2021年06月11日

一八会@枚方CC


 井上誠一氏設計の枚方カントリー。2ヶ月に1回開催される、同業先輩方との持ちハンデによるコンペである。コンペなのでレギュラーティという名の白ティ(6456y)から。

2021-06-10.jpg

 枚カンは意外とドライバーショットにプレッシャーが掛かる所が多く、この日は2Wを6回使用した。そのうちフェアウェイへ飛んだのが4回、右へちょっと曲がったのが1回、右へ大きく曲がって林に入ったのが1回と大変安定していた。6番では30yぐらいしかないフェアウェイの真ん中へ運んでドラコンも取れた。

 2Wのティショットは短く持って7割の力で打つと決めていて、飛距離もまったく考慮しない。つまり、リキむ要素を最初から排除しているので、右手に力が入って引っ掛けたり、振り遅れてプッシュしたりするミスが出にくいのだ。これは「ドライバーを1yでも飛ばしてドヤ顔したい」という小学生メンタルの私にとってたいへん大きなメリットだ。

 しかもフェースが小さいので振りやすいし、左へはまず行かないし、低い球が出るので怪我しにくいし、きっと大きな武器になるだろう。何なら、ほんとにドライバー抜いてもいいかもしれない。

 実はこの日7回使ったドライバーはへっぽこショットばっかりで、先(トゥ)に当たってプッシュスライスかドチーピンばっかり。まともに飛んだ2回もかろうじてフェアウェイへ行っただけ。2Wで易しく打ってるぶん力が入ってるんだろうなー。練習場ではいいんだけどね。もっと練習をしなければ。

 というわけで。

seiseki20210610.jpg

 3回ぐらいあったバーディチャンスをことごとく外し、1m前後を2つ外し、OB級の当たりが2つ、林へ打ち込んで脱出しただけのホールが3つ(*1)。パー5の素ダボが1つ(*2)。

 でも林間コースならこんなもん(2打目出すだけでボギーなら上出来)でしょう。バーディはなかったけど3パットもなかったし。

 相変わらずパーオン率低いなー。アイアンどんだけヘタやねん。寄せワンが4つあるから80台前半で済んでるけど、逆にこれぐらいアプローチへの不安がなくなってパーオン率がもうちょっと上がったらもう少し楽に70台が出るようになるんだろうなー。




*1 7番は2Wで右、9番は左、14番も16番もドライバーを持って右。全部ボギーだったのでよく耐えた。

*2 15番はティショットの落とし所が狭いパー5。ティショット2Wで完璧、2打目6アイアン、右サイドを狙ったのにダフリ引掛けでフェアウェイ左端、3打目95y打ち上げ、50度のフルショットかPWのコントロールかで迷い、フルショットだと左の梢が気になるのでコントロールで行くことにしたらおしっこちびるぐらいダフって手前のバンカー、バンカーから出ただけ、アプローチ乗っただけ、2パットのダボ。コントロールショットなんて100年早いってことですねわかりました。
posted by hiro at 12:58| Comment(0) | ラウンド

2021年06月07日

中2日で午後スルー


 笹生優花が全米女子オープンで優勝。畑岡奈紗とプレーオフの末の勝利だった。笹生はまだ19歳。アメリカを主戦場としていた奈紗ちゃんも、予選落ちした渋子も、ずっと全米女子に勝ちたいと言っていた藍ちゃんも悔しいだろうねー。やはり飛距離は正義なのか。




 さて、昨日は恒例午後スルー。いつもお付き合い下さっている(というかエントリーして下さっている)N條さんと2人だったので、そこへ私よりちょっと年上のメンバーさん(60歳代)とだいぶ年下のメンバーさん(30歳代)が入り、4人でのラウンド。


 5月13日からここまで、96・77・96・77・90と互い違いにスカタンとナイスが来てるので、この日は順番から行くと70台が出る予定だったんだけど、現実はそう甘くない。ただ、悪いラウンドじゃなかったけどね。

seiseki20210606.jpg

 中2日なので体力、体のキレはまずまず。アプローチとパットもこの日は良かった。パーオン率は安定の低さだけど約6700yのAグリーンだから仕方ないのかもね(でもせめて33%はあってもいいんちゃう?とは思う)。

 でもこれ、上にも書いたけど微妙なパーパット、ボギーパットがいくつも入ってくれた(偶然レベルで)からこの数字だったけど、いつも通りのパット数(34)だったら87ストロークだったんだよね。だからショットはあんまり良くないってことだ。

 でも、ショットはこれ以上うまくなりそうな気がしないし、結局アプローチとパットで凌いでいくようなゴルフをしないといけないってことなのかなあ・・・いや違う!!これでアイアンショットを安定させてパーオン率を上げれば、70台も楽に出るってことじゃないか!


 今回パーオンを逃したホールは13ホール。OBが1つなので実質12ホール。そのうち寄せワンパーが取れたのが5ホール。つまり7ホールでパーオン逃し・寄せワン失敗のボギーになっているわけだ。

 でも、4割は寄せワンが取れるようになったってことだね。アプローチイップスがひどい頃は寄せワンの確率は10%ぐらいだったから、ホントにましになったなあ(遠い目)。

 つまりパーオンをあと3〜4ホール増やせれば、スコアは1.5ぐらい縮まる可能性があるということだ。



 というわけで、今年の目標(いやもう6月やし)はアイアンショットを良くしてパーオンを増やす!で行こう。
posted by hiro at 11:10| Comment(0) | ラウンド

2021年06月04日

8アイアンの呪い?


 いい数字が出た時はヤーデージが関係するけど、ヤーデージが短いからといっていい数字が出るとは限らない。




 昨日のラウンドで良かったこと。

・たまたまバーディが2つ出た

 昨日のラウンドで悪かったこと。

・その他すべて

seiseki20210603.jpg

 松1番、8アイアンの2打目がカットに入りショート、寄らず入らずのボギー。

 2番ティショットが左30度に飛び、左足下がりからのアプローチはダフって止まらず、右奥からのアプローチはショート、2パットダボ。

 3番、2Wのティショット右ラフ、2打目8アイアンがフライヤーで直接グリーンオーバー、寄らずのボギー。

 4番1発めが左へ、2発目が右へOB。

 5番パーオンするも3パット。

 6番115yと短いパー3でやっとパー。

 7番は2打目8アイアンがピン横6mに、バーディ。

 8番3打目の9アイアンをダフって乗らず、寄らず入らずボギー。

 9番2オン2パットパー。

 竹1番、ティショットヒールで左ラフ、2打目145y打ち下ろし、8アイアンのショットがまたフライヤーして直接グリーン奥の竹やぶへOB。ダボ。

 竹2番ティショットこすり球で乗らず、2オン2パットボギー。

 竹3番、2Wでのティショットはフェアウェイ右サイド、2打目7アイアンは低めに出てグリーン右奥の左足下がりの法面、アプローチハーフシャンクして4オン1パットボギー。

 竹4番、3打目9アイアンダフってショート、アプローチは1.5mに、入らずボギー。

 竹5番、ティショット右ラフ、2打目8アイアンでまたまたフライヤーしてキャリーでグリーンオーバー、アプローチは大オーバー、3パットダボ。

 竹6番、6アイアンのショットがたまたまピン下5mにオン、たまたま入ってナーディ。

 竹7番、ティショット右OBギリギリのベアグラウンド、2打目出すだけ、3打目ウェッジショットはスカ当たりでエッジ、アプローチは1mに、1パットボギー。

 竹8番、ティショットフェアウェイセンター、2打目2Wで残り35y、そこからビョーキの打ち急ぎが出てトップ、奥の難しいライからワンクッションで1.5mに付けるもこれを外すんだよなぁ(ヘタヘタ)。ボギー。

 竹9番、ティショットはスライスを打とうと企むもそのまままっすぐ、左ラフ。ラフから105y、50度でピン下6mに、バーディパットは打ち切れず(ああヘタヘタヘタヘタ)2パットパー。



 8アイアンだからフライヤーが出るのか、でもフェアウェイからは出ないし(当然だ)、たまたまなのか。今までそんなに気にならなかったフライヤーが出るのはきちんと打てるようになったせいか、ただ単にダフって入るから多発するのか。単にアホなのか。疑問は尽きない。
posted by hiro at 12:32| Comment(0) | ラウンド

2021年05月31日

やっぱりやさしい世界


 木曜日雨でラウンドできなかったので、昨日の午後からスループレー@ホームコース。メンバーはいつものN條さんとN井さんの3バッグ。

 前半はN井さんが2連続バーディなどでリードを奪い、ネットアンダーでホールアウト。N條さんは私のイップスがうつってしまったかのような不調で不本意な結果に。しかし、気のおけない仲間と笑いながらそして真面目に競い合うゴルフのなんと楽しいことか。



 さて、今回は「ゆっくりスイング」の練習によってフェードが復活したお陰か、ドライバーがいい感じだった。芯に当たる回数は少ないものの、軽いスライスで大きく曲がることなく、フェアウェイキープ率は78.6%つまり14ホール中11ホール。左右に1回づつ危険なショットはあったけど、何とかコース内に留まってくれた。



 ・・・やっぱり私はスライス・フェードのほうが気持ちよく打てるなあ。こすり球だから飛距離は落ちるけど、安定感と安心感がぜんぜん違う。まあもう少しゆっくりスイングが馴染んできたらストレートに近い球も打てるようになるんだろうけど。



 アイアンは左へ引っ掛ける事が多かった(アウトサイドインのスイング)けど、パーオン率44.4%(8ホール)は最低ラインクリアって感じ。あと、アプローチは芝が伸びてきてライが良くなってきたお陰か、30〜40yで普通のピッチエンドランが打てるようになってきた。今までは(恐くて)球を右へ置いて低い球しか打てなかったからねー。ゆっくりスイングのお陰だ。

 パットはこの日も好調。3パットが2回あったけど、1個は50cmをむちゃくちゃ無造作に打って外したもので、もう一個は下りのラインをアホほど打ちすぎて返しを外したもの。でもそれ以外は3〜5mがたくさん入ってくれた。寄せワン6個のうちアプローチが寄ったのは1個だけで、後は全部パターがいい仕事してくれた。寄せるパットもまあまあいい感じだった。ファントムX、いーいパターです(太田胃散)。

 というわけで。

seiseki20210530.jpg

 ダボスタートながら、久々の70台出ました(わーい)。まあでも、短いサブグリーン(6384y)だったことが一番(要因としては)大きかったかな。
posted by hiro at 14:35| Comment(0) | ラウンド

2021年05月21日

やさしい世界


 昨日の関西はお昼ごろから大雨の予報。8時30分スタートの予定を1時間早めてもらい、7時半からスルーでラウンドすることでさいわい大雨は回避することができた。


 場所は兵庫県の愛宕原ゴルフ倶楽部。結構トリッキーなコースで距離はすごく短いけれど難しい。300yを切るパー4だけどグリーンの手前にバンカーがありそのグリーンの奥行きが15yしかないとか。

 よって、ティショットでドライバーを持つホールが半分ぐらい、アイアンでティショットしても2打目はウェッジのコントロールショットになる、という癒やし系のコースである。

 この日は同業ゴルフ仲間、K藤くんとI上さん、そして上級者のH田さんの4人で。

seiseki20210520.jpg

 ヤーデージに注目。5296y。パー5は4ホール中3ホールで400y台、パー4も9ホール中4ホールで200y台。そしてパー3が5つのパー71。今開催されている全米プロは7876yだから、2580yの差がある。1ホールにつき143y!!ショートアイアン1回分だね。

 というわけで、無理せず安全運転でグリーンセンターを狙い(それでもパーオン半分いかず・・・orz)、微妙なパットがたくさん入ってくれたこともあって、6オーバー77。久しぶりの70台。

 やっぱり距離というのはスコアメイクの大きな要因なんだなー、と再認識。5200yいいなー。優しさと易しさに溢れた世界。



 ちなみに西7番はホール内に飛んだと思ったのにボールが見つからずロストボールからのダボ。西9番は左右OBの右ドッグレッグ、多分左へ引っ張ってOBになるだろうなと思いつつ打ったら左へ引っ張ってOB。こういう、ミスの傾向が高いホールでティショットを成功させられるかどうかというのは、エセ上級者(つまり上級者ではない)と本物の上級者のわかりやすい違いだよね。

 本物の上級者なら、多少飛距離が落ちても絶対に曲がらないショットを打ったり、置きにいったりできるけど、偽物である私の場合はやっぱり自信のあるクラブに持ち替えるべきなんだろうね。でも、そうやってプレッシャーの掛かるドライバーショットから逃げてたらいつまで経っても打てるようにならないしなあ。



 ところで、ファントムX8.5に替えてからパット数は30・33・30といい感じが続いている。でも雨の日はやっぱり使いたくないなー。濡れるのも汚れるのも嫌だしなー。キャメロンを何本も持っておられるH田さんも、雨の日は極力キャメロンは使わないとのこと。

 私も雨の日はオデッセイにしようっと。
posted by hiro at 19:23| Comment(0) | ラウンド