2019年08月27日

夏休み(その2)、は8月月例のこと


 というわけで夏休みも最終日。この日は月例競技。木曜のラウンドよりはちょっとだけマシだったけど。

 トホホその1:パーオンが8ホール、寄せワンが4個あったのに80切れず。

 トホホその2。3パット1個、4パット1個。

 トホホその3。OB2つは両方ともアイアン、しかもティショットで。


 という中途半端なラウンドだった。途中までは。



 前半、5番の4パットダボ、7番のティショットOBトリプル以外はほぼ問題なかったので、スコアは悪いけど仕方ないかと。

 しかし後半、左が浅い2番パー3で絶対にやってはいけない左引掛け(=恐がって腰が止まってる)でOB。何回同じ過ちを繰り返すんだ。アホ。

 さらに4番パー5はティショットと2打目はパーフェクトだったのに3打目のウェッジショットが緩んでマウンド越えのパットが残り、ファーストパットはビビってショートして3パットボギー。これでもうぶちギレた。自分の不甲斐なさに。


 おいhiro。お前は何のためにゴルフをしているのだ。楽しみながら自分のベストを尽くし、その上で70台を出すためじゃないのか。それなのに、「パットで大オーバーしたくない」「OB打ちたくない」「アイアンでスライスを打ちたくない」「大叩きしたくない」という、後ろ向きでネガティブな思考でラウンドして、楽しいのか?

 楽しくないよな。もう一度考えてみろ。「3パットしない」ためにゴルフしてるんじゃないだろ?その場で自分のできることをやりきる事が大事なんだろ。「OBを打たない」ことが目的じゃないだろ?OBを打たないためにはどうするか、それを考えるのが楽しいんだろ。

 守りとネガティブは違う。そんなに失敗したくないんだったら、最初から8番アイアン1本でラウンドしろよ。今のお前のゴルフは自縄自縛、自分でつまらなくしてるんだよ!



 という内なる声が聞こえてきた(注:あくまで比喩表現です。精神を患っているわけではありません)。よしわかった。ここから反撃だ。私はスコアカードに線を引き、ここから全ホールバーディを狙いに行くつもりでラウンドする。



 5番はスプーンで気合いの満振りフルショット、230y左ラフ。2打目8アイアンでピン横5mにオン、バーディパットは1筋外れパー。

 6番パー3もいつも1番手上げてコントロールするんだけどこの日は130yを9アイアンでフルショット。ちょっとダフって乗らず、寄せワンでパー。

 7番もスプーンでティショット、フェアウェイ右サイド。2打目165y、6アイアン、ハーフトップで右手前バンカー。左を恐がって腕が縮んだか。3打目、砂が極端に少なく、下が硬いライから。フェースを開かず普通のダフリショットで脱出を試みるも、ちょっと緩んだのか距離が出ず、脱出失敗。しかもボールはスタンスの足あとの中に転がり込む。

 もう一度、さっきの2倍ぐらい飛ばすつもりでショットし、下の土ごとボールを叩き出す。何とか出て2mに。これを気合で入れてナイスボギー。パットは気合だ。俺ぐらいのトホホレベルだと特に。

 8番パー5、ドライバー。当たりは良かったが右へ出て(まだ左を恐がってる)フェアウェイバンカー。昨夜の雨で砂が固まりライは良い。2打目ユーティリティで会心、残り125y地点ラフへ。3打目9アイアン、左奥のピンに突っ込む。突っ込みすぎてオーバー!と思ったらワンバウンドでピンに当たり、80cmに。1パットバーディ。

 9番もドライバーフルショット、軽いフェードのつもりが大スライス、右の深いラフ。2打目ユーティリティで残り60y地点まで、3打目ウェッジショットでピン上6mに、2パットボギー。

 というわけで。

seiseki201908251.jpg

 線を引いた後の5ホールで1バーディ2ボギーの1オーバー。全部バーディは獲れなかった(当たり前だアホ)けど、それなりにがんばれた(ラッキーもあったけど)。


 この日のラウンドを終え、私はもう一度、自分自身にこの歌を捧げたいと思った。


 ♪ ぼくも きみも YDK

 ♪ ほんとは みんな YDK なのさ


(YDK=やれば できる こ)



 提供は明光義塾でお送りしました。
posted by hiro at 13:19| Comment(0) | 競技
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: