2020年06月29日

6月月例競技


 毎月第4日曜日はポイント2倍デー、ではなくホームコースの月例競技の日。

 今回は。

 ショット・・・股関節入れて、スエーしないで腰回せ

 パット・・・バックストローク小さめで目線外すな

 メンタル・・・クレバーに(考えて)攻めろ


 の三本立て、いや三本柱で。



 その結果。 

 ショット・・・アイアンはマアマアだったけど、ドライバーは変わらず、後半疲れてややグダグダ

 パット・・・距離感は合わなくはないけど入る気がしない(違和感との戦い)

 メンタル・・・技術が伴わないとクレバーもクソ(失礼!)もありません



 解説すると。

 ショットに関してはまあまあ安定感はあったけど、このスイングって下半身と体幹の筋肉をそこそこ使うんだよね。つまり今まで楽して打ってたってことでそれがわかったことは収穫なんだけど、月例の3日前にラウンド、2日前にレッスンを受けた疲れもあってか、後半残り数ホールは体をうまく制御できなかった・・・とかけばスカし過ぎで、要はまあヘロヘロになっちゃったってことですな。

 パットはイメージ的にはバックストロークを半分ぐらい(実際は3分の2ぐらいだと思うけど)にしてみた。すると「あこれ絶対ショートするわ」と思うのか、本能的にヘッドが加速し、フォローが大きくなる。フォローの大きさで距離感を出す感じだ。だから雰囲気は悪くないんだけど、しっかり打ったり距離合わせたりするのに神経を使うせいか、まっすぐ打てる気がしないんだよね。でも、これは慣れの問題だろう。

 メンタルはまあ、技術を磨いて出直してきなさいって感じ。



 というわけで。

seiseki20200628.jpg

 3パット4個は仕方ないとしても、ダボが3個、トリプルボギーが1個では箸にも棒にも掛からんよね。

 松2番(パー3)、ティショットがグリーン左手前(想定内)、アプローチが突っ込みすぎてピンを越え反対のラフへ。3打目も寄せられず3オン2パットダボ。最初のアプローチでがっつきすぎた(アホ)。

 松3番(パー4)はティショット○、2打目4アイアンはハーフトップして50y残り、3打目はピン左しか狙えず、左奥の難しいラインを残してしまい、出るべくして出た3パット。ちょっとアンラッキーもあったけどせめて手前に付けてボギーで上がらんと(アホ)。

 竹3番(パー4)は2打目、3打目と大きなミスが続き、さらに最初のパットでパンチが入っての3パット。

 竹4番(パー5)、ティショットは先っぽながらそこそこ飛んで右ラフ、2打目ユーティリティはダルマ落としで170yぐらいしか飛ばず。3打目残り150y、ピンは一番手前の右サイド。ここは奥へ乗せたら3パットになるのでエッジ狙いで8アイアンを持つも力が入って右手前ラフ。20yのアプローチはワンクッションで1mに付く。

 で、そこから。右縁を狙い完璧に打てたと思ったのに加速パッティングでいつもより転がりが良かったのかイメージより強かったのか軽くパンチが入ったのか、まあその全部なんだろうけど、右縁に蹴られる。2mのボギーパットは失意の中外れ、寄せワンの予定がダボに。



 まあ、こんな言い訳みたいな日記書いてるうちはダメってことだろうね。
posted by hiro at 13:46| Comment(0) | 競技

2020年05月27日

5月月例


 3日前の第4日曜日はホームコースの月例競技の日。

 いつもご一緒するT石さんが理事長杯決勝のためご一緒できず、偶然にも昔よく回っていたU村さん(とお仲間のH田さん)とすごく久しぶりに3バッグで。U村さんは面白くて明るくていい人で、楽しく、しかし(いつもの慣れたメンバーではなかったので)軽い緊張感を持ってスタート。

 新緑のいい季節になりました(松8番パー5)。
2020-05-24 09.08.37.jpg

 2番で3パットしたりして、スタートホールから3連続ボギー。けどまあ、元々スロースターターなので別に気にしない。松コースは出だし3ホールは2オーバーでいいからね。

 4番パー5、上からの難しいラインからなんとか2パットで初めてのパー。5番もピンハイからのけっこう曲がるラインをなんとか寄せて2パットパー。こういう難しいパットをしのぐことで流れが良くなってくる。

 6番パー3、ちょっと当たりが薄いけどギリギリ乗って、8mぐらいから2パットでパー。7番、2打目を少しダフってフライヤー気味に飛びグリーンオーバー、バンカーへ。奥からのバンカーショットはとにかく脱出優先、ピン下5mにオン、でもこれがポコンと入ってパー。

 この日は3〜5mのパットがほんとによく入った。たまたまなんだけど。

 7番、ティショットは今日イチで280y(打ち下ろしです)。2打目4Wも狙い通りフェアウェイ左サイド。そして3打目80y、ウェッジのちょい軽ショットはショット・オブ・ザ・デイで1mに。距離感・方向・スピンと三拍子揃うというヘレン・ケラーのような(奇跡の)ショットでバーディ。

 最終ホールは2打目乗らず、3打目寄らずでボギーになったものの、バーディが効いて39(4ボギー)。上出来である。でもまあ、後半またいつものように崩れるんだろうなあと期待せず。

 昼休憩は2時間近くあったので、外へ出てガストで朝定食(+パンケーキ)を軽く。軽く済ませたので午後体が重くなることもなく、スタート。

skylark.jpg

 と言いつつ、竹1番はいきなりチーピン気味で隣のホールへ(セーフ)。グリーンまで155y、直接狙えないこともなかったけど、グリーン奥(左)がすぐOBなので安全に右サイド花道ヘレイアップ。3打目40y、苦手な距離。56度でとりあえず乗せる作戦がたまたまうまく打て、ピン下3mに。これがまた入ってくれてナイスパー。これは大きかった。

 2番もボギーの可能性が高いパー3。安全に短めのクラブでグリーンエッジまでの距離しか打たない、つもりが引っ掛けて行ってはいけないグリーン左サイドのボギー谷へ。ワンクッションで乗せて2パットボギー。まあ想定内。

 3番パー4、ティショット4Wは完璧、フェアウェイセンター。2打目7アイアンはハーフトップでグリーンエッジへ(ナイスミス)、そこから2パットでパー。

 4番パー5、ここでいつも左へOBを打ってズルズル後退するパターンなんだけど、この日も!体が止まって!打った瞬間絶対にアウトの球筋!左へ出て左へ曲がるチーピン!あーやっちまった。

 と思ったら、木にまともに当たってセーフ。木に感謝。150yしか飛んでないのでボギー狙いに切り替え。2打目は4W、これが思いのほかうまくあたって、3打目は残り200y打ち上げ。でも無理せずユーティリティで花道狙い。うまく打てて花道の良いところ。4打目ピンアイSWで下2mに、これがまた決まってくれてまたパーセーブ。ダボがパーになった。

 5番はまっすぐのパー4、ティショットフェアウェイ右サイド、2打目150yフォロー、7アイアンをちょっと短く持って打つもキャリーでグリーンオーバー。フォロー風で飛びすぎた?気温が上がって半番手飛んでる?それとも飛距離が伸びてる?

 奥からの難しいアプローチは50度のランニングで、なんとか1.5mに寄ってくれてこれも入ってパー。良いラインが残ったのがラッキーだった。

 6番、235y超絶打ち下ろしのパー3。いつもは左からのアゲンストなのにこの日は右からのフォロー。1番手落として狙うも、それでも左奥へこぼす。手前のピンに対し30y近いアプローチ、50度で転がして2mに、これも奇跡的に入ってパー。



 4番から6番まで、普通なら4つ落としてるところが全部寄せワンのパー。つまりここまで(後半)1オーバー、トータル4オーバー。ちょっと意識しだす。いやいや、ゴルフは上がり3ホールだ。ここからが本当の勝負だ。OBさえ出さなければ大丈夫だと思うけど・・・とちょっと気持ちが後ろ向きになった時。

「hiroさん、たかが月例、思いきって行きましょう。こっから3連続バーディ取るぐらいのつもりでいきましょうよー!」とU村さんが声を掛けてくださった。そうだ。玉砕するにしても前のめりで行こう。ミスするなら緩むのではなくリキんでミスしよう!

 7番は左ドッグレッグの苦手なパー4。ティショットはいつもの、そして今日当たっている4Wで。最高の感触でフェアウェイセンター。2打目155y、ピンは右サイド、7アイアンでグリーンセンターを狙うもちょっと右へ。そっちにはバンカーがある!がなんとかバンカーを越え、結果オーライのピン横2m。これが入ってこのホールバーディ!竹7番のバーディは数えるほどしかない。ラッキーが重なったとはいえ、これは嬉しい。

 残り2ホールで3オーバー。あとはOBさえなければ。いや違う、前向きに行こう。

 8番打ち下ろしパー5。ここも2回に1回左へ引っ掛けてOBが出るホールだ。いくら意識しても左へ引っ掛ける。でも、4番で学習済みだ。リズムよく、腰をしっかり切る。右のラフ。OK。2打目はちょっとラフに沈んでるので、4Wではなくユーティリティで。球をあげようとしないことだけ考えて安全な左サイドに。OK。3打目左奥のピン、残り80y打ち下ろしフォロー。奥へこぼすとOB、セーフでもダボ以上確定。

 手前エッジでもいいから、ハーフショット気味に。当たりは悪くなかったけど、狙いより15yも右へ飛んで右端にオン、15mのパットが残る。飛び過ぎを怖がって手を振れてないのか。上りのファーストパット、打ったつもりが腕が動いてないってやつですかぁ?2mショート。情けない。入らず3パットボギー。

 まだ4オーバー。最終もバーディ狙う!




・・・・エッジからのパットを2mショートしてそれも入らずボギー・・・・orz

 まあ、緊張すると本当に(手が動かなくなって)パットってショートするんだな、とわかったのは収穫だけど。っていうか、パンチが入って大オーバーという、ノーカンパットが出そうなのが怖くなる、っていうのが手が動かなくなる正体だと思うんだけどね。

 で、結果は、5オーバー。ネット68、1打か2打足らずだろうなあ・・・・と思ってたら。

202005geturei.jpg

 優勝してました。競技に出だして苦節5年、やっと月例で勝てた。長かった。わーい。

seiseki20200524.jpg

 完全なOBがセーフになった、そこそこの長さのパーパットが入りまくった(特に後半)、大きなミスがなかったというのがいいスコアが出た要因だと思う(まったく実力とは違う)。

 ショット・スイングはすごく良かったわけではないけど、すごく悪くもなかった。案外そういう時がいいのかもね(無理もしないし、いい気にもならない)。

 いやあ、でも、嬉しー。久しぶりに風船なんか飛ばしちゃおー。

balloon.gif
balloon.gif
posted by hiro at 11:56| Comment(4) | 競技

2020年03月23日

下手クソです


 土曜日に書いたとおり、昨日は月例。パットの方は32だったのでまあまあだったと言える。朝の練習でもまあまあだったし。


 でも、ショットがもうぜーんぶダメ。今に始まったことじゃないけど。これはもう、はっきり宣言してもいいいと思う。

私は単なる下手クソです。

 ドライバーのOBが2つ。はい、

私は単なる下手クソです。

 パー3になるとアイアンをミスる。はい、

私は単なる下手クソです。

 パーオン率はいつものように3割いかず。はい、

私は単なる下手クソです。

 アプローチミスは数え切れない。はい、

私は単なる下手クソです。

 パー3の平均スコアが4.25。はい、

私は単なる下手クソです。

 パー5の平均スコアが5.75。はい、

私は単なる下手クソです。

 素ダボが5つ。はい、

私は単なる下手クソです。

 黒の太字フォントのままだとあまりにもインパクトが強いのでカラフルにしてみた。ちょっとポップだ。

image601.jpg

 一緒にラウンドしたいつものT石さんはほぼパーフェクトな内容でネット60台でまたしても優勝。素晴らしすぎる。月例できちんと結果を出せるのが本当に上手い人なんだよねー。それに比べれ。


 はい、真面目に練習します。

私は単なる下手クソだから。
posted by hiro at 18:35| Comment(0) | 競技

2020年02月25日

月例でアプローチが壊れる

 一昨日は月例競技だった。この日は朝からとにかく待ち時間が長く、午前中のハーフは3時間近く、午後も2時間半ぐらい掛かった。一打打っては待ち、また打ってはまた待ち・・・そんなラウンドで体は冷えて固まるし、リズムもへったくれもなかった・・・と書くと完全に言い訳になるんだけど。

seiseki20200223.jpg
 
 この日は朝の練習グリーンからパットが気持ち悪く、全然まっすぐ打てなかったんだよね。で、不安は的中し、3パットが4つ。松1番は3mから1mオーバー、返しを外す。3番は(3打目90yをダフってショートさせ)20m弱の上りのパットを打ちきれず。4番は(50yのアプローチを大オーバーさせて)15mの下りのパット、加減しすぎて2mショート。

 竹4番は厳しいところに切ってあって(ピン手前を狙ったのに真横8mという乗せてはいけないところに打っちゃったので)仕方なかった。 そう、アプローチショットが悪いと3パットを誘発するの法則発動である。


 それ以外も最後の頼みの綱である左一本足アプローチも完全に壊れた。朝、ベアグラウンドに近いアプローチ練習場でチャックリばっかりしてしまい、怖くなってしまったのだ。そんなところで練習なんかするから悪いんだけど。何度かミス(トップ)が続き、最後の方はもうほとんどユーティリティで転がした(それでもダフったりしたけど)。



 そんな中、後半で今年はじめての30台が出たのは奇跡に近い。午後になってから入れごろ外し頃のパットがだいぶ入ってくれるようになったのと、そこまで散々だったショットがましになってくれたのが大きかった。

 ショットがましになったきっかけだは、竹の4番でティショットを打ったあと、一緒にラウンドしたN條さんが独り言で「昔のhiroさんだなあ」と言ってくれた事だった。あんまり書くとまたN條さんが恩に着せてくるからイヤなんだけど(笑)、それで気づくことができたのだ。

スイングのときにコックが全然入ってない!という事に。

 竹の3番までの12ホールで11オーバー。コックが浅くなってることに気づいた(気付かされた)4番からは6ホールで1オーバー。しかし、1年掛けてスイング改造してきたのに何でこんなに簡単に忘れちゃうかなあ。

 その4番は2打目の4Wがナイスショット、5番はプッシュしたもののドライバーが芯を喰い、6番はユーティリティのティショットがどストレート。7番もティショットの4Wが完璧な当たり。8番もティショット・2打目とも完璧。特に長いのが良くなった。

 そして最終ホール。ティショットはフェアウェイ左サイド、2打目115y打ち上げを9アイアンで完璧、ピン下1.5m。バーディ。

やればできる子なのになぜやらない?真面目にやりなさい。
posted by hiro at 10:48| Comment(0) | 競技

2020年01月27日

1月の月例競技


 1からやり直しの身としては月例などに出てる場合ではないのだが、とりあえず、

 ティショットは当てて終わりのインパクト重視ショットで。基本スプーン(か4W)。ドライバーは数ホールのみ

 フェアウェイからは全球、球を右に置いてパンチショット

 ショートアプローチも左一本足打法で転がし、あるいはV字アプローチ(後述)


 でどれくらいの数字で回れるのか試してみたのだが、なかなか難しかった。まあ最初からうまくは行かないよね。



 インパクト重視のティショットは芯に当たる確率こそ高かったが軌道が低く、雨上がりのフェアウェイでランが全然出ず距離が落ち、スプーンやバフィーだと200y少々しか飛ばないことが幾度かあり、必然的に2打目の距離が残り、寄らず入らずのボギーがデフォに。

 パンチショットのアイアンも確率がまだまだで、やっぱりダフってしまう。うまく打てた時でも基本はラン込みの計算なのでグリーン手前が雨で柔らかかったり受けてたりするとランが全然出ずショート、ミドルアイアンだと球が強すぎてオーバー、特にラフからだとスピンが入らないのでうまく打てても奥へこぼれる、ということが何度も。

 ショートアプローチは25yまでは56度、40yぐらいまでは50度で転がしたんだけどこの日は(この日も?)全然距離が合わず、ショートばっかり。あと、V字アプローチ(明日の日記参照)も何度か試したけど、事故の確率は下がるしすごく上手くいく時もあるけど距離感がまだ全然掴めてないのでスコアに結びつかず。

 極めつけはパット。いつもよりちょっと重いグリーンに対応できなかった。ひどかった。朝30分ぐらい練習したんだけどね。


前半は松コース、3370y。

 1番パー4、ティショットドライバー◯、2打目6アイアン◯もショート、アプローチ寄らず△ボギー。

 2番パー3、ユーティリティのティショットは右手前△、2打目バンカーショット◯、2パットボギー。

 3番パー4、ティショット4Wは右プッシュ△、2打目4アイアンダフり✕、3打目ラフからのウェッジ60y○もオーバー、4打目パターで寄らず2パットダボ。

 4番パー5、ティショットスプーン左ラフ△、2打目レイアップも左ラフ△、3打目6アイアンでパーオン◯、2パットパー。

 5番パー4、ドライバー◯、2打目6アイアントップ✕、3打目ウェッジ50y◯、1パットパー。

 6番パー3、ティショット8アイアン◯もショート、一本足アプローチはオーバー△、入らずボギー。

 7番パー4、ティショットスプーン◯、2打目8アイアン◯今日イチでピン下4m、1パットバーディ。

 8番パー5、ティショットスプーン◯、2打目4W低い球で◯、3打目残り140yを7アイアン✕はダフって25y手前、一本足アプローチはショートさせて△で2パットボギー。

 9番パー4、3Wのティショットは打ち上げのため普通に打とうとしてダフリチョロ✕、2打目4Wは右に30y△、3打目PWで砲台グリーンへワンクッション、最高にうまく打てて◯、1.5mのパーパット、緩んで痛恨の3パット。


後半は竹コース、3325y。

 1番パー4、ティショットドライバー◯、2打目7アイアン◯もグリーン手前の受け傾斜で止まり、ユーティリティのアプローチはパンチが入って✕、グリーンオーバー、奥からもユーティリティで寄らず✕、2パット素ダボ。

 2番パー3、ティショット5アイアンわずかに右でバンカーイン△、バンカーショットは◯も2パットボギー。

 3番パー4、3Wはフェースの先に当たる△もコースなりのフックで結果オーライ、2打目5アイアンは思い切りダフリ✕、3打目45y、ウェッジV字ショットで狙うもショートして乗りさえせず✕、4オン2パットダボ。

 4番パー5、ティショット3Wはへっぽこプッシュ✕で右ラフ、2打目4Wは良い当たり△ながら木に当たって幹の真下へ。3打目は叩き出すだけ、4打目ダフる✕。5打目6アイアンは良い当たり◯も球が低すぎてすぐ前方のマウンドにあたりショート。6打目アプローチ寄せきれず△、2パット。素トリプルボギー。


 このあたりで集中力が切れる。

 5番パー4、ティショットドライバーはへっぽこスイングで右プッシュ✕、2打目ベアグラウンドから6アイアン、ほぼ完璧な当たり◯は完璧すぎてグリーンオーバー。ティフトンのラフから良いアプローチ◯で2mに付けるもそこから3パットしてまたダボ。

 6番パー3、ティショット5アイアン、軽くダフって△右手前ラフ、ティフトン越えの30yをV字アプローチでうまくオン◯、でもパット入らずボギー。

 7番ティショットスプーン◯、やや右プッシュでラフ。2打目ユーティリティは△でグリーン左手前ラフ。3打目一本足アプローチはちょっとショートさせ△、2パットボギー。

 8番パー5、ドライバーのティショットは悪い癖が出てフェースの下✕、2打目つま先上がりのラフから4W、思い切り引っ掛け△、3打目ベアグラウンドから95y、50度でグリーン手前へ◯、アプローチまた5mもショート✕、2パットボギー。

 最終ホールはドライバー、ヒール引っ掛けスライス✕で左ラフ、2打目左足上がりのライからの8アイアンは盛大にダフリ✕、3打目一本足アプローチはキャリーが足りず乗らず✕、4打目で乗せて◯1パットボギー。



 ティショットはドライバー◯が3も✕が3。3Wか4Wの場合◯が3、△が3、✕2。結局どっちでも変わらない。フェアウェイウッドはOBにならないという安心感があるけど、ミスしたときにドライバーより20〜30y飛ばないので2打目の距離がいつもより残り、ボギーの確率が高くなる。距離の長いホールはドライバーで打ったほうがいい(当たり前である)。

 あと、「パー5でドライバーがOBになるのをスプーンで回避してパー5の平均スコアを上げる作戦」は前半の松では成功したけど3打目が6アイアンと7アイアンだったからやっぱりリスクがあるし、後半竹の4番では飛ばない上に右へ行ったので結局そこから無理してトリプルボギーとか打ってるので策士策に溺れるだった。

 アイアンのパンチショットは◯8、△4、✕6という結果に。普通に打ったときよりちょっとだけ◯が多い感じだね。ミスがほぼダフリなので、きちんと対策すればなんとかなるかも。

 ロングレンジ(50〜70y)のアプローチはすごくうまく打てた。2回打って2回とも狙い通り。球を右へ置くダウンブローが必須ってことか。

 しかし15〜50yのショートレンジは最低。まあV字アプローチは前日発見したばっかりだから距離感とかのレベルではないので仕方ないとしても、一本足のほうが全部ショート。っていうかスピンがまちまちっていうか。ま、そんな日もあるか。

seiseki20200126.jpg

 スコアはダメダメだったけど、明日への希望が持てる内容だった、と思いたい。
posted by hiro at 18:02| Comment(0) | 競技