2021年05月08日

パター買い替えました


 連休最終日の5月5日。私は(仕事関係でたまに頂くことがあって)10年間コツコツと溜め続けてきた、JCBとVISAのギフトカードの束を持ち、ゴルフショップを訪れていた

 一番の目的はクリーブランドのフロントラインシリーズ。2.0

99630_1_expand.jpg

 某メールマガジンで評判がよく、私もL字が好きなので気になっていた。しかもコスパがいい(16000円ぐらい)。打感が悪くなければもう決めようと思ったんだけど。

 そのショップにはこの型だけなかった。でも、他の型で打感を確認。うん、まあ悪くはない。しばらく転がして、ふと上の方の棚を見ると・・・ありました。

2021-05-02.png

 ファントムXはヘッド形状が5・6・7・8・11・12の6種類。シャフトの入り方が「シングルミッドベント(整数表示)」と「シングルショートベント(コンマ5)」の2種類(一部のヘッドでセンターシャフトあり)。長さが33・34・35インチの3サイズ(ショップには33と34しかなかったけど)。いっぱいあって何がいいのかわからん。

 ぱっと見て格好いい(キャメロンらしい)のは6とか12なんだけど、逆にありきたりで飽きそうな気がしないでもない。その点、宮本勝昌が使っていて一目惚れした8.5は上から見たら一番シンプル(というか何の変哲もない)形状だけど、集中できそうだし、どっしりとしているような心理的効果があると思う。
 

 で、色々転がして、33インチ、8.5が一番しっくりきたんだけど・・・・売値が上記フロントラインの4倍近くするんだよねー。流石にこれは高すぎると思ってもう一度フロントラインを手にしたら・・・

 これは悪口じゃないので誤解してほしくないんだけど、ヘッドの質感とかがぜんぜん違うんだよね。値段が数倍違うものを単純に比較するのが間違ってることは百も承知だけど、オデッセイやピンでさえキャメロンを持ったあとでは仕上がりや質感の違いが気になってしまう。つまりキャメロンの罠にまんまとハマってしまったわけだ。




 というわけで、人生初キャメロン、通天閣から飛び降りるつもりで買ってしまいました。昔は「(高すぎる)キャメロンなんて一生使うか!」なんて文句書いてたのにね。まあ歳をとったら色々考え方も変わるということでご理解いただきたく。

 で、実際にコースで使ってみたらヘッドの座り、構えやすさ、転がり、振りやすさなど予想以上に良かった。今まで20年以上インサートの入ったパター使ってきたけど、もともと鈍感なんで打感の変化とは気にならない。

 不思議なのは、弱めに打ってもそれなりに球足が伸びてくれるし、しっかり打っても大オーバーするようなことがないこと。例えば10mのパットで打った瞬間弱いと思っても9mぐらい転がり、逆に強すぎるぐらい打っても11mしかいかないような感じ。これはほんとに謎だ。博識の人、何でか教えて下さい。まあ助かるんだけど。



 1つだけ不満があるとしたら、ヘッドカバーが悪目立ちする(黄色ででかい)のと、今どきマグネットではなくベルクロ(マジックテープ)で止まる事。アメリカ人は細かいこと気にしないんだねー。これだけはなんとかしてほしいなと思ったけど、まあいいか。

phantomx85.jpg

 裏側は格好いいよ。
posted by hiro at 13:00| Comment(2) | 道具
この記事へのコメント
テンション上がりますね〜
Posted by yama at 2021年05月08日 23:11
yamaさん、ありがとうございます。

テンション爆上がりで、ラウンドのときはだいぶ早めにコースへ行って練習グリーンで球転がししてます。

買った時、お店の人に「一生モノですね」と言われたのも地味にテンション上がりポイントでした。
Posted by hiro@ごる日々 at 2021年05月09日 11:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: