2018年06月15日

一八会@枚方CC


 昨日は同業先輩方との定期試合、一八会。関西には珍しい、井上誠一設計の枚方カントリークラブにて。

2-2018-06-14 08.26.13.jpg

 ところで、井上誠一氏って横山やすしに似てるよね?

seiichi_inoue.jpg
横山やすし

yasusi_yokoyama.jpg
井上誠一

 あれ、逆かな?まあどうでもいい話なんだけど、ずっと心に引っかかってたので吐き出しておく。

 ちなみに右手の方は7割ぐらい回復。手首の痛みだけがまだしつこく残ってるけど。何とか来月のキャプテン杯には間に合いそうだ。




 さて、普段の練習は自粛中なので1週間ぶりにクラブを握る。さすがに不安だったのでちょっと早めにコースへ行き練習したんだけど、ウェッジショットを除き、飛ぶし曲がらないしとなぜか絶好調。なんだろうね休養十分だからかな。しかし、朝の練習で絶好調の時は本番ではえてしてダメ、というのがお約束なんだけど。

 ドライバーはチーピンに近い当たりが2発あったけど、他はまあまあ。アイアンは良かったり悪かったり。アプローチは久しぶりにチャックリ2発。3パット2個。白ティからなのにほとんどパーオンせず(いつものことだけど)。

 という感じで、結局いつもどおりで終わった。

seiseki20180614.jpg
パーオン4ホールでは「よくできました」はもちろん「がんばりました」も出せねえ。


 まあいくつかいい寄せワンがあったのが救いかな。5番は手前から10yほどをユーティリティでOKまで。12番は3打目がグリーン右奥の斜面へ、ピンが見えない下りの30yが下2mに寄ってくれてパー。最終18番は右ラフから6アイアンでグリーン左手前まで、3打目は上についてしまったけどまっすぐ強めに打てて真ん中から。いい上がりだった。

3-2018-06-14 13.52.00.jpg

 まあ、チャックリ2回もしてるやつが偉そうに自慢するなって話なんだけどね。
posted by hiro at 20:25| Comment(0) | ラウンド

2018年06月09日

ホームで一人


 ホームコースラウンド。いつもの、人生の先輩方3人の組に入れていただいて。

 ちなみに右手の回復はまだ7割ぐらい。スイングすると手首が痛いからつい加減しちゃうんだよね。その加減が球を曲げる(ということにしてください)。ティショットのOB3発。

 調べてみたら、今年右手を怪我する前は21ラウンドでOBが16個、1ラウンドに付き0.76個。平均スコアは83.4。一方、右手を怪我してからは4ラウンドで6個、つまり1ラウンドに付き1.5個、そして平均スコアは85.3

 OBの数はちょうど倍、スコアは2ストローク増。OB増加によるストローク増加は1.5のはずだから、OB以外は0.5ストロークしか悪くなってないんだよね。これは意外だ。OB増で2ストローク、他でも2ストロークぐらい悪くなってると思ってたのに。あそうか、元々ヘタだったんだ。

 スコアは仕方ないけど、ボールがなくなるのが辛い。3つとも回収不能だったしなあ。ロストボール使おうかな。

seiseki20180607.jpg

 まあ特筆すべき事のないラウンドですな。前半松9番のダボは、2打目で短めのクラブを持ってマン振りしたらシャンクして、サブグリーンのバンカーへ。3打目グリーンオーバーで4オン2パット。

 後半竹7番のダブルパーはティショット右へOB(右肩が下がって振り遅れてプッシュスライスという私が一番直したい打ち方)、打ち直して右ラフ、4打目ラフから7Wはヒール引掛けで残り50y地点まで、そこから緩んで乗らず結局6オン。

 バーディが2個あったけどたまたまパーオンしたホールで長めのパットがたまたま入っただけで99%ラッキー。だから内容はボギーペースに限りなく近い。まあ仕方ないね。



 右手の回復をもう少し期待したいところだけど、右手をかばいながら打ってるせいか今度は古傷である左手親指の付け根(母指CM関節症)がひどくなってきた。辛いぜ。こうやってあちこち壊れていくんだろうなあ。

posted by hiro at 09:47| Comment(0) | ラウンド

2018年06月01日

タラオカントリーでコンペ


 滋賀の最南部にあるタラオカントリークラブ。プロの試合がよく開催されるトーナメントコースである。

1-2018-05-31 07.32.59.jpg

 エッジか効いててキレイなコースだ。

3-2018-05-31 11.08.51.jpg

 天気がもう少しよかったらもっと良かったんだけど、降られたのは上がり3ホールぐらいだったので問題なかった。

7-2018-05-31 11.48.22.jpg

 上の写真を見ていただけばわかるが、池が随所に配置され、半端なスイングをするものにプレッシャーをかける。私は3発池に放り込んだ。3パットも3つ。

 ちなみに右手は相変わらずで全然気持ちよく振れなかった。その結果。

seiseki20180531.jpg

 前半、7番ホールまではもう何をしてもダメで、こりゃ100叩くかも・・・・と思ったんだけど8番のバーディで息を吹き返す。でも3ダボで8オーバー。

 後半は3パット2つを除き、17番までは善戦するも、最終ホールで力が入ってダックフック池ポチャで万事休す。こういうところがダメなんだよなあ。



 でも、今回のラウンド、右手のせいで思うようにスイングできなくて池にもたくさん入れて気分がイマイチだったせいか、細かい部分をあんまり覚えてないんだよね。コースは個性的で面白いのに。気持ちの持ちようでこんなに違うんだね。あーあ。

 ところが捨てる神あれば拾う神あり。スコアは全然ダメだった(グロス3位)けど、ダボ4つのうち3つがダブルペリアの隠しホールにハマり、27名のコンペで優勝してしまった。皆様、池に3つも入れたのに優勝してすいません。
posted by hiro at 19:51| Comment(0) | ラウンド