2021年08月02日

久しぶりに午後スルーではなく練習へ


 松山残念だったね。短いパットの取りこぼしが無かったらメダルだった。直前にコロナに罹り、試合勘が戻らないままオリンピックを迎える事になったのが不運だったよね。でも、最後まで頑張ってくれた。



 松山のプレーオフのパーパットが外れたのを見届け、練習へ。皆同じことをやっていたようで、練習場へ付くと後から続々とゴルファーが集まってきた。

 この日はウェッジのコントロールショットを中心に。そうそう、RTX4(無印)は予備で2本買ったと言ったけど、「2本購入となってますが2回クリックしたなどのお間違えではないですか?」とのメールがわざわざ来た。さすがブリヂストン大手ブランドショップ。

2021-08-01.jpg

 これで数年は大丈夫かな。


 閑話休題。一番苦手意識の強い、中途半端な距離のウェッジショット。30yから70yぐらいが壊滅的にヘタである私は、過去の膨大な自分の日記を読み返し、M岡くんに教えてもらった「フルショットからそのイメージのまま徐々にスイングを小さくして、緩まずにコントロールショットを打つ練習」に取り組んだ。

 これで打つとやっぱりいい感じ。実際緩まない、緩みようがない。っていうか今までいかに中途半端なスイングをしてたかがよく分かる。50yをフルショットのイメージから落としていって打つとちょっと飛びすぎる傾向になるのだが、今まではいつもショート気味だったので逆に良いかも。

 というわけで、コースではフルショット(80y)→クォーター(65y)→ハーフ(50y)と3回素振りをしてから50yを打つというのが良いかもしれない。



 あともう一つ、ウェッジショットの注意点として、YOUTUBEで教えてもらった「ウェッジは少し開いて構えるのがスクエア」という事も意識して打ってみた。

 結果は、軽いカット軌道になりスピンも増えボールも上がり、これもいい感じ。今までは「捕まえなきゃいけない」と思い込みすぎてたのかな。いや、捕まえるショットもありなんだろうけど。


 肝心なのは継続だね。地道に練習しよう。しろ俺。
posted by hiro at 13:06| Comment(0) | 練習
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: