2018年03月27日

ゴルフが上手くなる方法


 日曜日の月例で、私はゴルフが上手くなる究極の方法を発見した。それは、


 愚直に練習して、練習して、練習すること。


 こんな当たり前のことに、なぜわざわざ気づいたなんて大げさな書き方をするのか。

 コースでは、特に競技では「練習して身につけたスイング」と「自信」しか役に立たないから。

 逆にいうと、練習しないで迎えるラウンドとは、演奏する曲を知らない状態で演奏会の舞台に上がるのと同じ。運転したことない車でレースに出るのと同じ。妻の誕生日にプレゼントを用意しないのと同じ。極論だけど、つまりはまあそれぐらい無謀というかデンジャラスというか、箸にも棒にもかからなくて当然、ってこと何じゃないかと。

 あ、もちろん「仲間と楽しくラウンドする」ゴルフをする分にはそんなものまったく必要ない。あくまで上手くなる、つまりスコアを良くする方法ね。




 朝イチの緊張した状態で。左右がOBの時のティショット。ライが悪い時。大きなミスが続いた時。大叩きした次のホール。目標スコアまであと1打も落とせない。

 そういう時、自信つまり自分を信じることができるかどうか。無心になれるかどうか。まっすぐ飛ばしたい、キチンとあたって欲しい、ミスはできない、そう考えた途端に脳は「手で打て」「体を止めて安全にいけ」「ダフらないようにしろ」などとおかしな司令を出し、体はそれに従って変なスイングをして、最悪の結果になってしまう。

 それを防ぐにはやっぱり練習しかないのだ。球を打ち続け、成功体験を積み重ね、意識しなくても体が動いてくれる。そしてそんな体を脳が信頼し、体に任せる。そうやって初めて、いいショットが「意識的に」打てるようになる。

 だから練習も満足にしてないのに「ミスした」「うまく打てない」「ダボ叩いた」などと大騒ぎしている(私のことだ)のはもうアホというか馬鹿というか、相当恥ずかしい事なのだ。そう、だから、



 四の五の言わず球を打て(ただしいろいろ考えながら)。



 それがゴルフが上手くなる究極にして唯一の方法。あとは付け足し。
posted by hiro at 10:11| Comment(0) | 目から鱗(開眼)

2018年03月12日

課題を持って


 木曜日は暴風雨でラウンドできなかったので、万難を排して日曜日に薄暮へ。おなじみN井さん、S井さんらと。

 で、駐車場へ着くと、同じ薄暮月例仲間のN條さんが右◯にギ◯◯をした状態(年明け早々大怪我をされた)、薄暮へスタートしていくところに遭遇。片手でラウンドされるそうだ。私も大概のゴルフバカだと思ってたけど、世の中には上には上がいるものである。脱毛、いや脱帽。


 さて冬にしてはいい気候の中、スタート。この日に課題は「ドライバーはスライス命」「アイアンは体の回転だけ(クォーターショット)で打つ」の2つ。アプローチとパットは適当。

 ドライバーの結果はこんな感じ。ちなみに狙いは左ラフ〜左サイドぎりぎり。

 1番:やや力入るも狙い通りスライスでフェアウェイセンター230y(打ちおろし)
 3番:軽いプッシュスライスでフェアウェイ右端210y(打ち上げ)
 4番:どヒールでプルスライス、フェアウェイ左サイド215y(打ちおろし)
 5番:良いスライスでフェアウェイセンター235y
 7番:プッシュスライスで右ラフ245y(打ちおろし)
 8番:今日イチのフェードでフェアウェイ左255y(打ちおろし)
 9番:低いプルスライスでフェアウェイ195y(打ち上げ)


 4番と7番を除き、ほかはパーフェクト。特筆すべきはこれまでフェース全面を使って打っていたぐらい打点がバラバラだったのが、スライスを打つつもりで振ったら芯に当たる確率がすごく上がったこと。スイングは再現性と気持ちよく振れるかが重要だもんね。

 4番と7番はきつい打ちおろし。やっぱり力が入ってミス率が上がるね。でも、フェアウェイへ残ってくれてるからそんなに悪いミスじゃない。



 なんだか長い遠回りをしていたようだけど、ドライバーはスライスのイメージで打つのが私に合ってる。

 ちなみにフェアウェイウッド(地面から)もアウトサイドインの軌跡で上からヘッドを入れてスライスで打つイメージのほうが打感もいいしダフらないしダフってもそこそこ飛ぶし上げようという意識から明治の大砲になりにくいし良いことづくめ。

 それにアウトサイドインのイメージで振ったとしても、案外ストレートからフェードに収まってくれるんだよね、ティショットもフェアウェイからも。極端に体を先行させたり、左肘を引いたりしたら別だけど。

 あと、球が曲がることによる飛距離減は10yぐらいはある。でも、ヘッドスピードの上がり方と芯を食う確率がぜんぜん違う(もちろんスライスのほうが良い)ので平均飛距離で考えればスライスのほうが圧倒的に飛んでると思われる。

 まあハーフ1回だけの結果だからまだ結論を出すには早すぎるけど、ストレートやドローという見栄えのいい球で芯を外したりOBを量産するぐらいなら、初心者っぽくて格好悪くてもスライスでフェアウェイキープするほうが絶対いいよね。気分はバッバ・ワトソンでいこう。



  それに比べて、アイアンのコントロールショットはまだまだ。成功したのはティアップして打ったパー3の8アイアンぐらいで、トゥヒットするわダフるわダフるわダフるわ、まだまだ実用には程遠い。でも打ち上げ&砲台グリーンが多いホームコースで、アイアンが銀河系宇宙一ヘタな私にはこのコントロールショットは必要だと思う(苦し紛れっつー感は否めないけど)ので、しばらくは練習を続けたい。 
posted by hiro at 12:32| Comment(0) | 目から鱗(開眼)

2018年03月10日

サルでもできるスピンの効いたバンカーショット


 サルでもできる、スピンの効いたバンカーショットの打ち方を発見したのでご報告したい。ただし信憑性は60%ぐらい。



 ある日曜日、薄暮で待ち時間に練習してた時の話。

 ちょっと砂が薄くて硬いバンカーに入り、短い距離のバンカーショットを練習していたんだけど、ふと何気なく(またかよ)、

 コックを使わないで体のターンだけで打ってみよう

 と思い立ち、打ってみた。すなわち。

 クラブヘッドがスイング中ずっと、胸の前に同じ形で(開いたり閉じたりせず)存在する感じ。つまり手首やアームローテーションをほとんど使わない感じ(縦のコックは多少入る)

 あくまでイメージなんだけど、ヘッドをびゅんと加速して体の前を通過させるのではなく、体の正面に保持しながらU字型に動かすっていう雰囲気かな。両脇がずっと閉じてるというか。桑田泉のS2の上半身に近いかも。

 ただし、普通のバンカーショットと同じように、重心を落とし、左足体重にし、ハンドレイトに構え、フェースを思い切り開いて、フィニッシュは飛球線の方まで上半身をターンさせるという基本はそのまま。



 で、そうやって打ってみると・・・

 球がポーンと高く上がって激スピンで止まる!!そこそこスピン効く!!
 (きちんと薄めに入らないとスピンがかからないので訂正)

 コックを使わないこの打ち方、全然飛ばなくてチョロしそうな気がするんだけど、5球ぐらい打ってみたところ(たった5球かい!)、球筋(ポーンと上がる)とスピン量はほぼ同じ。とにかく何より、スピンがチョー気持ちいい。

 砂の取り具合によって飛んだり飛ばなかったりはあるし、コックを使うよりホームランしやすい気がするけれど、それさえ注意すれば使えそう。



 で、その後実戦で普通の砂、柔らかめの砂などで試してみたが、多少厚め(ダフリめ)に入ってもランが出てそこそこ転がってくれるし、きっちり入ればスピンが効くのでいい感じだ。ただし、手首を使わないせいか、自分で思っているより薄めに入る傾向があり、ボールを見て打つとホームランしがちである。っていうか3回に1回ホームランする(ダメじゃん)。

 よって、きちんとボールの後ろ(バウンスを入れていく所)を見て打つとか、ボールの位置を変えてみるとか、ほんの少しコックを使うとか、もう少し工夫が必要と思われる。
posted by hiro at 10:05| Comment(0) | 目から鱗(開眼)