2017年01月18日

ゴルフにおける序破急


 唐突に「序破急」という言葉が頭に浮かんだので、それにちなんで。



序・・・ゴルフを始める

破・・・初めて100を切る

急・・・その後しばらく100が切れなくなる




序・・・話題のドライバーを買う

破・・・コースで打ってみる

急・・・一発も当たらず、中古ショップで叩き売る




序・・・仲間内でゴルフサークルを作る

破・・・広くメンバーを募りだす

急・・・考え方の違いが出てきて解散する




序・・・スタートホールを無難に乗り切る

破・・・2番でトリプルボギーを叩く

急・・・3番でダブルパーを叩く




序・・・ティショットを打つ

破・・・暫定球を打つ

急・・・特設ティへ移動する




序・・・ドライバーショットが左へOB

破・・・暫定球が右へOB

急・・・ユーティリティに持ち替える




序・・・ティショットがフェアウェイバンカーに入る

破・・・フェアウェイバンカーからとりあえず出す

急・・・3打目がグリーンサイドのバンカーに入る




序・・・花道からのアプローチをトップする

破・・・奥からのアプローチをチャックリする

急・・・3パットする




序・・・練習に燃える

破・・・体を痛める

急・・・ラウンドでトホホ




序・・・ネット動画で開眼する

破・・・練習場で確かめる

急・・・でもラウンドではトホホ




序・・・レッスンを受けて開眼する

破・・・練習を積み重ね、いい球が出だす

急・・・でもやっぱりラウンドではトホホ




序・・・レッスン関連の本やDVDを買い漁る

破・・・ゴルフエッセイやメンタル関係の本を買い漁る

急・・・同じ本を何度も買ってしまう




序・・・トップ位置に悩む

破・・・アドレスに悩む

急・・・フィニッシュに悩む(以下、「徐」に戻る)




序・・・スイングのタイミングで悩む

破・・・スイングのリズムで悩む

急・・・スイングのテンポで悩む(以下、「徐」に戻る)




序・・・ちょっと冒険して派手めのウェアを買う

破・・・妻にダメ出しをされる

急・・・タンスの肥やしになる




序・・・ゴルフのホームページを始める

破・・・そこそこ読者の方が増えてきて、ちょっといい気になる

急・・・いい気になりすぎて炎上する



 以上、皆様もお気をつけ下さい(何を?)
posted by hiro at 17:48| Comment(0) | バカ

2016年12月14日

うっかり置き忘れたクラブを受け取る方法


 グリーン周りにウェッジなどを置き忘れたまま、次のホールへ向かってしまう。

 ゴルファーなら1回や2回はあるこのミスだが、何だか初心者っぽいしうっかり者みたいだしなかなか気恥ずかしいものである。ちなみに私は常習者で、三大競技中にやったこともある。まいったか。

 これ、なぜ恥ずかしいかというと、うっかり者という目で見られる以外に「あ、こいつはクラブを忘れるほどそのホールで大叩きして動揺してたんだな」と邪推されるからである。そんな例は98%ぐらいしか無いにもかかわらず。

 さて、今回はそんな「置き忘れのベテラン」である私が編み出した、置き忘れたクラブを恥ずかしくないように受け取る方法である。これさえ知れば、あなたのプライドと自尊心を守りながらクラブを取り戻すことができる。早速明日からのラウンドで使ってみよう。



 初級編

 一番単純な方法は、最初から「自分はお調子者なんですよ、だからクラブたまに忘れちゃうんですー」と相手にカミングアウトしてしまうやり方である。開き直って相手の懐にすっと入ってしまうわけだ。これによリ、「気恥ずかしい」という気持ちを払拭させる。

 クラブを取りに行く段階から、ビートたけしを彷彿とさせるがに股の小走りで相手に近づいていく。もちろんスキルがある人は「欽ちゃん走り」や「アホの坂田歩き」でもかまわない。

 で、相手がなにか言う前に「いやーウェッジ。ウェッジっすよね?ね?いやいやいやすいませんすいません。そうなんですよもううっかりしてて。そのホールでもうとんでもない大叩きして。いやーすいません。え、バンカーのすぐ横に。そうなんですよバンカーで数え切れないぐらい打っちゃって。出たときにはもうすっかり。いやーお恥ずかしい。すいません。ありがとうございました。1割お礼を(とグリップを剥きながら)え、いらない?そうですかそうですか。すいません。いや〜助かりましたどーもすいません」と最後は林家三平の真似まで出来ればパーフェクトである。

 ここまで下手に出ると、相手は自尊心を満たされ、すっかり自分のことを気に入ってくれるため、「クラブを置き忘れる情けないやつ」とネガティブには思われなくなる。ただし、その後クラブハウス等で会った時にほぼ間違いなく「あの時の欽ちゃん走りの人」と言われるので、ホームコースではしないほうがいい。



 中級編

 クラブを受け取った時、自然にヘッド部分を1秒ほど確認し「あ、たぶんこれで間違いないと思います、ありがとう」と声をかけるのだ。このアクションと「たぶん」「と思います」を付け加えることにより何が起こるか。そう、相手は「この人が忘れたんじゃなくクラブを忘れた他の人の代わりに取りに来たんだな」と思ってくれるのである。

 このテクニックは嘘をついているわけではないのに、忘れたのが自分ではないと相手に誤解させることができるという点において大変優れた方法である。もっとも重要なポイントは「あくまで自然に」クラブを確認するという部分である。

 演技力に自身がない人なら、これと同じテクニックとして、グラブを受け取ってお礼を言ったあと、自分のカートに向かって「クラブありましたよ〜!」と大声で呼びかける、という方法もある。上と同様、クラブを忘れたのが自分ではない、自分は善意の第三者である、と背中で語ることができる。

 ただしこの場合、同伴競技者に「意味不明の報告を大声でする、小学生みたいなメンタリティのヤツ」というレッテルを貼られるが、後ろの組に対するプライドは保つことができる。

 もし同伴競技者に後輩や年少者(仮に金銅くん、とする)がいる場合はもっと簡単だ。カートに向かって「おい、金銅、これからはちゃんとクラブ見とけよ」と言うだけでいい。あ、金銅という後輩がクラブを忘れたんだなということで万事丸く収まる。

 「なんでぼくが先輩のクラブを見とかんとあかんのですか〜!」などと返答するだろうが、空気の読める後輩ならそういうことは大声では言わないものだ。したがって後ろの組には聞こえない。大声で言ってしまうような後輩の場合は黙って首を絞めればいい。


 上級編

 さて、いよいよ上級編だ。上級編と行っても、実は一番簡単である。

 最初からそのクラブを無かったものとして、13本でプレーするのである。後ろの組の人が持ってきてくれても、「いや、うちのじゃありません」と言えばよいし、もし目ざとい同伴競技者が「え、それhiroさんのウェッジじゃなかった?」と言われても「いや、似てますが違います」と言い切る。大事なことは「自信を持って、ハッキリと断定する」ことである。

 同伴競技者もあなたのクラブの本数や中身なんて興味ないし、本人がそう言うならそれ以上は詮索しないだろう。

 14本が13本になってもどうせスコアなんて変わらないのだ。プロじゃないんだし、ウェッジ1本なかったから100万円損するわけでも世界ランキングが落ちるわけでもない。

 え、じゃあどうやって回収するんだって?それも極めて簡単。ホールアウトしてゆっくり風呂に入り、解散してコースを離れ、コース周辺に車を止め、30分ほど時間を潰し、同伴競技者も後ろの組もコースからいなくなった頃を見計らってコースに電話をかけ、「あのー、ウェッジの落とし物無かったですか?」と聞いて取りに戻ればいいのだ。

 これであなたのプライドは保たれ、気恥ずかしさを感じる必要も後続組に情けない部分を見せることもなく、クラブを回収することができる。



 以上のテクニックを駆使することで「クラブを置き忘れるような粗忽者」という不名誉と恥ずかしさから逃れることができる。ただしその代わり「あの人って変わってるよなあ・・・」と思われるかもしれないが、そんなことは、置き忘れたクラブを返してもらう時のあの形容のし難い情けなく惨めな気持ちを考えるとごくごく些細な事なのである。
posted by hiro at 10:13| Comment(0) | バカ

2016年09月21日

コースで猿に襲われる


 つい先日、ゴルフコースで猿の軍団に襲われ、ゴルファーが怪我をするというニュースが流れてきた。

 場所は神奈川県の厚木市。大厚木カントリークラブってところみたい。関西の人間からしたら「神奈川って都会ちゃうん?」と思うんだけど、内陸部は山なのね。そりゃ猿も出るよね。

 猿の集団に襲われたら恐ろしいよなあ、あの歯は猛獣のそれだもんなあ、大怪我どころか命の危険も・・・と思ってたら実際はどうやら違うらしく、猿に襲われて逃げ、バンカーに飛び降りたときに肉離れを起こしたらしい。肉離れのベテランとして言うが、肉離れは間違いなく大怪我である。ときには命の危険も・・・(注:ありません)。



 で、ここからが本題。コースには人間以外に色々ないきもの(野生動物・犬・ネコ・昆虫・魑魅・魍魎・妖怪など)が生息しているが、襲われたり遭遇したりする可能性のあるものって意外に多いよね。

 可能性が極めて高いのは、


・ハチに襲われる
・雷雨に襲われる
・自己嫌悪に襲われる



なんかだよね。また場所によって遭遇の可能性があるのは、


・ワニに襲われる(フロリダなど)
・鹿に襲われる(奈良など)
・美人のキャディさんに襲われる(夢の中など)



などがメジャーだ。さらに、人によって遭遇の可能性のあるのは、


・OB地獄(私など)
・3パット地獄(私など)
・ダボ地獄(私など)


 ハマったらなかなか出られない。あと、めったにないが、


・眠気に襲われる
・ピカチューに襲われる
・ハリソンフォードの操縦する軽飛行機に襲われる



 などにも注意が必要だ。



 でも、一番遭遇したいのは幸運の女神だよね。年に1回、いや月に1回、百歩譲って1ラウンドに1回、それがダメなら1ホールに1回でいいから合わせて下さいお願いします。
posted by hiro at 10:57| Comment(0) | バカ