2019年09月21日

18回目のレッスン


 金曜日、18回目のレッスンに。

 今回はいつもの左一本足打法の応用として、球をもう少し左へ置いて打つ練習をした。今までの位置はだいぶ右(右足の前)で、ごく低い球しか打てなかった。これだとコンタクトは安定するが最初のキャリーが出ないので、エッジから距離のある場所からのアプローチが直接グリーンに落ちず、使いづらかったのだ。

 たかが球の位置だけど、左へ置けば置くほどインパクトはシビアになる。また球を上げようとする悪癖が出やすくなる。だから私にとってこれは「左一本足打法・バージョン2」へのレベルアップなのだ。



 次にドライバー。昨日か作った画像を見てもらいながら左を向いてプッシュを打つつもりで、などとプロに説明する。S水プロはまず「いいと思いますよ」と肯定し、ショットも褒めてくれる。しかしやっぱりプッシュか引っ掛けが頻発。その時点で、

引っ掛けやプッシュが出るのは、腰の回転が足らない(特にコースでは恐くて体が止まってしまう)からでしょう。思い切って腰を切りましょう

 と指導が入り、そして最終的に、「そのスイングだと真っすぐ立ってまっすぐ打ってもいいと思いますよ」と誘導。実際、腰を切って思い切って振ると真っすぐ立って軽いドローがバンバン出る。

 おわかりだろうか。こじらせまくった素人考えをしている私に対し、プロは頭ごなしに否定するのではなく、とりあえずやらせ、少しづつ矯正し、シンプルな考え方に持っていってくれているのである。なんと優しい、そして細やかな気遣いをしてくださるプロなんだろう。



 そして私は学習した。

 狙いも、スタンスも、攻め方も、そしてスイングも、シンプルが一番なんだと。

 ティショットに不安があるホールなら短いクラブを持てばいい。フェアウェイウッドはグリーンを狙うのでなければ7割の力で振ればいい。難しく考える事でなにか工夫しているような気になるけれど、それこそがゴルフを難しくしている元凶なのだ。



 でも、わかるのとできるのとは大違いで、腰を切ると右肩が下がっちゃうんだよねー。なかなか難しいわ。
posted by hiro at 10:25| Comment(0) | レッスン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: