2020年06月19日

スマートとはほど遠いゴルフ@交野CC


 ほんまに、「スマートなゴルフ」ってどの口が言うとんねん!という感じのラウンドだった。


 先週雨で流れた交野CCのリベンジラウンド。今週も微妙な予報で、実際に雨になったんだけど、幸い2mm以上の本格的な雨は数ホールだけで、傘がいらない小雨6割、傘2割、やみ間2割って感じの天気。メンバーは先週集まった4人。大学の先輩O谷さん、口から生まれたK嶋さん、そしてHDCP2のK見師匠の4名で。レギュラーティ、6321y、インスタート。

 10番パー4。ティショットフェアウェイ右、2打目コスり球でグリーン右端手前にオン、なんとか2パットでパー。

 11番パー4、左右とも狭く過去もOB率の高いパー4。4アイアンでレイアップすべきところ、気が触れたかのようにドライバーを持ってプッシュスライスOB。どこがスマートやねん。3パットのおまけ付きでトリプルボギー。

 12番、右のバンカーが正面に見えるパー4。右を怖がりすぎて左ラフ。木の後ろから160y、花道へレイアップのつもりで8アイアンのハーフショットがアホみたいにいい当たりでピン奥3mにオン。2パットパー。

 13番パー3。5アイアンは引っ掛けて左バンカー縁。ウェッジのアプローチは全然飛ばず、3打目のアプローチを久しぶりにチャックリして3オン、2パットダボ。とりあえず乗せるはどうした?

 14番パー5。ティショット左ラフ、2打目ユーティリティでレイアップもまた左ラフ、3打目残り105y打ち上げ、PWで打ったらいい感じだったけどグリーンに止まらず、アプローチが80cmにつくがこれを外してボギー。

 15番谷越えのパー3。7アイアン、練習のためティアップせずに。この日一番の当たりでピンを刺し、ワンバウンドでピンに当たるナイスショット。奥4mの下りフックライン、交通事故的に入ってバーディ。

 16番、短いパー4。ユーティリティのティショットはまた左へ巻いて木がスタイミー。6アイアンの低い球でグリーン右手前、なんちゃってロブでピン上6mにオン、しかし下りをショートして3パットダボ。

 17番、イン最難関のパー4。ティショットはバンカー先の右ラフ、深いラフから150y、8アイアンで手前の芝ごとフルショット、手前から転がって乗った!20m近いパットを必死に打って1mに、2パットパー。

 18番打ち下ろしのパー5、ティショットは隣のホールへ行きそうなぐらいのプッシュスライス。2打目はPWでレイアップ、3打目ユーティリティは中途半端なスイングをしてしまって残り50y地点の右ラフ、ウェッジショットはトゥに当てながらもなんとか乗せ、2パットボギー。

 11番のOB、13番の素ダボ、16番の3パットダボがもったいなかった。しかし残り6ホールはそんなに悪くなかったしね。



 食事が終わって11時30分。天気予報を見ると厚い雨雲が接近中。しかし本降りは午後2時過ぎぐらいからと私は思っていたので、ギリギリいけるだろうと。私とO谷先輩は果敢に後半もスタート。K嶋さんとK見師匠はハーフで終了。

 1番パー4、ほぼ完璧なティショットでフェアウェイ左サイド、残り140y打ち下ろし、9アイアンの距離だけど手持ちが8アイアンだったので軽めに打ったらいい感じすぎて奥7mにオン。ファーストパットはだいぶオーバーさせて3パットボギー。せっかくキャディさん付きだったんだから9アイアン持ってきてもらったら良かった。

 2番パー5、ティショットはとんでもなく引っ掛け、というよりチーピンでラフ。2打目ユーティリティでそこそこ上手く打つも、3打目が170y打ち上げが残る。グリーン左手前には絶対入れてはいけないバンカー。距離的には5アイアンだったけど怖がって4アイアンを持ち、ちょっと右へ飛んだこともあって奥へこぼす。アプローチはそこそこ上手く打てたと思ったのに止まらず、6mのパーパットを入れにいって1.5mオーバー、そしてこれを外してこの日3個めの3パット。ダボ。アホ過ぎる。

 3番パー3は6アイアン、調子に乗ってまた地面から。チョロに近いミスショット、2打目はハーフトップで結果オーライ、2パットボギー。

 4番は短いけどグリーン周りが難しいパー4。ティショット4W、クソ(失礼)ヒールで左ラフ。2打目160y、9アイアンで花道にレイアップ。40yのアプローチはあんまり寄らず2パットボギー。

 5番、一番短いパー3。ティショットは9アイアンで左ピンハイ、2パットパー。

 6番、谷越え、413y,だらだら登りというアウト最難関のパー4。ティショットは開き直って右サイドから、まずまずの当たりも右ラフ。2打目6アイアンはいい感じだったけど僅かに捕まらず右バンカー。バンカーショットは偶然1mに寄って1パットパー。

 7番、距離は短いけどティショットとグリーンが曲者のパー5。4Wでフェアウェイセンター、2打目5アイアンで残り100y地点まで、3打目50度のウェッジでぴったりの距離!からうまく打てて(クラブは上から下に振る!)ピン下2mにナイスオン。しかしバーディパットはわずかにショートしてパー。打てなかった。

 8番、池がちょうど着弾ちてんに広がるパー4。ドライバーで(キャリー220yで越える)ちょっとだけてんぷら気味!池の真横に。ギリセーフ。2打目155y、7アイアンは当たりが悪く乗っただけ。またしても3パットでボギー。今日4つめ。

 最終ホール、ティショットはまたてんぷら気味で右ラフ、2打目9アイアンはグリーン右、アプローチは1mに付いてくれて1パットパー。

 後半だけで3パット3つ。最後の方で気づいたんだけど、前半インはエアレーションで砂が結構入ってて重く、アウトはほとんど砂が入ってなかった。だから後半アウトは転がりが良すぎてオーバーすることが多かった。最後にやっと気づくなんて、どこがクレバーやねん。

 までも、上がり5ホールで1オーバーだったのは良かった。



 というわけで。

seiseki20200618.jpg

 ダボ以上が4個(OB・3パット・アプローチミス)。3パットが4個。その半分ぐらいは注意したら避けられるミスなのにね。アホやわ、ほんま。
posted by hiro at 19:48| Comment(0) | ラウンド

2020年06月05日

トゥヒットが止まらない・ラウンド編


 今日は先に結果から。

seiseki20200604.jpg

 前半は寄せワンが4つあってなんとか合格点の40。しかし後半、OBが2つ、素ダボが1つで45。7番でユーティリティの完璧なショットが完璧すぎてグリーンオーバーしててそこから4打で一気にテンション下がった。っていうか、

パーオン率16.7%(18ホール中3ホール)ってなにそれ?



 解説しよう。ドライバーからショートアイアンまで、終始、首尾一貫して、ずーーーっと、

トゥヒットばっかり(まあいつもの事なんだけど)。

 そりゃあさ、色々あって、ちっとも練習行ってないんだからまあ仕方ないといえば仕方ないんだけど、それにしてもだ。



 極めつけは後半竹8番。ドライバーでちょっとぶっ飛ばしてやろう(こう思う時点で駄目なんだけど)と思って振ったら、

ヘッドの先ギリギリに当たってトゥシャンクして右30度に飛んでいってOB。

 このショットをした直後、ああ、真面目に練習せなあかんわ、と心から思った。



 最高の当たりだったのは松9番のティショット(フェアウェイ左から禁断のフェード【注】でフェアウェイキープ)と、竹2番パー3の6アイアン(クォーターショットで左引掛けOB)の2発。

 思い切り引っ掛けOBだったけど、クォーターショットだとアイアンでも芯を食うというのは示唆に富む。この辺がヒントかもね。




 注:なぜ禁断のフェードかと言うと、今までのスイングは無理やりフェードを打つためのもので、それがいろいろな悪癖【注の注】の元凶になっていたのでできるだけそれと真逆のスイングを作ってる最中だから。

 注の注:右肩が下がる、体が開く、クラブヘッドがローテーションしない、左肘が抜ける、球を上げに行く・・・
posted by hiro at 18:37| Comment(0) | ラウンド

2020年05月29日

Mの会、サブグリーン、竹梅


 気候は最高、メンバーも気心知れてる。コースは短い竹梅、しかもサブグリーン(5896y).叩く要素が皆無、なのに叩いちゃうんだよねー。きっと、心がだらけてたんだろう。

 月例と違って遊びのラウンドだから、普段ならユーティリティやFW持つホールでドライバー持ったり、いつもより飛ばそうと強く振ったり、セカンドも安全な位置(花道とかバンカーの反対側とか)ではなくオンやピンを狙ったりはした。それにしてもね。


 アプローチが特にひどく、何回失敗したか。数えてみようか。

・竹6番パー3、軽いラフから砲台グリーンへ25y、高さが出ず5mオーバー。
・竹8番パー5、3打目45y、56度のウェッジでハーフトップして奥へこぼす。
・梅1番、バンカー超えの35y、ダフってバンカーへ。
・梅4番、3打目45y、56度のウェッジで低く出て止まらず奥へこぼす。
・梅5番、2打目60y、56度のウェッジでうまく打てたけど8yショートしてエッジ。
・梅6番、砲台打ち上げグリーンのきつい左足上がりから30y、ある打ち方を試して2連続チャックリ。
・梅9番、20yから5mオーバー
 
 7回、8ショットもミスしてる。まあ最近ずっと練習してないので当たり前か。

seiseki20200528.jpg

 (月例ではなく)こっちのほうが実力なんでしょうね、たぶん。
posted by hiro at 20:34| Comment(0) | ラウンド

2020年05月26日

芦屋カンツリー倶楽部(3)


 ではインコースさっそく。

 10番は短め154yのパー3。右ピンに対し、8アイアンで左にオン。アイアンが全部引っ掛かる。2パットパー。
33-2020-05-21 11.24.22.jpg

 11番は距離の短い(442y)パー5。ここもティグラウンドからの景色が綺麗だった。正面のバンカーは230yキャリーで越える。
34-2020-05-21 11.44.33.jpg

手前か右サイドにレイアップが定石だけど、同伴競技者のK藤くんに焚き付けられバンカー越えを狙う。・・・もちょっと高さが足りず向こう側のあごに当たって返ってきた。バンカーからPW、あごに当たって(下手くそ)30y先のラフへ。3打目は打ち上げ+砲台グリーンなのでPWでレイアップし、ウェッジで乗せて(うまく打ったと思ったのに奥まで転がってた)なんとか2パットでボギー。しかし、お遊びでバンカー超えなんて狙うと集中力が切れて。


 12番パー4。大阪湾を一望できる絶景です。しかしフェアウェイはここが一番狭く見えた。景色は天国、ホールは地獄って感じである。4アイアンで右サイドラフ、2打目6アイアンはイマイチの当たりでグリーン手前ラフ、50度の寄せはショート、さらに3パットしてしまい素ダボ。緊張感が薄れてきてる。
35-2020-05-21 12.00.24.jpg

ズームするとこんな感じ。霞んでないときだったらもっとキレイだろうな。
36-2020-05-21 12.00.30.jpg

 13番パー3。景色にやられてしまう。7アイアンでまた左端(エッジ)にオン、2パットパー。
38-2020-05-21 12.15.40.jpg

 14番、右ドッグレッグパー4。イン最難関コース(HDCP2)。右は230yで谷になっててOB。
39-2020-05-21 12.25.04.jpg

(ビビリの私は)当然左サイドを狙ったんだけど、引掛けフックで万事休す!と思ったら木に当たってセーフ。2打目ラフから170yやや打ち上げ+砲台グリーン。右は崖でOBになってるので、左サイドを狙ったんだけどラフに負けて右へ弱々しく飛んでいき・・・はい、OB。ティショットをミスした時点でボギー狙いでいかないといけなかったのだ。打ち直しは左手前、5オン2パットでトリプルボギー。痛恨。


 受難、いやへたくその証明は続く。15番パー4。打ち下ろしで狭い。左は見るからにアウト。愛宕原GCかよ
41-2020-05-21 12.41.08.jpg

4Wで右へ逃げすぎ、右法面の最上段付近へ。セーフだったけど、構えたらボールはおへその位置。フルショットしたら100%引っ掛けてOBだ。レイアップして3打目は残り80y、ウェッジフルショット、下をくぐってショート。4オン2パットのダボ。景色でやられた。


 16番パー5。ティショットはトゥヒットながら240y。2打目は打ち上げブラインド200y。せっかくなのでクリーク越えの2オンを狙う。4Wのショットは狙い通り軽いドローで完璧(ショット・オブ・ザ・デイ)、しかし惜しくもグリーン左のバンカー。出して2パットでパー。
42-2020-05-21 12.58.33.jpg


 17番短いパー4。ドライバーはまたチーピン!隣のホールへ。2打目ウェッジで戻すも飛びすぎて右サイドの法面へ。3打目7アイアンを持つも全然飛ばず。しかし4打目ウェッジショットが1mに付き、スーパーナイスボギー。
43-2020-05-21 13.17.59.jpg

 そして最終パー4。最後なのでここもドライバーで(密かにワンオン狙い)。振り遅れて右プッシュ、右バンカーのさらに右。ベアグラウンドからの2打目、50度のウェッジショットはダフって手前のバンカー。バンカーショットはダフリ目もランが出て結果オーライでのOKパー。
44-2020-05-21 13.35.56.jpg

 というわけで。

seiseki20200521.jpg

 後半がひどかったので評価はイマイチ。叩かなくて良いダボやトリを自分から叩きにいってる。特に14番のセカンドOBが悔やまれる。でも、上がり3ホールは1オーバーだったのは良かった。



 しかし面白い&美しい&チャレンジングなコースでした。4番、6番、9番、11番、12番、14番、18番と印象に残るホールが多く、財布が許せばまた行きたいなー。簡単には許されないけど。
posted by hiro at 11:19| Comment(0) | ラウンド

2020年05月25日

GB月例@芦屋カンツリー倶楽部(2)


 というわけで芦屋カンツリー倶楽部初ラウンド。

 今回、GB月例の仲間であるT橋さんがホールインワンを達成したため、その記念コンペということで料金はすべてT橋さんが出してくださったのであった。平日25000円。諸経費食事入れてたぶん1人3万円ぐらい。おいそれと来れるところではない。T橋さん、ありがとうございました。


 しかしさすが芦屋である。今回驚いたことが2つあり、その1つがコースへ向かう道での事。国道2号線からコース(と芦屋の邸宅街)へ向かう道を入った瞬間、対向車がいきなりフェラーリ。その後ろがベンツ、またベンツ、そしてBMW、ポルシェ。日本車は10台に1台ぐらい。その後もベンツベンツBMベンツベンツアウディベンツベンツベンツ・・・・誇張ではなくほんとにそんな感じ。こんなにブルジョア感を醸し出すコース(しかもエントランスロードから)は初めてである。

 場違い感を覚えながらコースへ。幸い、名門コースにありがちな「お前らビジターは特別に回らしたるんやからな。いい気になるなよ。空気壊すなよ。隅の方でおとなしくしとけよ」という高圧的な感じ(どことは書かないけど小野GCとか)がまったくなく、大変気持ちよくラウンドさせて頂いた。

 驚いたこと2つめ。我々の前の組とその前の組が、高齢者1人+キャディさん1人でのラウンドだった。2バッグは今どき珍しくないけど、1人プレー(しかもキャディさん付き)が当たり前のように見られるというのも奥座敷的名門プライベートコースの特徴なんだろうか。

 しかし、キャディフィを3人分払って、いったいいくらになるんだろう・・・(そんな事を気にする人たちではないんだろうけど)。



 で、コースの特徴なんだけど、レギュラーティから6042yなので短い。けど、とにかく狭い!ほぼすべてのパー4、パー5でフェアウェイの幅が20yぐらいしかない(注:感覚的なものです)。

 そして、一方はOBか林か隣のホール、もう一方は受けてはいるけど急傾斜。実際、ティショットを2回ほど右傾斜に打ってしまったんだけど、構えた時に腰より上に球が来るようなライでとてもまともに打てる状態ではない。まっすぐ立つのがやっと。120yしかなくてもレイアップを余儀なくされる。

 14ホール中ドライバーを使ったのが6回(打率0.667)、4Wが5回(打率0.400)、アイアンが2回(打率1.000)、ユーティリティが1回(打率0)。4Wがもうちょっときちんと打てたら良かったんだけど、メッキが剥げたとはこのことだね。

 ではホールバイホールなど。気軽に行けないコースなので、記録と記憶のためできるだけ写真を交えて。




 アウト1番。真っすぐで距離の短いパー4。左が受けてるので左サイドから。いきなり写真撮れてない。ティショット4アイアンはカス当たり、セカンド7アイアン大ダフリ、3打目50度のランニングが1mに寄って1パットパー。

 2番やや打ち上げ、やや左ドッグレッグのパー4。ティショット左バンカーの右、2打目PWでオン、2パットパー。
20-2020-05-21 08.55.07.jpg

 3番打ち下ろしの狭いパー4、ティショット4Wでフェアウェイセンター、2打目6アイアンはダフって左バンカー、出して2パットボギー。
22-2020-05-21 09.06.48.jpg

 4番谷越え、木越えのパー5。2打目地点からブラインド。ティショットフェアウェイ。
24-2020-05-21 09.25.34.jpg

2打目木の右サイドを狙って4アイアンで右ラフ、3打目50度のウェッジでオン、2パットパー。
26-2020-05-21 09.29.17.jpg

 5番163y(この日は155yぐらい)パー3。7アイアンは引っ掛けて左サイドにオン、2パットパー。
27-2020-05-21 09.45.35.jpg

 6番パー5。写真なし。ここも左右が狭く見えて打ちにくい。ティショットは4Wで左サイドの傾斜地、2打目つま先下がり左足下がりのライからユーティリティで150yがやっと、3打目は打ち上げ+砲台グリーンに向かって5アイアンは狙いの花道よりちょっと右へ出てバンカーイン。出して2パットでボギー。

 7番パー4。距離はない(336y)けど狭い。ティショット4Wは右の木をかすめて右ラフ、2打目6アイアンはグリーン右へ、ユーティリティで転がして寄せ、1パットパー。
29-2020-05-21 10.15.06.jpg

 8番パー3。左が絶対イヤなシチュエーション。8アイアンでピン左上にオン、2パットパー。

31-2020-05-21 10.28.17.jpg

 9番はとんでもない打ち下ろしのパー4。右のクリークを避けるため左へ曲がりやすいユーティリティで。ダフって180yしか飛ばず。トホホ。2打目8アイアンでセンターにオン、2パットパー。
32-2020-05-21 10.38.02.jpg

 前半は2ボギーの38。パー4の距離がだいぶ短い(5ホールの平均が349y)ので、ティショットをミスってもショートアイアンを持てる。だからいい成績になった。パー5の2ホールと最終(9番)が面白い。

 「アラスカ」の冷やし担々麺を食べ、アウトより難しいと言われるインへ(続く)。
posted by hiro at 19:02| Comment(0) | ラウンド