2018年04月17日

幸運のベル


 星新一のショートショートに「幸運のベル」という話がある。

 近未来。販売促進のため、すべての企業が物品に「当たり」を付けるようになった。当たりは高額な現金で、余裕を持って一生遊んで暮らせるだけの額。そしてその当たり判定は物品が出す超音波で、もし当たりの場合、包装を破った時点で家庭の天井に備え付けられた「幸運のベル」が反応し、ベルが鳴り響くことになる。
 
 主人公はこのベルを鳴らすことが人生の目的のようになってしまった人物。結末は主人公が「笑い、泣き、もう一度笑い、そしてその後はずっと泣き続けた」という考えさせられるものだったのだが、我々ゴルファーも、ゴルフ道具を買う時にはこの主人公のように「幸運のベル」を鳴らすことを夢見ているような気がする。


 ジェイルブレイクテクノロジー。ツイストフェース。◯◯史上最高の飛び。プロ仕様率ナンバーワン。今度のドライバーこそ最高の1本になるだろうか?あのアイアンは打感も飛距離も私にぴったりに違いない。このウェッジならバンカーから簡単に出るだろう。このパターが私のイップスに終止符を打ってくれるかも。
 
 そう考えながら、ちょっとだけ勇気を持って購入確定ボタンをポチるのである。


 しかし現実は甘くない。幸運のベルが鳴ったような気は確かにしたのに、それが空耳だったということは早くて1回め、遅くとも数回のラウンドで判明する。ああ、今回もか。やっぱり。そんな虫のいい話はないよな。そしてまたメーカーのウェブサイトを見に行く。

 「俺は鳴らしたことがあるよ」という人がたまにいるけれど、本人がそう思っているだけでやっぱり空耳だったりする。でも、空耳であっても聞こえていることは幸運なことなのかもしれない。少なくとも、空耳さえ聞こえない人にとっては。


 どうして幸運のベルを鳴らすことを夢見るのか。それは、自分に才能がないという現実や、自分の練習不足や、努力不足や、ゴルフに打ち込めない境遇から目をそらし、絶望しないため。

 だから、ゴルファーはクラブを買い続けるのである。でも、「泣き続ける」結末にするのか、それとも「笑い続ける」結末にするのかは自分次第・・・・
posted by hiro at 11:21| Comment(0) | 雑文

2018年04月04日

パー3にて


 距離が長かったり、難易度が非常に高いパー3などで、全員がグリーンに乗った段階でマークし、後続組に打たせる事があるよね。この行為について、いくつか気になっていることがある。




 気になることその1

 この行為自体の呼び名(名称)はないんだろうか。プロの試合や諸外国では原則やらない、日本独自(?)のローカルルールみたいなものだから正式な名称はもちろんないと思うけど、呼び名があったような気もするんだよなあ。この話題を考える時、いつも「パー3でマークして後続組に打たせる事」って言うのは面倒だ。


 気になることその2

 この行為で短縮できる時間は、理論的には「前方の組がグリーン上でプレーする時間」−「後方の組がティショットに費やす時間」である。ティグラウンドからグリーンまでの移動距離、ワンオンの確率、次のホールの待ち時間なんかによっても影響を受けるけど、そう考えると思ったほど時短の効果はないのかもしれない。心理的な効果はあるだろうけどね。


 気になることその3

 よく「乗っても拍手するな、相手がどんな腕前なのかわからないから失礼になることも」みたいなことが書かれているサイトが多いけど、最初に書いたとおり、この行為は難易度が高いか距離が長いパー3で行われる。という事はつまり端にでも乗ったらやっぱり立派なのだ。素直に褒め称え、乗せた方も素直に喜ぶ、それでいいじゃないか。

 「ミスショットであんな端っこに乗ったのに拍手しやがって。俺はそんな下手じゃないぞ」などと気を悪くする上級者がもしいたら、そのほうが恥ずかしいと思うんだけどな。お前はいつもベタピンに打ってるのかと。気を悪くする権利があるのは松山英樹レベルだけだろ的な。


 気になることその4

 後続組がグリーンオンして、そのボールのパットの線が自分のスタンスに掛かったりしたら、ちょっと悪いなと思いつつも思い切り踏んでプレーする。その時、そのプレイヤーが後ろから来たらちょっとだけ気まずい。


 気になることその5

 後続組に打たせる時、グリーンの奥などに設置された金網の裏などで待機するが、そのコースを何度も回っているとどこへ飛ぶか、どこへ外すかがだんだん分かってくる。よって、ベテランになるほどグリーンの近くで待機したりして、「俺はこのコース良く知ってるもんねー」感を出す。でも想定外のショットが近くに落ちて死ぬほどびっくりする。


 気になることその6

 同じく待機中、後続組のボールがOB方面に飛んだとする。フェアウェイからそれを確認しづらい場合、待機している先行組がそれを教えてあげるのは良いマナーだと思うのだが、これが微妙に難しい。

 セーフの場合はいい。両手を横へ広げるジェスチャーはわかりやすい。しかしOBの場合、両手で◯を作るのが正式な(?)ジェスチャーだと教えてもらったことがある。これはOBの「オー」を表現しているのだが、このハンドサインを知らない人が見れば「OK」のオー、あるいは大丈夫の「◯」に見えるよね。

 そして「両手で◯」がOBを表すことを知らない人はたぶんゴルファーの過半数をしめると思う。そうなると、このサインはいくら正式であっても使えないよね。誤解を招く。

 よって、OBのときは両手をバツの形にしたりするんだけど、これは両手が体の前にくるのでわかりにくい(見にくい)んだよね。

 でも、一番困るのはどちらかわからない場合。ちょっと走って確認してくれるような親切な人もいるけど、距離が遠かったりきちんと探さないとわからないような場所の場合はそういう訳にはいかない。で、その時どういうジェスチャーをするべきか。そう、やりようがないのだ。「わからない」と教えてあげたいけど、ジェスチャーでそれを伝えるのは無理。

 だから、「このホールは後続組に打たせてください」と決まっているコースやホールでは、金網の所に赤と白の旗を置いておくべきなんだよね。これだったら、両方を挙げることで「わからない」と言うことが表現できる。

 ホームコースにはすごい打ちおろしのパー3があって、そこはきさいちの名物ホールなんだけど、打ち終わってからグリーンまで自動カートだったら2分ぐらい掛かるので、「後続組に打たせてください」という看板が設置されている。

 で、以前はティグラウンド白い旗を置いてあって、見てくれている先行組にどちらへ飛んだか教えるようなシステムになっていたんだけど、いつの間にかその旗もなくなってしまった。ティグラウンドに復活、グリーン奥に赤白の旗を新設して欲しい。



 まだあるけど、まあ今日はこれくらいにしといたろ。
posted by hiro at 17:29| Comment(0) | 雑文

2018年04月02日

結果にコミット


 昨日は暑いぐらいの気候と満開の桜を愛でながらの薄暮ラウンド@ホームコース。

2018-04-01 17.57.26.jpg

 この日は珍しく、知り合いのKさんをお誘いして。Kさんとは数回ご一緒させてもらっているが、3年ほど前にゴルフの女神に取り憑かれ、すごいスピードと努力でゴルフの本質に迫ろうと努力されている人である。

 この冬も、あの「結果にコミットする」某ゴルフスクールに通われ、一皮もふた皮も剥けて帰ってこられた。とにかくその貪欲さと努力には頭が下がる。現在所属しているコースには薄暮プレーがないので、うちの薄暮プレーのシステムをたいへん羨ましがっておられた。Kさん、待ってます(笑)。


 さてこの日は4時過ぎからスタートの予定だったんだけど、4月から(つまり昨日から)午後スルーがスタート。その組がなかなか帰ってこず、4時半ごろのスタートになった。というわけで8ホール目でナイターゴルフに。夜桜見物もできて、なかなか乙な1日だった。

 ラウンドの方だけど、ショットはすごく良かった。ドライバーは全然芯に当たらなかったけど許容範囲(1発左引掛けOBがあったけどね)、アイアンは良すぎてことごとくグリーンオーバー。この日は「手を右サイドで振る」事だけを意識したんだけど、軽く振ってるのに1番手飛ぶ。暖かくなってきたことやグリーンのコンパクションが上がってることも関係あるんだろうけどね。

 この良いイメージを固めて、日本一ヘタなアイアンを何とかしたいものだ。練習あるのみ!


 パー3でバンカー一往復半(砂が薄かったんだよー!)の7があったりもして50近く叩いたんだけど、まあ内容が充実してたので良しとしよう。
posted by hiro at 19:04| Comment(0) | 雑文