2021年07月31日

久しぶりに工房へ


 10ヶ月ぶりにG工房へ。大阪の男女プロや強豪の大学生も通い、私が全幅の信頼を置く、いつもの場所である。今回行った理由は4つ。

・スライスしか出ないN條さんブラッシー(キャロウェイXhot)を何とかしたい

・トゥにしか当たらないドライバー、私にはもう打ちこなせなくなっているのか?

・RTX4の調整

・ファントムXの調整



 まずはブラッシー。重すぎる、ハードすぎると思っていたのだが、Gさんは持つなり「あ、ヘッド効いてないですね」との事。バランスを測るとC9〜D0。ヘッドか軽すぎるので硬めのシャフトの挙動と合わず、スライスするんだろうと。

 というわけで、まずグリップ交換、そしてヘッドに鉛を張ってもらってバランスを出し、終了。シャフトを切ったり変えたりという大手術も覚悟していたのだが、さすがGさんである。

 で、一昨日使ってみた結果は・・・重すぎて振り切れず、余計にスライスするように。っていうか、まあ1回も練習してないんだからそれがダメだよね。今度は大胆に短く持って打ってみよう。それでもダメなら相談だ。



 次にドライバー。ヘッドスピードがまだ落ちていないし、キャリーで220y以上出ているうちは大丈夫、とお墨付きを頂いた(でももし替えるなら、シャフト−ランバックス60S−だけ変えても良いかもしれませんねと)。

 そのうえで、グリップが少しヘタってきているのでヤスリで復活させてもらった。変えても良かったんだけど、今世界的なグリップ不足でツアーベルベットのグリップが全く入ってこないらしい。「紙ヤスリで十分復活できます」と言うことだったのでお任せした。これでまたばんばん芯に当たるようになるだろう。そうなると良いな。お願いします。

 で、一昨日使ってみた結果は・・・驚くべきことに、だいぶしっかり振れてしっかり打てるようになった。「グリップ復活させるだけで手の力が抜けて振れるようになりますよ」とGさんはおっしゃってたけど、こんなに変わるなんてすげえ。




 RTX4、ライ角もロフトも問題なし。少しだけフラットになっているそうだが、私はもともとアイアンもフラット気味なので問題なし。

 以前にもGさんに聞いたが、RTX4はやはり稀に見る名器らしい。ジップコアではなく無印、それがないならフォージドでもいいです、との事。

 ただ、無印RTX4は三世代前のウェッジでほとんど手に入らない。「今のうちに何とか予備を手に入れておいたほうが良いですよ」とまで言われたので、帰ってすぐ新品で売っているところを探し出し、2本ゲットした。残念ながらバウンスは今使ってるfull(10度)ではなくlow(8度)だけど。

 あと、溝がすり減らないようにバンカーで使わないことにした。バンカーショットは古いボーケイの58度でも入れとこう。





 それ以外にも、たくさん面白い話を聞いた。2時間ぐらい喋ったかなあ。

最近のドライバーではPGAプロ使用率の高い某外ブラのは出来が良いが、そのライバル外ブラのはイマイチとか。

上とは別でよく売れている某外ブラのドライバーは二世代前のヘッドが最高だとか。

最近のウレタンボールはスピンの効きが悪くなっているが、某国産ブランドBのボールがスピン性能が高いとか。

某国産ブランドの中の人は自社の現行ドライバーを使わず、わざわざ外ブラのを使う(国産ライバルメーカーでなければ目をつぶってくれるらしい)とか。自社ドライバーの出来が・・・という意味ね。

テンセイのシャフトはオーソドックスだとか。

 いやあ、広告やYOUTUBE見てたら全然わかんないよね。でも、言われてみれば確かにそうだ・・・・



 あと、パターの話になった時、パッティングは日によって、体調によって、また季節に寄ってフィーリングや調子が変わってくる(入らなくなる)ので、自分のエースパターを完全に1本に絞るのではなく2〜3本は常にキープしておいて、入らなくなったら変えていくというのは絶対的に正しいと言われた。

 私なんて全然毛色の違うエースパターが3本あるので、俺の考え方は間違ってなかった、やるじゃん俺って思った。
posted by hiro at 09:43| Comment(0) | 道具
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: