2020年09月18日

秋のザ・サイプレス


 毎年3月に開催されている業界のコンペ@ザ・サイプレスが新型コロナで延期になり、この時期に。暑くもなく、芝が真緑で、冬のサイプレスよりも数倍きれいだった。

2020-09-17_01.jpg

2020-09-17_02.jpg

 さて、今日は結果から。

seiseki20200917.jpg

 この日はアイアンがたまたますごく良かった。最初のうちはラフからチョロとかしちゃったけど、リカバリーもできたし。

 アプローチは良かったり悪かったり。グリーン周りからはエッジを狙ってるのに1〜2m足らずにショート、というパターンが3回ぐらい。トップを恐れて緩んでるんだろうね。

 パットはスティンプ8.3ftということもあり、また小雨でグリーンが濡れていたということもあり、難しくなかったのでまあまあの数字。16番の3パットは登り逆目の二段グリーン8mを4mもオーバーさせるノーカンパット。まあ1つぐらいそんなのあるよね。

2020-09-17_03.jpg

 スカタンは2つ。パー5で強引に2オンを狙って右プッシュ林、3打目出すだけ。4打目、115yフォローから、50度のフルショット(105y)かPWのコントロールかで迷って後者を選びグリーンオーバー、5打目寄らずのダボ。2オン狙ってのミスはある意味仕方ないけど、4打目のミスチョイス(ピンを狙わずとにかく乗せる)が生んだダボだね。

 16番はティショットが右の林、2打目出すだけのつもりがラフまでしか出ず、3打目190y木がスタイミーの一からユーティリティで強引に狙うもスライスがかからずバンカー越えの薄芝ライ。99%チャックリしてバンカー、と思ったけどなんとか乗ってくれた、そこからの(上に書いたような)3パット。

2020-09-17_04.jpg

 でも、81はサイプレスのベストスコアだったりする。ので、まあいいラウンドだったかな。
posted by hiro at 00:00| Comment(0) | 雑文

2020年09月15日

最新理論のスイング

 同じく薄暮プレーにて。

 N條さんは今現在、レッスンを受け絶賛スイング改造中。その中身は「シャットフェースで左腕を返さずに左腰を切っていく」というスイング。そう、ダスティン・ジョンソンに代表される、今流行の理論だよね。

 先日一緒にラウンドしたN谷くんもこのスイングに取り組んでるみたいだし、今後はこれが主流になっていくのかもしれない。実際、N條さんのドライバーはほとんど曲がらなくなってるし、N谷くんもスイングが安定してHDCPもだいぶ下がった。



 ただ・・・・それ、俺が昔やってたスイングにそっくりじゃんって思ったんだよね。

 アドレスでフェースを思い切りクローズに構え、ボール位置は左足のつま先。思い切り腰を切り、アームローテーションやコックはほとんど使わないでハンドファーストのインパクト。ボールは左へ打ち出して軽く逃がすイメージ。まあ、厳密に言うと違うのかもしれないけど。

 このスイングは当たればバカッ飛びするんだけどこの打ち方ではダウンブローに打てなくてフェアウェイウッドやアイアンがへっぽこになる。当たってもヘロヘロのこすり球。

 それがどうしても嫌で、また多くの人に「そんなにクローズドフェースでドライバーを構えるのは絶対におかしい」と言われ続け、去年から「コックとアームローテーションを使うオーソドックスなスイング」を習い始めたのだ。

 それなのに、今になってそれが最新最高理論って言われても。それ、早く言ってよ。おじさんもう元には戻せないよ。



 でも、この最新理論のスイング、腕やコックを使わない分、体幹に相当力がいるような気がするんだよね。だって体の回転でヘッドを走らせるわけだから。つまり、若いか、体力があるか、練習量を確保できるか、あるいはセンスがある人ならば全然問題ないんだろうけど、多分私がマスターしようとしたら一から体を作り直す必要があるような気がする。そんな事はもう無理だ。



 実は今でも、この最新理論のイメージで打ったときが一番気持ちいいし、安定してるし、飛ぶ気がする。フェードだから安心して打てるし。フェアウェイが広いところ、左に真っすぐ飛んでもスライスしても大怪我しないところではこの打ち方でドライバーショットすることもある。

 でも、せっかく1年半掛けてオーソドックスなくイングに近づけてきたので、やっぱり今更戻せないよな。それとも、ドライバーだけそれで打つか?
posted by hiro at 10:25| Comment(0) | 雑文

2020年09月02日

キャディバッグ


 さて、二度と偉そうなことを言わない、1からやり直す、などと口からでまかせを書いてから数日。気がつけばもう9月である。


 松山が久しぶりに優勝争いをしたり(DJとラームのパットは神懸かりだったね)、笹生優花という新星が現れて2週連続優勝したり(5ヶ国語を喋れるというエピソードからとんでもない努力家ということが伺える)、安倍首相が辞任を決めたり(賛否あるけど、人気も能力もなければ長期政権にはならんでしょう。つまりそういうことだと思う)、半沢直樹が活躍したりと世間は騒がしい。

 一方の私は、相変わらず暑さで練習にもいかず、うだうだと過ごしていたら鼻風邪を引き(注:コロナではありません)、副鼻腔炎を併発して37度ぐらいの微熱が出(注:コロナではありません)、しんどいだるいとぼやきながら生きているところである。



 そんな私が唯一心休まるのは、買い替え予定のキャディバッグについてあれこれ考えているときだけ。まあキャディバッグなんて機能的なら何でもいいんだけど、なにげにセンスが出るしね。

 今使っているトリコロールのタイトリストはもう8年も使ってて、さすがに薄汚れてあちこち色も落ちてきた。そして先日、口部分の横棒が折れた。もう限界だ。

titleist1.jpg

 この頃はピカピカだったんだけどね。

 ちなみにその前はサンマウンテンのSCB。それも7年使った。

sunmountain.jpg

 これはほとんど人と被ることもなく気に入ってたんだけど。


 で、新しいキャディバッグに求めるのは次の条件。

・人とできるだけ被らないこと(マイナー路線)

・メーカーのロゴが目立つのはイヤ

・プロが使うような大きなバッグは重いしカートでじゃまになるので却下

・3万円以内(ブリーフィングとかは高すぎる)

・スカルの柄は嫌い(オークリーとか、サイコバニーとか)

・スタンドバックではないもの(だって99%カートに積むんだからね)

・かと言って、口が14分割になってるのはダメ(あれは直立させてカートに積むアメリカのカート用で、日本のカートみたいに斜めにセットしたら引っかかってむちゃくちゃ出しにくいと思われる。何本かまとめて抜き差しするのも不便だしね)

・プロが使うような大きなバッグは重いしカートでじゃまになるので却下

・格好良くて可愛くてセンスがいいモノ


 これらを総合的に考えると、日本製のスタンダードなもの、だけどロゴのないもの、ということになる。そうなるともう限られてくるんだよねー。

 今の第一候補はこれ。

mizuno1.jpg

 これ、ミズノなんだよね。サイドにポケットがないので、カートに積んでもじゃまにならないし取り出しやすい。よく考えてると思う。

 でも問題が。去年の限定モデルなのでなかなか現物がなくて、売ってるところも限られててて、ちょっと予算オーバー。明後日、淀屋橋(大阪ね)にミズノショップが新装オープンするのでそこへ行ってみようと思う。あったらいいな。
posted by hiro at 18:33| Comment(0) | 雑文

2020年08月30日

反省会


 読みが難しいグリーンなのに、付いたキャディさんが新人で全くグリーンが読めない子だったこと

 ティショットがまっすぐ出て左へ曲がり、それを嫌がって今度は右へ行くというトホホパターンだったこと

 4Wを使ったティショットは4回あったけど、全部ミスショット(左・チョロOB・プッシュスライス・左)だったこと

 アイアンはいつも通り下手だったこと

 アプローチはまあまあだったけど寄せワンは1個しかなかったこと

 パーオン3パットボギーが3個もあったこと

 っていうか、42パットって何なん?

 グリーンは8.5か8.6ぐらいで適度なスピードだったんだけど

 L字のロッサで全然タッチが出せなくて

 朝の練習グリーンの時から5mのパットで1mオーバーとか1mショートとかしてて

 あ、こら今日はあかん日やわ、と思いながら

 でも面倒だからオデッセイ#7に替えもせず、なんとかなるだろうと高をくくり

 その結果が42パット。3パット6個。4パット1個

 1m以内をピンに弾かれて外すこと2回。強すぎるんだよね

 これからは、強めに打つ短いパットはピンを抜くことにしようと思う

 ちなみに、良かった事は数えるほど。

 13番、185y打ち上げパー3で5アイアンがドローでピン筋、ただピンを10yオーバー。

 16番短めのパー4、ユーティリティのティショットが芯を食ってストレートボール210y。

 この2つだけ。



 1からやり直します。
posted by hiro at 10:33| Comment(0) | 雑文

2020年08月18日

告知のみ


 昨日の夜、冷房で冷えたせいか無茶苦茶お腹が痛くなり、トイレでウンウン唸っていたら痛さからの冷や汗にプラスしてトイレの暑さで汗が出てきて、自律神経がパニックを起こし、何とかトイレを出た(あ、いちおうお尻は拭いたよ)ところで生まれてはじめて失神してしまった。いやあ、人間ってあまりに苦しいと気を失うのね。

 廊下で倒れて頭を打って気がついたら横になってた。不思議な体験。

 お腹(大腸)は昔から定期的に痛くなるんだけど、半年に1回ぐらいはこの世の終わりかと思うぐらい苦しいのが来る。昨日もそんな日で、普通は出すものを出して薬を飲めば落ち着くが気を失って倒れるほど気分が悪くなったのは初めてだ。今朝はお腹は落ち着いたけど目の上にできたたんこぶが痛い。でも骨折とか歯の破折とかがなくてよかった。



 さて、今日は告知だけ。明日19日から23日まで夏休みを取らせていただきます。ので、更新はたぶん月曜日までお休みになります。気が向いたら金曜か土曜に更新するかもだけど、多分しないと思うのでご了承ください。

 夏休みは旅行へ行く予定もなく、近場へもいかず、ひたすら体を休めます。5日間のうち2日間はラウンドの予定が入ってるけど予想最高気温は39度。コースや同伴競技者や自分ではなく、暑さとの命懸けの戦いになる。

2020-08-02.jpg

 それでは皆様、来週お会いしましょう(生きてたら)。
posted by hiro at 12:46| Comment(0) | 雑文