅のラウンドをリセットしてくれることになった。具体的には、30分ほどいた練習グリーン上で、パッティングの大きなヒントを得たのだ。それにより、17パットだった梅から一転、松で15パット、竹では11パットという奇跡を生む。

 ラウンド前の練習グリーンで新しい気づきがあるなんて、まるで試験の10分前まで教科書を見直すような悪あがきだけど、やってみるもんである。ちなみにそのヒントはごく個人的なことなので、公表できるようなものではありません。

 ちなみに、この日月例に出ていたT石さんとその練習グリーンでお会いしたのだが、研修会の知り合い同士が和気あいあいと話しているのを横目に、ひとり孤独にプレーしていた私にとって、T石さんは地獄に仏、というと大げさだけど、話ができてちょっとホッとした。

 脱線ついでに。競技の時は緊張しすぎても緊張が抜けすぎても良くないと思う。でも、適度な緊張感を保つのは難しい。私の場合、待ち時間などで茶店に入って椅子に座ってまで雑談をしたり、仲間とゴルフと全く関係ないような話をしたり、バカ話で笑ったりしてしまうと緊張の糸が切れてしまう。

 だから、基本的には皆と距離を置き一人で過ごすことが多いのだが、逆にまったく喋らないでストイックにゴルフだけに集中できるほど心は強くない(寂しくて泣きそうになる)。だから練習グリーンでT石さんと喋れたのは本当にいい気分転換になった。高石さん、あの、「頑張って!」効きました!ありがとうございました。今度茶店でコーヒーご馳走してください。いや、させてください。




 さて、ようやく松のスタート時間。

 1番、右のOBを警戒しすぎて左ラフ。2打目、前回無理にグリーンを狙ってミスしたので花道にレイアップ、のつもりが当たりが良すぎて右手前バンカーに。出して2パットボギー。まあでも、想定内。

 2番240y打ち下ろしのパー3。4アイアンで花道狙い。少し当たりが悪く、40yのアプローチが残る。50度の左足一本足打法で打つも、ややハーフトップ気味に入り、左ピン上にオン。4mの速い下りのパット、大オーバーしないように距離を合わせて打つと、偶然ラインに乗ってカップイン(ラッキーその1)。パーを拾う。

 3番難しい左ドッグレッグ打ち上げのパー4。ティショットは右ラフ、木の後へ。無理に狙うかどうか迷ったけど、グリーンまでは220y。狙ってグリーンに乗る可能性は0.1%ぐらいだろう。で、ダボやトリプルになる確率は99%ぐらいだろう。レイアップを選択。3打目は残り150y打ち上げ、7アイアン。この日一番の(やっとアイアンが当たった!)ショットでピン上2mに、これも速い触るだけのパット。お触りは得意である。流し込んで思わずガッツポーズ(恥ずかしー)。でもバーディに匹敵するナイスパーだった。

 松の出だし3ホールは2オーバーの計算なので、1オーバーなら上出来だ。

 4番パー5。ティショットはまずまず、2打目6アイアンでレイアップ、がダフって140y残る。3打目8アイアン、クォーターパンチショットのつもりが良い当たりすぎて奥へこぼれる。深いラフからのアプローチ、下り傾斜で止まらず、上り6mから2パットでボギー。もったいない、けどまあこんなもんだ。

 5番、まっすぐのパー4。ティショットヒール目ながら右の浅いラフ、2打目160y上り、6アイアンでまずまずも砲台斜面に阻まれて手前のエッジ。でも奥へ行くと難しいからね。パターでカップ下1.5mに、1パットパー。このあたりのパットが本当によく入ってくれた。

 6番、150yのパー3。右のピンに対し右へ外してしまうも、ライが良かったので伝家の宝刀ユーティリティの転がしで。偶然OKの位置まで寄ってくれた(ラッキーその2)。タップインパー。

 この時点でのユーティリティのアプローチの成功率は2/2、100%。2年前から取り組んできた成果が出てる。それよりも、ユーティリティを使ったほうが寄るな、という鼻が効くようになってきたというのが大きいかな。

 6ホール終わって2オーバー。何とかこのまましのいでいきたい。我慢だ。慢心するな。

 7番は打ち下ろし411yのパー4。ティショットはやや先で引っ掛けるも、カート道で大きく跳ねて下の段まで(ラッキーその3)。2打目は残り80y、ウェッジフルショットの距離だ。でもこういう何の変哲もない所からミスするのがhiroクオリティ。中途半端な手打ちになり、10y近く引っ掛けてセンターのピンに対しグリーン左端にオン。

 でもめげない。なぜなら私にはこんな事日常茶飯事だからだ。パットは登って下りのスライスライン。難しいがセカンドパットのことを考え、とにかくオーバーさせる。1mオーバー、返しは微妙なフックライン、登り。パットは技術じゃない、腹を括れるか括れないかだ、と自分を鼓舞し、まっすぐピンにぶつけるつもりで。打てた。パー。

 8番パー5。左へのOB率50%、右のバンカーに入れる確率60%、計算が変だけどつまりまあほとんどどフェアウェイへ行かない(私の場合)ホール。しかもフルバックからだとティショット打ちおろしとはいえ600y弱。2打目以降の距離を考えるとフェアウェイに置きにもいけない(すいません見栄を張りましたドライバーで置きにいくショットなんて打てません)。

 それでもOBよりはましだと右狙い。そのままバンカー方向へ。しかし最後のキックでバンカーを避けてくれた(ラッキーその4)。2打目はユーティリティで。つま先上がりのラフというちょっと気持ち悪いライながら、最高にうまく打ててフェアウェイセンターへ。3打目130y、9アイアンフルショットと8アイアン押さえ気味で迷い、少しでもラインが出る8アイアンを選択。これがハマってややダフりながらグリーンを捉える(そういうのはハマった、とは言わない。結果オーライというのだ)。2パットパー。

 最終ホール、打ち上げ356y、実質390y。ティショットは左のバンカーを避けるため、ドライバーを長く持っていつものフェード狙い(注:あくまで努力目標で実際に打てることは少ない)で行くか、それとも今までどおり短く持ったままセンター狙いで行くか。やはり流れは大事だと思い、短く持ったまま真っ直ぐ立つ。これが吉と出た(ラッキーその5)。芯を食ってフェアウェイセンター。

 2打目は140yきつい打ち上げ、この距離から、いつも7番なら届かず、6番だとダイレクトにオンして奥へこぼれる。今日のピンは手前なので、奥へこぼすとダボもある。クォーターのコントロールショットは7番までは練習してるけど6番になると確率が下がる。

 ショート覚悟で7番。左足上がりだけど体重移動を意識して。するとこれが嘘みたいなナイスショットで、ピンを刺して飛んでいく。ピン3m手前に着弾し、8m奥にオン。打ち上げを入れると160y近く飛んだことになる。ひょっとしてアリナミンが出た?(井戸木プロのギャグ)。慎重に寄せて2パットパー。

2019captaincup_final_2.jpg

 というわけで、終わってびっくり、2ボギーの38。松フルバックからのベストスコア。まあラッキーが5つもあったから、下手すると43ぐらいだったのかもしれないけど、とにかくパットがよく入ってくれた。アプローチもうまく打てた(グリーンを外した5ホール中3ホールで寄せワン)。微妙なラインも多かったけど3パットもなかった。

 というわけで息を吹き返し、43・38の81ストローク。予定では40・41の81だったけど、俄然やる気が出てきた。次は難関の竹である。ぼちぼち体も固くなってきた。気持ちもいっぱいいっぱい。そんな中、あと9ホール我慢できるのか?でも41でいいんだ、パー4つでいいんだ、ボギーを5つも出せるんだ(ただしダボはダメ)、と考えると少し気持ちも楽になった。


 そろそろ飽きてきてると思うけど、もう一回だけ続くのじゃ。よろしくお願いします。
posted by hiro at 18:56| Comment(0) | 競技