2020年06月05日

トゥヒットが止まらない・ラウンド編


 今日は先に結果から。

seiseki20200604.jpg

 前半は寄せワンが4つあってなんとか合格点の40。しかし後半、OBが2つ、素ダボが1つで45。7番でユーティリティの完璧なショットが完璧すぎてグリーンオーバーしててそこから4打で一気にテンション下がった。っていうか、

パーオン率16.7%(18ホール中3ホール)ってなにそれ?



 解説しよう。ドライバーからショートアイアンまで、終始、首尾一貫して、ずーーーっと、

トゥヒットばっかり(まあいつもの事なんだけど)。

 そりゃあさ、色々あって、ちっとも練習行ってないんだからまあ仕方ないといえば仕方ないんだけど、それにしてもだ。



 極めつけは後半竹8番。ドライバーでちょっとぶっ飛ばしてやろう(こう思う時点で駄目なんだけど)と思って振ったら、

ヘッドの先ギリギリに当たってトゥシャンクして右30度に飛んでいってOB。

 このショットをした直後、ああ、真面目に練習せなあかんわ、と心から思った。



 最高の当たりだったのは松9番のティショット(フェアウェイ左から禁断のフェード【注】でフェアウェイキープ)と、竹2番パー3の6アイアン(クォーターショットで左引掛けOB)の2発。

 思い切り引っ掛けOBだったけど、クォーターショットだとアイアンでも芯を食うというのは示唆に富む。この辺がヒントかもね。




 注:なぜ禁断のフェードかと言うと、今までのスイングは無理やりフェードを打つためのもので、それがいろいろな悪癖【注の注】の元凶になっていたのでできるだけそれと真逆のスイングを作ってる最中だから。

 注の注:右肩が下がる、体が開く、クラブヘッドがローテーションしない、左肘が抜ける、球を上げに行く・・・
posted by hiro at 18:37| Comment(0) | ラウンド
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: