2020年02月19日

パット練習、やっと成功


 国へのみかじめ料算定(確定申告)という、何のメリットも見返りもない作業。やっと終了の目処が立ったので、そろそろ更新頻度をあげていきたい。とりあえず最初は週2〜3回から。


 ここ最近は練習に精を出していた。日曜日は雨のため薄暮に行かず、室内練習場で2時間。左一本足アプローチのおさらいは距離感の確認。8アイアンのステップ打法(左足を踏み出して打つやつね)で右肩が下がる悪癖の矯正。

 そしてストレートに構えたドライバーでプッシュやスライスが出ないよう捕まえるスイングを。まだ違和感バリバリで10球中7球はOBになる感じだけどこの苦難を乗り越えないと未来はない。

 火曜日は近所の打ちっぱなしで100球ほど。50yのアプローチを中心に。ボールから離れてハンドダウン・ハンドファーストで打つとなぜかすごく球が高く上がる。ダフってぽっこんと上がってるような気もする。まだまだ不安ばかりだ。

 そして今日水曜日。ホームコースの練習グリーンへ。最近ちょっとサボってた、いつものパッティング練習をしに。ちなみにその練習とは、

・ボールは3個使う
・50cmから始めて、3級連続カップインを狙う
・3球入れば50cmづつ距離を伸ばしていく
・3mからは3球中2球入ればOK
・できれば5mまで
・30分を目処に、あるいは腰が痛くなってきたら(笑)やめる


 というもので、今まで5回ぐらいやったけど5mまで成功したことは一度もない。情けないので、今日は5m成功するまで続けることにした。

 で、結局1時間少々かかって5mクリアしたんだけど、その練習でいっぱい重要なことが分かったので忘れないように書いておく。

 ショットの場合はその時の調子とかちょっとしたグリップだとかアドレスのずれでヘタに戻っちゃう(極端な話、今日絶好調で次の日絶不調ということもある)けど、パットの練習はやればやるほど上達し、その上達とは打ち方のコツだったり自分なりの工夫だったりミスしやすい傾向という「知識に基づくもの」なので、一度覚えてしまえば元のヘタに戻りにくい。

 だからショットの時よりも「自分の感覚を言語化する」事が重要でありそれは自分の宝物になる。



そして私の場合。重要なことから書いていく。

 1つめ。根本的には腰の捻転で打つ。絶対手で打たない。どんなに短いパットでも。いや、短いパットほど腰で打つことを意識する必要がある。


 2つめ。例えば左へ曲がるライン(俗にいうフックライン)の場合、カップの右サイドに目標を取り(ボール半個とか、カップの右縁だとか)そこを向いてスタンスするのが一般的だ。で、その構えのとおりに打つ(カップの方を見ない、カップの方に打たない)のだが、この時、えてして、「構えている以上に膨らませて打ってしまう」ということが起こりやすい。

 つまり、フックラインならフェースを右へ押し出し、スライスラインなら左へ引っ掛けるような動きが無意識に出やすい(私の場合ね)。これは多分、「アマラインに外したくない」という欲が打つ瞬間に頭をよぎり、より曲がる方へフェースを出してしまうと思うのだ。早いラインでチビるのと同じような心の動きなんじゃないかと。

 よって、きちんとラインを決めてまっすぐスタンスしたら、フックとかスライスとかを意識せず、頭を真っ白にしてスタンス通り真っ直ぐ打つことだけを考えて打つ事が必要だと思う。自分からラインを作りにいってはいけないのだ。


 3つめ。パットはどんな距離でも弱めより強めのほうが入る確率は絶対に高い。勝負どころで返しの1mを厭わない強気のパットができるか。これがパットが上手い人とそうでない人の違いだと思う。


 4つめ。2.5m以上になると途端に、突然という感じでカップインの確率が下がる。前も書いたけどね。よって、3m〜5mは無理に入れにいってはいけない。上に書いた文章と矛盾するようだけど。

 特に5mなんかになると私レベルでは幸運か偶然でしかパットは入らないので、最初から2パット前提で打つべき。まっすぐの上りを残すように考えてファーストパットを打つ。これが3パットを減らす鍵の1つだと思う。


 5つめ。ボールに引いた線は、入ってほしいパットの時のみ(つまり2m以内だな)に合わせるという感じでもいいかもしれない。長いので合わせるのは意味がないかも。感性を大事にしたほうがいい気がする。



 以上、もう短いパットは外さない!と誓った編者であった。
posted by hiro at 20:08| Comment(0) | パット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: