2020年03月30日

「右肩が下がる」と4つの工夫で戦う


 女子プロの試合が新型コロナ騒ぎで軒並み中止になり、放映枠を埋めないといけないTV局が工夫をこらして毎週のように特別番組を流している。

 諸見里しのぶ、上田桃子、木戸愛、森田理香子(!)という懐かしい面々の生の声やハイスピードカメラのスイングなどを久しぶりに見たり聞いたりできておじさんとしては大変面白かったのだが、やはり私のお気に入りは菊地絵理香様である。

kikuchierika.jpg

 このたぬき顔、ほんとに大好き。



 さて、そんな事はさておき。ある特別番組で、上田桃子か諸見里しのぶがドライバーの打ち方をレッスンしてて、

「スタンスを広くすると右肩が下がりやすい」

ということを言っていた。「右肩が下がる」というワードはもろに私の弱点である。そして私のスタンスはどちらかと言うと広い。

 以前、上級者に「スタンスを狭くしたほうがいいですよ」と言われて改善したこともあるが、その理由がわからなくて結局少し経ってもとに戻したのだが、そうかそういう理由があったのか。というわけで、

スタンスを思い切って狭くする。

 ということをやってみた。これがその1。


 しかしこれだけでは右肩が下がりにくくはなるけど、下がらない、とまではいかない。もっと積極的に下げないようにするためにはどうしたらいいか。

 右肩が下がる理由ははっきりしている。ボールをかち上げて打とうとする欲により軸が右へ傾くからだ。軸が右に傾くと、頭は当然右へ行く。つまり、頭の位置を(バックスイング〜インパクトまで)動かさなければ右肩は落ちないのではないか。というわけでその2。

頭の位置を動かさない。

 今さら感がすごい。40年ゴルフしてきて、今になってそれ?でもまあいい。結果が全てだ。



 3つ目はスイングのこと。これは私だけかもしれないけど、立ち気味のアドレスだと右肩が下がりやすい(腰が左へスライドし、正面から見て「逆くの字」に折れやすい)。しかし、しっかり前傾してその姿勢を保つようにアドレスすると、腰がスライドしにくく、懐もできやすい。うこれも今習ってるS水プロに言われ続けていることだが、

ボールから離れて、前傾をやや深くして構える

というアドレスが有効である。



 そして最後。右肩が下がる別の理由として、体の回転に比べて手の回転が遅く、ボールに届かないから本能的に右肩を下げてアジャストしようとする、とS水プロに指摘されたわけだが、つまりはもっと手を振れと。その時、

スイング中、右肩を支点にして右手を体の右から左へ大胆に動かす

 という意識を持つと。これが4つ目。


 で、この4つを昨日の薄暮で試してみたら、5番ホールまでパープレー、しかも内容もまずまずという結果になった。残念ながら6番から崩れちゃったけど、それでもいいイメージが出る事は間違いのないところだ。



 結論。練習場ではステップ打法、コースでは

スタンス狭くしてボールから離れてアドレス、頭を動かさず右肩支点でスイング

 っていう感じでどうかよろしくお願いしますはい。
posted by hiro at 17:35| Comment(0) | 目から鱗(開眼)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: