2019年01月22日

2019年新ルール・ピンを刺したままパット(2)


 昨日は「ピンを挿したままパット」の実施上の問題について書いたが、今日は別の切り口から。そう、プレイヤーが一番気になる、「ピンを挿したままパットした方が入りやすいのか?」という問題である。

 多くのアップされている検証動画などで、またデシャンボーも言うように、一般論としては「ピンを挿していたほうが入りやすい」という意見が多いようである。しかし、天の邪鬼な私は(検証もせず、思考のみで)これに異論を唱えたい。



 私は検証動画のいくつかを見た。その多くが、「ピンが挿されているカップと抜かれているカップに対し、色々な強さでパッティング(あるいはボールを転が)し、そのカップイン率を比較する」というものだった。そしてその検証結果は、「ある程度の強さ以上になると、ピンが挿されているカップの方がカップイン率は高くなる。よってピンは挿したままのほうが良い」という結論だった。

 また、カップのセンターを狙ったパットだけでなく、センターをわざと外した(でもカップインする確率は高い)パットの検証ビデオもあった。こちらも上と同様で、適度な強さで打たれたパットには差はなかったが、強めに打たれたパットではピンを挿したままの方がカップインする確率は高い」という結果が出ていた。



 しかし私が思う疑問点その1。強めに打たれた時、確かにピンが挿されている方がピンに当たってカップインする確率が上がる。でも、その「強め」が1mのパットを3mも5mもオーバーするような、実際にはほぼやらないような強さなのだ。そんな強さで打つのはラウンド歴数回の初心者ぐらいであり、どんなにノーカンなアマチュアでもそこまで強く打つことはまず、ない。

 Youtubeなどにアップされているそういう動画は「検証のための検証」であり、「実施のための検証」になっていない。よって、現実的ではないと思う。



 疑問点その2。 「ピンが挿してあれば強気にラインを消して打てるわけで、その時のための検証だからチョー強気に打ってるんだ」と言う人がいるかもしれない。確かに理屈ではそうだ。

 しかし実際のグリーン上で、「1mから3mオーバーさせる強さでピンに当てて入れる」という選択肢を本当に取れるだろうか?だって、まっすぐピンに当たったら入るだろうけど、ボール半個ぐらい左右にずれたら弾かれて3mのパットが残るんだよ?そんなリスク背負ってまで強気で打つ必要ある?

 それだったら「キチンと読んで今までどおり1mを狙う」ほうが絶対確率高いよね。誰だってそうする。俺だってそうする。




 デシャンボーがどういう検証を行ったかは不明だが、たぶん彼のことだからありとあらゆる条件(上り下り、左右のブレイク、強さ等)を組み合わせて検証し、一定の確信を得たんだろう。しかし、それは彼がプロだから、つまり狙ったとおりに打てるから。

 上に書いたとおり、私など1mでもまっすぐ転がせない、3mでもカップにかすらないぐらいのスカタンな腕前では、そもそもピンにまっすぐ当てるなど幻想でありただの願望であり思い上がりであり、つまり「強めに打ってピンに当ててカップインさせる」という考え方は根本から大間違いなのである。30cmでも100発100中は無理だ。

 っていうか、そもそもピンにまっすぐ当てられる腕前があればピンを抜こうが挿したままだろうが入れられるよね。


 あえてピンを挿したままパットする状況があるとしたら、ピンが保険になるような状況、すなわち、そうとう強い下り傾斜の途中に切られたカップで、もしカップを超えると数m以上オーバーする事がわかっていて、しかも距離が短く(1m未満)てほとんどまっすぐのパット、ということになる。こんなの数ラウンドに1回あるかないかだよね。



 というわけで、ごる日々的には、進行上の問題がある時以外ピンは抜いてもぬかなくてもどちらでもいい(っていうか、私のレベルではどっちでも一緒)、と考えたいと思います。

 あ、もちろん、「ピンを挿したままプレーしましょう」と言われたらそれに従うし、ピンを抜くことに反対もしない。

posted by hiro at 10:25| Comment(0) | 規則(ルール)

2019年01月21日

2019年新ルール・ピンを刺したままパット(1)


 新ルール第二弾。今日はピンを挿したままパット(正確にはホールアウト)OKのルール。詳しくは例によって自分で確かめていただきたい(規則13-2)が、1つだけ覚えておきたいことがある。それは、
 
 ストロークを行う前に、抜くのか挿したままにするのか決めておかなければいけない。

という事だ。つまり、旗を立てたまま(人に付き添ってもらわずに)パッティングした時、強すぎてピンに当たると跳ねて入らないと判断しても「ピン抜いて!!」と急遽人に頼む事はできないということだ。逆もまた然り。下りのパットでピンを抜いてストロークした後、打ちすぎて大オーバーしそうだからといってもあわててピンを挿してもらう、ということはできない。まあそんな事するヤツは居ないだろうけど。




 さて、このルール改正も、他のルール改正と同様、基本的には「プレーファスト」を目的として作られたものである。つまりこのルールは、

・ロングパットの際、旗竿に人が付き添っていなくてもすぐ打てる

・一番遠い人がグリーン上からパットを打つ時にピンを抜き、次の順番の人がアプローチだからとピンを挿し、3番めに近い人がまたグリーン上なのでピンを抜き・・・という煩雑さがなくなる

・ホールアウトした時にわざわざピンを刺す手間が省ける


という時短を目的として作られたことは明らかだ。ただし、実際にプレーする時に少し困ったことが起きた。それは、

 ピンを挿したままプレーするのを基本とする(1)のか、今までどおり抜いた状態が基本で、状況に応じて挿したままプレーする(2)のか、それとも、人によって抜くか挿したままかをいちいち聞かないといけない(3)のか?

 という3つの状況のどれをデフォルトとするのか、なのである。



 まだルールが変わって日が浅いので、おそらく当分は(2)で運用されると思う。しかし、慣れてくればだんだん(1)へと移行していくだろう(数年、あるいはもっと掛かるだろうけど)。しかし、試合などで特殊なケースに限り、一度抜いたピンをもう一回挿して打つ、というケースもでてくるかもしれない(プレーファストの趣旨と真逆になるので推奨できないけど、1ラウンドに1回ぐらいなら許容範囲かな。ルール違反ではないし)。

 しかし面倒なのは(3)だよね。現に、2日の新年杯では「ピン抜きましょうか?」「挿したままで行きましょうか?」と何度も聞く羽目に陥った。どっちでもいい事から起こる混乱だよね。これはプレー前に4人で確認しておく事が必要だと思う。



 あと、1組4人のうち3人がピンを刺したままのプレーをしている中で、1人「絶対にピンを抜いて(あるいは挿して)プレーしたい」という人がいたらだいぶ混乱するよね。それもルール違反じゃないからタチが悪い(マナー違反だと思うけど)。

 まあこういう場合は全員がグリーンに乗ったあと、まずその人にホールアウトしてもらい、残りの3人はその後からピンを刺して(あるいは抜いて)ゆっくりプレーすればいいと思うんだけど、なんか殺伐としそうだよね。



 もう一つ、山岳・丘陵コースが多い日本ならではの問題もある。そう、打ち上げでグリーン面が見えず、かろうじてピンフラッグだけが見えるようなホール、よくあるよね。そういうホールでピンを挿したままパッティングしているとどうなるか。そう、後ろから打ち込まれる可能性がぐんと上がってしまうのだ。

 よって、将来的にはそういうホールの場合、「パッティングをする際はピンを抜いてプレーしてください」という注意書きがグリーンの側に立てられると思われる。美しくないけど、打球事故を避けるためには仕方のない部分だろう。


 以上、このルール改正は波乱を呼びそうである。ひょっとしたら2年後の改定時にはなくなるか、あるいは微妙に変更になるかもしれないね。
 

posted by hiro at 17:37| Comment(0) | 規則(ルール)

2019年01月09日

2019年新ルール・二度打ち


 ついに新ルールが施行された。大きな変更についてはすでに色々なところで解説されたり一覧表がコースのカートに置かれたりしてだいぶ認知されつつあるが、ごる日々では1回に1つに絞って深く掘り下げてみたいと思う。




 記念すべき第一回目は、二度打ちについて。アプローチのビョーキに罹っていた私には非常に馴染みがあるっていうか煮え湯を飲まされたっていうか心底がっくりさせられた二度打ち、これが無罰になるのだ。

 無罰、つまり現象として2回打ってるのに1回のストロークとして数えてくれるということなので大変オトクである。ルールをうろ覚え、知ったかぶり、仕切りたがりの人が「2回打ってるからそれは2打だ」なんて言い出すかもしれないのでここではっきり書いておく。1回のストロークでボールがヘッドに2回当たろうが3回当たろうが、そのストロークは「1打」である。罰はない。

 アプローチのチャックリからの2度打ちだけでなく、例えばグリーンサイドのグラスバンカーからのショットやグリーン上のお先パットなどで緩んで二度打ちをしてしまう可能性はある。そういう時も無罰だと分かっているのとそうでないのとではその後のメンタルもぜんぜん違うのでぜひ覚えておきたい。

 ただし、この二度打ちには「偶然に」というという副詞が付いている。つまり「明らかに故意に」二度打ちした場合は規則10-1aの違反により一般の罰、つまり2罰打を受けることになる。



 ところで、去年まではどうだったかというと、二度打ちした場合1打のペナルティが付加されていた。つまり、グリーン周りから3打目のアプローチをした際に二度打ちすると、3打目のストローク+一罰打で次が4打目ではなく5打目になったのだ。

 二度打ちのアプローチがピンに寄るはずもなく、また精神的ショックから3パットがもれなくついてきた(私の場合)ので、トリプルボギーになることが多かった。

 それが無罰になることで、高い確率でボギーで上がれるようになるのだ。3パットしてもダボ。それどころか1パットならパーで上がれるチャンスもあるのだ。



 というわけで、これからは二度打ちを怖がらずにアプローチできる。それは私のようなアプローチに不安のある人間にとっては大変メリットが大きい。特にメンタル的に。

 今後は安心して二度打ちができるというものである。良かったよかった(いや、したらあかんし)。
posted by hiro at 09:33| Comment(0) | 規則(ルール)

2018年06月06日

スロープレー


 右手の握力は17から23ぐらいまで回復。ようやく6割だな。これでも先週に比べると雲泥の差。明日はオーバーラッピンググリップならなんとかなりそうだ。


 さて本題。ヨーロッパツアーで新しいルールが導入される。以前から各ショットに制限時間(各組で最初に打つ選手は50秒、2人目の選手からは40秒以内)は設けられていて、前の組と間が空いたりするとそこから競技委員が計測し、それでも遅いとペナルティという感じの運営だったんだけど(うろ覚えなので正確じゃないかもしれない)たが、これを厳密に守ろうというもの。

 つまり、制限時間を超えるといきなりペナルティを課せられるということらしい。オーバーすれば1罰打。2回オーバーすると当然2罰打。

 ただし、1ラウンドにつき2回まで制限時間を倍にする救済が受けられるとのこと。まあ1日2回ぐらいはじっくり時間かけたいときあるよね、だからそれは許してあげる、という事だね。

 出場選手120人(40組)に対し計測員24人。25組目がスタートする頃には4時間ぐらい経過してると思われる(10分間隔で1時間に6組)ので、たぶん1組に1人付くことになるんだろう。

 こうまでして時間短縮を狙うのはやっぱり時代の流れなんだろうね。プレーが遅いやつを見てるとイライラするもんね(え、お前が言うなって?)すいません)。



 しかししばらくは混乱するだろう。これ、30秒ぐらいで警告出してくれるのなら良いけど、何も考えずにプレーして「はいワンペナね」って言われたらすごく怒るやついるだろうし。あと、時間が気になってミスするやつも出てくるだろうし。

 ワンペナ払ってまで時間掛けたいやつはさすがにいないだろうけど、グリーン上とかでもちょっとアドレスを外したりしたら40秒なんてすぐ経ちそうだしなあ。ヨーロッパツアーの選手でスロープレーヤーが誰かっていうのは知らないけど、日本には何人かいるしね。男子にも、女子にも。

 アメリカツアーでも、松山をはじめ遅いやつはいっぱいいる。先日のメモリアルでもパトリック・キャントレーとか酷かったもんね。少ないときで5回、多いときだったら8回から9回ぐらいスタンス直して飛球線方向を見るという動作を繰り返してたしね。見てて死ぬほどイライラした(だからお前が言うなって?マジすいません)。



 まあ石頭のR&Aのすることだからいくら選手から不評でもすぐ廃止にはしないだろうし、そうなるとUSGAでも導入される可能性があるし、そこまで来たらJGAも重い腰を上げざるを得ない。LPGAも然り。

 ただ、アマチュアの試合で導入されるかどうかは微妙(競技にキャディさえ付かなくなってるのに、計測員など付けられるはずがない)。エリートレベルの試合では導入されるかもしれないけど、私には関係ないしね。

 でも、プレーを早くする努力はルールに関係なくどんなゴルファーもすべきであり、ハーフ2時間を切るぐらいのプレーでラウンドできたら良いなといつも思う。思ってる。がんばれ俺。はい努力します。
posted by hiro at 18:21| Comment(0) | 規則(ルール)

2018年04月01日

ルール改正続報


 先月中旬、来年から大幅に変更になる新しいルールが発表された。それについての大まかな骨子を2週間前に日記で書いたけど、その後R&Aが発表した英文を読んでいると、最後の「付属規則」の部分にいくつか大きな変更が隠れているのを見つけた。いや、隠してたわけじゃないだろうけど。

 付属規則の部分なのでJGAが翻訳しなかったのか、あるいは忘れていたのか、はたまた新しく追加されたのかわからないが、その部分を2週間掛けて翻訳してみた(ほとんど翻訳ソフトでね)ので、ご紹介させて頂く。主だった追加の規則を抜粋して。


 付属規則1-A:ローカルルール


 8、マリガンの権利が正式に認められる

 アマチュアの試合に限り、プレイヤーは18ホール中1度(HDCP1〜18の人まで。19〜36の人は2回、37〜50の人は3回)だけ「マリガン」と宣言することで無罰で打ち直しをすることができる。

 ローカルルールだからどんな試合でも使えるわけではないけど、これを採用した試合ではアマチュアの戦い方が変わる可能性があるかもしれない。基本的にはOBやハザードに入った時に宣言することになるだろうけど、短いパットを外した時に使う人もいるだろう。いつどのような状況の時に使うか、興味深い。


 10、バンカーから「手の5番」を使えるように

 プレイヤーは、同じバンカーから2度打って脱出できなかった場合に限り、1打のペナルティで「手の5番使います!」と宣言すれば3度めはショットではなく手を使ってボールを脱出できる。

 驚きである。冗談が冗談ではなくなるのだ。ただし、これもローカルルールなのでいつどこでも使えるわけではない。これもプレーファーストの考え方なんだろうけどね。



 付属規則2:クラブのデザイン

 6、アマチュアの用具規制の完全撤廃

 ドライバーの反発係数、アイアンの溝規制、クラブの長さ、アンカリング、ボールの重さ、シャフトやグリップの規制等、アマチュアに限ってすべての規制を撤廃する。ただし、JGA主催のオープン競技やエリートレベルの競技は例外的に現行の規制を継続する

 一般アマはどんなクラブを使ってもOKになるということだ。これはゴルフ業界の大きな活性化につながるだろう。マーク金井氏の開発した重心距離が0mmのドライバーや、超高反発ドライバー、ヘッド体積が460ccを超えるドライバー、どんな撃ち方をしてもスピンが掛かるウェッジ(ボールがいくつあっても足りないかもしれないけど)など、様々なクラブが開発、販売され、飛ばなくなったせいでゴルフをやめたシニア世代がコースへ戻ってくるかもしれない。

 使う使わないは個人の自由だけど、遊びのラウンドに限っては色々なクラブを使う、というのは楽しみが2倍になるかもしれない。
 

 11,クラブ本数の制限を15本に

 現在、14本というクラブの本数制限を1本増やし、15本までとする。

 これも単純計算でゴルファー人口と同じ数だけクラブが売れるということで、上記の用具規制の撤廃と合わせると面白い事になりそうな予感がする。つまり、今の14本に、今まで禁止されていた特別なお助けクラブを入れる、ということが流行するかもしれない。

 それだと、上記の(元違反)クラブも足しやすいし、本気モードのときはその1本を抜くという使い方ができそうだ。どんな1本を足すかでそのゴルファーの人となりがわかるかもしれないし面白いかも。


 付属規則3:球

 特に変わりないので略。



 付属規則4:機器と他の携帯品

 距離計測器が原則使用可になり、逆にローカルルールにより禁止することができる、となったことは前回紹介したが、高度、気圧、風向きなども機器を使って自由に測れるようになるらしい。計測機器業界が活気づくのは間違いなく、またそういうのは日本の得意分野でもあるので、日本の産業全体も活気づくかも。


 付属規則5:略


 付属規則6:プレー・ファースト

 6-4 スコアの事前申告

 プレイヤーは、ティグランドでそのホールのスコアを申告することにより、そのホールをパスすることができる。ただし、バーディ以上のスコアは申告することができず、申告はパー、ボギー、ダブルボギー、トリプルボギーの4種類となる。

 申告は1ラウンドに付き9回までで、パーを申告できるのはプラスハンデキャッパーのみで、HDCP1〜18のプレイヤーはボギーを、HDCP19〜36のプレイヤーはダブルボギー、HDCP36以上のプレイヤーはトリプルボギーを申告するものとする。

 
 多分今回の改正でいちばん賛否両論出るのがこいつだろう。プレーしないでスコア?そんな馬鹿な話があるか!私も最初はそう思ったが、時間短縮に繋がる可能性が高いこと、体調不良(熱中症とかね)からのリタイアを減らすことができる事、初心者のラウンドに対するハードルを大幅に下げる、ラウンド中の一時的な天候不良を避けられる、などこれはこれでありなのかなあと思ったりもする。

 もちろんプロの試合やエリートレベルの競技では使わない。



 付属規則7 初心者救済

 7-6 ホールカップを1つのグリーンに2つ設置することを許可

 日本のバラエティ番組にヒントを得たわけじゃあないだろうけど、ローカルルールとして設置可能になるらしい。グリーンの手前と奥にピンが切られた場合、また左右に切られた場合、2段グリーンの上と下、バンカー超えと対角線側など、人によって攻め方にバリエーションが生まれ、グリーンの攻め方に革命が起こるかもしれない。

 またグリーンに乗ってからも、登りだけど距離の長い方を狙うのか、それとも短いけれど下りのパットを打つのかなど2倍楽しめる。まあこればっかりはやってみないとわからないけど、ゲーム性が上がることは間違いないだろう。スコアは案外変わらなかったりしてね。



 付属規則8:ゴルファーの挟持

 8-3 ラウンド中・昼食時のアルコール類の禁止

 ゴルフは自分と向き合い、コースと向き合い、そして競争相手と向き合うスポーツである。ゴルフ発祥の地、スコットランドではそのラウンド中神と向き合っていたという。それほど崇高で神聖なゲーム中、酔っ払うとは言語道断一刀両断、優柔不断も甚だしい・・・と考えたのだろうか。

 ラウンド中はもちろん、ハーフが終わってからの昼食時もアルコール類の摂取は2ペナになるらしい。2ペナを払ってまで飲むか、それとも我慢するか、ティオフ直前に一気飲みするか、はたまた林の中などで隠れて飲むか・・・

 プレー以外で、飲ん兵衛たちの熱い戦いが来年から見られるかもしれない。楽しみである。




























 以上、もちろん全部ウソです。
posted by hiro at 09:32| Comment(2) | 規則(ルール)