2020年02月25日

月例でアプローチが壊れる

 一昨日は月例競技だった。この日は朝からとにかく待ち時間が長く、午前中のハーフは3時間近く、午後も2時間半ぐらい掛かった。一打打っては待ち、また打ってはまた待ち・・・そんなラウンドで体は冷えて固まるし、リズムもへったくれもなかった・・・と書くと完全に言い訳になるんだけど。

seiseki20200223.jpg
 
 この日は朝の練習グリーンからパットが気持ち悪く、全然まっすぐ打てなかったんだよね。で、不安は的中し、3パットが4つ。松1番は3mから1mオーバー、返しを外す。3番は(3打目90yをダフってショートさせ)20m弱の上りのパットを打ちきれず。4番は(50yのアプローチを大オーバーさせて)15mの下りのパット、加減しすぎて2mショート。

 竹4番は厳しいところに切ってあって(ピン手前を狙ったのに真横8mという乗せてはいけないところに打っちゃったので)仕方なかった。 そう、アプローチショットが悪いと3パットを誘発するの法則発動である。


 それ以外も最後の頼みの綱である左一本足アプローチも完全に壊れた。朝、ベアグラウンドに近いアプローチ練習場でチャックリばっかりしてしまい、怖くなってしまったのだ。そんなところで練習なんかするから悪いんだけど。何度かミス(トップ)が続き、最後の方はもうほとんどユーティリティで転がした(それでもダフったりしたけど)。



 そんな中、後半で今年はじめての30台が出たのは奇跡に近い。午後になってから入れごろ外し頃のパットがだいぶ入ってくれるようになったのと、そこまで散々だったショットがましになってくれたのが大きかった。

 ショットがましになったきっかけだは、竹の4番でティショットを打ったあと、一緒にラウンドしたN條さんが独り言で「昔のhiroさんだなあ」と言ってくれた事だった。あんまり書くとまたN條さんが恩に着せてくるからイヤなんだけど(笑)、それで気づくことができたのだ。

スイングのときにコックが全然入ってない!という事に。

 竹の3番までの12ホールで11オーバー。コックが浅くなってることに気づいた(気付かされた)4番からは6ホールで1オーバー。しかし、1年掛けてスイング改造してきたのに何でこんなに簡単に忘れちゃうかなあ。

 その4番は2打目の4Wがナイスショット、5番はプッシュしたもののドライバーが芯を喰い、6番はユーティリティのティショットがどストレート。7番もティショットの4Wが完璧な当たり。8番もティショット・2打目とも完璧。特に長いのが良くなった。

 そして最終ホール。ティショットはフェアウェイ左サイド、2打目115y打ち上げを9アイアンで完璧、ピン下1.5m。バーディ。

やればできる子なのになぜやらない?真面目にやりなさい。
posted by hiro at 10:48| Comment(0) | 競技
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: