2021年03月19日

Mの会で色々やってみる


 昼は半袖が十分なぐらいの天気のなか、プライベートラウンド@ホームコース。唯一、待ち時間が長くてハーフ2時間半以上掛かったのが嫌だったけど、まあ色々お試しの練習ラウンド。

seiseki20210318.jpg

 最近ネオマレット(オデッセイ#7)で短いのを外しまくってたので、この日はL字パター(ロッサ・マラネロ)でプレー。まあ気分転換。しかし前半はそれが裏目に出て3パット3つ。いずれも短いのを外すという、ゴールデンスタンダード3パット。

 後半、ガチガチに固めていたグリップを右手だけ緩め、ほんの少しタップする感触を入れてみた。つまり機械的に打つのではなく、柔らかめに感性を出して打つ感じ。そしたらちょっとだけマシになった。それでも18パットだったけど笑。

 L字パターはショットのイメージで(あるいは感性で)打てby hiro

 まあ、パットは良いときも悪いときもあるから、あんまり気にしないねどね。問題は良いときがごくたまにしかないってことだけど(それをゴルフ用語で「ヘタクソ」という)。




 ショットの方は、朝イチチーピンOBからスタート。実はこの日、試打クラブのピンG425maxを借りて打ってみたんだけど、軽すぎて全然トップの間が保てなかった。この一球だけで試打を中止したのは言うまでもない。もうすぐ月例だし、おかしな癖がつくと困るからね(だったらそもそもなぜ借りる?)。

 3番は4Wのティショットがテンプラ気味にあたって左へOB。これも1番のドライバーの影響だ。そうに違いない。打ち直しフェアウェイ、4打目ユーティリティは左手前、5打目のアプローチはPWを使ってみたら大オーバーして奥のエッジ、そこから3パットでダブルパー。大叩きのモデルケースみたいなホール。

 その後はまあ特筆することもなく、前半は47。

 後半、パットもショットもちょっと持ち直し、バンカーショット2回が1mぐらいに付いたり(その内1回外したけど)、4アイアン(易しいキャビティのだけど)がそこそこきちんと打てたりとまあ内容は悪くなく、後半41。最低ラインの90切りは達成できた。
 


 練習だからと2Wのティショットを多用したり、インテンショナルショットを多用したりしたけど、どうせ試すなら結果を恐れずもっと思い切っていろいろなことをしないといけないね。スコアも気にして、練習もして、どうも中途半端なんだよなー。

 練習ラウンドと割り切るときはスコア付けないで回ったほうがいいのかもね。
posted by hiro at 20:12| Comment(0) | ラウンド
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: