2021年06月22日

月曜日は練習の日


 中二日を守るため月曜日つまり昨日練習へ。週1回の練習だと現状維持が精一杯だけど、これ以上するのは体力的に無理だ。数年前から日曜日に薄暮か午後スルーラウンドするようになったので、それが「ラウンド(実践)練習」ってことで。

 いつものようにぐにゃぐにゃウェッジで30球ほど。それを打ってるうちに、なぜダフるかがおぼろげながらわかってきた。この気づきはひょっとしたら相当いいところをついているかも・・・



 1,素振りでは上手く振れる(きれいにヘッドが抜ける)のに、いざ球を打つ段になると途端にダフるのは、球にクラブヘッドをきちんと当てたい、という意志(欲)が出てしまうからだ。

 2,では、なぜ「球にきちんと当てたい」と思うとダフるのか。今まで私は、コックが早く解けてしまうからと思っていた。コックしたままだとボールに当たらない気がする、空振りしそうな気がする、だからアンコックしてボールにヘッドを「当てにいって」しまう。

 3,しかしだからといって、できるだけコックを我慢しようと思ってもそれは(私にとっては)大変難しかった。なぜなら、手首のコックは「勝手にキープされるべきもの」で、自分からコックをほどかないようにしようと考えること自体が間違っているからである。

 4,しかも、上半身特に手首という細かい部分に意識がいくと、スイング全体のリズムも下半身の動きも疎かになってしまう。

 5、そこで、「気持ちよく素振りするときの動き」と「実際に球を打つときの動き」で決定的に違うのは何なのかを改めて考えてみた。そして私は、ついに結論らしきものを発見したのである。それは、こうだ。



 ダフるときはグリップをアドレスの位置で止め、球に当てようとしてしまう。素振りのときはグリップがスムースに動き続け、球より左側(飛球線方向)へ移動してインパクトしている

 ということに気づいた。別の書き方をすれば、

 インパクトの瞬間、グリップはアドレスよりも左にあるべきだ

 という意味であり、もっと簡単に書けば

 ハンドファーストでインパクトせよ

 ということだ。



 え?そんなん当たり前?そもそも、ハンドファーストって思ってできたら苦労しないだろって?いやたしかにそうなんだけど、ダフる理由がグリップの位置にあるってことがわかっただけでだいぶ進歩じゃね?と。

 確かにハンドファーストでインパクトしようと思ってできるものじゃないけど(それこそ上に書いた「3」みたいに考えてる段階でだめだよね)、

 グリップを「止めて」インパクトゾーンを作るのが悪い動きだよ、体の正面ではなくちょっと左サイドでボールを捌くんだよ

 と意識しながら打つのとそうでないのとで雲泥の差があるんじゃないかと。



 ちょっとした意識の違いでダフりが治るかもしれないな、と思ったお話。
posted by hiro at 14:43| Comment(0) | 目から鱗(開眼)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: