2020年06月30日

片手シングル


 日曜日の月例はいつものT石さんとの2人に、T村さんという人が入って3バッグのラウンドだった。

 T村さんは備え付けの砂袋で目土をしながらラウンドされていたが、それもそのはずでコースの競技委員をされている。いわゆる「コースを代表するゴルファー」の1人である。そしてHDCPは5。

 このレベルになると基本ミスしないし、技術に穴がないし、バーディ逃しのパーがデフォになってくる。実際、2つバーディを取ってたし。しかし、一番感心したのがやっぱりスイング。むちゃくちゃキレイ、ってわけではないけど、とにかく

何の迷いもなく振り切ってる。

 もちろん本人にすればいろいろ考えて色々工夫した末のスイングなんだろうけど(当たり前だ)、どこへ飛ぶとか、ヘッドのどこに当てるとか、そんなことを微塵も感じさせない。とにかく気持ちよくスロットル全開、100%の力で振ってる、という風に見える。



 よくプロが「振れば振るほどボールは曲がらない」と言うけど、まさにそんな感じ。こういうところはぜひ見習わないといけないと思った。OBを恐れてビビりながら振ってるうちは、その先へいけない。っていうか、OBを量産して初めて分かることもあるのかもしれない(ないのかもしれない)。



 そしてT村さん、多分同い年ぐらいだと思うんだけど飛ばすんだよね。私の30y先、飛ばし屋のT石さんの10〜20y先にいつもいる感じ。ドライバーのキャリーはたぶん250yぐらい、条件が良ければもっと飛ぶと思う。でも、置きにいくときはフェードで230yまで。自由自在のコントロール。

 そんなT村さんが使ってるクラブはある地クラブで、シャフトは20万円!!するそうだ。でもご本人曰く、合わないと感じたら何度でも(工賃1万円で)硬さや長さを替えてくれるらしく、実際に5回替えてもらったとのこと。だから1回5万円の計算になり、それだとそんなに高くないでしょ?と。

 いや、7年同じドライバー(もちろんシャフトも)使ってる私にすればそれでも十分高いです。でも仮に、OBが半分になり飛距離が今より10y伸びる可能性が高いシャフトがあったら20万円出すかなあ?

 たぶん出せないなあ。だって、それでもダメだったら自分のヘタさを証明しちゃうみたいなものだからなあ・・・・



 まあ、フジクラのランバックスで何の迷いもなく振り切れるよう、もうちょっと頑張ります。
posted by hiro at 12:24| Comment(0) | 雑文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: