2020年01月21日

だからあなたはうまくなれない


 今までいろいろな人とラウンドしてきて、ゴルフがうまくならない人・なれない人には一定の傾向があることに気づいた。今日はそれをご紹介。えーあくまで個人の感想です。あと、だいぶ毒入りです。



 チョー古いクラブをそのまま使っている

 ドライバーなら10年以上前、アイアンなら20年以上前のモデルを使い続けている。中には30年以上前のアイアンを使い続けているツワモノも。割り切ってる、予算がない、気に入っている、今更換えておかしくなるのが嫌だという気持ちはわからなくもないんだけど、20年前に使ってたシャフト、今の自分に合ってるの?という考えもあるわけで。

 ドライバーの進化は凄まじいですよ、5年一昔ですよと。まあ7年同じドライバー使い続けてる私が言うのもアレだけど。


 最新のクラブが1本もない(新製品に興味がない)

 上とほとんど同じだけど、ドライバーだけ最新モデルとか、パターだけよく変わるとか、そういうのは向上心の現れなのでいいんだけど、14本全て5年以上前のモデルっていうのはちょっと。あ、これも俺だ。


 グリップがツルツル

 これはマジで良くない。危ないし、余分な力が入るし、良いことは1つもない。でも無頓着な人、意外と多いんだよねー。


 ボールにこだわりがまったくない

 無頓着といえばボール。値段が高いとか安いではない。とにかく丸かったらいいっていう人(笑)。ディスタンス系とかスピン系なにそれ?ゼクシオって書いてたら良いボールでしょ?スリクソンって松山が使ってる高いやつでしょ?って感じ。

 せめて3ダースぐらい同じのを使い続けたらちょっと違う世界が見えてきますよ、とアドバイスしたい。1球100円でニューボール、しかもよく飛ぶやつが打ってますから。


 短いパットを適当に打つ

 これをする人は意外と多い。かつて私もそうだったんだけど、特に競技をしていない人は一打の重みをあんまり意識したことがないので、1m弱を何も考えずにポコンと打って簡単に外す(無造作に打って簡単に入れる人もまた多いんだけど)。で、返しをまた外す。最後には転がってるうちに「ありゃりゃ」とか言いながらピックアップしちゃう。

 これ、ゴルフで絶対にやっちゃダメなことの1つだと思う。自分で自分のゴルフをバカにしてるんだもん。


 OKを喜ぶ

 短い距離ならともかく、OKをもらう距離が長くなればなるほど喜んではいけない。怒るべきだ。1mにOKを出されたとき、「あなたならその距離は外さないでしょ?」と思われているのではない。「はいはい、もう入ったことにしてあげるから早くグリーン開けて。あなたのスコアがダボでもトリプルでも、私にはどーでもいいから」とディスられているか、「もうそれ以上辛い思いはしないでもいいですよ」と同情されているのだ。

 それに、70cmのパットにはゴルフというゲームのスピリットが詰まっている。それを打たないのはあまりにも、もったいない。


 練習へ(ほとんど)行かない

 いや、全然いいんですよ人それぞれだし、理由もあるだろうし、都合もあるだろうし。人が練習しようがすまいが、他人がどうこういう問題ではない。でも、大叩きして不機嫌になったり、何でヘタなんでしょうかね?と私に聞かないでください。「練習しろよボケが!」って言ってほしいですか?


 レッスンを受けない、継続して受けたことがない

 つまりは自己流の人ね。自己流では、ごく一部の例外を除き、90を切るのがやっとだと思う。いつまでも100を切れない人もこのグループに多い。つまりはまあ、「ヘタを固めちゃった人」ね。

 このグループの人は、自己流でやる時期が長ければ長いほど、取り返しのつかない方向へ自分が突っ走ってるということに気がついてほしい。底なし沼でもがけばもがくほど、深みにハマるのと同じだ。


 ゴルフ以外の趣味が多い

 ゴルフはある程度のめり込まないと、つまり犠牲を払わないと上手くならない。ゴルフ以外の趣味があることはすごくいいことだけど、こと上達という点に対しては相当なディスアドバンテージになる。気持ちも時間も腰掛けではダメなのだ。ゴルフの女神は「ありったけの愛情」を求める。


 ニギらない、ライバルがいない

 ニギリの方はともかく、よく一緒にラウンドする、自分と同じぐらいあるいは自分より少し上手い人(そして気が合えばさらに良し)が存在するかしないかでゴルフ上達のモチベーションは変わってくる。ゴルフは孤独なゲームだけど、自分ひとりでストイックに打ち込むにはあまりにも辛い。

 しかしライバルが居ると、その辛さを競い合うことに昇華させることができる。お互いに上を目指したり、情報交換したり、ラウンド数が増えたり。そもそもゴルフは一人ではできないゲームだしね。




 というわけで結構な毒入りだけど、単なる見立てなので誤解なきよう。私の周りの特定の人物を揶揄するような意図はありません。

 で、結論。これらの逆をやればゴルフがうまくなる、かもしれない。責任は取らない。
posted by hiro at 10:19| Comment(0) | 雑文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: