2018年10月12日

一八会@茨木国際ゴルフ倶楽部


 グラン(GRAND=壮大)PGM。それは特別なコース。ってCMのナレーションみたいだけど。



 PGMはご存知の通り外資系ファンドをルーツに持つ日本の二大ゴルフ場グループの一つであるが、これまでのパブリック化・低価格化路線に加え、付加価値を付けてハイグレードなコースとして売り込もうというのがグランPGMの考え方らしい。

 で、そのグランPGMの関西にある唯一のコースが茨木国際ゴルフ倶楽部である。平日セルフプレービジターフィーが14000円弱とけっこうグランである。

 コースメンテはまずまずだけど、コースそのものは人工芝のティグラウンドがあったりとあんまりグランではない。グリーンはクラチャンシーズンなのに8.5ft(実際は逆目だと6ftぐらい?)とちょっとグランではない。ただここのグリーンはアンジュレーションが異常なので9ft以上出ると4パット5パットの恐れがあるので仕方ないかも。ヤーデージもバックから6312y、でもバックからは基本回らせてくれず、フロントからだと6000yを切る(5909y)のであんまりグランではない。



 そんなコースで、2ヶ月に1回の一八会(同業先輩たちとのコンペ)。8月に下見に行った成果、そしてフォース覚醒の成果は出たか?

 東1番はまっすぐ打ち下ろしの305y。ドライバーだとワンオンの可能性もあるがグリーン周りは狭いので4Wで花道狙い(以前なら4アイアンでレイアップしただろう)。出だしから芯を食ってまっすぐ花道へ。アプローチが3mに寄るも入らずパー。

 2番もドライバーでウェッジフルショットの位置へ、2打目ミスして2パットパー。

 3番打ち下ろし右ドッグレッグブラインド、7アイアン2回でピン上にオン、パットは打ち切れずパー。

 4番短いパー3、8アイアンでピン下5m、入らずパー。

 5番打ち上げていくパー5、ティショットはどヒールで200y、ブラインドの2打目はユーティリティ左引っ掛け、3打目PWは左のピンに対し右花道、アプローチは上って下りで(私の腕では)寄せようがなく通り過ぎて反対側のラフ、5打目も寄らず入らずのダボ。

 6番は今まで2回右へOBを打っている苦手なパー3。6アイアンはまあまあの当たりも右に外れ、50度のウェッジで1mに寄せてパー。

 7番は左ドッグレッグパー4。4アイアンでフェアウェイ、2打目105y、50度でギリギリ。強めに狙うも振り遅れて右バンカー。PWで打つべきだった。バンカーからは乗っただけ、2パットボギー。

 8番は右ドッグレッグパー4。ドライバーは左ラフ、2打目155y,フライヤーを計算して8アイアンを持つも掛からず、花道からのアプローチはトップ!するも長いパットが入ってパー。ラッキー。

 前半最終9番は左ドッグレッグ打ち上げのパー5。ティショットは低い左引掛け、2打目ユーティリティで残り110yまで、3打目ピン奥、PWのコントロールショットでうまく打てたと思ったら奥へこぼれて法面へ。1mに寄せるもこれを引っ掛けてボギー。悔しいけど実力だ。


 後半は西コース。

 1番短くまっすぐのパー5。ティショット左引掛けでラフ、2打目7Wもラフに食われて左へ飛び、カート道左のラフ。そこから花道狙いで8アイアンの転がし、なんとか乗ってなんとか2パットでパー。

 2番短いパー4、これも引掛けて左バンカー。2打目は55yのバンカー、思い切りダフって出ただけ。3打目PWの転がしはヘッドアップしてビリヤードのマッセショットみたいになり、2段グリーンの下に。ボギーやむなし、と思ったらこのパットがドカン!と音を立てて入る。超ラッキーパー。

 3番パー4、ティショッはまたしても引っ掛け左ラフ。2打目8アイアン、超当たり損ないもグリーン右端になんとか乗ってくれて2パットパー。

 4番距離の長い(190y)パー3。ピンは右サイド、バンカーの上。定石通り、4アイアンでグリーンセンター狙い。でそのままセンターにオン。上って下るむちゃくちゃ重い8mを打ちきれず、3mもショートさせて3パットボギー。

 5番は右ドッグレッグやや打ち上げ、見た目より距離の残りやすいパー4。 ティショット会心、2打目フェアウェイから7アイアン、ちょっと右へ出るも手前の傾斜でピンに寄る。3mのバーディパットは読み間違ってパー。

 6番、元々パー5だったパー4(360yぐらい)。西最難関ホール。ティショットはまた左引掛けで200yちょい。2打目残り165y打ち上げ、5アイアンがこの日最高の手応えでピン手前8mにオン、ファーストパットを3mオーバーさせるもこれをなんとか入れてパー。

 7番、池越えの短いパー3。110y.PWで加減しすぎて8mショート、2パットパー。

 ここまでいい感じで来て、いよいよあと2つ。1つバーディが来れば後半パープレー

 8番はすごく短い(323y)打ち下ろしのパー4。4アイアンで完璧なティショット!と思ったらフェアウェイ真ん中なのにラフ。しかもティフトンにぼそっと沈んでる。コースレイアウトにはラフが途中にある(フェアウェイが分断されてる)なんて書いてない!ちゃんと書いとけよ。必死でPWを振り、なんとかピン奥10mに付ける。で、これが下りのはずなのにザザザと止まって3mもショート。3パットボギー。コースの嘘のせいで叩いたボギーと言えよう。

 最終ホールはまた左ドッグレッグ打ちあげのパー5。ティショット引っ掛け(こればっかり)左ラフ、2打目ユーティリティで残り100y地点へ、3打目50度のウェッジショット、ちょっとだけ緩んで長いパットが残る。またしても打ちきれず、お約束の3パット。

 というわけで。

seiseki20181011.jpg

 距離が5909y(スコアカードより)と相当短いとはいえ、久しぶりの70台。わーい。特に後半の西コースは9ホール中8ホールでパーオン。でもラッキーがいっぱいあったからね。

 3パットは3つ。イバコクのグリーンは10歩ぐらいの距離でも下って上って下りとか、下りなのに逆目だと7ftぐらいだとか、上り逆目だと5ftぐらいの重さとか、マウンドの頂点に切られたカップとか、10m離れたらほぼ間違いなくマウンド越えになるとか、とにかくグリーンが意地悪なので3パットの2つや3つは仕方ないのかも。

 セルフプレーだったから余計だけど、キャディさんが付いてくれたとしても言われた通りに打てなかった(え、下りなのにそんなにしっかり打っていいの?とか)可能性が高い。


 ポジティブに振り抜くとミスショットでも前へ前へ行ってくれる(気がする)。ポジティブにバーディを狙って攻めるとミスしても悔いがない。バーディ逃しのパーが多いとメンタルが楽。今後もポジティブに攻めていきたい。
posted by hiro at 18:34| Comment(0) | ラウンド

2018年10月05日

フルバックからのラウンド


 昨日は一人でホームへ。3日後のクラブ選手権の前に、少しでも新しいドライバーに慣れておきたくて。

3-2018-09-14.jpg

 実は、この日たまたま入れてもらったのが、なんとコースの理事3人の組!そのうちお2人がクラブ選手権に出るので、フルバック(黒ティ)から回れることになった。ラッキー。普通は四大競技と研修会でしか回れないからね。

 そのドライバーだけど。

 1番(梅)でいきなり大スライスOB(×)
 4番はスライスを打つつもりが軽いフェード(◯)
 6番もスライスのつもりがややプルの真っ直ぐ(△)
 8番はコントロールショット、狙いよりやや左へ飛ぶもまずまず(◯)
 9番フルショット、スライスを狙うもまっすぐ(△)

 松1番、やや抑えたショット、スライスで左フェアウェイ(◯)
 3番、大きなスライスを狙うもチョロ(×)
 4番、コントロールショット、プッシュで右ラフ(△)
 5番、左バンカーからスライスを狙うもフェースの下に当たって左まっすぐでバンカー(△)
 7番、コントロールショット、210y先のラフ(◯)
 8番、プッシュストレート〜軽いスライスで今日イチの当たり(◯)
 9番、左バンカーからスライスを狙うもフェースの下に当たって左まっすぐでバンカー(△)


 コントロールショットは3回、結果は低いフック◯・プッシュ△・プッシュ◯でまあまあではあるんだけど、右にも左にも飛んでるのがねえ。どちらかにしか曲がらなければもっと安心できるんだけど、でも、雨のせいもあって210yぐらいしか飛ばなかったので2打目が相当きつくなる。乾いたフェアウェイに落ちてランが出たら230yは飛んでくれると思う。

 次にスライスボール。「左ラフを狙ったスライス」は合計9回。成功2、イマイチ6、チョロ1。うーん・・・・確率低い。チョロは論外として、いまいちのショットはすべてそのまま真っすぐ左を抜けてしまうミス。特に大きく曲げようとする時(強く左を向いている時)に限って左へ真っ直ぐ行く傾向がある。出だしで派手なスライスOBが出たので、無意識にスライスを避けるような動きをしてたのかなあ。

 左を向いたときは叩きにいくというより振り抜くというイメージでスイングしたほうがいいかもしれない。



 アイアンはいつも通りヘタ。アプローチは相変わらずヘタ。パットも良かったり悪かったり。グリーンは雨なのに9ftぐらいに仕上がってて、下りはちょっと強かったらグリーンをこぼれるぐらい速くなってた。前半で3つも3パットしたんだけど、ぜんぶファーストパットを打ちすぎて返しが3-5m残ったせい。

 というわけで。

seiseki20181004.jpg

 今回久しぶりにフルバックから回ってはっきり分かった。短い梅コースを除き、松竹(7021y)は私の腕前では

 パーを重ねるのはなかなか難しい。

 うちのクラブ選手権は8人しか決勝に行けず、例年の通過ラインは120前後。けど、このグリーンなら123でもチャンスがあると思う。っていうか、120なんてまず無理(今年の平均スコアは85だし!)。よって123を目標スコアに設定(それでも大変だけど)。

 で、ボギーペースつまり45でラウンドすることを基本とし、そこからパーをいくつ拾って数字を目標の41に近づけるかという考え方でラウンドすることにした。

 でも、実際にシミュレーションしてみると竹で4つのパーはだいぶ難しい(5番と8番しかパーが取れないような気がする)。松でもちょっと難しい(4番5番8番ならなんとか)。梅ならなんとかなりそう(6番と7番が台風によるがけ崩れで短くなっているので、下手くそには逆にチャンス)。

 というわけで、竹43、梅38、松42の123でラウンドできれば満足ということにしよう。



 ラウンドが終わったのが2時半。その足で練習場へ。ドライバーのスライスだけを練習するも、右手で叩きに行くとプッシュスライス、左手主導でプル。タイミングが合わないとなかなかボールが真ん中に飛んでくれない。

 思い切って(時計の6時の位置から打つとして)10時を向くぐらい左を向き、腰も肩も開き、11時の方向を狙う(飛球線に対してはインサイドアウト、目標に対してはアウトサイドイン)のイメージが一番いい感じでフェードを打てることが分かったんだけど、こんな無茶苦茶な打ち方で行くつもりなの?ほんとに?チョロ連発しない?恥ずかしいよ?


 まあ当たって砕けてきますわ。
posted by hiro at 17:54| Comment(0) | ラウンド

2018年09月21日

某団体30周年記念コンペ@伏尾ゴルフ倶楽部

 昨日は生憎の雨(2ホール曇り、5ホールぽつぽつ、2ホールぱらぱら、9ホールしっかり)という天気の中、私の所属する業界の、ある団体の30周年記念コンペが伏尾ゴルフ倶楽部で開催された。50人以上が参加する盛大なコンペだった。

 結果から。

seiseki20180920.jpg

 前半からパットがことごとく決まらず、っていうかスティンプ9ftのグリーンに合わせられず、3パット量産、ショートパットも外しまくりで5オーバー。でも東レギュラーティからの私の平均スコアは43.1なのでまあまあ。パーオンも5回してるし(白ティからだけど)。


 しかし後半。出だし1番はミスショット5連発(ティショット4アイアンで当り損ない、2打目4Wはスライスを狙うもまっすぐ飛んでバンカー、バンカーからホームラン、アプローチミス、アプローチミス、2パット)でトリプルボギー。

 その後もいいところなく、パーオンしてやっとパーが取れると思ったら3パットしたりアプローチでいい位置に寄せたと思ったら短いパットを外したりでずっとボギー。6番が終わって50叩きペース。

 7番はまっすぐだけどちょっと狭くてグリーンまで打ち上げ、387y(実質400yぐらい)のパー4。HDCP1。ティショットは今日イチで右ファーストカット(的なラフ)。2打目残り165y、6アイアンは思い切りダフって花道。ああ、ここもボギーか・・・3打目はピンまで30y、50度のウェッジでピッチエンドラン、なんとか1.5mに。

 しかしここまでこの距離をことごとく外してる。入る気がせん。でも、なぜかここで入ってくれた。そしてこのパーから流れがすごく良くなるんだよね。流れが良くなったり悪くなったりするのはパットがきっかけになることって多いのかも。

 その南7番のグリーンを望む。雨が小降りになり、ガスが出て幻想的だった。

1-2018-09-20 13.39.16.jpg

 8番、緩やかに右ドッグレッグしてる打ち下ろしのパー5。左を恐れず、右に逃げずの気持ちでティショットはなんとか真ん中へ、しかし軽くフックして左ラフ。ボールは思い切り沈んでたので8アイアンでレイアップ。全然飛ばなかったので8アイアンで正解だった。3打目、ピンまで145y、ただし、きつい左足下がり。

 8番アイアンの距離だけどたぶん振り抜けない(飛距離落ちる)から7番で軽めに、絶対に球を上げようとしないことだけを考えて打ったら偶然ピン方向に飛びピン横50cmに。生涯で10本の指に入るショットで起死回生のバーディ。ただ、このバーディがダブルペリアのハンデホールにハマり、その結果トップ10すら逃すことをこのときの編者は知る由もなかったのであった。


 9番、2打目地点がブラインド(ダウンヒル)でやや距離のあるパー4。このホールのことは昨日のことのようにはっきり思い出せるので詳しく。ティショットはちょっと当たりは悪いものの狙い通り左サイド。2打目、さっきの3打目よりきつい左足下がり。しかも距離は170y。このライから5番や6番アイアンで打てる技術は持ち合わせていない。

 花道にショートアイアンでレイアップも考えたけど、どうせ中途半端な距離を残すなら長いクラブで「乗ったら最高、グリーン周りまで行けばまあまあ、大ミスしてもレイアップと同じ」というショットのほうが良いか、とユーティリティで大スライスをかけて狙う。結果は「まあまあ」、グリーン右手前ラフ。

 奥のピンに対し、50度のウェッジで突っ込むも2.5mショート。これが入れば最高の上がりだよなあ。入れたいなあ・・・と思いながら打ったら入ってくれた!これで前半のパットミスが帳消しだ。

 雨の中、レインウェアも着ずに濡れて重くなった体で、上がり3ホール1アンダーは頑張ったぜ俺(いやいや、素でトリプルボギー叩くようなやつがたまたまのショットとパットで威張るのは恥ずかしいからやめろ)


 最後のパーパットで、目標だったベスグロも(タイだったけど)ゲット。賞品はなかったけど。でもねえ、あれだけ短いパット外して「終わりよければすべてよし」みたいなことを言ってるようではアカンで。もっと上を目指さな。
posted by hiro at 19:15| Comment(0) | ラウンド