2018年02月07日

日本一簡単なスピンアプローチ


 ウェッジショットのバックスピン。

 低く出てスピンでピタッと止まるアプローチ。

 バンカーからスピンを効かせて止める。




 アマチュアが憧れる「三大スピン」である(っていうか、それ以外のスピンはマニアックすぎるんだけどね。ドライバーのスピン量コントロールとか)。

 で、今回は「日本一簡単な、練習も(あんまり)いらない、スピンの効いたアプローチ」を発見したので健忘録的に。ちなみにここでいうアプローチはグリーンすぐ側からの20y以内のアプローチで、ライは普通(ラフではない)とする。




 先日の薄暮、あと数ホールを残して前が詰まってしまった。二打目地点へ向かって走るカートが1台、そしてティグラウンドに1台。単純に計算して12分ぐらいは待つ必要がある。そして後ろの組はまだ来ていない。

 我々はグリーン周りに戻り、軽くアプローチを練習することにした(コースの人ごめんなさい)のだが、そこでふと何気なく、

 ハンドアップしてヒールを浮かせてショートチップをしてみた。

 よく、ハンドアップしてフェースを閉じ、パットのように打つ「パター打ちアプローチ」はやるけれど、このときはそれとは違って、軽くヒールアップはするけど打ち方はショートレンジアプローチと同じ。即ちボール位置は真ん中よりやや後方、フェースはスクエア〜ややオープン。

 すると、下り傾斜なのに全然飛ばない。っていうかランが出ない。変だ。何でだ?いや、ランが出ないんじゃない、これはスピンが思い切り効いてるんだ!と気づいた。

 なぜヒールを浮かせたらスピンが掛かるのか全然理屈は分からない。打点が少しトゥ寄りになるんだろうけど、それが関係してるのかな。


 しかし、ヒールを浮かせるのでミスに強いし、2バウンド目ぐらいでキュッとスピンが効いて1m以内に止まるので距離感も合わせやすい。注意点は緩まないことぐらいかな。とにかく拍子抜けするぐらい簡単に、憧れのスピンが掛かる。気持ちいい。これは手前にピンが切られている時のショートチップで使える!っていうかちょっとカッコイイ。



 もう少し練習して距離感とかボール位置とかフェースの向きを微調整する必要はあると思うけど、これは間違いなく1UP(ワンナップ)だぜ!

1up.jpg

 トゥアーはトバリショー(何となく書いてみたかっただけ)。
posted by hiro at 12:08| Comment(0) | 目から鱗(開眼)

2018年02月05日

グリーンは2つある


 先週の木曜日、工房へ行ったときにGさんと色々と話をしたと書いたが、その中で一番感銘を受けた話。



 パー5の2打目をレイアップするときにナイスショットが出たり、薄暮プレーでグリーンではなく花道を狙って軽く打ったら乗っちゃったりと、気楽に「乗らなくていい」と考えながら打ったら逆に芯を食って距離も出る。

 でも、きちんとグリーンを狙ったときに限ってイマイチの当たりだったりなかなか乗らなかったりする。やっぱりメンタルの問題と、変な力が入ってるんでしょうね、と私が言う。

 するとGさん、「わかります。hiroさん、そういう時はもう一個グリーンを(頭のなかで)作るんですよ」との事。詳しく聞いてみるとこういうことだった。



 どんなホールにも、グリーン周りにはピン位置によって「外していいゾーン=寄せワンが取りやすい所」と「外してはいけないゾーン=アプローチが寄らない所」がある。で、外していいゾーンを「第二のグリーン」と考え、そこを含めたコースマネジメントをする。

 つまり、外していいゾーンがグリーン手前であれば、その手前にも別のグリーンがあると考えて(あるいはグリーンがそこまであると考えて)ショットを打つ。これにより、狙う場所はだいぶ大きくなり、リラックスして打てるようになり、さらに「手前の別のグリーン」に止まっても満足感が得られる。

 もちろんプロや上級者のように、そこから高確率でパーを取れるとは限らない。でも、「グリーンを狙ってたけど乗らなかったのでアプローチする」という状態と、「狙ったところへ飛び、その上でアプローチに臨む」というのでは心の持ち方が違う。余裕も違う。前者は「ミスを挽回しないといけない」だけど、後者は「計画通り(ニヤリ)」なのだから。



 あと、「第二のグリーン」は花道だけとは限らない。ピン位置によってはグリーン奥だったり、グリーンサイドバンカーだったり、ニアサイドの反対側全部だったりする。そう、自分の腕前、目標スコアに応じて大きくなったり小さくなったり臨機応変に変えることができるのだ。

 アイアンの調子が悪い日とか、距離が長い・難易度が高いホールの場合、さらには風が強かったり真冬で飛ばない時などは、第二のグリーンを大きくして(つまりハードルを下げて)ボギーやむなしと考える。それでも「計画通り」なのだ。精神的に楽だよね。


 ただし、そういう攻め方をする前提として、アプローチとパットのスキルがそこそこ要求される。でないとボギーばっかりとか素ダボがちらほら、とかになっちゃうよね。

 そういう意味では諸刃の剣なんだけど、「第二のグリーンはあそこ」とはっきり意識するというのはすごく面白い考え方だと思う。まあ、一昨日の日記の結論と同じく、能書き垂れる暇があったら練習へいけよって話なんだけどね。
posted by hiro at 17:48| Comment(0) | 目から鱗(開眼)

2018年01月27日

何なの?


 昨日のラウンドから。前半西コース。

 1番は165yパー3。奥へ行ってもいいと思いつつ、1番手上げて軽く打ったら筋ってピン下にオン。2パットパー。

 2番はティショット7割ぐらいの軽めで、結果狙ったところへ。2打目が175y、4アイアンでグリーン右サイドまで行けばいいかと軽く打ったらそこそこの当たりでグリーン右サイド。3打目チャックリ(枯れててもティフトン芝は抵抗が大きい)、4打目も寄らず。でも4mぐらいが偶然入ってナイスボギー。

 3番もティショットは8割ぐらいの力でフェアウェイセンター、から傾斜で左ラフ。2打目は130yぐらいで8アイアン、クォーターショットで花道から転がっていってピンハイにオン、2パットパー。

 4番パー5、ティショットはまた軽く打ってほぼ完璧、2打目7Wはヒール引掛けで左ラフ、3打目140yを7アイアンのクォーターショットでポーンと打ったらまた花道から転がり乗って2パットパー。

 以下同じような感じで前半2オーバー。


 自慢したいわけではない。言いたいのは、何の期待もせず、けっこう適当に(一番手上げて軽く)打ったショットがことごとくラインが出て狙い通り飛んだりグリーンオンしたって事。

 今まで俺が必死にやってきたゴルフって一体何なの?

 今まで必死に力入れて振ってたスイングって一体何なの?


 ダウン着て、ネックウォーマー付けて、体が8割ぐらいしか回らないような状態で7割のショットして2オーバー。午後ちょっと欲を出し、力入れて振ったり打ったりしたら11オーバー。

 ほんとに不思議だわ。不思議っていうか訳わからん。




(この「真冬の聖丘CC大波事件」が、hiroのゴルフ観やスイングを根本的に変えるきっかけになる事を彼はまだ知らない。そして、彼がそれに気づくのはまだまだ先なのであった)
posted by hiro at 17:51| Comment(0) | 目から鱗(開眼)