2019年01月28日

1月月例もトホホ


 片手のシングル(片手は骨折治療中)、N條さんの復帰記念月例。いつものT石さんと本物の上級者F本さんの4人で。


 しかしやっぱりスイング改造中に月例なんかに出ちゃいけません。チョロレベルのミスが出て情けなくなる。

seiseki20190127.jpg

 バーディ2つは8割ラッキー。梅6番はユーティリティのティショット◯から2打目のウェッジショットがピン上8mに付き、ほぼ触るだけのパットが先生(すぐ後ろから同伴競技者のT石さんが打ってくれた)のお蔭でラインが分かり、ラインに乗せたら勝手に入ったって感じ。

 松2番はユーティリティのティショットを左へ引っ掛け、ほぼOBと思ってたら左手前のマウンドに当たってピンハイ1mに付いてた(ティイングエリアから見えなかった)。



 ただしそういうラッキーを帳消しにして余りあるトホホもたくさんあった。っていうかそれが今の実力なんだけど。

 アイアンはほとんどが出だしから右へ出て、そのまま真っすぐかさらに右へ曲がる球。アドレス・ポスチャー・球の位置の全部を変えてるから仕方ないけど、アームローテーションを強調してる(つもりな)ので、左へ引っ掛けるのが怖いんだろう。でも、出球が右っていうのはドローが出る第1段階だと思う。出球がいきなり左より良いよね。

 ドライバーは離れ過ぎなのか、トップしたりチョロしたり先に当たったり。まともに当たったのは1発だけ。まあほとんど新ポスチャーで練習してないしなあ。

 ユーティリティはだいぶいいショットが増えてきたけど、頭叩きチョロを1発してしまった。

 アプローチは酷いミスが2つあったけど、ライさえ良ければ寄せワンが取れるようになってきた。でもライが悪いと不安マックス。恐怖症がぶり返さないようユーティリティで転がしてる。

 パットは入れ頃外し頃がそこそこ入った。チップイン無しで29パットはまずまずかな。まあパーオン率が低すぎるので必然的に減るんだけどね。相変わらずダボオン1パットボギー多し。


 トータル84、ネット75。8位でした。冬は(ネット)パープレーで優勝のチャンスがあるんだけど、もう一息だねー。
posted by hiro at 11:28| Comment(0) | 競技

2019年01月05日

初競技・新年杯


 明けて1月2日。新年杯。67歳、68歳、80歳(!)のベテランさん3名とご一緒させて頂いて。いい天気です。

1-2019-01-02 09.43.40.jpg

 しかし、いくら厚着をしてもカイロを貼っても、この時期1日外にいるというのはキツイ。暖かくしすぎると汗をかいて不快&後から冷えるし、かといって暖かさをセーブすると体が冷えてゴルフどころではなくなる。

 体が冷えるという現象が健康にこれほど悪いとはちょっと前まで感じなかった。つまりはまあ、老化によって適応力が落ちてきてるってことなんだろうね。そう考えると80歳で真冬に競技に出てこられるというのがいかにスゴいことかがよく分かる。私も80歳までゴルフしたいなあ。あと25年か。体が持つかな。



 さて、新年杯の結果。目標より5打多かった。ネット76。それでも5位入賞。優勝はパープレーだったからやっぱり5打及ばず。

1-9113494408946.jpg

 内容はまあ、あれだ。いつもどおり。

seiseki20190102.jpg

 パーオン率22.2%・・・アイアンひどい。
 バーディなし・・・相変わらず。
 33パット・・・3パット3個はあかんやろ。
 寄せワン6個・・・パーオン率がアレだからね。
 OB2個・・・1個にしとけ。
 上がり3ホールで2オーバー・・・メンタル弱し。

 まあ全然変わってないってことで。帯状疱疹を患ってからずっと練習してないから、まあこんなもんなんだろうね。



 本日のベストショット。最終ホール、ティショットは気持ちよく振り抜けて芯を食ってフェアウェイ右サイド、いつもより5yほど飛んでた。2打目も140yきつい打ち上げ、155y必要。6番か7番で迷った挙げ句、7番を持ちフルショット。完璧な手応えで球は高い放物線を描き、ピンをまっすぐ刺す。

 本日のトホホショット。その完璧と思われたショットは5yショートし、砲台グリーン手前の土手に当たって20y戻ってくる。やっぱり6番だった・・・orz。

 アプローチ寄せきれず、2パットでボギー。やっぱり過信したらあかん。特にアイアンの飛距離で。
posted by hiro at 11:24| Comment(0) | 競技

2018年12月17日

12月月例


 昨日はホームコースで今年最後の月例。朝7時半スタートなので、6時半過ぎにコースへ。車のフロントグラスも練習グリーンも本グリーンも凍結してた。今年初。氷点下1.5度だもんね(コースは平地より2度ほど低い)。

1-2018-12-16 07.41.16.jpg

 前半は安全運転で。パーとボギーが交互に来るような展開で、いまいちピリッとせずグズグズと前半最終ホールまで来てしまい、最後で3パットをやらかして42。ショットとパットであと1つづつ減らさんとあかんかった。

 グリーンだけど、相変わらずそこそこのスピードが出てて(9弱)、でも霜が降りているところは当然重く、なかなか打ちきれない。っていうか、競技になるとパットのインパクトが緩んじゃう。ヘタレすぎるわ。なんかアホほどオーバーしそうな気がして打てなくなっちゃうんだよねー。

 後半。竹コース。まだ昼前なのにすでに夕方感が。

2-2018-12-16 11.09.48-1.jpg

 1番は2打目プッシュ、アプローチは反対側にオーバーさせて4オン1パットのボギー。2番パー3は1オンしてパー。155y軽い打ち上げアゲンストを6番で打って当たりは悪くなかったのにピンには10yショート。やっぱり寒さで飛ばなくなってる。

 いい感じだ、と思ったら難しい3番で左引っ掛けOB+3パットのトリプルボギーを叩いてしまう。次の4番パー5でも1mを外してボギー、5番はドタバタして得意の4オン1パットボギー。

 5番打ち下ろしパー3。ここから難しいホールが続く。

3-2018-12-16 12.47.31.jpg

 U4番でこのホール私史上最高のショット!上3mに。でも外してパー。

 7番左ドッグレッグのパー4。3Wのティショットまずまず、2打目5アイアンは珍しくきちんと当たって2オン、2パットパー。

 8番打ち下ろしのパー5。ティシットは左引掛けでラフ(いつも左へ引っ掛ける。学習能力ゼロ)。2打目4Wでまずまず、3打目95y打ち下ろし、50度のウェッジでピン下6mに、2パットパー。

 最終は距離の短い打ち上げのパー4。ティショットはチーピンに近い球で170yしか飛ばず。2打目130y打ち上げ、カートのGPSは「ピンまで123yです」と嘘ばっかり言う(実際ピンは一番手前だったから合ってるのかも知れないけど、超絶な登りだしね)けど騙されず、8番と7番と迷って7番で。ちょっとふけるも右手前グリーンエッジへ。パットは10cmショートし、パー。

 というわけで。

seiseki20181216.jpg

 グロス84、ネット76、4オーバー。この4打が簡単なようで難しいんだよな。もったいない(ちょっと気をつければ節約できる)のはパットで2つ、ショートゲームで2つ、ショットで2つかな。

 パットは打った瞬間ラインから外れてたり緩んだりという「一生入らない」ってパットが多数。

 ショートゲームは100y以内から乗せられなかったり距離感が合わなかったり。これも中途半端に運ぶという意識ではなく、しっかりショットする、すなわち決め打ちしないといけないと感じた。

 ショットはしょーもないミス(短いパー3で乗せられなかったり、何の変哲もないフェアウェイからダフったり)が多すぎる。1つや2つは仕方ないけど、5つも6つもしてるようではね。



 と課題も多いラウンドだったけど、難しい竹の上がり4ホールをパープレーでまとめられたのは良かったかな。優勝は無理でも、最後まで諦めす集中してベストを尽くす事は明日のゴルフにつながっていくはずだ、と自分を慰める編者であった。
posted by hiro at 11:38| Comment(0) | 競技