2018年04月16日

小平智、米ツアー初優勝


 小平智が米ツアー(RBCヘリテイジ)で初優勝。日本人5人目の快挙。

30708559_1789290144470434_4905114791065944064_n.jpg
GDOよりお借りしました)

 今回の優勝はもちろん彼の実力があっての話だけど、いくつかの幸運が重なったような気もする。まずは優勝争いとは関係のないポジション(最終組の約1時間前)で、プレッシャーを受けずにプレーできた事。上が崩れてくれたこと。プレーオフの選手が超有名選手ではなく、馴染みのある韓国人だったこと。そのキムが、終盤でパットの不調に見舞われていたこと。

 しかし、そういう幸運を呼び寄せるのも勝負の世界に生きる人間にとっては実力のうちである。何より正確なショットとパットがあってこそだしね。プレーオフ3ホールめのパットは鳥肌モノだった。強いわ。

 あと、今回の優勝を一番喜んでるのは古閑美保だろうね。天真爛漫な言動のせいか万人に好かれるタイプではない彼女だけど、悪く言う人はだいぶ減るだろう。っていうかいわゆる「あげまん」であることを証明したわけだし、アンチ古閑美保はぐうの音も出ないんじゃないかな。



 これからの彼がアメリカツアーを主戦場とするのか、それとも日本ツアーと掛け持ちをするのか、嬉しい苦悩を抱えることになる思うが、もしアメリカを主戦場に選んだとしても今回のように簡単には勝てないだろう。逆に本格的に参戦することで考えなくてもいいことを考えるようになったり、田中秀道プロのいう「PGAツアー病」に掛かってしまうかもしれない。美保ちゃんとも離ればなれになるしね。

 だから、今年はとりあえず掛け持ちをして1年掛けてアメリカツアーに馴染み、慣れてから(つまり来年度から)彼女とともにアメリカに移り住む、という感じで行くのがいいんじゃないかなと思う。プロギアがアメリカでサポート体制を作るのにも時間がかかるだろうしね。

 以上、素人の大きなお世話ですが。
posted by hiro at 19:31| Comment(0) | トーナメント

2018年04月09日

マスターズ終了


 「初めて」はいいものだ。しかもそれがメジャー初優勝なんて、人生最高の瞬間じゃないかしらん。

 (この後マスターズの結果に触れます。ご注意ください)




































golfnetwork3556.jpg
(ゴルフネットワークより拝借)


 タイガーに憧れ、最終日はいつも赤のポロシャツを勝負服にしていたパトリック・リード。なのに、この日はマゼンダ(赤紫)のシャツを着た。自分の力だけで勝つんだ、という意志の現れだったのかも。前半はボギーが先行する我慢のゴルフだったけど、12番のバーディが転機だったね。あと、13番がクリークまで転がり落ちなかったのも大きかった。やっぱりオーガスタではアーメンコーナーで何かが起こるんだなあ。


 試合はリードとマキロイの一騎打ちかと思われたけど、マキロイはズルズルと後退。代わりに上がってきたのがスピースとファウラー。特にスピースの追い上げは何かが取り憑いたような鬼気迫るものだった。バーディを9個も獲り、コースレコードに迫る勢い。でもあと一歩及ばず3位に。18番は惜しかった。世界トップ選手でも力が入るとドライバーを左へ引っ掛けるんだねー。

 ファウラーは前半は全然映ってこなかったけど、後半はショット、特にアイアンとパットが神憑り的に冴えてたよね。残り11ホールで6つバーディを叩き出して気がつけば1打差。ゾーンに入ってた感じ。でもエンジンが掛かるのがちょっとだけ遅かったかなあ。


 松山は「15%ぐらいの出来」で19位なんだから凄いというべきか。しかし最終日ことごとくカップに嫌われてたよね。もし松山がファウラーぐらいパットを入れられれば・・と思った人も多かったんじゃないかな。

 でも、ファウラーのパットは「直線的に強めにヒットする」のに対し、松山は「ラインに沿ってジャストタッチで流し込む」スタイルだよね。ただ速いだけの単純なグリーンだったら松山のスタイルでもいいのかもしれないけど、オーガスタのような複雑怪奇なグリーンの場合、彼のタッチでは限界があるような気もした。

 まあ、あんまり強すぎてもマキロイみたいに3パット量産になっちゃうけど。


 小平は経験がない点が吉と出た感じだったね。イケイケでバーディ取ったと思ったらティショットのミスからボギー叩いたり。でも初出場で予選通過、パープレーで28位タイは立派だと思う。パットも他のプレイヤーに引けを取らないうまさだった。でも、もうちょっと愛想よくしたほうがいいんじゃない?ただでさえ人相あまり良くないんだから、っとちょっとだけ思った(ごめんね)。



 前半はタイガー・小平・松山を追いかけ、後半は優勝争いを堪能する。なかなかいい感じの中継だった。でも松山・小平のハイライト多すぎ。そんなもの繰り返し映すならいろいろな選手のプレーを映せよ。あと「世界最高の夢舞台」っていうセリフ多すぎ。「祖父が田中豊」もみんな知ってるし。中島さん、お疲れ様。賛否両論あるけど私は中島さんの解説好きだけどな。

 午前3時に起きて観戦したので、今日は仕事にならない。ああ眠い。でも観て良かった。
posted by hiro at 12:12| Comment(2) | トーナメント

2017年11月20日

ダンロップフェニックスとエリエールレディスオープン


 男女ツアーはいよいよ賞金(女)王争いが佳境。

 ダンロップフェニックスとエリエールレディスオープンの両方見たけど、女子の試合のほうがだいぶ面白かったのは何でだろう。松山が優勝争いしてなかったからかな。


 以下、感想。

 松山が試合でホールインワン1度もしてなかったのは意外。彼のあんな笑顔始めてみた。しかし、どこかのティグラウンドでトーナメント名の入った立て看板に腰掛けてるのを見て「あ、またこんなことしてる・・・orz」と思った。先輩なんだしキャディの進藤くんが注意すればいいのにね。

 ケプカ別次元。20アンダーを目標にしてたように見えたけど、17番を終わって18アンダー。そこで18番できっちりイーグル取ってくるんだもんね。2打目のアイアンは鳥肌立った。あの状況であのショットが打てないとメジャーに勝てないってことなんだろう。

 結局上位4名が外国人。2位タイにはシニアツアーで活躍するP,マークセンの名前も。以下、松山、今平ときて9位タイに小田孔明、11位タイに池田勇太と岩田寛と武藤俊憲。その下に大堀裕次郎、片山晋呉、宮里優作と続く。マークセンにはるかに及ばない日本レギュラーツアーの面々。

 まああのラフだと技術だけでなくパワーも必須なんだろうなあ。ぬるま湯日本ツアーの結果の1つなのかな。あと、フェニックスのグリーンは難しいもんね(回ったことないけど)。

 今回、最終日の放送には石川遼の名前も姿もまったく映らなかった。せっかく久しぶりに予選通過して最終日アンダーパーで回ったのにね。まあ裏街道(10番スタート)っていうのもあっただろうけど、ここまで無視されるとちょっとかわいそう。ここ何回かのトーナメントでは石川遼メインで中継してたはずなのに。手のひらを返すとはこのことか。

 まあ松山はダンロップのホストプロだし、そういう力関係もあるんだろうね。
 

 一方のエリエールレディス。申ちゃん強かった。安定感とマネジメントで差が出たように見えた。典型的だったのが17番のパー5。

 申ちゃんの前を行き申ちゃんを追いかける鈴木愛・東浩子はそろって2オンできず(2人ともグリーン狙ったよね?)、アプローチも寄せきれずパー。同組の上田桃子も奥のバンカーへ入れてしまいパー。

 逃げる申ちゃんは安全にグリーンの広いサイドに2オンさせ、余裕を持ったバーディ。もちろん「あわよくばバーディ、最悪パーでもいい」と思って打つ申ちゃんの2打目と、「最低でもバーディ、できればイーグル」と思って打つ3人とはプレッシャーのかかり方が違うのは分かるけどね。


 結局、プロでも技術よりも心のあり方のほうが大事ってことなんだね。
posted by hiro at 11:12| Comment(0) | トーナメント