2020年07月15日

コントロールショットのフィニッシュ


 今日は小ネタ。

control011.jpg

 これはG.マクドウェルがアイアンのコントロールショットを打ったところなんだけど、このフィニッシュの形は常々疑問だったんだよね。これ、フィニッシュまでクラブを振り切らずに途中で止めてる状態で、プロがコントロールショットするとだいたいこの形になる。

 でも、なんでクラブがそんな角度になるのか常々疑問だったんだよね。

control02.jpg

 スイングプレーンを考えるとこうなるのが普通じゃないの?と。何か特別なこと、例えば手首を返さないとか、手首をロックしてるとか、そんな特殊な打ち方をしてるんかなと。

 でも違った。完全に私の思い違いだった。少し巻き戻してみるとよくわかった。

インパクト。
image662.jpg

フォロー1。
image671.jpg

この段階では、ヘッドは頭より嘘ろ(写真の左)に抜けてる。ちょっとアップライトだけど。つまり私が上で考えたフィニッシュ位置に近い。そしてここから、さらに体が回転し、腕もローテーションして、

フォロー2。
image681.jpg

この位置へ。つまり、クラブヘッドが頂点を過ぎ、折り返してるんだよね。

control03.jpg

 で、これでフィニッシュ。

 身長180cmのマクドウェルのショートアイアンだから、相当アップライトになる+ライン出しでフェースターンを抑えて打ってるのももちろんあるけど、結局は

finish01.jpg

 ここまで振ってない、けど自然な形、ってことなんだね。


 以上、どーでもいい小ネタでした。
posted by hiro at 11:22| Comment(0) | 雑文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: