2020年03月25日

ゴルフ芸人サバイバル


 蛍原徹(雨上がり決死隊)が企画立案した(という体で)実現された、ゴルフ大好き芸人による「ゴルフサバイバル」の特番。予想よりも面白かった。

 本家と同じく、一番成績の悪いプレイヤーが1ホールずつ脱落していくという試合内容。今回はプロでもプロの卵でもトップアマでもなく、平均スコアなら80台半ば〜90台前半、HDCPなら8〜15ぐらいの「ちょっと上手い芸人ゴルファー」が集まった。

 つまり、パーなら絶対勝ち抜け、ボギーでもほぼ勝ち、ダボならサドンデス、OBや大事件で脱落という感じで進むと予想し、実際にそのとおりになったわけだが、

何で無理にパー狙おうとするの?意味なくね?っていうか戦略って言葉の意味知ってる?いやそれ以前に何か考えてる?

 って芸人が多かった。そこそこ戦略立ててたのはゴルゴ・梶原・原西・大西ライオンぐらいか。それ以外の4人はやっぱり早々と脱落してた。



 ボギーでいいということは、パーオンしないでもいいということ。パーオンしないでいいということは、3回で乗せればいいということ。3回で乗せればいいということは、ティショットで無理する(飛ばす)必要も、2打目で長いクラブを持つ必要もないということ。むちゃくちゃ楽なゴルフだよね。何ならユーティリティと7アイアンとウェッジとパターの4本でもいいぐらい。

 まあもちろん番組的にティショットからユーティリティ、最初からボギー狙いというのはマズいかもしれないけど、1人ぐらいそれぐらいガチガチにディフェンス型ゴルフをする出演者がいても面白かったのにね。



 改めて、ゴルフは球を打つ以前にゴルフ頭の良さが試されるゲームだなと。そういう意味で、上に挙げた4人はゴルフが好きだということ以上にゴルフのことがよく分かっていると思った。

 さらに言えば、そういう戦略を立てられる人間だからこそお笑いの分野でも長く生き残れるんだなと。大西ライオンは本業に見切りをつけ(?)、「ゴルフ芸人・インストラクター」という道を模索していて、別の意味で戦略家だと思うし。



 あとは雑多な感想。

・蛍ちゃん、ゴルフが大好きということは伝わってくるけど自分(の実力)が見えてない感じよね。自分の力を過信してるというか。俺は上手いんや、俺は70台で回れるんやっていう思考で自縄自縛してしまってる感じ。

・年間150ラウンドしているという東ブクロのスイングはむちゃくちゃ良かった。でも球はとっちらかっててすぐ脱落した。ラウンド頻度やスイングの美しさとスコアは全然関係ないということやね。

・梶原は右に体重を残すかち上げて力任せに打つという、お世辞でもきれいとは言えないスイングだけど、そのヘタを固めてしまえば安定して球が打てることを証明。センスありそう。でも、良い時は70台出るけどダメな時は90叩くという、それ以上伸びない、なんちゃってシングル(HDCP8-9)の典型と感じた。

・大西ライオン、最終ホール。エッジからピンまで10y以内、そこから2打で100万円なのになぜそこでウェッジを持つ?アホなの?100人いたら1000人パターでしょ?合田洋なんて日本プロに勝つためにバンカーからパター使ったんだぜ。ゴルフの最大の敵は見栄。

・原西、「絶対に何があってもバンカーを避ける」素晴らしい戦略。自分を知るとはこの事。一番感心した。

・優勝したゴルゴ松本、やっぱり数々の番組に出てるベテランだから経験が出たねー。勝つべくして勝った。

・総じて、アマチュアは力入れて振りすぎ。もっと肩の力を抜いてクラブに仕事させようぜ。



 以上、自分のことを完全に棚に上げつつ。っていうか、反面教師的番組としてホントにおもしろかった。
posted by hiro at 12:02| Comment(0) | 雑文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: