2015年09月11日

田舎へ帰ろう


 今日はゴルフの話題は無しです。

 私の両親は高松出身で、特に父親の兄弟は仲がよく、小さい頃から夏休みになるとその子どもたちである従兄弟が本家に集まって遊んでいた。

 今も兄弟7名のうち5名が存命中で、そのうち3家族+私の父親が高松に住んでいる。従兄弟も高松に数名残っている。

 ・・・・という事を前提に。


 先日Facebookでその従兄弟の1人(T哉くん)を見つけ、コンタクトを取って「あれだけ仲の良かった従兄弟が疎遠になって寂しいね」などと話していたのだが、そのT哉くんの

「(親戚が)集まるのが葬式の時だけっていう現状は何か(イヤや)ね」

 という言葉に後押しされ、ちょうど息子も帰ってきているし、父親と親戚と従兄弟に会いに思い切って高松へ行って(帰って)きた。


 私が子供の頃はまだ本四連絡橋など無かったので、関西から高松へ行くのはフェリーに乗って1日掛かりだった。あるいは大阪から岡山、岡山から宇野駅を降り、宇高連絡船に乗り、やっと高松へという強行軍だったが、それも昔の話で今や高速道路を2時間半走るだけで着いてしまう。



 心配された台風もほぼ問題なく、明石大橋を渡り。

2015-09-09 14.33.57.jpg

 先祖代々の墓に参り。

2015-09-10 091.53.00.jpg

 家のすぐ裏の池を見ながら昔を偲び。夜は親戚・従兄弟と久々の食事会&呑み会で吐くほど酒を飲んだのでありました。

2015-09-10 13.39.16.jpg

 まあいろいろ細かい問題はあるにせよ、親戚バンザイ。hiro家バンザイ。


 ところで、久しぶりにうどん県へ行ったせいか、はやまた二日酔いのせいか、昨日の昼・夜・今日の昼とうどんばっか食ってる。どうやら私のDNAに受け継がれた「うどんスイッチ」がオンになったようだ。当分の間、1日1食はうどんだぜ。

posted by hiro at 17:22| Comment(0) | 旅行記

2013年03月26日

ハワイ「ベタベタ」旅行記(完結)

 いまさらだけど他人の旅行記なんて誰が興味あんねん!という気がしないでもないが、あと1日だけ我慢すればいつものくだらないゴルフ日記に戻ると思うのでご容赦を。

 あと1つ訂正。昨日、ドール・プランテーションの説明で観光「牧場」と書いたけど、正しくは観光「農場」ですな。パイナップルに足がついてて、馬で追い立てるわけじゃないもんね。

 さて日曜日。9時頃ワイキキを出て、H1、リケリケハイウェイ経由でカネオヘへ。

IMGP0497.jpg

 そこから海岸沿いにカメハメハ・ハイウェイを北上して1時間弱でクアロア・ランチに到着。

IMGP0646.jpg

 「龍の背中」に例えられる見事な山がお出迎え。右端に見えてる馬に乗って1時間この辺りを周遊するってのがここの一番の目玉なんだけど、生まれて初めての乗馬を79歳の義母にさせるわけにはいかず(当たり前だ)、主に乗り物に乗っての周遊を選択することに。

IMGP0514.jpg

 このバスに乗って・・・

IMGP0526.jpg

 こんな景色を眺めつつ(日程中、この日が唯一美しく晴れた日だったのは本当にラッキー)・・・

IMGP0540.jpg

 映画「ジュラシック・パーク」で主人公と子どもたちが恐竜と一緒に逃げるシーンを撮影した場所。

IMGP0550.jpg

 これね。よく見ると山の稜線が全く一緒!って当たり前か。

park.jpg

 これまたお約束。主人公たちが隠れた枯れ木、という体なんだけど枯れ木は風化して1年で腐っちゃうので、毎年良く似た枯れ木を探してきて設置してるらしい(笑)。

IMGP0558.jpg

 こんな感じでバスは進む。大草原を。

IMGP0577.jpg

 そして再び、海。天気が良くて最高。日頃の行いがいかに良いかだな、などと思っている私(←伏線)。

IMGP0605.jpg

 あと、軍用ジープに乗って道なき道(嘘。ちょっと凸凹の道)を走ったり(義母に軽く命の危険があった)、ボートに乗って大きな溜池を回ったり、ハンバーガーを食べて歯が欠けたり、自然の大パノラマに心を奪われたり・・・

IMGP0667.jpg

 すっかり疲れきって(いい意味で)ワイキキへ。最後の晩餐はシェラトン・ワイキキのイタリア料理店で。大変おいしゅうございました。

 翌日。朝9時にホテルの電話がなる。別室の◯と義母からと思って電話に出ると、旅行会社からだった。



「帰国便のデルタ277便が機材故障のため欠航になりました。もう一日延泊になります」



 最後にどんでん返し。なにが「日頃の行いが良い」だと。緊急事態にあたふたしながらレンタカーを返却し、チェックアウトし、旅行会社の用意したバンに乗り込みアラモアナホテルへチェックイン。32階からの景色はキレイ(そんなこと言うてる場合か)。

IMGP0737.jpg

 さいわいホテル代も食事代(1人3食で50ドルのクーポン)も航空会社持ちだったので良かったけど、かえって次の日の仕事がどうしようもない。関係各所に電話をかけまくり、何とか最低限滞りのないようにはできた。

 夕食はそのクーポンを使ってアラモアナ・センター4階のババ・ガンプ・シュリンプ・カンパニーへ。

IMGP0750.jpg

 こういうのとか(エビのガーリックバター炒めってまたエビかよ)。

IMGP0758.jpg

 こういうのとか(エビとタコと白身魚のフライってまたエビ)。

IMGP0759.jpg

 ハンバーガープレートとか(バンズを向こうのお皿と比べてみて頂ければその巨大さがお分かりになるだろうか)

IMGP0762.jpg

 こういうのとか(シーフードレストランの肉はいくら美味しそうでも頼んではいけません。美味しくないからです)。

IMGP0760.jpg

 とりあえず堪能し。再び夜景を見ながら6日目の夜は更けていくのでありました。

IMGP0772.jpg

 次の日。こんどこそ747-400に乗り込み・・・

IMGP0835.jpg

 UP(邦題「カールじいさんの空飛ぶ家」)の冒頭10分で滝のように涙を流し(45歳以上の皆さんにお勧めです)。

IMGP0841.jpg

 無事1日おくれで日本の着いたのでありました。ご清聴ありがとうございました。

IMGP0845.jpg

(ドリルB:1832/10000)
(アプローチ:8710/10000)
(素振り:1190/10000)
posted by hiro at 20:07| Comment(0) | 旅行記

2013年03月25日

ハワイ「ベタベタ」旅行記(3)

 4日目、の前にひとこと言い訳というか説明。3日目我々がゴルフをしている間、義母は息子と一緒にビショップ博物館へ行ったのでありました。行きは送っていって、帰りだけザ・バスで帰ってもらった。だから決して放ったらかしにしたわけでは・・・いや、放ったらかしてましたすいません。

 では4日目、なんだけどもう1つだけ。ついに、やっと、とうとう、iphone5でびゅー。色々なことができるワクワク感は、昔windows3.1が初めて我が家に来た時のワクワクを思い出す。タダーン!みたいなね(わかる?)ゴルフ関係のおもしろいアプリがあればまた教えてね。ただし無料が100円以内

 というわけで本当に4日目。この日は土曜日、ノースショアまでドライブである。のーすしよあまでどらいぶ。ひらがなで書くと呪文みたいですな。

 とちゅう、ベタすぎて一度も来たことがなかったドールプランテーション(観光牧場)でパイナップルと軽食を摂り・・・

IMGP0369.jpg

 H2ハイウェイから99号線を北上し、1時間ほどで海が見えてくる。

IMGP0382.jpg

 で、バラエティ番組で何度も取り上げられている、ワイアルアの石鹸工場(ソープ・ファクトリー)へ。なんかあまりにもベタすぎて恥ずかしくなってきたぜ。この店を、「ノースショア3大ベタ地点」のその1とさせて頂きます。

IMGP0385.jpg

 次にノースショア3大ベタ地点その2。ハレイワのマツモトシェイブアイスへ。これもハワイの青空の下で食べると妙に美味しんだよね。ちなみに松本さんのすぐ先にはアオキさんのお店もあります。ナカジマさんとオザキさんの店はありませんでした。

IMGP0403.jpg

 こんなに並んでいます。

IMGP0398.jpg

 あと1つは、そう、ガーリックシュリンプですね。一番端にあった老舗っぽいところよりも、その1つ手前の黄色いバスの方が美味しかった事を付け加えておこう。そう、我々はプレートランチをハシゴしたのである(正式には最初の所でただの塩ゆでを頼んで失敗したのでリベンジしたのであった)。ちなみに写真は美味しかったほうね。

IMGP0430.jpg

 あとはポリネシアン文化センターをチラ見し、サーファーが見たらヨダレが止まらなくなるぐらいの波を横目で見ながら・・・

IMGP0415.jpg

 東海岸を通り、無事ワイキキへ。ホテルで一服し、夕食はコリアン・焼肉レストラン「兄弟」へ。ここもゲーノージンが死ぬほど行ってるベタなお店です。店の中には色紙がいっぱい。まあ普通の焼肉でした。いや、ハワイで普通の焼肉が食べられるというのは実はちょっとスゴイ事なんだろうけどね。4人で130ドルぐらいだったかな?ただ、お店の場所がちょっと寂しいところなので夜は少し治安が心配。

IMGP0463.jpg

 そして本日のハイライト、タンタラスの丘夜景ツアー。いや、自分で車運転していっただけだけど。ワイキキからはちょっとだけ道がややこしいけど、レンタカーとカーナビがあったらツアーで連れて行ってもらう必要ないし、無問題(ただし、ハワイのレンタカーについて来るカーナビは日本語表記だけど持ち運びができる4インチぐらいの小さなチャチなものなので、アイフォンさえあればわざわざ借りる必要は全くないと思われる)。

 でも、右ハンドル右側通行でつづら折りの坂を登り降りするのはだいぶ勝手が違うので、気をつけて下さい。右カーブなんてまったく車幅感覚分かんねえ。

 そして美代子の夜警。いや違った、見よ、この夜景。

IMGP0483.jpg

 これはワイキキ方面。でも、ここから左にパンして見える、住宅地の街頭がまたなかなかいい感じなんだよね。それはぜひ皆様自身の目でお確かめ下さい(←ベタな台詞)。

 残す所あと1日(明後日の昼には飛行機だからね)。明日はメインイベント、クアロア牧場である。ではおやすみなさい。

(続く)

(ドリルB:1832/10000)
(アプローチ:8665/10000)
(素振り:1170/10000)
posted by hiro at 19:59| Comment(0) | 旅行記