2017年09月20日

飛ぶと有利なのか


 今日の日記は当たり前のことを書いてるだけですが、当たり前のことでも文章化することで何か新しい知見が得られないかどうかという試み・・・というのは言い訳です。



 ドライバーの飛距離はやはり持って生まれたモノであるということが川岸史香プロによって間接的に証明された(ホントか?)わけだが、飛ぶことはやっぱり有利なのか?

 一般論的には間違いなく有利だ。ちょっと考えただけで飛ぶメリットはいくつも列挙する事ができる。

・2打目の番手が小さくなる
・越えないハザードを越せる可能性が出てくる
・パー5で2オンできる可能性が高くなる
・(狭いホールなどで)曲がりにくいFWやユーティリティでティショットできる
・2打目を人より後に打てるので風などのジャッジがしやすくなる
・優越感に浸れる(笑)


 ではデメリットの方はどうか。

・曲がると大怪我しやすい
・パー5などで(なまじ届くので)無理をして大叩きする可能性がある
・2打目を後から打つプレッシャー
・飛ばす人という目で見られるプレッシャー


 つまりメリットはスコアの減少に直接影響する事柄が多く、デメリットはメンタルに関連するものが多い。


 次は逆を考えてみよう。飛ばない人のメリットとデメリット。

メリット

・ハザードに入りにくい(届かない)
・曲がっても怪我しにくい
・飛ばそうと力むことが少ない
・ティショットに使う(メンタル)エネルギーを2打目以降に温存できる


デメリット

・2打目の番手が大きくなる
・長いホールでパーオンが難しくなる
・よって、ショートゲームの重要性が増す


 面白いことに、メリットはメンタル面、デメリットはスコアに関するものということになり、飛ばす人と正反対の結果となる。まあ当たり前と言えば当たり前なんだけど。


 さて、以上の事から導き出される結論として、飛ばし屋はメンタルが強くないと宝の持ち腐れ。メンタルが弱い人は逆に飛ばさないほうがスコア的には有利になるかも?ということが言えるのではないかと。


 プロなんかもそうだよね。飛ばし屋で名を馳せた人はふてぶてしいぐらいのメンタルの持ち主が多い(ジャンボ軍団・池田勇太・藤本佳則・松山英樹)ような気がするし、飛ばし屋なのにあまり活躍できなかったプロはメンタル弱いのかも。

 「いやプロはメンタル弱かったら飛ばし屋でもそうでなくてもダメでしょ?」という意見もあると思うけど、メンタルの問題で活躍できないっていうのはプロもアマも同じだと思うんだけどなあ。





 いや、遠い世界のプロの話はどうでもいい。我々アマチュア(それも、トップアマではなく月例競技や仲間内のコンペを楽しむレベルのアマチュア)にとって、飛ぶのがどれぐらい有利かという話である。

 アマチュアでももちろん、いやアマチュアだからこそメンタルの問題は重要なわけで。例えば「パー5の2オンを狙う」場合でも、いくらユーティリティやフェアウェイウッドが上手くても、あるいは練習しても、本番で距離と方向がきちんと合わなければ意味がない。それは技術・メンタルの両方が関わってくるよね。


 あと、よくある話だけど、ティショットが今日イチの当たりでフェアウェイセンター。残りはウェッジ。でも、自分より飛ばない同伴競技者がはるか後ろからユーティリティやミドルアイアンできれいにオンさせた。そうなると最後に打つ人間はどう思うか。

 「ウェッジなんだからナイスショットして当たり前、みんなよりピンに寄せて当たり前」なんて無意識に思っちゃうんだよね(え、俺だけ?)。で、思い切りダフったりする(え、俺だけ?)。ちなみに編者はこの現象を「ティショット一番飛ばしたらボギーになるの法則」と呼んでいる。


 まだある。ユーティリティでグリーンサイドバンカーに入る時、多くは転がって入るかあるいは鈍角でバンカーに着弾するため目玉になりにくい。でも、ショートアイアンやウェッジでバンカーに入れると目玉になりやすい。



 というわけで、結論が出たようだ。ヘッポコアマチュア(私のことね)は

ドライバーが飛ばないほうがメンタル的に楽でスコアメイクもしやすい(かも)。


 異論は認める。っていうか、この結論のどこが当たり前なんだろう?
posted by hiro at 11:51| Comment(0) | 雑文

2017年09月11日

不思議なピンフラッグ


 なんか竹内まりやの歌みたいだけど。

takeuchimariya.jpg

 昨日久しぶりに薄暮へ。木曜日大雨でラウンドできなかったし、先週の日曜日は用事があっていけなかったので10日ぶりにクラブを握った。

 この日はクラブを気持ちよく振ることだけ考えて。OB1つ、3パット1つ。内容は寄せワンパー・寄せツーボギー・ティショットOBダボ・3パットボギー・寄せワンパー・寄せツーボギー・寄せツーボギー・寄せワンパー・寄せツーボギーと相変わらず(ほぼ)パーオンせずの44。まあこんなもんでしょう。

 スタートが5時頃だったので8番ホールに来る頃にはすっかり日もくれ、久しぶりにナイターゴルフ(いやちょと違う)を堪能した。



 本題。あるホールで、受けグリーンの奥、エッジから6mぐらいのところにピンが切ってある状況。私はピン手前左サイドからパットをする状況だったんだけど、普通は右へ切れる(いわゆるスライスライン)はずだよね。で、実際にもほんの少し右へ切れたんだけど、ピンフラッグが奥に傾いてたんだよね。

 たまにあるんだけど、ピンフラッグを刺す穴がちょっと緩くなってる場合、きちんと刺さらずにピンフラッグが傾くとこがある。特に傾斜の途中に切られていたり、ホールカップが少し傾いて設置されたような場合、ピンフラッグは「きちんと刺さってないんと違う?」と思うぐらい斜めになったりする。

 で、今回の場合もフラッグの穴がだいぶ緩んでた。よって受けグリーンだから当然手前に傾くはずだよね。なのに、はっきり奥へ傾いてる。ひょっとして受けてるのはカップ手前までで、カップ付近は下り傾斜になってるのか?と思って何度も見直したんだけど、やっぱりただの受けグリーンみたいなんだよね。

 同伴競技者のお二人がピンすぐ奥のカラーへ外し、先に2人がピンを刺したままパットをしたのでそうやってじっくり見たり考えたりする時間があったんだけど、ピンを抜いて自分の番になってもさっきのピンフラッグの残像が残り、すごく打ちにくかった。

 たぶんカップが垂直に切られていなかった(奥へ傾くように切られていた)のと、ピンフラッグを刺す穴の緩みがたまたま重なってそういう風に見えただけだと思うんだけど、なんだか不思議な感覚だった。

 

 さて、ここまで読んで、「あれ?」と何か違和感を覚えた人は、きわめて優秀なゴルフ脳を持っておられると思われ。まあ文章だけではわかりにくくて、実際に見たら「え?マジで?」と多くの人が気づくと思うけど。

 それは・・・・

















 同伴競技者のお二人がピンすぐ奥のカラーへ外し、先に2人がピンを刺したままパットをした
 
 の部分。だって、ピンフラッグがはっきり分かるぐらい奥(自分の方)へ傾斜してるんだよ。そんな状況で、奥からパットしたらどうなるか。ボールがカップに沈む前にピンにぶち当たり、入るパットも入らない。

 グリーン外からアプローチをしたりパットをしたりする場合、基本的にはカップを刺したままのほうが入りやすいと言われる。アマチュアの場合は特に、ピンに弾かれたりするよりは助けられる可能性のほうが高いらしい(チップインを狙うプロは別だけど)。

 でも、今回のケースでは「ほぼ絶対に入らないカップ」に向かってパットをする同伴競技者を見て、反対側に傾いたピンフラッグを見たときと同じぐらい不思議な気持ちになった編者であった。

 

 (「ふーんすごいねーさすがだねー自分は優秀なゴルフ脳持ってるって言いたいんだねー」って思われたりするんだろうな・・・・・)
posted by hiro at 18:38| Comment(0) | 雑文

2017年09月09日

女性は恐ろしい


 女性は恐ろしい。と言っても今話題の山尾志桜里議員のことではない。
 
yamaosiorit.jpg

 43歳、一見いい女だけどね。頭が良すぎていろんなコトをナメて掛かってたんだろうね。



 いや、山尾議員のことじゃなくて。ゴルフダイジェストオンラインの、

これはドン引き! 残念オトコの「ファ〜!」な◯◯ ゴルフ女子爆弾トーク

という特集記事。20代〜40代までのゴルフ女子に集まってもらい、男性ゴルファーの「ここがNG」と思った言動を聞いてみた、というもの。これを読んで「ああ、女性は恐ろしい」と思ったんだよね。



 まあ女子であろうが男子であろうがアカンやろ、というものもたくさんある。

・運転が荒い人(言語道断ですな)

・構えてからなかなか打たない人(はい気をつけます)

・今日は調子が悪いと言い訳する人(はい気をつけます)

・プレー中のダジャレを「小声で」言う。反応すべきかどうか迷う(はい気をつけます)

・茶店でトイレから出てきて「親指と人差指しか洗わない人」を見た。そんな手でカートのハンドル握らないで!(はい仰る通りでございます。これからきちんと洗います)

・シャツとパンツが同じ色の「リッキー・ファウラー風」おじさん(これは確かに恥ずかしい)

・シャツ・インしてない人(まあ格好良かったらいいと思うけどね)

・頼んでないのにレッスンしてくる男(サイテーですね)




 
でも、これを「ファ〜!」と言われちゃうのか・‥と思ったのが、

・ファミリーカーやコンパクトカーでお迎え(いや、あなた、迎えに来て「もらってる」身だよね)

・高速に乗る前に「コンビニに寄る?」と言ってほしい(いや、彼氏じゃあるまいし自分から言えば?)

・ティをがに股で挿す人はスマートじゃない(どうか温かい目で見てあげて)

・色あせたウェアを着ている(すごく気に入ってるんだけど、ダメ?)

・3〜4年前のウェア、昔のロゴのウェアを着ている(同上)

・乳首が透けるウェアは・‥‥(アンダーシャツ着ても乳首が分かるのだがどうしろと?削れとでも?)

・中年男性がメロンフロートを頼んでた(中年男性は甘いものが好きなんです)

・お風呂の時間は45分がベスト。適当にと言われると一番困る(言いたいことはわかりますが、男性でそのあたりを正確に把握できてる人って100人に1人ぐらいじゃないかなあ。前もってお伝えいただければ嬉しいのですが)



 もちろん「気遣いがまったくできない男ども」に対する不満があるのはよく分かる。いくら少数でも、そのラウンドやコンペに女子が入っているなら幹事は気遣い出来るぐらいのスキルを身につけるべきだと思う。さらに、「少しでいいから女性たちに気を遣って欲しい」と思っている事もよく分かる。

 でも、それを通り越して「特別扱いしてちょうだい」「彼氏と同じぐらい察してちょうだい」「彼氏と同じぐらい身だしなみや言動に気をつけてちょうだい」「可愛い私が一緒に回ってあげてるのよ!」という意識が透けて見えるような気がしないでもないんだよね(えーあくまで一般論です)。



 とはいえ、女性と一緒にラウンドする機会はゼロではないし、私もどちらかと言うと「気遣いが全くできない男ども」の代表みたいなもんだし、ひょっとしたら若いデルモのチャンネエと一緒の組になる可能性も絶対ないとはいえない(40年以上ゴルフしてて今まで一回もないけど)。

 というわけで、今回の記事を参考に、私も色々と気をつけようと思った。
posted by hiro at 09:49| Comment(0) | 雑文