2020年08月15日

8月1回目のレッスン


 昨日。ラウンド直後だけど、あちこち痛む体に鞭打ちレッスンへ。私が習ってるS水プロ、木曜日と金曜日しかレッスンされてないんだよね。

 いつも通りステップ打ちから。リズム(上半身と下半身のシンクロ)が崩れた時、上体が起きる(前傾姿勢を保てない)時にミスが出ることを再確認。なかなか治りませんなー。ちょっとづつちゃんと打てる確率は上がってきてるんだけど、まだ10回に3回はへっぽこすぎるミスが出る。これだとコースでは(普通ミスの確率は増幅されるので)6割ミスになるよね。

 上手い人は練習では9割ぐらい同じスイングと同じ球が打てるイメージ。これだとミスは1割、コースでは2割。これぐらいにならないと「上手い」とはいえないよね。

 いつまで体がいうことを聞いてくれるかわかんないけど、あと7〜8年は上達できると信じて頑張ろう。



 で、今日のメインはウェッジのコントロールショット。56度のハーフショットで50y、50度のクォーターショットで90y。

0y〜20y ピンアイ2(SW) ◯
20y〜40y ピンアイ2か50度のウェッジ △
40y〜60y 56度ハーフショット ×
60y〜70y 56度クォーターショット ×
70y〜85y 56度フルショット ◯
85y〜100y 50度クォーターショット ×
100y〜115y 50度フルショット ◯

 右の記号は◯・・・なんとか打てる、△・・・ヘタだけど打ち方は確立できてる ×・・・トホホ

 こうやって表にしてみるとわかりやすいね。とにかくコントロールショットが壊滅的にヘタだ。だから50y前後と90y前後が多少打てるようになれば、あと数打はスコアを縮めることができるだろう。残るは56度のクォーターショットだけど、これは50度のクォーターを練習すると打てるようになるかなと希望的観測。



 56度のハーフショットはほぼリズムだけで打つ感じ。トップ位置とフィニッシュをきっちり決め、緩まず、かといって過度に加速させず打つ感じ。インパクトは大事だけどフィニッシュを決めるほうが大事かも。

 50度のクォーターショット、つまり90y前後はよくある状況なんだよね。100y〜110yだったら50度のフルショットでほぼ大丈夫なんだけど、90yの場合、56度のウェッジ(80〜85y)だったら届かないし、かと言って50度では10y以上オーバーする可能性がある。

 その打ち方は、クラブを短く持ってフルショットと同じ要領で打つ。スタンス幅は広く(普通)ても狭くてもOKとのこと。そういう感じで打っていると、プロから「インパクトをバシッと決めたほうが良いかもねえ」とアドバイス。
 
 つまり短く持ってコントロールすると、どうしても緩みがちになるんだろう。力を抜いて距離をコントロールするのではなく、小さな振り幅でしっかり力を入れて打つほうが大事だと。

 というわけで、不器用な私としてはクォーターの距離は「短く持って打っておしまい(インパクトで止めるドリルと同じ)」という、パンチショット気味に打つことにした。

 また絵に描いた餅で終わるのか、それともイスラエルとUAEの国交正常化が中東和平に画期的な一歩となる可能性を秘めているのと同様、この発見が私のショートゲームに画期的な改革となるのか、乞うご期待。


 ・・・なんか頭の良さそうなことを言おうとして余計に訳わからなくなってる。
posted by hiro at 11:57| Comment(0) | レッスン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: