2019年08月05日

渋野日向子、全英女子op優勝!!


 悲願とか、悲壮感とか、死にものぐるいとか、そんな重々しさとはまったく正反対。明るく、あっけらかんとして、爽やかで、それでいてドラマチックで、理想的で、つまりは非の打ちどころがない優勝だった。

2019-08-05 03.32.35.jpg

 初日からビッグスコアで勝利への伏線を張る。2日目はそれをキープ。3日目に再びビッグスコアを出し首位に立つことで期待感を最高潮まで高める。そして最終日の前半、4パットのダボで首位を陥落、一時はトップと数打差を付けられ、誰もが諦めたそこから少しづつ這い上がり、バーディを重ね、最終ホールに5mのバーディパットを「3パットしてもいいから(本人曰く)」とカップが崩れるぐらい強く打って壁ドンで決める。

2019-08-05 03.32.05.jpg

 こんな勝ち方、漫画にもならない。つまりフィクションさえはるかに超越した、夢のような優勝。そんな優勝を、20歳の、ルーキーに毛が生えた(プロ2年目)、岡山出身の(それ岡山に失礼)、海外もメジャーも初挑戦の、ゴルフサバイバルの4ホール目で脱落した渋野日向子がなしえるなんて誰が想像しただろうか。



 今回は多くの事柄が彼女を優勝に導いていたと思う。

 初出場で欲がなかった。怖さもなかった。だからのびのびとプレーできた事。

 笑顔で現地のファンを味方にしたこと。そりゃああんな笑顔見たら、世界中のギャラリーが虜になるよね。この優勝で、少なく見積もっても彼女のファンは7200万人増えたらしい(てきとう)。

 物怖じしない性格。国際映像に向かって駄菓子をおどけながら食べるって、どこまで強心臓なの?

2019-08-05 03.45.26.jpg

 業務連絡:よっちゃん食品工業は「タラタラしてんじゃねーよスティック」と「よっちゃんイカ」を一生食べ放題にしてあげてください



 ロンドン近郊で日本人のギャラリーが多かったこと。

 リンクスではなく日本のコースにも似た林間コースで開催されたこと。

 同組のブハイ(南ア)とずっと同じ組で、ストレスが少なかったこと。優勝が決まった瞬間、彼女も両手を上げて喜んでくれた(上の写真)事は2人の関係が良かったことを物語っている。

 その彼女のティショットは渋野よりも10〜20y飛ばなかったので、毎ホール彼女の2打目を見てショットできたというアドバンテージがあったこと。

 そして終盤まで彼女と一緒に伸ばし合うことでお互いにいい流れでプレーできた事。


 あと、私が思うに、前半で4パットダボを叩き、一時首位から落ちたのも逆に良かったと思った。ずっと首位に立ち、追いかけられる展開だったらどうなっていたかわからないと思う。そのしんどさに自滅していたんじゃないかなと。だから、一度4位(ぐらい?)まで落ち、そこからじわじわと追い上げていくという展開が今回の彼女の立場(ルーキーの挑戦者)とぴったり合致したんだろうね。

 それと、18番で決まったこと。もしあそこが2パットでプレーオフだったら、当然一旦ホールアウトして仕切り直してからになる。10分、20分、時間があく。そうなるとルーキーであるがゆえ、疲れを感じたり欲が出たり、張り詰めた神経が緩むなど、ほぼ間違いなく悪い方向へ流れがいってしまったと思うのだ。

 だから彼女が「3パットになってもいいからとにかく強めに入れにいこう」と思って打ったのは大正解だったと思う。入ったのはこれまでの努力の成果だろうし、でもある程度自信があったんだろうね。

2019-08-05 03.47.42.jpg

 後からなら何とでも言えるけど、何となく何か起こるような気がしたので夜ふかしして中継見てたんだよね。あと、18番のパットも、乗った段階で、いや2打目を打つ前から入るだろうな、バーディで優勝するだろうな、という予感がしてた。みんなもそうじゃない?(戸張さんも樋口久子プロもCM中にそんな話してたみたいだし)

 だから、入った瞬間、「やった!」でも「スゴい!」でもなく「ほら!」って叫んだもん(笑)



 ほんとに素晴らしい。超最高。おめでとう。でも、サラス(18番でバーディパット外した)は悔しいだろうなあ・・・・
posted by hiro at 18:50| Comment(0) | トーナメント

2019年07月08日

七夕の戦い



 昨日は七夕。だからというわけではないだろうけど、「久しぶり」な出来事が。


 日本プロゴルフ選手権、石川遼が「3年ぶり」に優勝。良かったね。

 最終日に36ホールというレギュレーションは彼がアマチュアで初優勝した時(マンシング)と同じだから、ひょっとして・・・という予感はあったけど、まさかほんとに逆転優勝するとは思わなかった。きっと、ああ見えて(失礼)肉体的にも精神的にタフで、集中力を持続させたりコントロールしたりする能力に長けてるんだろうね。

 それが、彼がよく言われた「(何かを)持ってる」という点に繋がってくるんだろうと思う。18番ホールでのバーディ率の高さ。ここ一番で出すスーパーショット。昨日も本戦(3ラウンド目・最終日の2回)とプレーオフ、合計3回の18番でバーディ・バーディ・イーグルだもんね。

 ハン・ジュンゴンが17番でダボを叩いてくれたとう棚ぼたもあったけど、本戦18番のドライバーショットも素晴らしかったし、同じくプレーオフ18番のティショットがカート道に当たってラッキーキックした事などは「集中力が呼び寄せた幸運」って気がするよね。

 やっぱり、ゴルフの女神は「地道に諦めずに練習しつづける」人にしか微笑まないんだなーと。



 一方、女子ツアーの方は新設された資生堂アネッサレディス。イ・ミニョンの逃げ切りで決まり、と思ってたらこちらも彼女が信じられないダボで渋野日向子に追いつかれ、プレーオフで敗れる。渋野日向子強い。終盤で20mのパットをガツンって決められたらそりゃイ・ミニョンも戦意喪失するよなあ。

 渋野日向子は笑顔がトレードマークで、好感度の高いプロだよね。それでいて小気味いいスイング、強気のパット。ああいうキャラクターにはおぢさんたちは弱いのだ(←気持ち悪いんですけど)。初優勝から2ヶ月で2勝目。これからまだまだ勝つだろうし、人気ももっと出るだろうね。いつも不機嫌な顔をしてラウンドする女子プロは、彼女の笑顔を見習ってほしい。




 でも台風並みの風が吹くあの状況では、トッププロでもダボを叩いちゃうんだよね。まあ比較するのはおこがましい(私なんて快晴無風、何の変哲もないフェアウェイセンターから気がつけばダボ、ってのが1ラウンドに2回はある)んだけど、彼、彼女たちから学ぶべきことは、

・ハザード(ペナルティエリア)は絶対に避ける(池へ入れたらそれだけでダボ・トリ確定だもんね) 

・バンカーも避ける(たとえ自信があっても何が起こるかわからない)

・深いラフや林に打ち込むぐらいなら距離が残ってもフェアウェイがいい

・不安だったり迷ったら安全な方を選ぶ


・連続ダボを叩いても諦めない


 まあ結局、いつも言ってる事と同じなんだけどね。つまりは全然成長してないってことか。昨日の薄暮でもつま先下がりのフェアウェイからプッシュして右へOBを打ったり、きついつま先上がり左足上がりから空振りしそうになったりしてるもんなー。

 成長どころか下手になってるんじゃね?
posted by hiro at 12:19| Comment(0) | トーナメント

2019年06月15日

USオープン2日目を見て


 今年の全米(US)オープンはアメリカで最も有名なパブリックコース、ペブルビーチゴルフリンクスで開催されている。

 25年ほど前になるだろうか。実は私、このペブルビーチを数ヶ月掛けて何十回という頻度でラウンドしたことがある。しかし、本当に難しいコースだった。

 ティショットもグリーンを狙うショットも非常に高い精度が要求される上に、海からの風が吹くともう制御不能と言うかパーで上がるのが至難の業。バーディなんてとてもとても、という感じだった。

pebblebeach.jpg

 もちろんゲーム(PlayStation)での話だけどね。


 そんな難攻不落のリンクスコースで実際にプレーしている世界最強ゴルファーたちだけど、ショットはもちろんとしてグリーン上も大変見応えがあるよね。7〜8m以上のパットはほとんどがダブルブレイク、50cmでもカップを外す傾斜、かと思えば強気で行くとことごとく上を抜ける。つまりは「タッチとラインの両方が完全に合わないと入らない」パットばっかりと言うか。

 こういうパットを見てると、パッティングの真髄はやっぱりタッチ(距離感)なんだなあと思う。「真っ直ぐ打つ技術」「ラインを読む目力」は気合や経験で補えても、タッチを出すというのはやはり練習しかないんだろうなと。


 例えば、5mの距離からボールを10個転がし、前のパットをオーバーしないように揃える。

 逆に10球を少しづつ遠くへ止まるように打ち、10球目を3m以内に止める。

 カップに向かって打ったボールを最後まで見ないようにして、打った感触でオーバーかショートかジャストか当てる。

 1mぐらいの大きく曲がるラインを、最後の一転がりで入るように狙う。

 こんな練習を毎日してたら、きっとタッチっていうのが出てくると思う。でも、こういう練習は本物のグリーンでしかできないんだよなー。週2回でもやったらだいぶうまくなるんだろうなー。せめてラウンド前だけでも、こういう練習をしよう。したい。しろ。



 あ、全米オープンの試合結果についてはウェブサイトを御覧ください。
posted by hiro at 19:15| Comment(0) | トーナメント

2019年04月15日

勝ち方を知ってる


 休むと言った舌の根の乾かぬうちに更新。いや、更新するしかないでしょ。こんな顔見せられたら。(写真は公式サイトより拝借)

image5241.jpg

 タイガーがやっと「彼がいるべき場所」に帰ってきた。メジャーの頂点という場所に。

image5341.jpg

 自分のヒーローにグリーンジャケットを着せるP.リード。自分以上に嬉しかったに違いない。

image5421.jpg

 クラブハウスへ向かう道でも子供のように吠えるタイガー。そりゃ嬉しいよなー。14年間待ってたんだもん。人生の三分の一だぜ。



 今回、初日から3日目まではタイガー・松山・金谷らを中心に、そして最終日は11時頃のネット配信からずっと、ほとんど全放送を目を離さず観戦した。眠いけど、100%カムバックしたタイガーをじっくり見ることができた。

 以前強かった頃のタイガーの強さは、「圧倒的な飛距離・レベルの高いアイアンショット・多彩なアプローチ・クラッチパットを入れる強さ・メンタル面でのタフさ、マネジメントの徹底」と穴がない状態だった。だから無双してたんだけどね。

 で、今回カムバックして思ったことだけど、飛距離のアドバンテージはあまり無い(飛ばないわけではないけど)し、アイアンはもっと上手い選手もたくさんいる。しかしアプローチの引き出しの多さは健在だし、絶対に入れたいパットを入れる確率も全盛期と遜色ない。いや、年齢による衰えを考えるとより凄みが増したと言うべきか。

 しかし何より、彼の一番すごいところは「勝つためには何が必要か知っていて、それを徹底して守り切る」という、いってみれば「ウィン・マネジメント」を他の誰よりも知っている点ではないかと思う。

 つまり、4日間72ホール終わった段階で他のプレイヤーよりも1打少なければいい、途中の数字にはこだわらない、バーディやボギーで一喜一憂しない、他のプレイヤーのことも(あんまり)意識しない、それが勝つことなんだよと。

 うーん、うまく説明できないな。攻めるところと守るところを徹底して決めてるというか、状況判断ができ、それをきっちり守る精神力があると言うか。



 例えば最終日の前半、5番パー4。フェアウェイのいい位置から2打目をミスし、ボールはグリーンに乗ったけど寄せようがない位置へ。この段階で、我々凡人は「あんなにいいティショットを打ったんだから、なんとかパーで上がりたい」「なんとか3パットせずに切り抜けたい」と思うはずだ。直前の4番でボギーを叩いているのでなおさらである。

 しかし、2打目が難しい地点に乗った段階で3パットボギーという結果を100%受け入れてプレーする。これはねー、できそうでできることじゃないよ。99%諦めてても、1%助平心が残ってればボギーで済まないのがゴルフだもんね。

 あと、そういう状況(ボギーが2ホール続いたり、トップとの差が開いたりしても)であっても、難しいホールでは徹底してグリーンセンターを狙い、パーを拾っていく。決して無理してバーディを狙いに行かない。そして、もったいないボギーを叩かない。

 つまりタイガーが一番すごいのは、ショット力でもパッティングの技術でもなく(いや、それももちろん世界トップクラスなんだけど)、セルフマネジメント能力なのではないかと。

 12番、モリナリのボールがクリークに捕まった時、右端に切られたピンに対して真ん中、いや左サイドに打っていった。あれを見たモリナリは「あ、今のこのオッサンには勝てんわ」と思ったんじゃないかな。これだけなりふり構わず、戦略的に勝ちに来る冷静なゴルファーはなかなかいないと思う。

 これ、例えば、モリナリとマキロイが優勝争いしてたとしたら、マキロイは一気に勝負を決めるためにピン狙いそうな気がしないでもない(あくまで例えです。マキロイ、ゴメンね)。でもそれは間違っているとかじゃなくスタイルの問題で、タイガーはあえてやさしいところに打って相手にとどめを刺すという選択をしただけ。ピンを狙うよりそっちのほうがダメージが大きいことを知ってるんだね。

 そして予定通り13番と15番でバーディを取り、16番も勝手知ったる安全ルートでバーディ。18番はボギーにはなってもほぼダボにならない選択肢を選んで予定通り?パー逃しのボギー。



 コースマネジメントならぬ、ウィン・マネジメントみたいなものがずば抜けてるんだよね。ただ、それを支えてるのは「思い通り打てるショット力、パット力」なのである。

 だから、素人がマネジメントだけ真似ようとすると大叩きの刑に処されることになる。ちょうど日曜日の私のように(100近く叩きました)。
posted by hiro at 18:24| Comment(0) | トーナメント

2019年03月23日

Tポイントゴルフトーナメント2日目


 国内女子プロツアー第二戦、Tポイントエネオスゴルフトーナメント。開催されているのは大阪のPGM系列である茨木国際ゴルフ倶楽部。ここ3年で4回ラウンドしたことがあるので、見ていて楽しい。

 茨城国際は東・西・北と27ホールあるのだが、今回は東と西の18ホールから9ホール「良いとこどり」をしてアウトコースを、北をインコースとして使用しているようだ。

 そのせいか、TV画面を通してみるとそれなりのコースに見える。実際はまあフツーの丘陵コースなんだけどね。距離も長くないし。

 しかし、グリーンだけはフツーじゃない。傾斜や面やマウンドや芝目やアンジュレーションがてんこ盛りで、グリーン周りからは場所によっては絶対に寄らないアプローチになったり、グリーンに乗っても3パットでいけたら最高って場所があったり、ダブルブレイクどころかトリプルブレイクなんかがあったりして、とにかく読みにくい。

 今回のトーナメントでは結構なスピードが出てるから余計に難しいと思う。スコアが伸びてないのはこのグリーンのせいじゃないかな。パットの名手でも首をひねってることが多いしね。5mを超えるパットは入るラインが60度ぐらいしか無い感じ。

 このグリーンのせいで、セルフとキャディ付きだったらハーフで3打ぐらい違ってきそうだ。ちなみに4回ラウンドした私のパット数は36・39・40・36。今年の秋にもラウンド予定だけど、次回こそ36パットを切れるよう頑張ろうっと。



 そうそう、試合は実力者の申ジエが5アンダーでトップ、ちなみに彼女は2日間平均30パット。2位は4アンダーで小祝さくら(平均31パット。以下同じ)、タイのS.ランクン(31パット)、上田桃子(32.5パット)の3人。やっぱりパットで苦労してるね。

 ちなみにパットの名手鈴木愛は2アンダーで7位タイだけどパット数は28.5。今週のフィールドで一番少ないんじゃないかな。流石だ。 
posted by hiro at 19:25| Comment(0) | トーナメント