2018年04月23日

4月月例競技


 今月もやってきた、ホームコースの月例競技、だったんだけど。

1-2018-04-22 07.53.57.jpg

 月例になると「超ダメダメhiro」が出てきやがるんだよねこれが。(いや月例に限らんやん、ってツッコミはなしでよろしく)

 まあ今回は仕事が忙しくてほとんど練習できてなかった(はい出た言い訳その1)のもあるし、グリーンのコンパクションがだいぶ上がってきて以前のきさいちとは感じが変わってきた(言い訳その2)という事からグリーンの転がりも微妙に変化してきた(言い訳その3)気がするんだよね。そこそこ切れるようになってるような。

 あと、黄砂PM2.5に加えて日焼け止めで目がしばしばするし(その4)。歯は痛いし(5)、国会や新潟はパワハラ、セクハラ問題で紛糾してるし(6)、北朝鮮情勢は予断を許さないし(もうええって)。

 とまあそんな感じだけど、天気と気候だけは最高。

2-2018-04-22 09.41.17.jpg

 でも内容は最低。特に前半。

seiseki20180422.jpg

 珍しくバーディが2個あるけど、このときのアイアンは良かった。1番は165y打ち上げアゲンスト、5アイアンが芯食って(1年に1回の珍事)、ピン横50cmに。2ラウンド連続のモーニングバーディ。

 6番パー3は130yで、8アイアンの3Qショットがバッチリ距離が合ってピン奥3mに、上りのパットはカップ半個分ぐらいスライスで、なぜか打つ前から入る雰囲気が出て「入った」と宣言してから打って入れてやった。

 「何自慢しとんねんボケが」とどす黒い気持ちになったあなた、ご安心ください。この2つだけで、あとはほぼダフリ引っ掛けこすり球といつも通り。



 いやしかしやっぱりあれだね、小人(しょうじん)がナイスショットで朝イチバーディなんて取ったらダメだわ。すーぐいい気になって、「あ今日はショットの調子いいかも」とか勘違いしちゃって、謙虚な気持ちを忘れちゃう。

 2番はバンカーから脱出できずダボ。

 3番は190y先のグリーンを強引に狙いに行き、グリーンを狙えない所へ打ってしまってダボ。

 4番はティショットチーピン、2打目レイアップ失敗、3打目レイアップ、4打目でもグリーンに乗せられず5オン2パットダボ。

 5番は何の変哲もないフェアウェイからの9アイアンを地面からゾンビがはいでてくるぐらいダフってボギー。

 7番でやっとパーが出るも、すでにダボが体に染み付いてしまっていたようで。

 8番は3打目グリーン横のバンカー、4打目出すだけで3パットダボ。

 9番はティショットプッスラ、木の後ろへ。残り200y打ち上げ、当然打てず届かずなので4アイアンで低い球でレイアップ。3打目8アイアン、そこそこいいショットと思ったらピン奥へオーバー、下りのアプローチはユーティリティで打つもビビってショートさせ、4オン2パットダボ。

 バーディがなければ50叩いてた内容だよね。

 後半はやっと地に足が付き、謙虚にラウンドして4ボギーの40。大きなミスも少なく(中くらいのミスは多かったけど)、まあまあかな。

 最終ホールは3打目20yのアプローチがカップぶつかってタップインパー。ここ1年ぐらい(つまりアプローチイップスから脱却して以来)、ピンに当たったり入りそうになるアプローチが増えた。これは今のアプローチが間違ってないということの現れだろう。嬉しいよー。

 まあ、上手い人から見たらまだまだ危なっかしいスイングしてると思うんだけどね。
posted by hiro at 13:02| Comment(0) | 競技

2018年03月26日

謙遜しすぎもダメ


 だいぶ暖かくなってきて、桜のつぼみも膨らんできた昨日。ホームコースの月例競技。


 前半、なぜか何もかもが噛み合い、5ホールでパーオン(うちバーディ1つ)、パーオンできなかった4ホールのうち2ホールで寄せワン、1バーディ1ボギー1ダボの38。

 このとき、「これは自分の本来の実力ではない、だから後半はそのスコアを忘れて1打1打丁寧に打とう」と心の中だけで思ったのなら問題なかった。しかし、他の人に「すごいスコアでしたね」「ダントツ優勝じゃないですか?」「もう楽勝ですね」「上手いですね」などと言われ(有頂天になるのももちろんいちばんダメだけど)、

過度に謙遜するのは一番よくない

 と思い知った。


 なぜか。「いやいや、本当にまぐれです」「何かの間違いですよ。すぐ地が出ます」「後半はどうせ大叩きしますから」などと口に出してしまったら、無意識に脳がそういう方向で思考してしまう。そう、自分で「(ネット)アンダーパーでラウンドしている」という苦しい状態から逃げる口実を無意識の意識に与えてしまうのである。そうじゃない人もいると思うけど、少なくとも(ヘタレの)私はそうだ。

 その結果どうなるか。心も体も緩み、くだらないミスをしてしまう。冷静な判断ができなくなってしまう。中庸の心を保てなくなってしまう。(だから、そういうふうに言われたときは「ありがとうございます」「後半もがんばります」などと言えばいいのだ)。


 で、昨日の後半はまさにそんなラウンドだった。

seiseki201803251.jpg

 前半8番は2打目のフェアウェイウッドで頭叩きチョロ+3パットでダボ。まあでも難しい最終でパーをセーブできたから上出来だった。


 しかし後半。1番は、2打目左足下がりから思い切りダフってサブグリーンのバンカーへ入れてしまうという絶対やってはいけないミスが出てダボ。第二のグリーンを狙うべきだった。

 3番はOB+グリーンを狙うショットがオーバー(これもオンさせようと大きめにクラブをもったのが失敗)、奥からアプローチミス+3パットという全ショットミス。

 4番はグリーンを狙う3打目(7アイアン)が振り切れずにバンカーへ。この当たりからクラブが振れず、スイングが小さくなってきてたんだろう。

 5番も2打目のアイアンを思い切りダフる。

 6番パー3は大きく右へ外し、2打目のアプローチが飛び過ぎてグリーンオーバー(高い球で止めようとしたのが間違いだった。どういうショットを打つかではなく、どうやって少ない打数であがるかが大事なのにね)。3打目もトップ。パー3で素ダボ。

 7番は短いパーパットを外してボギー。

 最後2ホールはパーで何とか我慢できたけど、後半10オーバー。






 いや、謙遜とか脳とか無意識とかって能書きたれてるけど、

単にヘタなだけじゃん。
posted by hiro at 18:12| Comment(0) | 競技

2018年02月26日

2月月例


 というわけで2月月例である。最近ほとんどというかまったく練習してないので罰が当たりそうな気がしてたんだけど、さてどうだったか。

seiseki20180225.jpg

 ネットパープレーで回れてるじゃん!(長いパットが2つ入るというラッキーがあったけど)。

 フェアウェイキープ率もいいじゃん!(半分以上しょぼいヒール球だったけど)。

 1パットも多いじゃん!(得意のダボオン1パットボギーが2つあったけど)。

 バーディ2つも取れてるじゃん!(両方とも完全にたまたまだけど)。


 でも、いいことばかりだったわけではなく。

 アイアンショットで先(トゥ)に当たる(二番手落ちる)か、ダフって(一番手落ちる)ばっかり。

 そこそこ良いアプローチで1mぐらいに付いたパーパットを2回外す(引っ掛ける)

 上がり3ホールがやっぱりヘタクソ(梅の7番8番、松の9番は難しいんだけど、それにしても)


 でも、トゥに当たる原因はほぼ特定できた(またかよ)。ヘッドアップ(いまさらかよ)してるのと、バックスイングで下半身が全然踏ん張れてない。支点となる部分(右膝とか)が動いてるんだから軸がぶれて前傾姿勢も崩れてそりゃまともに当たらないよね。




 ところで、この日の目標は「自分にできることしかしない」「第二のグリーン狙い」の2つ。つまり超ディフェンシブなゴルフ。そうやって我慢してラウンドしてる方が2つもバーディがくるんだから(いや、たまたまなんだろ?)面白いっていうか興味深いね。

 逆に、「自分にできることしかしない」っていうのは、逆に「究極の攻め」なのかもしれないなあと思ったり。何となくだけど。だってね、例えば200y先のグリーンを7Wで漫然と狙うというのは、一見攻めてるように見えて実は単なる無謀というか無策というかただのアホなんじゃね?と。

 それだったら、そこからパーが取れる確率が一番高いルートを考えて、その作戦を粛々と遂行していくという事が、一番スコアを少なくする方法つまり「攻め」じゃんと。

 もちろん思い通り行かないことのほうが多いんだけど、それでもキレずに「攻め続ける」事のできる方法を思いついちゃったんだよね(またかよ)。それについてはまた後日。 
posted by hiro at 11:51| Comment(0) | 競技