2020年02月07日

初めての人と@ホーム


 昨日は久しぶりに知らない人の組に入れてもらって@ホームコース。


 同い年のSさんはアプローチ巧者の上級者。背の高いOさんは経験が不足してるけどポテンシャルは高い。そして紅一点、Mさんは飛ばし屋でスライスさえ直せば200y以上飛ばして80台も出せるぐらいの腕前。

 そんな仲良し3人組の中に入れて頂き、終始和やかにラウンドさせてもらった。知らない人ともすぐ友だちになれるのがゴルフの良いところである。ラウンド後には機会があればまたぜひ、と約束した。


 さて、この日はティショットのアドレス、フェースの向き、イメージを完全に変えて臨んだのでティショットは散々。フェースの先に当たり、ほとんどプッシュとプッシュスライス、ごくたまにきっちり当たるって感じ。奇跡的にOBは免れたけど、一回も気持ちよく振れなかった。っていうか、チョロを3回もしちまったぜ。わはは。

 しかしその代わりアイアンは結構良かった。ちょいダフり目が多かったけど、パーオン率50%は今季最高。まあその分パット数が増えちゃって、3パットが2回あったけどね。

 アプローチは良いのと悪いのが半々ぐらい。まあやっぱりヘタですな。まだまだ練習しないと。あでも、V字アプローチはそこそこ上手く打てた。


 というわけで。

seiseki20200206.jpg

 上がり3ホールで1オーバー・・・よくできました
 パット数34・・・もうすこしがんばりましょう
 84ストローク・・・もうすこしがんばりましょう
 1OB・・・ふつう
 パー5のスコアが5.5・・・まあまあ
 パーオン率50%・・・よくできました


 白ティからだし、あと3〜4打は縮めたいところだよね。まあでも寒い時期だし、こんなもんか。



 では本日のトホホを。

 梅3番は谷越のパー3、5アイアンはダフリチョロでOB。右手が悪さをした。

 梅4番も絶好の位置からの3打目を中途半端にコントロールショットしてハーフシャンクしてアプローチ寄らずパット入らずのボギー。3打目の中途半端なショットが全て。

 梅6番はクラブを間違えて速いグリーンの上につけてしまい、善戦むなしく3パットボギー。アホか。

 梅8番はティショットチョロ、でも2打目4アイアンでグリーンのすぐ左横まで、しかし3打目アプローチがわずかに大きく反対側に転がり落ち(この日はディスタンス系ボールだったから?)、右奥からのワンクッションアプローチはわずかにショートして乗らず、5オン1パット。3打目のアプローチで雰囲気出しすぎ。グリーンが難しいときはボギーでいいと思いながら狙わんとあかん。

 松3番、ティショットはスプーンで打つも先っぽで200y飛ばず。2打目200y打ち上げ、4Wはダフり。3打目トップして結果オーライで乗るも、上からの難しいパットが残り3パットダボ。3打目のアプローチに尽きる。


 というわけで、春までにアプローチとアホを何とかしよう。
posted by hiro at 19:30| Comment(0) | ラウンド
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: