2021年07月27日

ストレッチの効用


 伊藤”大魔王”美誠が宿敵中国を撃破。試合中のあの笑顔、中国選手は恐ろしかっただろうなあ。ハグを露骨に避けられた水谷は可哀相だけど、従業員(女の子)に聞くと「いくら嬉しくても、ノーパンの32歳のオヤジが抱きつきにきたらそら逃げますよ」との事。世のオヤジ諸君、金メダルを取ってもセクハラになる世知辛い世の中ですのでどうかお気をつけください。


 さて、今日は小ネタ。今年のキャプテン杯は(も?)実力をいかんなく発揮し、大自爆して終わったわけだが、その原因の15%ぐらいは治りきらなかった腰痛があると自己分析している。

 もともと慢性の腰痛持ちで、数年前からラウンド後に腰が張って、次の日の朝なんかは起きるときに「よっこいしょ」と気合を入れないと起きれないほどだった。

 それを私は「歳のせい」だと思っていたのだが、どうやら違っていたようだ。



 キャプテン杯の前に2回マッサージに行き、しっかりケアしてもらったにもかかわらず腰の筋肉は痛く重いままだった。その2回めのマッサージのときに「運動後にしっかりケアしてあげるほうが大事ですよ」と言われたのを思い出し、10日ほど前から、毎日、そしてラウンド後は特に痛む部分をしっかりストレッチで伸ばすようにしてみた。

 そして朝起きたときは寝床で腰痛体操(寝転んだままできる体操。詳しくはググってね)。

 すると、あれだけしつこかった左腰の痛みや慢性的な腰のだるさがどんどんなくなっていったではないか。そう、つまり私の腰は歳のせいではなく単なるケア不足、例えるなら雨のラウンド後に使ったクラブをそのままにしておいてサビが浮いていただけなのだ。

 ラウンドして疲労と細かく傷ついた筋肉をしっかり伸ばし、血行を促し、リラックスさせてやる。それだけで次の日の目覚めがぜんぜん違うのだ。

 青木プロもイチローも、試合前にはしつこいぐらい体のストレッチをしていたのは有名だが、それは怪我防止。そればかりがクローズアップされるけど、試合後のストレッチは筋肉のケアで、実はおっさんにはそっちのほうが重要なんじゃないかと思う。



 もう年だからあかん、筋肉の疲れが取れない、と思っている中年ゴルファーの皆様、ラウンド後、入浴後に5分だけのストレッチ、騙されたと思ってやってみてください。
posted by hiro at 19:19| Comment(0) | 雑文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: