2017年10月04日

クラブ選手権予選(2)


 クラブ選手権、10ホール目は得意の梅コース。

 1番、ティショットはやや引っ掛けて左フェアウェイバンカー(バックからだと余裕で超えるんだけどさすがフルバック、きっちり入るね)。2打目はハーフトップで花道、80cmぐらいに寄ってくれてパー。

 2番パー4、ユーティリティのティショットまずまず。2打目残り110y打ち下ろし、ウェッジショットがピン横3mに付く。これが入ってくれてバーディ。ここからパットのイメージが出てくる(やっと!)。

 3番谷越えパー3、4アイアンの距離なんだけど今日一回も打ってないのでユーティリティを短く持って打つ。思い切り(30yぐらい)右へ。サブグリーンを横切るアプローチ、8番で転がして狙うもショート。3打目ウェッジのアプローチもショート。痛恨の2パットダボ。何やってんだか。

 4番パー5、ティショットは狙い通り、2打目6番で100y残し、3打目ウェッジショットはピン上5mにオン、下りのスライスラインがまた偶然入ってバーディ。

 5番パー4もユーティリティのティショットが炸裂、2オン2パットパー。

 6番パー4もユーティリティが火を噴き、残り80y。2打目ダフりながらピン手前12m、80cmに付いてくれてパー。

 7番は谷越えのパー3。165yアゲンスト、5番で何とかグリーンの端にオン、2パットパー。

 8番も定石通り4Wでティショット。左足下がりのライから180y打ち下ろし。練習していたユーティリティのコントロールショットでフェード、だったんだけど当たりが良すぎてしかも狙いより10y右へ出て行ってはいけない右奥へ。OB杭の50cm手前で止まる。左狙ったんだけどなあ‥‥

 そこから砲台グリーンへ、9アイアンでワンクッションさせたんだけど大きすぎて花道まで。寄らず入らずのダボ。まあ最善を尽くしたから仕方ないけど。

 最終ホール、3打目のウェッッジショットをまたダフって奥のピンに対し手前にオン、20m近い、上って下るパットだったけど、何とか2パットで収めてパー。

 梅コース、38ストロークでホールアウト。借金2つ返済。18ホール終わって83ストロークの11オーバー。目標の122を出すためには難しい松で39を出さないといけない。よっぽど調子が良くないと難しいが不可能ではない(限りなく不可能に近いけどね)。



 ちなみにこの18ホール時点でクラチャンU氏は13オーバー、キャプテン杯優勝M氏は17オーバー、委員のN氏が10オーバー。皆苦労している。というのも理由があって、いつもスティンプ6ftぐらいしか出さないのにこの日は9ftぐらい出てたんだよね(やったらできるやん。普段からやってよ)。

 いつもより1.5倍、下りなどは2倍近く転がるグリーンになかなか皆さんアジャストできないようだった。頭では分かってても体が反応しちゃうんだよねー。



 さて、勝負(博打?)の松コース。

 1番は寄せワンのパー。

 鬼門の2番(241yパー3)もティショットをユーティリティでレイアップ、56度でピン横2mに寄せてパーを拾う。うーん、タイトロープ。

 3番はHDCP1のパー4。409y打ち上げ、実質430yぐらいか。ティショットは今日イチで230y、2打目またもユーティリティで190y、惜しくも乗らず。3打目は残り25y、またしてもライがよくストレスなくアプローチできて下2mに。これがまた入って3連続寄せワンのパー。

 4番パー5、3打目がピン横4mに付き、2パットパー。

 5番パー4は右ラフからの140y打ち上げ、7アイアンで上手く打てたと思ったらグリーンに止まらず奥のラフへ。ショートしてもいいから8番で打つべきだったか。寄せきれずボギー。まだ1オーバー、いける。

 6番パー3、普段切らないような左端(傾斜でグリーンをこぼれてしまう)にカップが切られていて、どこを狙うかをはっきり決めないまま何となくティショットしてしまい、ヘッポコな当たりでグリーンに届かず。2打目のアプローチはうまく打てたと思ったら加速がついてグリーンをこぼれる。

 ベアグラウンド、打ち上げ+きつい上り傾斜、ピンはすぐそこ。絶体絶命。ウェッジのヒールを浮かせてトゥ打ちするも、スピンが効きすぎて3mのパットが残る。これを外せばもう後がなくなる。気合のパットは・・・入った。ボギー。2オーバー。


 残り3ホールのうち1つボギーを叩いても39。なんとかなるかもしれない。ここからが本当の勝負!この、終盤の「もうミスはできない」というヒリヒリした感じこそ競技の醍醐味かもね。



 7番、ティショットはフェードを見越して打つも曲がらず左バンカー。ボールはバンカーの右縁に。しかも、ラフから野芝の太い茎が何本もバンカーに伸びていて、ボールを打つのに邪魔になりそうな感じだ。おいおい、ちゃんと整備しとけよな、と思いつつ、私は

































まったく何も考えず、バックスイングで当たりそうな茎を横へ曲げてからショットした。

 そう、規則13−2、ライの改善である。何でそんなことをしたのか、今でもまったく分からない。きっと心に余裕がなかったんだろう。っていうか、自分はルールをある程度知っている、だからルール違反なんて起こすはずがない、という思い上がりがあったんだと思う。

 このホール、寄せワンで4+2ペナでダボ。

 8番、9番ともパーオン2パットパーだけどもう全ては後の祭り。

seiseki20171001.jpg

 ちなみに予選通過は121ストロークまで。目標122だったからまあそれでも届かなかったんだけどね。2ペナがなかったら、とは言わない。2ペナも実力(っていうかアホ)。



 というわけで、自分のアホさ、傲慢さを思い知らされたクラブ選手権でありました。トホホホホ。
posted by hiro at 09:50| Comment(2) | 競技

2017年10月03日

クラブ選手権予選(1)


 というわけでクラブ選手権である。去年は2回めの出場にしてトップ8に残るという快挙(トホホ野郎の私がである。これを快挙と呼ばずして何と呼ぶ)を成し遂げたわけだが、今年も奇跡は起きたのか。

 今回は猛者30名+トホホ野郎1名の31名(8組)の中から、8名が予選通過する。つまり理論上は1組4人の中でトップの成績を出さないといけないということだ。ところが、うちの組にはクラブ選手権優勝経験者、キャプテン杯優勝経験者、そしてきさいちの委員の方がいる。

 当然みんな私よりもずっとHDCPは少ない。いかに私の挑戦が無謀か分かっていただけるだろう。とまあ能書きはともかく、今回は苦手な竹コーススタートである。

 朝の元気なうちに苦手な竹でそこそこの数字が出れば、ワンチャンあると思いつつ、今回も去年のカットライン122を目指して。



 1番パー4、ティショットは右ラフ、2打目でグリーン右手前、ライが良かったのでアプローチはストレスなく打てて80cmに。朝イチの微妙な距離のパット。とっても大事だ。慎重に沈めてパー。

 2番は左右へ外すとダボ確定のパー3。作戦通り花道までしか飛ばない7アイアンでティショット。思い通り花道へ(ニヤリ)。しかしアプローチが上についてしまい、2パットボギー。出だし3ホールで2オーバーの計算だから想定内。

 3番、ティショットは左OBを怖がって右ラフへ。行ってみると、排水口のすぐ横、柔らかくなったラフ(地面ではない)にすっぽりとはまり込んでいる形に。しかも左足下がり。叩き出すのが精一杯、3打目は6アイアン、わずかに左手前にショート。アプローチはピン横3mに付くも、カップ5つぐらい切れるラインは一筋外れてダボ。ダボはあかーん!

 ダボで気落ちしたのか、次のパー5ではドライバーが渾身の左引っ掛けOB。明らかに切り返しのタイミングが早かった。アプローチもミスってトリプルボギー。トリプルはもっとあかーん!!!


 4ホール終わって6オーバー。早くも後がなくなる。苦手とはいえ43ぐらいに抑えておかないと取り返しがつかなくなる。


 5番パー4、2打目7アイアンは酷いハーフトップながらアプローチが1mに付いてパーを拾う。

 6番、240y超打ち下ろしのパー3。最近やっとまっすぐ打てるようになった(つもりだった)ユーティリティ4番でいつもの引っ掛け!ヤバイ!でもギリギリセーフ。ところがベアグラウンドの左足下がりから砲台グリーン、カップは近い、さらに木の後ろという難易度のチョー高いアプローチが残る。

 仕方なく9番で打てる方向へワンクッション、もわずかに距離が届かずエッジ外のラフにボールがよりかかる状態に。3打目、50度で払い打つも3mショート。そしてというかやっぱりというか、これを外してしまうんだよなあ。2つ目のダボ。あかーん!!!


 まだ21ホールも残っているのに7オーバー。赤信号点滅状態。このままズルズル行くのか?

 ちなみにこの時、クラチャンU氏は5オーバー、キャプテン杯優勝M氏は7オーバー、委員のN氏も5オーバー。そう、みんな苦しいのだ。苦しいのは一緒だ。



 7番、そう何度も書いている苦手な左ドッグレッグのパー4。ボギーなら上出来だが、ここまでの流れからしてできればパーを拾いたい・・・いやダメだダメだ。とにかく1打1打慎重に。

 ティショットは予定通り4Wで打ったんだけど、これ以上ないというヒール球で190y、ドッグレッグの先まで届かず。2打目、グリーン方向へ打つためにはフックが必要。さっき(インテンショナルでない)フックを打ったユーティリティで、今度はインテンショナルフック。

 こういう時は逆にかからなかったりするんだけど、幸いドフックが出てグリーン手前のラフまで。アプローチは3mぐらいに、しかし入らずボギー。ポジティブに攻めたボギーだから仕方ない。

 8番パー5。ティショット2打目とまずまずで、60yの3打目は下3mに付く。も、入らずパー。

 9番、だらだら打ち上げの392yパー4。実質410yぐらいか。ティショットはやっときちんと当たって残り180y。打ち上げ分を見越して200yの7Wを短く持って打つ。これが会心の当たりでピンにまっすぐ飛ぶも、会心すぎで大オーバーして奥のバンカーへ。今日はじめてのバンカーショットは砂を取りすぎて6mショート。しかし、これがなんの偶然かポコンと入ってパーを拾う。


 というわけでフロントナインは45。予定より4打ビハインド。ダボ2つにトリプル1つだもんなあ。でもまだ終わったわけではない。それに、ショットは少しづつ良くなってきている。攻め方もメリハリが出てきた。得意の梅で挽回できればまだチャンスはあるぜ(首の皮一枚だけど)!と思いつつ続く。
posted by hiro at 09:30| Comment(0) | 競技

2017年09月25日

今日は練習行く


 ホームの月例競技。久しぶりの「梅松」コース。

 きさいちCCには松・竹・梅の3コース(27ホール)があり、最近はずっと松と竹ばっかりラウンドしていたので、梅を復習しておこうと前日に薄暮へ。そのラウンドはそこそこよかったので安心してたんだけど、練習不足(いや実力不足だろ)の感は否めず、やっぱりと言うか当たり前というか。

seiseki201709241.jpg

 フロントナイン。4番ホールまでは何とか誤魔化しながら回れたものの、5番パー4。2打目のウェッジショットが緩んでで10yショート。マウンド越え、登って下ってスライスしてフックする複雑なラインに付いてしまい、ファーストパットは大オーバ、返し入らず、お先がカップに蹴られて4パット。

 一度こういう事をしてしまうとそのメンタルダメージはなかなか癒えない(いや単にヘタなだけだって)。次のホールこそパーだったものの、谷越え7番ではお得意の「ティアップしたパー3でミスショット」が出て谷を超えずOB。8番は左足下がりからの2打目が狙いより右へ出て(いや右へ行くだろ普通)バンカーイン、簡単にボギー。

 というわけで前半は44。もう貯金が1つになってしまった。

 後半。アイアンが全然ちっとも上手く当たらず(いつものことじゃん)、パーオンは1番だけ。あとの8ホールはずーっとボギーオン、そのうち3個は寄せワン取れたけど5つボギー。ネット76ではねえ。



 この日は最初から最後までパットがちゃんと打てなかった。特に3〜5mぐらいが入るどころか寄る気もしない。というのも、いつもはスティンプメーター6ぐらいのグリーンが競技シーズンを前にだいぶ速くなってて、9弱ぐらい?出てたんだよね。聞けばグリーンキーパーが変わったとのこと。

 ヘタレなので下りは怖くて打てない、登りは打ってるつもりでも届かない。これでグリーンをもう少し硬くされたらもっと速くなるだろうし、何とか来週までに調整しとかないといけない。



 いや、そんな事よりもっと真面目に練習行きなさい。今日行ってきます。
posted by hiro at 13:11| Comment(0) | 競技