2020年06月26日

GB月例@大阪GC


 昨日は毎月恒例のGB月例@大阪GC。久々の3組、10名で。ちなみに私の組はHDCP2のK見師匠とHDCP5のM岡くん。ずっと2人の背中を遠くに見ながら(注:比喩です)のラウンドだった。



 前半はグダグダで、最初3ホールはドライバーが全部引っかかってそれが遠因のボギー・トリプル・ダボ。

 5番ではパーオンからの4パット。

 6〜8番は良いところなくボギーペース。

 最終ホールでやっと寄せワンが来て前半ハーフ2つめのパー。11オーバー47。ひどいね。



 で、10分ほど雨を待ってスルーで迎えた10番。ドライバーはボールの位置を微調整(左へ置きすぎてたのを少し中に入れた)してちょっとマシに。2打目4アイアンでグリーンすぐ横、アプローチが2mに寄ってくれてバーディ。

 11番も珍しくティショットが成功(4Wだったけど)、ウェッジでグリーンセンターに2オン、2パットパー。

 12番はたまたまティショットがバンカー越えに飛び、2打目PWでセンターにオン、2パットパー。

 13番パー4、4Wのティショットはハーフトップで200y先のラフ。2打目9アイアン、捕まらず右手前ラフ。5mにオン、2パットボギー。

 14番は海沿いの名物パー3。左からの風に流され、右ラフへ。なんとか1mに寄せてパー。

 15番短いパー5、ティショットはまずまず、2打目残り220y。PWを持つ私に「何してるんですか!」と檄を飛ばすメンバーのM岡くん。「右さえ避ければ大丈夫です」、とのことで、左へ飛ぶユーティリティに持ち替える。案の定引っ掛け、左ラフへ。まあでも想定内、悪いミスじゃない。しかしここからがヘタすぎた。ピンまで40y、50度のランニングで狙うもオーバーを恐れて大ショート。3パットでもったいないボギー。

 16番パー3、コスり球で右手前バンカー、出して2パットボギー。このままズルズルか・・・

 17番パー5、ティショットは先に当たってフェアウェイ右サイド、打ち上げを入れて残り270y、ユーティリティはこの日一番の当たり。リズム良く振るのが何より大事。飛びすぎて残り40y地点まで。砲台グリーン、苦手な絶対寄らないパターン。50度でワンクッション、奇跡的に4mに寄り、上りのパットをしっかり打ててラッキーなバーディ。

 最終ホールは145yアゲンスト、7アイアンでピン右下にオン、2パットパー。

 というわけで。

seiseki20200625.jpg

 まあ色々あったけど、スティンプ6ftぐらいしか出てない高麗グリーンでよく頑張ったほうだよね。ちなみにK見くんは終盤で2連続OBとかあったのに80、地主のM岡くんは久々のラウンドなのに81。やっぱり上手いわ。レベルが違う。
posted by hiro at 20:38| Comment(0) | GB月例
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: