2020年06月27日

体重移動の真実(6月2回めのレッスン)



 金曜日。今月2回めのレッスンへ。

 まず、木曜日のラウンドでHDCP2のK見師匠に「hiroさん、パットのインパクトが全部減速してますよ」と言われ(がーん!)たので、それをS水プロに見てもらった。

 「減速するということは、バックストロークが大きいんでしょうね。バックストロークもフォローも思い切って小さくしてみましょう」と言われてみればなるほどという指摘を受け、思い切ってバックストロークを半分ぐらい(当社比)にしてみた。すると「あこれ絶対届かないや」と感じるのだろう、減速しようがないストロークが完成。

 さらに、「引っ掛けたり押したりするときはボールから目線が離れてます。バックストロークでヘッドを追わない、フォローでボールを追わない、ずっとボール(位置)を見続ける、これを厳守してください」と以前言われたことをまたしても指摘される。

 こんなに簡単なことがなぜできない?やる気だけの問題なのにね。あるいは欲(きちんとストロークできてるか確認したい、カップインするところを見たい)を削ぎ落とすだけなのに。

 「パッティングでは目線はすごく大事です。それは覚えておいてください」はい、覚えておきます。小さなことからコツコツと。

 あと、パッティングでもストロークのリズムがズレるとボールにまっすぐコンタクトしない。ゴルフはリズムだ。パットもリズムだ。



 次にショット。この日教えてもらったこと。

1,私の右肩が下がる悪癖は、フォロー〜フィニッシュで体重が左へ乗っていかないことで起こる

2,なぜ左へ乗っていかないかというと、バックスイングで右へきっちり乗っていないから

3,よって、バックスイングで右に100%乗り、インパクト以降で左に100%乗るスイングを目指す

4,しかし、体重移動しようとするとスエーする。特にダウン〜インパクトで腰が左へ流れる

5,それを防ぐため、腰はスライドさせるのではなく回転させる意識を持つ

6,さらに、前傾をキープするためにはアドレスで股関節から前傾する(かかとではなく拇指球に体重を乗せる)



 なんか、基本が全然できてないね。1年経っても全然治ってないし。自分のセンスの無さに今さらながら愕然とする編者であった。
posted by hiro at 18:03| Comment(0) | レッスン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: