2020年05月11日

本性


 全世界的な危機は続いている。

 危機は大きく分けて3つある。1つめはウイルスに対する人体への直接的な危機。2つめが自粛に伴う経済的な危機。そして最後の3つめが外出を自粛することにより心を病むという危機。

 こういう時こそ、人間の本性が顕になる。



 1つめに関しては、持病がある人や高齢者は注意しなければいけないが、それ以外の人はそこまで恐れる必要がないということがはっきりしたので一安心ではあるが、逆にそれが油断を生む状況になっている。

 頭の悪い何割かの人間が「自分だけは大丈夫」「罹っても死ぬわけではない」「若いから大丈夫」「自粛なんて格好悪い」と振る舞い、そのあおりを食らうのは弱者であり国民全体。対策に時間が掛かれば掛かるほど、感染者が増えれば増えるほど税金や国の借金は増えていき、国全体が疲弊していく。

 結局、回りまわってそういう災難が自分に降りかかるのに、そんな事すらわからず、ただ「検査を増やせ」「陰性証明書を作れ」などと意味もわからずに叫ぶのが阿呆の本性。

 

 2つめの危機はそろそろ顕在化してくるだろう。体力があり政府が保護するような大企業はともかく、中小零細企業、特に個人で商売をしているような人たちで売上が激減している職種の人はたまったものではない。ただの不況とはわけが違うのだ。8割接触を避けるというインパクトは、ある種の商売にとっては死刑宣告と同じだ。

 この点、政府の動きは稚拙と言わざるを得ない。誰に遠慮しているのか知らんが、補助金申請のために何度も役所へ行かせたりたらい回しにした挙げ句、数%しか許可しないという愚。

 火事で119番に電話したら住所氏名年齢電話番号マイナンバーを聞かれ「本当に火事かどうか確認しますので、火災現場の写真を撮って送付してください」と問うようなものである。

 それぐらいの愚行を平気で行う、東大出の官僚どもの本性は、国民は死んでも屁とも思わない、我々官僚が神であるという思想。

 しかし、この官僚組織や政治家、間抜けで腰が重く、国民が本当に望んでいることに無頓着かもしれないが、それでも我々が選挙で選んだのだからある程度は信じて任せるしかない。それなのに、とにかく口を開けば政権の文句、安倍首相の批判、政府と自民党SAGEというバカの一つ覚えしかできないアホパヨク。

 そんなに現政権が嫌ならば自分が政治家になりなさい。それか、次の選挙で現政権に変わる政党を第一党にすればいいじゃないか。あるいは大嫌いな日本から出ていきなさい。

 文句や不満ばっかり言って、じゃあお前は何をしてるねんと。何ができるねんと。実際に何をしてるねんと。文句いうだけやったら飲み屋でおっさんが酔っ払ってくだ巻いてるのとおんなじやないかと。この時期にデモって、どんだけ脳味噌腐ってるのあんたら?



 3つめ。外出自粛でストレスが溜まり、コロナ離婚、コロナ親子断裂。そして溜まったストレス発散のために「自粛警察」。そんなやつはコロナのせいで生まれたわけではなく、暇を持て余した一部の老害やクレーマーやモンスターや引きこもりニートが新しい獲物を見つけて騒いでいるだけ。自粛しないで騒ぐ学生とかより、コイツラのほうが「自分は正義だ」と思ってる分、タチが悪い。

 さらに「他県ナンバー狩り」って。ナンバーが違ってたら攻撃するというメンタリティは「自分と違うものを短絡的に拒絶し攻撃する」という、単細胞生物並みの知性しかない。いや、単細胞生物も共生するのでそれよりも阿呆だわ。阿呆という言葉をはるかに突き抜けた存在、阿呆神というか。



 とにかく、今は戦時中なのである(こういう書き方をするとまた玉川あたりが過剰反応しそうだ)。常識が180度とまで行かなくても90度ぐらい変わってもおかしくない世界なのである。だからこそ沈着冷静に考え、短絡的な行動は控え、阿呆はどうか家でじっとしといてくれ。



 ・・・などと毒を吐く攻撃的な本性が私も出ておりますが。
posted by hiro at 19:57| Comment(0) | 雑文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: