2018年12月18日

坐骨神経痛・神経障害性疼痛


 きっかけはあった。先週14日のラウンドの時、左の股関節に軽い違和感があり、力の入れ具合によってはズキッと痛みが出たり、カクンと左足の力が抜けるような感覚があったのだ。

 ラウンド後もその日は少し気持ち悪い感触が残ったが、徐々にましになり、迎えた日曜日。今度は股関節ではなく左足全体にその違和感が広がっていた。臀部、太もも前部、ふくらはぎ、そして足首の違和感と痛み。そう、2年前の夏に右足に患った、

 坐骨神経痛。

 その悪魔のような症状が左足にも出てきたのだ。腰にはずっと張りはあるものの、極端な痛みはない。ぎっくり腰にもなっていない。老化による脊柱管狭窄か?

 2年前に羅患した右足は時々再発するけど、小康状態だった。しかし今回の左足は、足全体に違和感があるのでそれよりも重症っぽい。暗澹たる気持ちでなんとかラウンドを続け、踏ん張って帰宅。

 しかし、辛いのはその後だった。風呂に入ってしっかり体を温め、10時過ぎに布団に入る。その時は良くもなってないけどそんなに酷くもなっていなかったが、夜中、左足全体がビリビリと痺れるような痛みで目が覚める。これは

 神経障害性疼痛だ。

 腰痛なら楽な姿勢(傷まない姿勢)がある。腹痛ならその痛みは間欠的だし温めれば落ち着く。しかし、神経の痛みは逃げ場がないし、ほぼ間暖なく襲いかかってくる。これはキツイ。唸り声が出るほどではないけど、容赦なくHPを削ってくる。

 幸い小一時間ほどでひどい痛みは収まったけど、今朝は家にある痛み止めとビタミンB群の錠剤を貪り食い、鈍痛と戦っているという状況である。

 坐骨神経痛は基本的に安静でしか治らない(手術という選択肢もあるけど)。また練習が遠のく(元々そんなに行ってなかったけど)。またヘタになる(元々ヘタだけど)。


 ああ、歳は取りたくないのう。
posted by hiro at 12:04| Comment(1) | 雑文
この記事へのコメント
50才を超えますといろいろと不具合が出てきますよね。
私も急に右肘痛が出て今月の2日依頼ラウンドしてません。

ところで私事ではございますが、12月のハンデ改定でついにシングルになりました!
10年程のブランクを経てゴルフを再び本気でやりだして苦節2年・・・目標より1年早く達成しました。去年の12月のハンデが14。50才オーバーのおっさんが1年でハンデ14→9、5つ減らすってなかなか凄ないですか?

ゴルフを頑張る上でhiroさんのブログがどれだけ助けになった事か・・・
本当にありがとうございました!!

hiroさんの症状が早く良くなりますように。


Posted by えーる at 2018年12月20日 10:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: