2020年07月20日

2020年キャプテン杯予選


 三大競技の一つ、キャプテン杯。今年は予選で56人という大人数が参加。そのうち私より上手い人(HDCPが同じか少ない人)は35人。予選通過は20位タイまで。普通だったら予選通過は無理。

 しかし、ハンデ戦ということもあり、まあワンチャンあるかなと思い、それほど緊張もせず参加・・・したつもりだったんだけど。

 スタート3ホール目でショートアプローチ用のSW置き忘れるわ(15ホールSW無し)。

 パターカバーも落とすわ。

 短いパットを打ち忘れて(マークしたまま)ホールアウトするわ。前代未聞・空前絶後に笑えるっしょ?

 サングラスにセットする近視用レンズも茶店前のベンチに置き忘れるわ。


 そして極めつけは・・・・

 スコアカードをどこかに置き忘れるわ。

 よっぽどテンパってたんでしょうな。まあそりゃあ、

 朝イチでいきなりOBからのダブルパー叩いてたらそりゃ訳わかんなくなるよね〜。次の2番でもこのホールではめったに無いセカンドOBしてるし。

 あと、巻き返したい10ホール目からも「え本日もボギー列車にご乗車ありがとうございま〜す」だもんね〜。

 でもね、カットラインが皆の予想ではたぶん114(ネット)つまり6オーバーぐらいで、最後の竹9ホールで30台が出れば何とかギリギリか(ハンデがあるからね)、と思って頑張ったんだよ。7ホール目まで。パーオンが1つも無しでも何とかしのいで、8番を迎えたところでボギー2つの2オーバー。



 そして8番パー5、鬼門のティショットをクリアし、ミスしやすい2打目もクリアし、残り90yのフェアウェイ、打ち下ろしでやや左足下がりのライ。普段なら乗せて2パットのパーなら上出来なんだけど、最終ホールは難しいのでボギーの可能性が高い(*1)ため、できればここでバーディ(*2)が欲しい。

 普通なら50度のコントロールショットでグリーンセンター狙いだけど、ピンが手前なので下りのパットが残る。できればピンダイレクトに攻めたい(*3)。で、選択したクラブが85yのウェッジ、きっちり当たればちょうどの距離のはずだ(*4)。

 はい、もう皆さん、結果は書かないでもわかりますね。

*1・・・8番プレーしてる時に最終ホールのことを考えてどうする?
*2・・・バーディを取りにいくって、お前はいつからそんなに上手くなったのか?この傲慢豚野郎!
*3・・・それは単なる願望。願望と「できること」とは違う。何年ゴルフやってるんだよ!
*4・・・左足下がりのライから、ウェッジのマン振りがきっちり当たればね。って当たるわけ無いやろ!


 へっぽこハーフシャンクトップみたいな当たりでグリーン右手前。今思えば、ボギーで済んだのは幸いであった(トップしてグリーン奥OBも十分あった)。寄らず入らずでボギー。アホだねー。

 いやまあ、攻めた結果だから仕方ないという考え方もあるし、50度のコントロールショットのほうが緩んでトップして奥OBという可能性もあった。けど、99%失敗する方を選ぶ時点でもう単なるバカだよね。単なるバカだよね(あまりにもバカなので2回書いた)。

 落胆さめやらぬ中、最終ホールのティショットはついなんとなく打ってしまってプッシュスライス、OBぎりぎり、右のバンカーのさらに右のベアグラウンド。木がスタイミーになってグリーンは直接狙えず、ライは左足がバンカーの縁で不安定、しかも200y以上の打ち上げが残る。グリーンへは220yの大スライスが必要。最低パーでないと予選突破は無理だろう。だとすれば一か八か・・いやいやいやいや、

 お前はタイガー・ウッズか!

 スタンスすらろくに取れないベアグラウンドから200y以上先のグリーンを大スライス掛けて狙うとか、そんな球打てるはずないだろ!落ち着け。というわけで、8アイアンでレイアップし、3打目でピン下5mに。パーのチャンスを残す。そうだよそれでいいんだよ。

 「これが入れば予選突破!」と宣言し、本気で入れにいく。

 引っ掛けてカップにかすりもせず70cmオーバー。まあそんなもんですな。これを入れて残念ながらボギー

























































 と思ったらゆるんでヘロっと切れて外す。

 最後の最後でまたやっちまいました。3パットダボ。ワハハ。笑わなしゃーない(涙)。わはははは(涙)。これで落ちたな、と確信に近い予感があった。

seiseki20200719.jpg


 というわけで、目標の120(ネットパープレー)には遠く及ばず、しかもカットラインの126(ネット114)にも2打及ばず、残念ながら予選落ち・・・と思ったら、急に暑くなったせいで全体的にスコアが悪かったのか、はたまた何の偶然か、カットラインが116に。つまり最下位ながら予選をかろうじて通過。

 いやあ、出だし3ホールで7オーバーでもやっぱり諦めずに頑張らなあかんね。何があるかわからんもんね。でも、最終のダボは

地面に頭がめり込むぐらい要反省。
posted by hiro at 14:07| Comment(0) | 競技
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: