2020年01月25日

今年最初(通算24回目)のレッスン


 驚愕の事実とはなにか。まあほぼ予想はついてるだろうけど、レッスンを受ける前の悪いスイングにほぼ戻ってたというベタなもの。

 右肩が下がる&上半身が突っ込む。だからボールがフェースの先の方に当たる。そして球が捕まらない。

 バックスイング・ダウンスイングとも体重移動ができていない。だからダフる。

 ボールとの距離が近い。だから窮屈になって前傾姿勢が保てない。

 さらにグリップが浮く。腕とシャフトの角度(手首)がキープできてない。

 球をあげようとしてハンドファーストのインパクトができていない。

 そうなのである。1ヶ月サボっただけで、1年間の苦労が水の泡。1年前に逆戻り。◯万円と百時間以上の練習がドブの仲。元の木阿弥。ショックだ。


 で、直してもらった要約がこちら。

・ボールとの距離を取る(今より10cm以上離れる)

・ハンドダウン、ハンドファーストのアドレス(トゥを浮かすぐらい)

・(矯正するため)ボールはやや右へ置く

・バックスイングで右へ100%体重移動

・インパクトで終わり、インパクトに向かって加速

・手首を柔らかく使って、クラブのしなり戻りを使う(でんでん太鼓)

・打った後の左手はしっかり伸ばす

・親指方向(上)へのコックをキープしたまま、横(手のひら方向)のコックを(軽く)入れる


 最後のコックは普通はいけない動きと言われているが、私の場合、手首のコックにおかしな動きが混じっていて、それでクラブが暴れるそうだ。つまりは、

 クラブのしなり戻りが使えるような、自然なコックが必要

だということだろう。一番近いイメージは、

 左手の甲がずっとスイングプレーンに垂直である

というイメージが近いかも。


 また1からやり直しである。やれやれ。
posted by hiro at 09:36| Comment(0) | レッスン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: