2019年02月09日

2月初の自主練習


 今日は短報。ゴル◯ィアに自主練習に。

 練習では「体重移動」しつつ「フルコックしてアームローテーション」のハーフショットばっかり打ってる。ちなみにクラブはウェッジ・9アイアン・7アイアン、そして5アイアン。

 9アイアンぐらいまではまだそこそこ打てるんだけど、クラブが長くなるとシャンクやひどいプッシュスライスが頻発する。ヘッドが効いてないぶん、体が開いたり手が遅れたりするんだろうね。体の開きを思い切り我慢して、やっと右へ出た球が返ってくるって感じ。まだまだ先は長い。


 しかし、ゴルフのスイングってやつはホントにアクロバティックだよね。トップからの動きだけでも、

 下半身は体重移動つまり右から左へ動き、でも上半身(肩)は開きすぎないよう正面で止め(いや、何ならバックスイングで捻転したまま我慢して)、さらに腕は上から下へ動かし、手首はゆるゆるにしておいて、インパクト付近で瞬間的に力を入れる。

 こんな動き、普通にできる方がおかしいよね。それを無意識にできるようにしないといけない。



 そんな事を考えながら打っていたらあっという間に1時間経ってしまった(時間制なのだ)ので、最後にコースで全然打てないユーティリティをちょろっと練習。でもここで大きな発見をする。

 4番ユーティリティのフルショットはティアップして190〜200y、フェアウェイからは180〜190y(あくまでまともに当たった場合ね)なんだけど、ハーフショットで軽くぽーんと打ったら、低い球ながらしっかり芯に当たって軽いドローで目標方向に飛び、しかもラン込みで170yぐらい飛ぶ。

 スイングの大きさはクォーターぐらいなんだろうけど力の入れ具合はほんとに半分ぐらい。それでキャリー150y以上、ラン込みで160〜170yも飛んでくれるんだったら、4〜6アイアンいらなくね?

 ある程度スイングができるまでは4〜6アイアンはティショット限定にしてもいいかもね。
posted by hiro at 20:13| Comment(0) | 練習
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: