2019年05月24日

GB月例@交野CC


 毎月第四木曜恒例のGB月例。今回は大阪の名コース、交野CCにて。競技の世界にいる人なら誰もが知る、トップアマの井関さんが在籍しているコースである。

 ただ、3日前の月曜日、仕事中に腰を痛めてしまい、6割ぐらいの力でしか振れない状態であったことを最初にお伝えしておく。まあ腰を痛めてても痛めてなくても同じような成績しか出ないんだけどね。

 そのスカタンな結果から。

seiseki20190523.jpg

 3番は1打目6アイアンがへっぽこトゥショットで手前バンカー、2打目出ず、3打目ホームラン、グリーン奥からなんとか寄せてなんとか入れてのダボ。

 8番は池のある名物ホール。ティショットは右プッシュスライスで池のまだ右、林の中。2打目は出すだけ、3打目170yをユーティリティで軽めに手前から転がしあげて、と思ったら強すぎてグリーン手前から転がってグリーンオーバ。奥からユーティリティでなんとか2mに付けるも入らずダボ。

 9番はティショット左ラフ、2打目7番と8番で迷って8番を持ったのが失敗。当たりが悪くて手前のバンカー。しかもあごの直下に半分めり込んだ状態。89度の角度で200y飛ばす勢いで打たないと出ないやつ。叩き出してバンカー中央へ、4オン2パットダボ。

 というわけで前半はOBなし、3パットなし、パーオン4つもしてるのにほぼボギーペース。なぜだ(花道やグリーンセンターを狙わないからです)。


 後半は12番はドライバーショットがまた右に飛んでフェアウェイバンカーへ。バンカーからまた7番と8番で迷って8番を持って、わずかにキャリーが足りず手前のバンカーへ。学習能力無いんか(ないです)。砂の薄いバンカーからホームランし、一番奥から3パットで素ダボ。なぜグリーンセンターを狙わない?バカなの?(バカです)

 14番パー5がいちばんひどかった。ティショットはまた右プッシュでOBギリギリからのバンカーイン。前は木がせり出していて真横に出すか、低い球を打つかの二択。低い球で。さいわい樹の下は抜けたけど反対側のラフへ。3打目つま先下がりのベアグラウンドから花道を狙って6アイアン、見事なトップボールで60yしか転がらず。ナイスレイアップ(涙)。

 4打目、ラフから90yのウェッジショットはうまく打てたけどランが出てグリーンには乗ったけどピン奥10m。そこからまた3パット(ファーストパット3mオーバー)して素ダボ。7つのストロークのうち4つもミスしてたらダボになるわなそりゃ。

 17番は4アイアンのティショットを打ち急いでチョロ。2打目もチョロ、3打目ユーティリティで乾坤一擲、3オン。いや2連続チョロするようなやつが威張れませんぜ。

 最終ホールは10m以上のパットが偶然入ってパー。純粋にラッキーでも気持ちいい。



 というわけで、相変わらずミスばっかりしております。
posted by hiro at 20:19| Comment(0) | GB月例
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: