2019年03月13日

やっぱりボギーペース


 先週の伏尾で、改めて思った。

 俺はヘタなんだから、やっぱりボギーペースのゴルフをベースにしなくちゃいけない。

image523.jpg
(ゴルフは気持ち・夢のゴルフ編より)

 上の漫画の主人公はHDCP16なので全く同じ気持ちでは目標設定がちょっと低いが、要は「パーやバーディはたまたまうまくいった時に取れるもの」という意識をラウンド中保つということだ。そして、「無理にパーを狙いに行くからダボやトリプルが出る」という真理を忘れないようにしなくちゃいけない。

 そう考えたら、155yの池越え+バンカー越えのパー3(伏尾南3番)は「ギリギリのクラブを持ってパーオン」ではなく「大きめのクラブを選択し、奥へ行って寄らずのボギーでいい」がやっぱり正解だったってわかるよね。



 もちろん罠が少ないホール、ティショットが成功した時、2打目がショートアイアンやウェッジの時はパーオン2パットパーを狙うしそれに向かって全力で立ち向かう。私の場合、18ホール中9ホールはパーを狙うホールとして設定しチャレンジすべきだ。もちろんコースの難易度などにもよるけど。

 え、その話は聞き飽きた?今までと同じだって?いやいや、今までは18ホール中9ホールはボギーでいいホールとして設定してたので、微妙に違う。前者は、今までが「守りの消極性」であるのに対し、これからは「攻めの消極性」なのだ。

 ま、1ラウンド中大きなミスを9回してもいいということは同じだけどね。あんまり肩の力を入れずに気楽に回りなさいってこった。



 日によってはドライバーが当たらない、狙ったようにバンカーばかり入る、パットのフィーリングが全然出ない、そんな日もある。いや、私はそんな日ばかりなんだけど、そういう時も無理せずもがかず、淡々とボギーを重ねていけばいい。OBや池ポチャさえなければ90は切れるだろう。調子が悪い日はそれで十分ではないか。

 だって、プロじゃないんだから。アマチュアなんだから。アマチュアには予選落ちも賞金ランクもシード権もないんだから。




・・・・でも、一番難しいのは心の底から「ボギーでいい」って思えるかなんだよねえ。簡単なホール、パーを狙うホールでボギー叩いたら、やっぱり悔しがってしまうような気がする。そこを本心から割り切れるようになったら、一皮むけそうな気がするんだけどね。
posted by hiro at 10:40| Comment(0) | メンタル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: