2018年11月14日

「パットは強気で打て」問題


 先日、某有名人のブログを読んでいた。その有名人は私も何度かここで取り上げたことがある人で、その意見は真実を突いていることが多く、考え方には賛同することが多い。

 でも、やっぱり基本的にゴルフが「デキる人」、つまり上級者目線による意見なんだよね・・・。

 私のような場末へっぽこゴルファーからすると、「そりゃデキる人からしたら簡単でしょうよ。『そうしよう』と思ったらそうできるんだから。でも、こちとらフックを打とうとするとスライスになるような運動神経の持ち主で、つまり頭で解ってもそれを体で実現させるのに相当な苦労が必要なんです」って言いたくなることもある。え、それはヘタな人間のひがみだろうって?そうですが何か?



 で、そのブログに、「パットは1mオーバー(ぐらいの強気で)で打つほうがメリットが大きい」と書いてあった。その根拠として、芝目や傾斜に負けない球が打てる事と、ショートのミスがなくなり1パットの確率が上がる、と。

 ただ、そのデメリットについても触れていて、返しのパットが難しくなる、返しを外す確率が上がり3パットの数が増えるとキチンと書いている。

 しかし結論はやっぱり1mオーバーで打とうと。なぜなら、

 「優勝争いしているプロゴルファーはほとんどが1mオーバーの距離感で打っているからです!!」



 うーん・・・理論的には完璧に正しいとは思うんだけど・・・・。

 いやそれ、1mをほぼ100%まっすぐ打てるプロゆえだから。

 しかも優勝争いしてるということはその日調子いいってことだから。

 さらに勝負が掛かってるので入れに行って当たり前だから。

 ・・・と天の邪鬼な私は思ってしまったのであります。それは理想やん。「デキる人」の理論やんと。



 仮に私が「全部のパットを」1mオーバーの距離感で打つとどうなるか。そもそもまっすぐ打てないんだから短いパットは2回に1回カップの横をすり抜けたりカップに蹴られたりして3パット量産。5mぐらいのミドルレンジのパットは3mぐらいオーバーして3パット量産。もっと長いパットは元々距離感が無いうえに強めに打ったらもっとノーカンになって4パット量産。1ラウンド40〜45パットという結果が目に見えておるのであります。

 つまり何が言いたいかというと、デキる人が正しい理屈を書いててもそれはデキない人には絵に描いた餅で、現実はそんなもんじゃないんですよと。へっぽこ場末ゴルファーのへっぽこさをなめんなよと。




 もちろん某氏が本気で一般アマチュアをなめてるとわけではないだろう。聡明な氏のことだからそんな事は百も承知だとも思う。そもそも、そんな文句言うヒマあったらパットの練習せえよ!という世間の声は圧倒的に正しい。上級者に対するひがみであることも認める。

 そのうえで、私ならどうするかを考えてみた。

 1m以下の、外したらダメージ大きいパット・・・1mオーバーで打つ。

 1〜5mの、入ったら嬉しいけど外しても当然と思えるパット・・・ジャストタッチで打つ

 5m以上のロングパット・・・上や横に残さないよう距離を合わせ(るつもりで)打つ。上りはオーバーさせない。下りはショートさせない。

 超ロングパット・・・3パットを覚悟して打つ。最初はとにかくオーバーさせる。


 つまり入れるパットと超ロングパットのみ強気で、それ以外はケースバイケースいやむしろ弱めに打ったほうが総パット数は少なくなると思うんだよね。3mオーバーさせて3パットって多いんだよね(いやそれただお前がノーカンなだけでは?)。


 ヘタレでヘタクソな私の場合、それが現実的なパッティングスタイルかなあと思った。
posted by hiro at 17:55| Comment(0) | パット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: